パスドリード さん プロフィール

  •  
パスドリードさん: 宅建士合格広場
ハンドル名パスドリード さん
ブログタイトル宅建士合格広場
ブログURLhttp://takken-hiroba.com/
サイト紹介文宅建士合格広場には、独学で合格するために欠かせない教材が多くあります。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供98回 / 365日(平均1.9回/週) - 参加 2016/01/08 16:52

パスドリード さんのブログ記事

  • 【問50】建物問題と解説【2017年宅建士試験】
  • 平成29年(2017年)に実施された宅建士試験【税その他】問50の問題(建物)と解説を掲載しています。建物建物の構造と材料に関する次の記述のうち、最も不適当なものはどれか。木材の強度は、含水率が小さい状態の方が低くなる。鉄筋は、炭素含有量が多いほど、引張強度が増大する傾向がある。常温、常圧において、鉄筋と普通コンクリートを比較すると、熱膨張率はほぼ等しい。鉄筋コンクリート構造は、耐火性、耐久性があり、耐震 [続きを読む]
  • 【問48】統計問題と解説【2017年宅建士試験】
  • 平成29年(2017年)に実施された宅建士試験【税その他】問48の問題(統計)と解説を掲載しています。統計次の記述のうち、正しいものはどれか。平成29年地価公示(平成29年3月公表)によれば、住宅地の公示地価の全国平均は、9年連続で下落した。建築着工統計(平成29年1月公表)によれば、平成28年の持家の新設着工戸数は約29.2万戸となり、3年ぶりに増加に転じた。平成29年版土地白書(平成29年5月公表)によれば、土地取引 [続きを読む]
  • 【問47】景表法問題と解説【2017年宅建士試験】
  • 平成29年(2017年)に実施された宅建士試験【税その他】問47の問題(景表法)と解説を掲載しています。景表法宅地建物取引業者がインターネット不動産情報サイトにおいて行った広告表示に関する次の記述のうち、不当景品類及び不当表示防止法(不動産の表示に関する公正競争規約を含む。)の規定によれば、正しいものはどれか。物件の所有者に媒介を依頼された宅地建物取引業者Aから入手した当該物件に関する情報を、宅地建物取引 [続きを読む]
  • 【問46】住宅金融支援機構問題と解説【2017年宅建士試験】
  • 平成29年(2017年)に実施された宅建士試験【税その他】問46の問題(住宅金融支援機構)と解説を掲載しています。住宅金融支援機構独立行政法人住宅金融支援機構(以下この問において「機構」という。)に関する次の記述のうち、誤っているものはどれか。機構は、団体信用生命保険業務として、貸付けを受けた者が死亡した場合のみならず、重度障害となった場合においても、支払われる生命保険の保険金を当該貸付けに係る債務の弁済 [続きを読む]
  • 【問45】住宅瑕疵担保履行法問題と解説【2017年宅建士試験】
  • 平成29年(2017年)に実施された宅建士試験【住宅瑕疵担保履行法】問45の問題と解説を掲載しています。住宅瑕疵担保履行法宅地建物取引業者Aが自ら売主として、宅地建物取引業者でない買主Bに新築住宅を販売する場合における次の記述のうち、特定住宅瑕疵担保責任の履行の確保等に関する法律の規定によれば、正しいものはどれか。Aは、住宅販売瑕疵担保保証金の供託をする場合、Bに対し、当該住宅を引き渡すまでに、供託所の所 [続きを読む]
  • 【問44】宅建業免許(2)問題と解説【2017年宅建士試験】
  • 平成29年(2017年)に実施された宅建士試験【宅建業等】問44の問題(宅建業免許)と解説を掲載しています。宅建業免許(2)宅地建物取引業の免許(以下この問において「免許」という。)に関する次の記述のうち、宅地建物取引業法の規定によれば、正しいものはどれか。宅地建物取引業者A社が免許を受けていないB社との合併により消滅する場合、存続会社であるB社はA社の免許を承継することができる。個人である宅地建物取引業者 [続きを読む]
  • 【問43】媒介契約問題と解説【2017年宅建士試験】
  • 平成29年(2017年)に実施された宅建士試験【宅建業等】問43の問題(媒介契約)と解説を掲載しています。媒介契約宅地建物取引業者Aが、BからB所有の中古マンションの売却の依頼を受け、Bと専任媒介契約(専属専任媒介契約ではない媒介契約)を締結した場合に関する次の記述のうち、宅地建物取引業法(以下この問において「法」という。)の規定によれば、正しいものはいくつあるか。アAは、2週間に1回以上当該専任媒介契約 [続きを読む]
  • 【問42】広告等問題と解説【2017年宅建士試験】
  • 平成29年(2017年)に実施された宅建士試験【宅建業等】問42の問題(広告)と解説を掲載しています。広告宅地建物取引業者が行う広告に関する次の記述のうち、宅地建物取引業法の規定によれば、正しいものはいくつあるか。ア宅地の販売広告において、宅地の将来の環境について、著しく事実に相違する表示をしてはならない。イ宅地又は建物に係る広告の表示項目の中に、取引物件に係る現在又は将来の利用の制限があるが、この制限に [続きを読む]
  • 【問41】重要事項の説明問題と解説【2017年宅建士試験】
  • 平成29年(2017年)に実施された宅建士試験【宅建業等】問41の問題(重要事項の説明)と解説を掲載しています。重要事項の説明宅地建物取引業者が行う宅地建物取引業法第35条に規定する重要事項の説明に関する次の記述のうち、誤っているものはどれか。なお、説明の相手方は宅地建物取引業者ではないものとする。区分所有建物の売買の媒介を行う場合、当該1棟の建物及びその敷地の管理が委託されているときは、その委託を受けてい [続きを読む]
  • 【問40】37条書面(2)問題と解説【2017年宅建士試験】
  • 平成29年(2017年)に実施された宅建士試験【宅建業等】問40の問題(37条書面)と解説を掲載しています。37条書面宅地建物取引業法(以下この問において「法」という。)第37条の規定により交付すべき書面(以下この問において「37条書面」という。)に関する次の記述のうち、法の規定に違反しないものはどれか。宅地建物取引業者Aは、中古マンションの売買の媒介において、当該マンションの代金の支払の時期及び引渡しの時期につ [続きを読む]
  • 【問39】保証協会問題と解説【2017年宅建士試験】
  • 平成29年(2017年)に実施された宅建士試験【宅建業法等】問39の問題(保証協会)と解説を掲載しています。保証協会営業保証金を供託している宅地建物取引業者Aと宅地建物取引業保証協会(以下この問において「保証協会」という。)の社員である宅地建物取引業者Bに関する次の記述のうち、宅地建物取引業法の規定によれば、正しいものはいくつあるか。アA(国土交通大臣免許)は、甲県内にある主たる事務所とは別に、乙県内に新 [続きを読む]
  • 【問38】37条書面問題と解説【2017年宅建士試験】
  • 平成29年(2017年)に実施された宅建士試験【宅建業等】問38の問題(37条書面)と解説を掲載しています。37条書面宅地建物取引業者Aが、宅地建物取引業法(以下この問において「法」という。)第37条の規定により交付すべき書面(以下この問において「37条書面」という。)に関する次の記述のうち、法の規定に違反しないものはどれか。Aは、売主を代理して宅地の売買契約を締結した際、買主にのみ37条書面を交付した。Aは、自ら [続きを読む]
  • 【問37】宅地建物取引士等問題と解説【2017年宅建士試験】
  • 平成29年(2017年)に実施された宅建士試験【宅建業等】問37の問題(宅地建物取引士)と解説を掲載しています。宅地建物取引士次の記述のうち、宅地建物取引業法(以下この問において「法」という。)の規定によれば、正しいものはどれか。宅地建物取引士は、取引の関係者から請求があったときは、物件の買受けの申込みの前であっても宅地建物取引士証を提示しなければならないが、このときに提示した場合、後日、法第35条に規定す [続きを読む]
  • 【問36】宅建業免許問題と解説【2017年宅建士試験】
  • 平成29年(2017年)に実施された宅建士試験【宅建業等】問36の問題(宅建業免許)と解説を掲載しています。宅建業免許次の記述のうち、宅地建物取引業法の規定によれば、正しいものはどれか。なお、この問において「免許」とは、宅地建物取引業の免許をいう。宅地建物取引業者Aは、免許の更新を申請したが、免許権者である甲県知事の申請に対する処分がなされないまま、免許の有効期間が満了した。この場合、Aは、当該処分がなさ [続きを読む]
  • 【問33】重要事項の説明問題と解説【2017年宅建士試験】
  • 平成29年(2017年)に実施された宅建士試験【宅建業等】問33の問題(重要事項の説明)と解説を掲載しています。重要事項の説明宅地建物取引業者が行う宅地建物取引業法第35条に規定する重要事項の説明に関する次の記述のうち、正しいものはどれか。なお、説明の相手方は宅地建物取引業者ではないものとする。宅地の売買の媒介を行う場合、売買の各当事者すなわち売主及び買主に対して、書面を交付して説明しなければならない。宅地 [続きを読む]
  • 【問31】8種制限問題と解説【2017年宅建士試験】
  • 平成29年(2017年)に実施された宅建士試験【宅建業法等】問31の問題(8種制限)と解説を掲載しています。8種制限宅地建物取引業者Aが、自ら売主として、宅地建物取引業者でないBとの間でマンション(代金3,000万円)の売買契約を締結しようとする場合における次の記述のうち、宅地建物取引業法(以下この問において「法」という。)の規定によれば、正しいものはいくつあるか。アBは自ら指定した自宅においてマンションの買受 [続きを読む]
  • 【問30】宅地建物取引士問題と解説【2017年宅建士試験】
  • 平成29年(2017年)に実施された宅建士試験【宅建業等】問30の問題(宅地建物取引士)と解説を掲載しています。宅地建物取引士宅地建物取引業法(以下この問において「法」という。)の規定に関する次の記述のうち、誤っているものはどれか、なお、この問において「登録」とは、宅地建物取引士の登録をいうものとする。宅地建物取引士A(甲県知事登録)が、甲県から乙県に住所を変更したときは、乙県知事に対し、登録の移転の申請 [続きを読む]
  • 【問26】報酬問題と解説【2017年宅建士試験】
  • 平成29年(2017年)に実施された宅建士試験【宅建業等】問26の問題(報酬)と解説を掲載しています。報酬宅地建物取引業者A(消費税課税事業者)は貸主Bから建物の貸借の媒介の依頼を受け、宅地建物取引業者C(消費税課税事業者)は借主Dから建物の貸借の媒介の依頼を受け、BとDの間での賃貸借契約を成立させた。この場合における次の記述のうち、宅地建物取引業法(以下この問において「法」という。)の規定によれば、正し [続きを読む]
  • 【問25】地価公示法問題と解説【2017年宅建士試験】
  • 平成29年(2017年)に実施された宅建士試験【税その他】問25の問題(地価公示法)と解説を掲載しています。地価公示法地価公示法に関する次の記述のうち、正しいものはどれか。土地鑑定委員会は、標準地の単位面積当たりの価格及び当該標準地の前回の公示価格からの変化率等一定の事項を官報により公示しなければならないとされている。土地鑑定委員会は、公示区域内の標準地について、毎年2回、2人以上の不動産鑑定士の鑑定評価 [続きを読む]
  • 【問24】固定資産税問題と解説【2017年宅建士試験】
  • 平成29年(2017年)に実施された宅建士試験【税その他】問24の問題(固定資産税)と解説を掲載しています。固定資産税固定資産税に関する次の記述のうち、正しいものはどれか。固定資産税は、固定資産が賃借されている場合、所有者ではなく当該固定資産の賃借人に対して課税される。家屋に対して課する固定資産税の納税者が、その納付すべき当該年度の固定資産税に係る家屋について家屋課税台帳等に登録された価格と当該家屋が所在 [続きを読む]
  • 【問23】所得税問題と解説【2017年宅建士試験】
  • 平成29年(2017年)に実施された宅建士試験【税その他】問23の問題(所得税)と解説を掲載しています。所得税所得税法に関する次の記述のうち、正しいものはどれか。個人が台風により主として保養の用に供する目的で所有する別荘について受けた損失の金額(保険金等により補てんされる部分の金額を除く。)は、その損失を受けた日の属する年分又はその翌年分の譲渡所得の金額の計算上控除される。建物の所有を目的とする土地の賃借 [続きを読む]
  • 【問22】他の法令制限問題と解説【2017年宅建士試験】
  • 平成29年(2017年)に実施された宅建士試験【法令制限】問22の問題(他の法令制限)と解説を掲載しています。他の法令制限次の記述のうち、正しいものはどれか。津波防災地域づくりに関する法律によれば、津波防護施設区域内において土地の掘削をしようとする者は、一定の場合を除き、津波防護施設管理者の許可を受けなければならない。国土利用計画法によれば、市街化区域内の3,000平方メートルの土地を贈与により取得した者は、 [続きを読む]
  • 【問21】土地区画整理法問題と解説【2017年宅建士試験】
  • 平成29年(2017年)に実施された宅建士試験【法令制限】問21の問題(土地区画整理法)と解説を掲載しています。土地区画整理法土地区画整理法に関する次の記述のうち、誤っているものはどれか。なお、この問において「組合」とは、土地区画整理組合をいう。組合は、事業の完成により解散しようとする場合においては、都道府県知事の認可を受けなければならない。施行地区内の宅地について組合員の有する所有権の全部又は一部を承継 [続きを読む]
  • 【問20】宅地造成等規制法問題と解説【2017年宅建士試験】
  • 平成29年(2017年)に実施された宅建士試験【法令制限】問20の問題(宅地造成等規制法)と解説を掲載しています。宅地造成等規制法宅地造成等規制法に関する次の記述のうち、誤っているものはどれか。なお、この問において「都道府県知事」とは、地方自治法に基づく指定都市、中核市及び施行時特例市にあってはその長をいうものとする。都道府県知事は、宅地造成工事規制区域内の宅地で、宅地造成に伴う災害の防止のため必要な擁壁 [続きを読む]
  • 【問19】建築基準法(2)問題と解説【2017年宅建士試験】
  • 平成29年(2017年)に実施された宅建士試験【法令制限】問19の問題(建築基準法)と解説を掲載しています。建築基準法(2)建築基準法(以下この問において「法」という。)に関する次の記述のうち、正しいものはどれか。都市計画区域又は準都市計画区域内における用途地域の指定のない区域内の建築物の建ぺい率の上限値は、原則として、法で定めた数値のうち、特定行政庁が土地利用の状況等を考慮し当該区域を区分して都道府県都市 [続きを読む]