まあちん さん プロフィール

  •  
まあちんさん: バツ一子持ち30代の婚活成功術
ハンドル名まあちん さん
ブログタイトルバツ一子持ち30代の婚活成功術
ブログURLhttp://konkatu555.jugem.jp/
サイト紹介文バツ一子持ち30代で婚活して再婚。婚活をしてみて感じたこと、大変だっとこと、わかったことなど。
自由文最近の婚活のついても、いろいろ書いていきたいと思います。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供68回 / 365日(平均1.3回/週) - 参加 2016/01/07 10:28

まあちん さんのブログ記事

  • アラフォで結婚した『譲れる女性』とは、こういう女性でした!
  • JUGEMテーマ:婚活 30代になると、20代の頃と違って 付き合う相手を選ぶ基準も、自然と厳しくなってきちゃうものです。 私も、今考えると『絶対付き合えない』と感じる相手も 20代の頃は、かいがいしく世話をしたりして 一生懸命付き合っていたものです。 今じゃほんとに、ありえない、考えられません(・´з`・) まあ、しかしですね、これをやってっちゃうと どんどん、ストライクゾーンが狭まっていっちゃうわけですよね。 [続きを読む]
  • 女性の年齢を気にするのはもてなかったから?
  • JUGEMテーマ:婚活 婚活では、男性が女性の年齢を気にする という話は、よくききますが 子供が欲しいから、といいつつ それだけじゃなく、若い女性を熱望する男性の特徴 知ってますか? それは 非モテ男 が多いです。 今まで、女性と付き合ったことがない男性 今まで、女性と対等な関係を持ったことがない男性 こういう男性は、女性に対する憧れや理想がやたら高いものです。 女子高生が少女漫画読んで ツンデレのイケメン王 [続きを読む]
  • か弱い男性を女性が守る現実
  • JUGEMテーマ:婚活 女の子なら、小学生くらいから、ほとんどの人が ちゃお、りぼん、などの少女漫画を読んでいたのではないでしょうか。 私も一応読んでいました。 ああいう少女漫画に出てくる男の子って かっこよくて 頼りになって 頭の回転がよくて モテるのに主人公の女子だけをみていて 落ち込んだ時は、いきなり海とかつれてってくれて なんでも心の中をわかっているように言葉をかけてくれて それなのにやきもち焼きで みた [続きを読む]
  • 容姿を気にすることの小ささを思い知った
  • JUGEMテーマ:婚活 先日、ネットを見ていて、 病気で顔が歪んでしまったり、 へこんでしまったり、変形してしまう人たちのお話をつづった 『 顔ニモマケズ ―どんな「見た目」でも幸せになれることを証明した9人の物語 』 という本があることを知りました。 その中のひとりの女性は 生まれつき、毛細血管が異常に絡んだ塊が鼻と口の奥にある 「顔面動静脈奇形」の症状を抱え、見た目にもわかる状態でした。 その彼女も、素敵な男 [続きを読む]
  • 婚活男性の『ちがう!ちがう!』と感じること
  • JUGEMテーマ:婚活 この前 『人柄はよさそうなのに、婚活頑張ってもうまくいかない40代男性』 のブログを読んだのですが いろいろ、出会い、フラれてしまう中で、自己分析をしているのですが 例えば しゃべりすぎた。。 とか 焦っている感を出してしまった。。 とか お店を探すのにもたついてしまった。。。 とか・・・・ いろいろ考えて頑張っているのです。 しかし、読んでいて 『違う!違うよ!もっと早く結婚する方法あるよ(゚ [続きを読む]
  • 『子供が欲しい』と婚活する人、年齢関係ないです。
  • JUGEMテーマ:婚活 婚活をする理由に 『子供が欲しいから』 といった理由の方は男女問わず多いと思います。 実際、それが理由でアラフォー以上の女性の人気が落ちてしまうわけです。 でも、はっきりいって年齢を気にして相手選びをしたからって 子供に恵まれるわけではありませんし、 若いからって子供を授かる確率が上がるわけでもありません。 というのも、またスピリチュアルな話になりますが 子供を授かるかどうかは 『その人 [続きを読む]
  • 素敵な相手と出会いの為にやるべきこと
  • JUGEMテーマ:婚活 お見合い結婚の離婚率は10% 恋愛結婚の離婚率は40% って知ってますか? 理由はというと、 お見合い結婚の方がある程度年齢を重ねてから結婚するカップルが多いことや 感情よりも条件を優先して決断した結婚だったりして 感情の起伏がない+自分にとって満足いく条件なので我慢がきく。 というわけですね。 しかし、今の婚活では、なかなか条件の良い男性が少なく さらに、その条件の良い男性の取り合いになるの [続きを読む]
  • ステータスがあり人柄もよい人、どこにいると思いますか?
  • JUGEMテーマ:婚活 私は、スピリチュアルが好きでよくそういう系の本やサイトをよむのですが そういう読み物の中でも江原さんのものが一番多いです。 そして、江原さんの質問コーナーとかで、よく結婚の悩みなどもあるのですが その中でも、気になったのが 大学教授やお医者さんなど、社会に出た時点でステータスがある職種の人たち というんですかね、つまり、 社会人としてペーペー仕事をして、下っ端扱いをされたことのない人た [続きを読む]
  • 高収入の落とし穴
  • JUGEMテーマ:婚活 婚活市場では、高収入の男性(一部女性もですが)が 人気がでるものですよね。 そりゃ、そうかもしれません。 結婚相手を探しているのに わざわざ、かつかつで生活しなきゃいけない相手は探さないでしょう。 これが恋愛から始まる場合だと、お金は後回しになれるのですが 婚活は、なかなか難しいものです。 さて、その高収入男子たちなのですが 私の主婦仲間にも、高収入の旦那さんをもった方は、結構います。 そ [続きを読む]
  • シンママ、パパ、デートの時どうする?
  • JUGEMテーマ:婚活最近はシングルママ、シングルパパが増えましたが そういう方たちも、再婚を望んでいる人もたくさんいると思います。 ブログのタイトルの通り、私もシングルマザーで婚活していたわけですが 子供がいて婚活するのは大変です。 その人の状況にもよりますが。 例えば、自分の親が子供の面倒をがっつり見てくれる人だと 子持ちでも、子供がいない人と同じように時間を使い、動ける人もいます。 逆に、あまり親に頼れ [続きを読む]
  • 婚活パーティで成功するには?
  • JUGEMテーマ:婚活婚活パーティってありますよね。 あれって基本的に、条件がいい人向けですよね。 容姿がいい。若い。年収がいい。 たくさんの人を並べて、どれが一番いいですか? っていったら、だいたいみんな一番良い条件の人をさしますよ。 だから、基本的に、あまり自信がない人はパーティはおススメではないのです。 しかし、やっぱり、パーティみたいに、会ってフィーリングで確かめたい! という方も多いのではないでしょ [続きを読む]
  • 二番目に好きな人との結婚
  • JUGEMテーマ:婚活 『逃げるは恥だが役に立つ』の次のドラマ 『あなたのことはそれほど』 も面白かったですね(*^▽^*) そこで気になるのが 本当に二番目に好きな人と結婚した方が良いのか 一番目に好きな人と結婚した方が良いのか よく世間では、一番好きな人と結婚すると失敗する といいますが それは、結局 恋愛モードのまま結婚してしまった結果ではないでしょうか 結婚と恋愛は別もの といいますが、 恋愛モードのまま結婚して [続きを読む]
  • 高学歴の落とし穴
  • JUGEMテーマ:婚活 相手に年収を求めるのと同じくらい 相手に学歴を求める人も多くいます。 しかし、高学歴であることが、逆に失敗に繋がることもあります。 そもそも、高学歴の人は、すべてではありませんが プライドが高い人が多いようです。 パッと見では、腰が低そうに見えても 心の中では、自分より学歴の低い相手を馬鹿にしている場合もあります。 その場合は、結婚した後、外では良い夫、家庭ではモラハラ夫になりやすいよ [続きを読む]
  • 一目ぼれしやすい顔とは?
  • JUGEMテーマ:婚活誰でもいちどは経験がある(?)かと思いますが 一目ぼれってありますよね。 でも、一目ぼれする相手は人によって違い、 必ずしもイケメンや美女とは限りません。 ある人から見たら『なんで?』 って相手に一目ぼれする人もいます。 では、一目ぼれとは、どういう相手にしやすいのか ご存知ですか? 実は 自分と顔の顔の骨格が似ている相手 に、一目ぼれしやすいようです。 大きくいうと、パーツの位置が似てる人 [続きを読む]
  • 年収が・・・年齢が・・・そんな悩みを持つ方
  • JUGEMテーマ:婚活 婚活において、相手を選ぶ基準として 男性は年収 女性の年齢 が、ネックになっている、ということも多いと思います。 しかし、世の中には、年収が低くても、年齢がいっていても 結婚している人はいます。 それは、なぜでしょうか。 ひとことでいうとやはり、その人の魅力・人間力ではないでしょうか というのも、私も以前婚活サイトでいろいろな男性を探していたわけですが その時に、年収200万円の男性がいまし [続きを読む]
  • プロのコーディネートが格安で!
  • JUGEMテーマ:婚活 婚活をしていてよく思ったこと 女性はそこそこ綺麗な人は多いのに 男性は中身はよくてもファッションに問題がある人が多い。 そして、それを本人も自覚していない場合が多いこと。 それってすっごくもったいないです。 なので、今日は、今話題のファッションレンタルサービスをご紹介!! その中でも「leeap」はスタイリストが個別に提案するコーディネートが レンタルできる男性向け月額制ファッションサービス [続きを読む]
  • 『結婚を諦めた時に相手が現れる』現象について分析
  • JUGEMテーマ:婚活 よく、結婚をあきらめたとたんに、良い人と巡り合った なんて話をききますよね。 あれってどういう理屈なのか、気になりませんか? なりますよね 勝手に分析してみたのですが 婚活がうまくいかない時期って、いわゆる『負のスパイラル真っ只中』なんですよね。 うまくいかない⇒焦る⇒落ち込む⇒暗くなる⇒相手に与える印象が暗くなる⇒うまくいかない 悪いことの堂々巡り、最も恐ろしい状 [続きを読む]
  • 婚活バスツアー
  • JUGEMテーマ:婚活 最近婚活界でも話題の、婚活バスツアー 婚活しながら、観光なども楽しめちゃう一隻二鳥のあれですよ。 しかも、みんな一人参加なので、気後れすることもなく さらには素敵な相手と出会えちゃうやつです。 そいえば、Wエンジンのチャンカワイもテレビの企画(たしかスクール革命?)で参加した 婚活バスツアーで、今の奥さんと出会い結婚したんですよね。 しかも、奥さんが美人・高収入で話題になりましたよね。お [続きを読む]
  • 相談所で一番人気だった40代×一女性。なぜ?
  • JUGEMテーマ:婚活婚活で結婚相談所を利用している人も多いと思いますが 相談所で、モテる人、どんな人か知ってますか? 男性の場合だと? 金持ち?イケメン? いいえ、違うんですって。 何か取柄がある人とかより、欠点がない人の方がモテるようです。 なんか、簡単そうで、難しいですね。 もちろん、欠点がない人なんていませんが、 ここでいう欠点のない人というのは、 相手を不快にさせないようなコミュニケーションが取れる人 [続きを読む]
  • ポジティブの意味間違えていませんか?
  • JUGEMテーマ:婚活よく、婚活がうまくいかないと、どんどんネガティブになってしまい そのよどんだ気持ちが、さらによくないことを呼び寄せ 結果的に『負のスパイラル』にハマってしまう という恐ろしい事態を招いてしまいます。 出会いが・・・ うまくいかない・・・ などグチグチいってると 同じように、グチグチした人としか出会えなくなってしまいます。 逆にポジティブでいれば、その明るさが、 素敵なものや事柄を呼び寄せ [続きを読む]
  • ビビビときた!は危険?
  • JUGEMテーマ:婚活 よく、結婚した人に、相手の決め手は? ときくと、「ビビビときました!」 と答える人も多いですよね。 あの松田聖子さんが最初にいって、『ビビビ婚』として流行りましたよね。 え、知らない? まあ、知ってる人は、昭和生まれです('ω') さて、このビビビ婚ですが これはいわゆる、『一目ぼれ』ってやつですよね。 パッと見、顔が、笑顔が、雰囲気が、なんとなく、気に入った。 うん、ただの一目ぼれです [続きを読む]
  • 好きな人ができない?人間嫌いは結婚は無理
  • JUGEMテーマ:婚活なかなか本気で異性を好きなることができない そういう悩みをもっている人もいるかと思います。 私も結構そういうタイプでした。 そこで、調べたわけです。なぜなのか。 ここでまた、スピリチュアルな話になってしまうわけですが 結論からいうと、『根本的に人間が嫌い』というところにたどり着きます。 異性が好きになれない、の前に、人間が好きなれないのです。 心の底で、人を信用していないのです。 これを [続きを読む]
  • スピリチュアルがおすすめする婚活方法はどれ?
  • JUGEMテーマ:婚活 スピリチュアルの書籍などを読んでいると、婚活のこともよく書いてあります。 婚活は、真剣に伴侶を探す人にとっては、ひとつの方法だと。 そして、相手の家庭環境や仕事などが最初からわかっているので、慎重派の人には向いている、とのこと。 そして、婚活の中でも、一番おススメしているのが『1対1のお見合い』 なぜかというと、大勢いる婚活パーティーなどは、一度のたくさんの人が集まります。 そうすると [続きを読む]
  • スピリチュアルが推す婚活方法とは?
  • JUGEMテーマ:婚活 スピリチュアルの書籍などを読んでいると、婚活のこともよく書いてあります。 婚活は、真剣に伴侶を探す人にとっては、ひとつの方法だと。 そして、相手の家庭環境や仕事などが最初からわかっているので、慎重派の人には向いている、とのこと。 そして、婚活の中でも、一番おススメしているのが『1対1のお見合い』 なぜかというと、大勢いる婚活パーティーなどは、一度のたくさんの人 [続きを読む]
  • さがさない、待つの
  • JUGEMテーマ:婚活 ドラマの中のブルゾンちえみもいってましたが 婚活も、 探さない、待つの。 が得策ってこともあります。 私もそうでした。 もちろん、自分からアプローチするのはとっても良いことだと思いますが そんな戦法に疲れてしまった方もいるのではないでしょうか。 そういう場合は、まず、自らアタックするのをやめてみましょう。 そう、待ちの体制に入る、つまり 自分を気に入ってくれた人の中から選ぶのです。 写真と [続きを読む]