変節王 さん プロフィール

  •  
変節王さん: 再受験に夢をのせて
ハンドル名変節王 さん
ブログタイトル再受験に夢をのせて
ブログURLhttps://ameblo.jp/omoti2009/
サイト紹介文資産を増やして学問を究める
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供2回 / 365日(平均0.0回/週) - 参加 2016/01/07 01:55

変節王 さんのブログ記事

  • 大人の勉強
  • 余は今、大人の勉強をしている。 長い道のりになりそうだが、それがまた愉快でもある。 それはそうと先日弁護士に相談事をしてきた。 実に温和で友好的な人であった。 [続きを読む]
  • かの人は機嫌が悪いそうな
  • そろそろ落ち着いてきたのであろうか。 いやいやまだいま少しかかるのか。 それでもこうやって考えをめぐらせているのだから 以前よりは安定したのかもしれない。 かの人とも連絡が途絶えて半年になる。 聞けばいつも不機嫌とのこと。 人の幸せは何をもっても計りがたしであるよ。 [続きを読む]
  • 日米首脳会談
  • 他の国は露骨に米を批判してるのに、わが国はおべっかに必死である。 そこまで媚を売ったのであるからそれなりのご褒美を貰って 帰ってこないことには首相も立つ瀬がないであろう。 考えてみると米の大統領は実に誠実な人間である。 舌も乾かぬうちにのわが国の為政者とは違って 有限実行であるから立派というほかはない。 聞くところによると既得権を持ったエリートどもは彼を批判し、 恵まれ [続きを読む]
  • 世の中と余の中
  • ニュースの中では世界は騒々しいが、余の周りはいたって 平和である。株の変動も激しいが、余の資産運用はすごぶる単調である。 最近久しぶりにドラクエ10を始めたようだ。 随分と様変わりしていておもしろいという。 金融工学も経済学も株の売買をする上で、投資の利益を出す上で 何の役にもたちはしない。 FOMCの報告書を原文で見てみたが、どうやら定型分の繰り返しと当てはめから できてい [続きを読む]
  • 未知可進道。
  • 証券会社や銀行のセミナー、そして本屋に並ぶ投資関連の書籍。 今までほとんど興味を持ってこなかったこれらのものに ここ数ヶ月から1年は集中して関わってきた。 もうどのセミナーも基本的な考え方は把握できたし、株に関する書物の 話の持って行き方もだいたい分かった。 有名な投資家たちの思想や教授たちの投資に ついての研究にも触れてきた。 ここまでくるともうどのように投資戦略を立 [続きを読む]
  • センターリサーチに登録
  • 河合塾や駿台、東進のリサーチに便乗して どの辺りかを判別する。 ちょうど株価も低迷しているところなのでしばらくはセンターの判定動向を 観察する。 去年から今年にかけて既に数箇所の株式投資セミナーに参加した。 証券マンの性格というのか趣向というのかが良く出ている。 ネットを通した動画セミナーも多い。 もう随分勉強して一年前に比べると株式投資についても知識が倍増した。 [続きを読む]
  • まもなくセンター試験、その前にトランプ演説
  • せっかくダウが登ったのに二日も空いたせいか、 メイの発言のせいか我らの日本株はパッとしない展開となった。 11日のトラの演説待ちでみんなひっそり構えているらしい。 小口でいくか大口でいくか悩むところ。 前者は手間隙がかかる。後者は時間がかかる。 しかし、結果が同じなら後者がよかろう。 今年は去年とは手法を変えてみるか否か。  さて、センターも迫った。数学の勘も冴え [続きを読む]
  • 来年の抱負
  • 大納会を経て、いよいよ大晦日となる。 来年も今年に劣らずしっかりあいんこんめんさせていただこうではないか。 げるを稼ぐだけなら仕事するより投資する方がはるかにえふぃちえんつがよい。 しかし、それではほとんどちっしゅとーとである。 そこで、熱心に投資について、経済学について、地政学について、歴史について、 世界について、れるねんする。 これは、現場にいてすちゅぢーれんなどしな [続きを読む]
  • 年賀状を仮印刷してしぶとく稼ぐ
  • 整数の問題を解きながらチャートを確認する。 英文法の勉強をしながら板を読む。 戦後地域史の講義を聴きながら運動をする。 何をするにも「ながら」である。 しかし、年賀状だけは集中して書く。 クリスマスで海外投資家は撤収だそうだ。 しかし、大納会まではしぶとく稼いでいこう。 [続きを読む]
  • 今日は部屋の掃除
  • とにかく引き出しが多い。 その中もごった返している。 とことん断捨離を実行する。 大量の名刺をしゅれったーで処分する。 PC系の小物やコードを廃棄する。 そして、思い出系のおもちゃ類は新たにおもちゃ箱を設置して これに収納する。雑然とした本棚を整理してスペースを作る。 そしてまた車のバッテリーが上がってしまった。 もう半年は乗っていない。 自動車の処理が一番に悩む [続きを読む]
  • 株の儲け自慢
  • 株の雑誌やネットの記事に株の勝ち自慢はやめよう などとあった。 おかしなことを言うものである。 儲け自慢をしないのであれば、いったい何を話すと言うのか。 株というものは儲かったり損したりするものであるから、 儲かったものがそれを自慢して損したものが悔しがる。 いたって自然なことだ。 それが嫌なら株取引など止めてしまえばよい。 得したものはもちろんであるが、損したもの [続きを読む]
  • プーチンとトランプのお陰で
  • 金利も上がって相場も落ち着いてきた。 今日からまた買いに出る。 ただ株価だけを見つめているのには飽き飽きしていたので 解放されたような気分である。 政治経済の経済部分をしっかりとまとめている。 もうセンターを越えて私大二次レベルである。 あるいは投資家レベルというものがあればそれを目指しているのかもしれない。 苦手だった数列も一転得意になってきた。 一対一がい [続きを読む]
  • 世界史戦後は意外と単純だった。
  • 昨日に比べれば少し下がったがまだまだ不安定な動きをしている。 明日のFOMCが終われば少しは落ち着くだろうか。 いずれにしても今しばらくは待機である。 どの証券会社のコメントを見ても先が読みきれないとある。 折角だからこんな暇なときにテクニカルの勉強をしてる。 テクニカル分析は、いわばインチキであることは分かっているが一応学んでおきたい。 数学の勉強が一通り終わった。 [続きを読む]
  • 図書館で過ごす一日
  • 一日中、図書館で投資に関する本を読み漁った。 その多くが気構えや信条といった類のものばかりで 具体的な方法についてはほとんど何も教えてくれなかった。 とにかく株式投資がもっとも効率がよいということだけは何度も繰り返していた。 そして、結局のところ1億以上の資金を回さないことには 投資の蜜は味わえないともあった。 ここ数年のことだろうか、アメリカでは約6倍近くの資産増加が [続きを読む]
  • 今年は手仕舞いか。
  • 株価が上がりっぱなしだ。 水曜のFOMCのころには下がるのだろうか。 今年はもう売り買いなしか。 長らく塩漬けだった大型株がここで売り逃げたのは 幸いであったが、これでは少し寂しい。 利回りは35%に落ち着いたところだ。 運も良かったのだろうが、まるでプロ並みの結果となった。 戦後史は感動と涙の連続である。 [続きを読む]
  • 戦後の世界史とこれから
  • 言われたとおり今日は株価がちゃんと下がってくれた。 そして、助言どおりに購入した。 後は上がってくるのを待つだけだ。 今月は報告によれば不安定に動いて 最後は上昇でおわるとあった。 次の波乱は年明けの二十日、大統領の就任直前。 みんな不安でリスク回避に走って一時的に暴落する。 それで、どうなるかは不明。 前半だけでもあたればそれでもりっぱなものだ。 分析家だの戦 [続きを読む]
  • ヘッジファンドと世界史選択
  • 虎の威を借る狐とは虎の能力を上手に利用する 狐の才能の話である。 巨大で優秀なヘッジファンドやクジラの動きを チャートの向こうに感じながらトレードをする。 最近の株雑誌によれば今年500万以上稼いだのは 200人中3人で1000万以上は0だ。 おそらく、画面の向こうにあえて 何も見ようとしていないのだろう。 蠢くような欲望の影。 狡猾なようでもあり、幼稚なようでもある様相 [続きを読む]
  • 投資のセミナーと比較優位
  • 先日、証券会社が主催する投資セミナーに参加した。 会場はほぼ満席で、見渡す限り白髪、白髪の老人である。 余は彼らに比べれば幾分若いのでいささか浮いている ようであった。 講師は50代から60代であろうか、 もう先のない老人たちに対して20年後の株価の上昇を説明している。 聞くところによると、証券マンは株取引をしてはいけないという 自主規制があるらしい。 つまりは、取引を [続きを読む]
  • 19世紀後半
  • 夜間も取引ができると謳っているから これはと思い、挑戦してみた。 そこは閑散としていてほとんど取引は行われていない。 できるのできるにはできるのあろうが、これでは意味がない。 結局いつのように9−15時の証券市場の中で ちょろちょろするしかないようだ。 社会主義誕生する1870年代のヨーロッパは 非常な不況に見舞われたらしい。 もともと産業革命の影響で資本家と [続きを読む]
  • 香炉峰の雪
  • 火鉢が欲しくて火消し壷を買った。 小さなかわいいものであった。しかし、 冬は畳で火鉢というのが理想であったので、 とりあえず満足への道の一段階を制覇した。 次はまず火を焚きたく。 いつかは冬よ火鉢よ障子の雪よといきたいものだ。 [続きを読む]
  • ネット証券は本当に便利
  • 株ノートのようなものを付けているが、 銘柄が多くなってくると混乱してくる。 そんなとき、ネット証券のHPをあれこれと いじってみた。 すると、これまでの取引を分野別に綺麗にまとめてくれている。 一時期投資信託だの、為替だのと手を出していたときもあった ようなのでその辺りがとても複雑で分かりにくかった。 いったいどれだけの利益が出ているのか掴みにくい。 ときどき説明は [続きを読む]
  • 起業を考えはじめる
  • 株式投資だけではおもしろくない。 資産運用だけではつまらない。 受験勉強も同様であった。 それゆえに資産運用にも手を伸ばしたのだ。 しかし、それでもまだ何か物足りない。 大学にいって学問しようなどと考えていたが、おそらく それそのものだけでは 飽きっぽい余のことだからダメであろう。 やはり、起業しなくてはならない。 人生は一度きりである。 それは、会社の経営 [続きを読む]