seicolin さん プロフィール

  •  
seicolinさん: ミーハーdeCINEMA
ハンドル名seicolin さん
ブログタイトルミーハーdeCINEMA
ブログURLhttps://seicolin.hatenablog.com/
サイト紹介文ミーハー視点の、イラストつき映画感想ブログです。
自由文ジャンルに関係なくチョイスしてるつもりだけど、感想はなぜかホラー多め。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供58回 / 365日(平均1.1回/週) - 参加 2016/01/08 10:02

seicolin さんのブログ記事

  • 『NETFLIX』2018年11月面白かったドラマのご報告
  • 最近見て面白かったネットフリックスのドラマをいくつか最近ハマったドラマの覚え書きです。ブログもろくに更新せず、むさぼり見ました。とくに意識してたわけじゃないんですが、なぜか結果的にNETFLIXオリジナルばっかし見ていたようです。私としては正直ネトフリ自体にやや飽きがきてて、そろそろ契約をお休みして、好みの映画が多いU-NEXTあたりに行こうかと思ってた矢先だったのですが「鳳凰の飛翔」が週3話ずつ配信で、いま [続きを読む]
  • 映画の中の殺人鬼ピックアップPart3
  • 映画に出てきたお気に入りの殺人鬼ピックアップその3今回は邦画です。あんまし邦画は見ないので、ちょっと少なめ。でも納豆にメカブを和えたイメージでチョイスしたので、きっと血液サラサラ効果があると思う。いいんですよ、お礼なんて。 映画に出てきたお気に入りの殺人鬼ピックアップその3 久保竣公(宮籐官九郎) 魍魎の匣(2007) 狂犬(ヤヤン [続きを読む]
  • 『映画』君の名前で僕を呼んで (2017)
  • Call Me by Your Name / ルカ・グァダニーノひと夏の美しくもせつない初恋イタリアの別荘で夏を過ごす、インテリ一家。パパは大学教授なのですが、そこに毎年院生を一人招待しています。今年はアメリカ人のオリヴァーがやってきました・・・・。ということで、これは教授の息子エリオ(17歳)とオリヴァー(24歳)が共に過ごした、6週間の物語です。何がすごいって、何もかもがパーフェクトに美しい!イタリア、彫刻、水、 [続きを読む]
  • 映画の中の殺人鬼ピックアップPart2
  • 映画に出てきたお気に入りの殺人鬼ピックアップその2まぁ日ごろ見ている映画が映画だけに、このコレクションはなかなか尽きないものがあります・・・。今後も時々放出すると思います。苦手な方には、ごめんちゃい・・・。 映画に出てきたお気に入りの殺人鬼ピックアップその2 ジャン・パティスト・グルヌイユ(ベン・ウィショー) パフュームある人殺しの物語(2006) [続きを読む]
  • 『映画』ダークウォッチ 戦慄の館 (2014)
  • DARK HOUSE / ヴィクター・サルヴァトビン・ベルのロンゲ姿を愛でたい映画ホラーとして見れば軽かったんですけど、いろいろ面白かったです。そりゃぁ劇場で1800円払う気にはなれない映画かもしれません。ただ、動画配信サービスで見放題だったからこそ出会えた映画でこのクオリティなら、これも縁よね、出会いをありがとうU-NEXT!って思いますよね。いや、U-NEXTに限らず、他サービスにもあんのかも知れないが・・。ともか [続きを読む]
  • 『ドラマ』紺田照の合法レシピ シーズン1(2018)
  • 任侠とお惣菜グルメと青春を一皿に盛りあわせたぶっとびドラマいや、何の知識もなくアマゾンで見かけてつい再生しちゃったんですよ。でもって再生したついでに、一気に1シーズン完走してしまいました・・・・。どんだけ気に入ったのよアタイ・・・。そもそもツカミが良かったんです。カトウシンスケと内山信二のカラミで、早速大笑いさせられちゃって。特に今回内山君と王道デコボココンビを結成したカトウシンスケ。あの「ケ [続きを読む]
  • 映画の中の殺人鬼ピックアップPart1
  • 映画に出てきたお気に入りの殺人鬼ピックアップ私は映画に関しては雑食ですので、珠玉の名作ばかりを見てるわけではございません。ぶっちゃけホラーやサスペンスも少々たしなんでおりますゆえに、おのずと溜まってしまうんですよね。お気に入りの死体とか、お気に入りの殺人鬼とか、お気に入りの末路とか・・・。まぁ、お気に入り死体をズラズラ並べるにはイマイチ機が熟してないと感じますので、今回は謙虚に映画で見かけたお [続きを読む]
  • 『映画』聖なる酔っぱらいの伝説
  • La Leggenda del Santo Bevitore(1988)U-NEXTから掘り起こしました。エルマンノ・オルミ監督作。見たかった映画です。すごぃな、U-NEXT!もう一ヶ月契約延長するよ!(回し者ではありませぬ)このスケッチはサンドリーヌ・デュマ演じるギャビー。ギャビーのシーンがあまりにも可愛くて、彼女が何をしでかそうとも、いいんじゃよいいんじゃよ・・・・という心境が一週間ぐらい私の人格を支配しそうな予感です。よかったらその [続きを読む]
  • 『女優』マギー・スミス
  • Maggie Smithダダ漏れる気品!気難しそうで、ツンとしているところが何とも言えず最高で、いかにも英国貴族的な品のよさと人の悪さをゴツンと感じさせてくれるおばぁさまです。もちろん、最初からおばぁさまだったわけはなく、若かりし頃のキュートさをぜひ画像検索でご確認ください。さすれば、ホンモノの美女はいくつになろうとカワイイのである。とのゆらぎない事実が証明されるでありましょう。つーか、歳をとるほどにどん [続きを読む]
  • 健忘録。美形アクター編Part3
  • 美形アクター編その3いつもの健忘録スケッチですが、アクター編は久しぶりかな・・・。フアド・アイド・アトゥ(Fu'ad Aït Aattou)最後の愛人(2007)カトリーヌ・ブレイヤアーシア・アルジェント目当てに見た映画なんですが、アーシア演じるベリーニの愛人リノ役の青年が、あまりに美しく息を呑んでしまいました。もう一切の迷いを捨てて、「これぞ美形!!」と言い切ってしまいましょう。ピンク系の色白の肌に、まつげ [続きを読む]
  • ここしばらく見た映画とか、健忘録(2018年8月前半)
  • 最近見た映画とか描いたやつとか健忘録・・・5月6月が抜けてるけど、いまさらあんまし思い出せないし、とりあえず次行きますwwただ、たくさんためこみ過ぎるとまた更新が面倒になるに決まってるので、試しに一ヶ月を更に区切って、8月前半健忘録を記してみたいと思います。後半に、ちゃんと続きましたらセルフご喝采の予定です。さて、アタイの8月前半って映画館で見た映画以外は、ほぼほぼロバート・パティンソン月間だった [続きを読む]
  • 映画『危険な関係』『恋の掟』『華麗な関係』
  • ピエール・コデルロス・ド・ラクロ『危険な関係』ベースの映画3作ええ、同じ話を3つ見たんです。なんでそんなヒマな道楽をやらかしたかっていうと、不意にコリン・ファースのコスプレ物を見たい発作が起きまして、「恋の掟」を発掘したのがそもそものはじまりです。大体題名に「恋」とか「愛」とかついてると、じんましんの原因にもなりかねませんが、これってナント、ラクロの「危険な関係」を映画化したブツだったんです。危 [続きを読む]
  • 『映画』レザーフェイス-悪魔のいけにえ
  • Leatherface(2017年)※臓物まみれのヴァネッサ・グラッセはとてもツボにビンゴしました。やっぱ、俗に水もしたたるいい男とかいいますが、血液したたる美女の破壊力ときたら、それどころじゃないですよね。「飛び出す悪魔のいけにえレザーフェイスの一家の逆襲」の前日譚?とりあえず、ソーヤー家の3男(?)ジェドのバースディイベントのシーンから、お話の火蓋が切って落とされました。ママからのプレゼントは当然のごとく [続きを読む]
  • 『映画』サムライ
  • Le Samouraï(1967)無表情で無口なアラン・ドロンにミーハーも震える!アタイ、年に1~2ヶ月はU-NEXTに入るんですが、なんでかっていうと、こういう名作のラインナップがいいからなんですよね。なんせ、ノワールの金字塔の「サムライ」が最高画質ですよ、これが描かずにいられましょうか!映画については、今更私があらすじやらなにやらとって付けても、たぶん誰も読みたくないし、特に書かなくてもいいですよね?ただ [続きを読む]
  • 『短編映画』ティンカーベル(2012)
  • Efímera(スペイン)/ディエゴ・モディノ「ティンカーベル」あらすじと感想むさくるしいおじさんトリオのえげつない拷問中、天使のような女の子が現れて、バレエを踊るお話です。とりあえずちょっとの間、おじさんたちの心は洗われます。未見の方は、トレーラーを貼っておくのでぜひ見てね。でも、この短編映画の見どころは、トレーラーにはないバレエのシーンだと思います。女の子(アリシア)の愛くるしさが、なんせハン [続きを読む]
  • HBOドラマ「ザ・ニック」シーズン2
  • The Knick/ザ・ニックseason2(2015年)シーズン2、極悪すぎる展開に!やばいやばい、シーズン1はまだ「医療ドラマ」な感じだったけど、シーズン2ではさらにふろしきが広がって、いろんな意味でドス黒いものが充満してます。裏社会ネタも目を離せないけど、コレ一体どうやって収拾をつけるつもりなんだ!!まさか散らかすだけ散らかしたまま終る気じゃないだろうな!!と不安が よぎります。とりあえず、アタイお気に入りの [続きを読む]
  • 映画の中の美少女Part4
  • ミーハー的美少女図鑑今週のお題「わたしのモチベーションを上げるもの」というはてなのお題がありましたので、美少女ピックアップで乗っかりたいと思います。と思って書きかけてたらお題の期限切れになっちゃってるけど気にしない。ミーハーの、ブログ更新モチベーションが上がるとき、それは、「萌える」対象を見つけたときに他なりません。萌える対象といってもいろいろですが、今回は由緒正しく、美少女ハァハァでございます [続きを読む]
  • フリートークINDEX
  • ミーハーのつぶやきフリートークカテゴリにポイポイと押しこんでるやつを、大雑把なりに整頓してみたINDEXがこちらです。そもそもテレビや映画を見ながらあーだこーだ言ってる感じの戯言カテゴリでして、タイトルも超適当につけてたわけでございます。なので本来、目次化する必要などないんですけど、せめて整頓することによって「私が」状況を把握し、今後はタイトルを揃えながらPart2とかPart3とか、ちょっと書きやすくなりそ [続きを読む]
  • 『映画』女装のピックアップPart1
  • 心に残るあんな女装やこんな女装いつの間にか、私のおつむの片隅とメモ描きフォルダに貯まってしまった、「印象に残っている女装」の中身を、一部ピックアップしてみます。ウンチクはございません。ほぼ落書きです。つーか、美しいって罪よね!!!リリーのすべて(2015)トム・フーパーエディ・レッドメイン(リリー・エルベことアイナー・ヴェイナー)オドロキなんだけど、女装したアイナーに、アタイのようなおっさんが感 [続きを読む]
  • HBOドラマ「ザ・ニック」シーズン1
  • The Knick/ザ・ニック(2015年)スティーヴン・ソダーバーグ監督のテレビドラマまず、「なんだそうだったのか〜〜!」って思ったのがタイトル。ザ・ニックっていうからてっきり、主人公の名前からきてるのかと思ったら、「ニッカーボッカー病院」の愛称だった〜。ワレワレが、デパートの高島屋を「タカシ」と呼んでる感覚ですよね?ちなみに三越は「ミツ子」よね?ともかくそのザ・ニックを舞台としてお話が始まるんだけど、 [続きを読む]
  • ライアー・ハウス
  • BREATHLESS(2012年)10万ドルを巡る密室ドタバタ劇いや〜〜〜何よこれ!前半がめ〜〜〜っちゃ面白いです。特に冒頭のシーンが怖すぎて、逆に笑いが止まりません。youtu.be化粧だの料理だの、おなじみ日常なんだけど、クローズアップでこんなにホラーすぎることになるとは!!アタイは偏食なので卵がジュワワなシーンで脂汗を浮かべながら目を覆ってしまうのですが、偏食じゃない健全な人にとっても、ジャムはグロいと保障し [続きを読む]
  • 小さな悪の華
  • Mais ne nous délivrez pas du mal(1970)※少女たちは、見た目「美少女!!」・・・・っていうより、ごくふつうの女の子って感じです。私のトラウマ映画いわゆる胸糞映画って、私の場合何だろうなぁと考えたとき、あのキョーレツなるセルビアンフィルムやレクイエム・フォー・ドリームなどを差し置いて、真っ先に思い浮かぶ映画がこちらです。モトネタはピージャクの「乙女の祈り」と同じやつらしいけど、アレンジが違うの [続きを読む]