レイキティーチャー やまもとあきこ さん プロフィール

  •  
レイキティーチャー やまもとあきこさん: 左京区 自分を愛するレイキヒーリングHug Life
ハンドル名レイキティーチャー やまもとあきこ さん
ブログタイトル左京区 自分を愛するレイキヒーリングHug Life
ブログURLhttps://ameblo.jp/yamamotonotakaramono/
サイト紹介文レイキヒーリングという、シンプルだけど深い幸せへと導いてくれるお手当てのお話です。
自由文Hug Lifeではレイキヒーリングの施術、レイキをできるようになる講座を開催しています。
レイキというお手当ては、わたしたちを幸せな在り方へと導くお手当てです。娘が先天性気管狭窄症という疾患を持って生まれ、根治術を受けました。苛酷な日々でしたが、その中で学べたことを今に生かしてヒーリングしています。闘病成長記録も公開中。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供251回 / 365日(平均4.8回/週) - 参加 2016/01/07 20:13

レイキティーチャー やまもとあきこ さんのブログ記事

  • 自分で幸せになるって、独りってことじゃない。
  • 牡羊座新月、朝。湧くまま書きます。 ☆☆☆ 「自分で自分を、幸せにする。」「自分で、幸せになる。」 と、よくいいます。わたしもいいます。 ですが、これって、 独りで幸せになる、とか、なるべき、とかじゃないんですよね。 自分で自分を幸せにするのには、かならず、 自分以外の力が必要。 自分がなにを望み、どうしたいのか? 自分の心の声を聴いたら、 それに素直に動く。 素直に動く中で、かならず、 人や出来事 [続きを読む]
  • レイキって便利ですか? レイキティーチャー暁子の本音。
  • レイキヒーリングって、便利だよね〜。いつでもどこでも誰にでも使えるし、サードの学びでマスターシンボルを学べば、それを使うだけで、その他のシンボルも全部使ったのと同じになるし、どうせならサードまでやればいいよ! ・・・ というお話を、時々耳にすることがあります。 ほんとに、たしかに便利です。 セカンド講座で3つのシンボルを学べば、身体も心もトラウマも癒せ、そればかりか、生まれる前からの魂の痛みなど [続きを読む]
  • 味わえぬ今などない
  • 娘と手をつないで歩く。 小さな手、でも、 大っきくなった娘の手。 ピカピカの中学生になった 息子は、さすがにもう人前で手を繋いでくれることはなくなった(笑 かかー!と甘えてトイレにまで付いてきたたあの頃は、もうすっかり遠い(笑 今は繋いでる娘の手も。 どんどん離れていくだろう、、、 1年前の、娘からの手紙。 時は、すぎていく。 重なっていく。 今って素敵だね。 泣いたって怒ったって笑ったって [続きを読む]
  • 不本意でも愛は愛
  • 朝、自分にヒーリングしていたら、湧いたメッセージ。 「不本意であったかもしれない。 それでも、その不本意な愛の在り方から、 あなたの両親は、あなたにあなたの愛を教えた。 だから。 あなたの両親もまた、あなたに愛を教えた人たちなんだ。」 突然のメッセージに、ぼんわりとしながら。そのまま両親に遠隔ヒーリングを送りました・・・。 そのとき感じたこと。 あぁ・・・そうなんだな・・・。 両親に愛を送るこ [続きを読む]
  • 男性様方。奥さんのお悩みを聞くとき、この言葉使ってませんか?
  • 先日、“男と女の脳の違い”について、ブログを書きましたが・・・わわわ!と湧いたので湧くまま、今日は、 男のやりがちな、“応え方” と、女の望む、“聴かれ方” について、 書いてみよかな〜と、思います。 なんてことない、つぶやき。 ごゆるりとどうぞ・・・ ☆☆☆☆ あのね。きょうな、こんなことがあってな・・・・ ○●■□△△??:;:;:??!情景描写細かいの、延々・・・ ねぇ、聞いてる?? “う [続きを読む]
  • 幸せな親であること
  • 「あぁ〜。 おかあさん、この町にお嫁にきてよかったな。 幸せだな・・・こんな空が綺麗で、自然もあって、 あんたたちの育つこの町は、ほんま素敵な町だよね。」 って、いつものおらの町の氏神さんで、うっとり呟いたら。 「おかあさん。 きっとおかあさんは、 どこにいたって、きっとそう。 どこにいても、“幸せだなぁ”って、 きっと言うてるで(笑)」 と、息子が笑ってそう言った。 ・・・ 怒ってばっかだし、笑 [続きを読む]
  • 依存させないセラピストで在れ〜山本的経験ぶっちゃけます〜
  • “セラピストとして、生徒さんを依存させないようにすることも、大切な仕事なんです。” これは、わたしのレイキの師匠が教えて下さったこと。 “自分で気づけるように、伝える” あれから三年、今も心に留めていることです。 というのも。 私自身が、依存していた経験があるから。 今日は、わたしの経験をもとに、ぶっちゃけますね。 ご興味ある方、どうぞお茶でものみつつ・・・お読みくださると嬉しいです。 ☆☆☆☆ [続きを読む]
  • スモールスカルで学んだこと〜男と女の脳の違い〜
  • 昨日は、 安藤先生のところで、スモールスカル健康法(頚椎第二番を調整することで自律神経を整える)をお勉強しました。 個人的に、おもしろかったことがあって。そのことを書きます。 安藤先生の講座は、雑談と思えるようなものでさえ、雑談じゃない。頚椎を整える、自律神経を整える方法だけでなく、多くのことを学べる、中身がたっぷり詰まった講座でした。ありがとうございました。 ・・・え?おもしろいことより、スモ [続きを読む]
  • 感じる手、感じる感性〜スモールスカル学んできました〜
  • 今日は、京都は長岡京市、安藤庵の安藤先生のもと、 スモールスカル健康法の講習会を受けてきました。 頚椎二番を整えることで、自律神経を整えるというもの。自律神経を整えることで、あらゆる不調を改善するもの。・・・ざっくりいうと、ですね。 スモールストマック健康法も学びましたが、これまた、スモールスカルもおもしろかった!!!・・・ちょっと、むずかしかったけど(笑 近くにいた人たちでチームになり、したり [続きを読む]
  • 内臓と対話する健康法
  • 自分を大切にしたい・・・でもどうするのか?わからない。自分の心の声を、大切にしたい・・・どう考えれば??いいの?? そんなときは。 どうするのか?と考えるより、考え方を変えることで、心の見方を変えようと必死になるより、 まずは、身体の声を、きいてみる。身体の気持ちいいことを、してみる、感じてみる。 それを、おススメしています。 体感って、「体」を「感じる」って、書きますよね。 からだを感じるっ [続きを読む]
  • 肩の力を抜きながら、全力でありながら、ゆだねる生き方をする。
  • “わたし、自分の理屈にがんじがらめになってることも、硬いことも、よ〜くわかってるんです。 さて・・・ レイキを学ぶことで、この硬さが緩められるでしょうか・・・・” 入ってすぐに、そう仰ったその方が、 では・・・と、 レイキのエネルギーを流しただけで、大粒の涙を流される。 “なんで、こんなに涙がでるんだろ・・・” 涙という、浄化。 浄化されたかったのは、 ほんとはずっと泣きたかった、今日まで精一杯だっ [続きを読む]
  • どうすることが、全力か?
  • ふっと湧いたので、ガガガといきます。 わたしはいつも、 全開でいきます。 っていうけど。 このお仕事をさせてもらうようになって、しみじみ思っているんです。 全開でいくことが、全力なんだなぁと。 じゃ。 全力って、なに?? 全力って、 眉間にしわ寄せて気合入れて、自分にないものを引っ張り出そうとして、自分に出来る以上のことを世間に現そうとして、 自分の中にない袖を、必死に振ろうと“全力の努力”することで [続きを読む]
  • お手当ては、心の中の答えを見つけてくれる。
  • 初めてあった日。 「暁子さん・・すっごくモヤモヤしてるんです。 でも、なににモヤモヤしてるのかさえ、わからないんです。」 ・・・ と言って泣きながらぽつぽつと話し始めたその人は。 ひとつひとつの単語を一緒に拾いながら、 自分の中のモヤモヤを見つけていかれました。 それからレイキを学び、 あれから半年たって。 昨日久しぶりにお会いした彼女は、見違えるほど、自分の心を自分で整理し、新しい道を切り開く人に [続きを読む]
  • ほんとは泣きたいの。
  • 泣きに来たのかも・・・しれません。 誰かに、本当に本心を晒したことはない気がする。自分にさえ、自分の本心を晒したことは、ない気がする。 そういって、電車を乗り継ぎ乗り継ぎ、遠い場所からここに来てくださった人がいる。 本心を晒せない・・・というその人が、 会ったこともないわたしに、会ったとたんにその涙を晒すこと。 ・・・どれほど勇気がいっただろうな。 そんな人に、わたしができることって、なに? [続きを読む]
  • 自分が満たされたとき、他者への感謝に気づく。
  • わかってほしい、認めてほしい、ほめてほしい・・・わたしをみて。 承認欲求。 これって、みんなにもある感情だよね。わたしにも、もちろんあります。 でもさ、自分の道を振り返りつつ、思うんです。 自分で自分への「承認」が満たされてくると、 他者への「承認欲求」が、減ってくる。人のせいにすることが減り、きいてきいて!も減り、自分の内に答えを見つけるようになる。 すると、そのとき。 他者への感謝、宇宙へ [続きを読む]
  • 学びと学びの間を学び、言葉にするという学び。
  • ある日の友人の言葉。 「なんでもそうやけど、新しいことの学びは、 その学びの時間だけでなく、 学びと学びの間の時間が大事やねん。 だから、3回講座があれば、その学びの間を、2回振り返る機会があるってことで、それが大事やの」 まさに!!と、めっちゃ頷きました。 では、 学びと学びの間にどう学び、どう振り返ることが効果的か? 山本的に見聞きしてきたこと、体験したことで、思うように書いてみたいと思います。 [続きを読む]
  • なんでの答えは、自分の中にあった〜レイキご感想〜
  • 先日のブログでも書かせて頂いたように、 うちのレイキ講座は、基本的に3日間にわけて、じっくりやっていきます。 ファースト講座の時点で、気づいたほうがいいかも・・・なパターンや癖など、山本なりに色々と感じる、見えることもありますが、 かといって、それは、 すぐに伝えればいいってものではないと、思ってます。 同じ内容を伝えるにしても、 準備運動もなく深瀬を泳いだら、心臓麻痺を起こしちゃう。 心と身体の受 [続きを読む]
  • 春をお腹に収める
  • 春を見つけに。ちょいとお散歩。息子はいつも、気持ちいい場所を見つけると、自動的にアーシング体制に入る。つまり、寝る。そして、五感フルに確かめる。つまり。匂って、食って確かめる(笑この小さな春たちは、ヨモギご飯と、お味噌汁になりました。春の香りが、お口からお腹いっぱいにひろがったよ。今日は、かわいいフキも見つけたけれど。これは、明日のお楽しみ??今夜はノンアルコールなので、明日、蕗味噌とワインで楽 [続きを読む]
  • 春というセンチメンタル
  • 春だなぁ・・・ 近所の桜が、きれいに咲き始めた。 庭の小松菜は、いつのまにか、菜の花になった。 小さかった息子は、 あっというまに、この春中学生になる。 ☆☆☆ 初めて幼稚園に行った日、お友達できた??と聴いたら、 うん!!カメ!!! って、元気いっぱい答えた子。 気が弱くて、お友達にも言いたいことが言えなくて、そのたびにチックで目をしばしばして。小学校に入っても、最初はやっぱりそんな感じ [続きを読む]
  • レイキ講座それぞれのステップで起こる変化についての所感
  • 今日は、とうとう息子、最後のランドセルの日でした。朝から泣いちゃう母。 ・・・もとい、切り替えて(笑)レイキティーチャーエンジン、入れます(笑 ・・・ うちでは、レイキ講座を基本的に3日間に分けてお届けしていますが、 今日は、 それぞれで起こりがちな変化や気付きについて。 わたしの経験をもとに、よくあるパターンを書いてみようかと思います。必ずこうなる!じゃないですよ。 ☆自分の成長変容のため、レイキに [続きを読む]
  • むすこの背中
  • だいじょうぶかな・・・ひとりで、無事に帰ってくるかな・・・泣かないで帰ってくるかな・・・ そわそわしながら息子の帰りを待ってた、6年前。 遠くに、大きなランドセルをゆさゆさと背負った息子が見えた。 おかえり〜!!って、 両手をひろげてしゃがんで迎えるわたしに、 かか〜!!! って・・・。 大きなランドセルを、ゆっさゆっさと揺さぶりながら飛び込んできた。 ぎゅっとしたときの、君の笑顔も、溢れた愛 [続きを読む]
  • あなたはなにげなくしたことでも、あたしは覚えてるよ。
  • 高校生の頃。突然の雨に濡れながら線路沿いを歩くわたしに、そっと傘を差し出してくれた・・・知らないお姉さん。会話もなく歩く道は、なんだか恥ずかしかったけど、あったかくて。今も雨に打たれると、あのときの、優しい相合傘を思い出すんです。ありがとう。 父と母と、どうしても心が通わなくて、言葉が出なくなってた17歳の頃・・・「もう、なんにも言わないでいいんだよ」って、ほんの数時間一緒だっただけの、見知らぬお [続きを読む]
  • レイキと自然療法で、治癒力アップ
  • 「 レイキをする前のお母さんの手も、気持ちよかった。 でも今は、気持ちいいだけじゃなくって、 ぼくを治してくれる手や。」 ある日、息子がそういってくれたことがあります。 お手当てってすごい。 レイキって、すごい。 そこにプラスして、昔からのおばあちゃんの智慧!自然療法を合わせると、相乗効果すごい!! 今日はそんな、実体験のお話です。 ☆☆☆ 実は昨日の夜中のこと。 ダンナが、ばっくりと、指の付け根 [続きを読む]
  • もっともっと、わかってわかって、なんでなんで?のスパイラル
  • 「なんであの人、こんなこと言うんだろう」 「なんで、もっとわかってくれないんだろう」 「もっとこうしてくれたらいいのに」 「もっとわかってほしいのに」 「もっと、やさしくしてくれたらいいのに」 「こんなにしてあげてるのに、なんでわかってくれないの?」 「こんなに悲しいのに、なんで、助けてくれないの?」 ・・・ 誰しも、認められたら嬉しいし、受け入れられるって、幸せ。助けて!って思う。 それもいい、それ [続きを読む]