剛毛系 さん プロフィール

  •  
剛毛系さん: かぎしっぽの庭
ハンドル名剛毛系 さん
ブログタイトルかぎしっぽの庭
ブログURLhttp://kagisippononiwa.blog.fc2.com/
サイト紹介文小さくて汚い庭とベランダで、山野草からバラ、クレマチスまで色々育てています。足の踏み場がありません。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供28回 / 365日(平均0.5回/週) - 参加 2016/01/08 20:36

剛毛系 さんのブログ記事

  • 昭和回顧録 その1
  • ネットで「日本製」と書いてあるこたつ布団を買った。届いたのは、今日び中国製でもなかなかお目に掛かれないほどに雑な縫製のこたつ布団だった。しかも茶色の生地なのに大胆に白のミシン糸を使っているため嫌でも雑な縫製が目に入ってしまう。で、これはイカンだろうと上掛けを買ってごまかしてるものの、ペラペラの上掛けなのですぐペロッとめくれて、例の斬新な糸使いが丸出しになるのが悩みのタネであった。ある日、小さい頃を [続きを読む]
  • 見たままを撮りたいの
  • 私はカメラの知識が全くない。しかも今のカメラは中古で買ったのだがなんと説明書が付属してなかった。だからとにかくオート!なんでもかんでもオートで撮っている。ある日紅葉したゲンノショウコが夕日に透けてガーネットやトパーズの如し輝きを放っていた。いとをかし、激写じゃ、激写でおじゃる。あれ?目で見てるのと違う。こんなまろやかな色じゃないんだけど。そこでEテレ「趣味の園芸」の写真コーナーで言っていたホワイト [続きを読む]
  • 初めての積雪
  • 最強寒波が来てこの辺に初めて雪が積もったよ的な記事を書こうとしてると首が痛くなってパソコンを長時間使えなくなりブログから離れてるうちに妙に暖かくなってしまってなんか書きづらい。書くけども。その日も2号が外に出せ出せうるさかったので変な動きをして縄抜けしないように注意しながら散歩させてみた。しかしそんな心配は無用で、雪を見て固まってしまった。「何ぞコレ・・・」身体に触れると小刻みに震えている。ものす [続きを読む]
  • クレマチスの紅葉
  • 原種系クレマチスが紅葉したが、品種によって色が全然違うことがわかった。また一つ大人になった。ハンショウヅルは黄色っぽくなり、白万重はドス黒くなるのか。たまたま一緒に絡めてたが、色の対比がはっきりして紅葉を楽しむという点では良い組み合わせだと思った。でも、でも。本当はテッセンを買ったはずだったのおぉぉ。・゚・(ノД`)・゚・。白万重ばっか増えていく・・・_| ̄|○しかし未練がましくテッセンのタグを付けたままなのが [続きを読む]
  • 実生ホトトギスとルリタテハ
  • ホトトギス「面影」のタネを蒔いた。以前、白花ホトトギスのタネを蒔いたらびっしり発芽してあっという間に花が咲いてプランターにひしめく大量の白花ホトトギスを前に途方に暮れたことがあった。以来私は「白いゴキブリ」と呼んで畏れている。一方面影は台湾系の交配種なので同じ実生でもいろいろな花が出るだろうし白花より小型でおとなしそうなので思い切って蒔いてみた。しかし庭が狭い上に、あれこれ植物も増え、苗の置き場所 [続きを読む]
  • あけましておめでとうございます
  • 世の中的には「ゆく年くる年」で年を越す人が多いのだろうが我が家は去年と同じくEテレで年を越した。番組では上野動物園の歌とともにシャンシャンの成長記録を流していた。1号はよくテレビにちょっかい出す猫なので、年越しの瞬間にテレビに突撃する面白い写真が撮れるかもしれないとシャッターチャンスをずっと狙っていた。2号が邪魔しに来た。空気読んでくれ。ちなみに私は小学生の時、上野動物園にトントンを見に行ったことが [続きを読む]
  • 我が家の神様
  • この年の瀬に眼鏡失くした_| ̄|○とりあえず昔の、枠もレンズも黄ばんだ眼鏡を出してきて使っている。昨日は世帯主が朝から実家の正月飾りをしに行っていた。その間暇だったので、外に出せとうるさい2号にリードを着けて庭で遊ばせていた。庭を見ていると闇っこりーの芽が凝縮しているのが気になり、片手でリードを持ちながら闇っこりーの間引きを始めてしまった。しばらくして、リードに抵抗感が無いことに気付く。リードの先に2 [続きを読む]
  • 相撲とバーベナ
  • 我が家の世帯主は相撲が大好き。私はまっっったく興味がなかったのだが場所が始まると毎日見させられNHKの実況よりもいきいきと、しかも詳細に横で解説してくれるので、鼻ほじりながら適当に受け流しているうちにルールがわかってきて、素人ながら楽しく見られるようになった。去年初めて九州場所に行き、生で力士を見ることが出来た。席に向かう通路を歩くと、下っ端力士がその辺にゴロゴロしている。その時初めてわかったことだ [続きを読む]
  • ネットショッピング隠蔽工作
  • シックな感じの花壇にしたくて銅葉やシルバーリーフの植物を色々ネットで買ったのは先月の話。その荷物を受け取るところでひと波乱起こった。実はこれらを注文する少し前に世帯主といつもの植物園に行っていた。そこの売店で、ずっと欲しかったエキナセアを見つけたのだ。それがなんとセレブ価格950円!ネットでもあまり見かけないしなぁ、送料のことを考えたらここで買った方がいいかなぁ、でも950円てどうよ・・・、と苗の前で考 [続きを読む]
  • エアリー豆苗
  • 豆苗は再生させてもう一度食べるのが国民の義務だと思っている(持論)。最近も豆苗を食べた。再生した。半分だけラーメンの具に使った。それからなんか豆苗を使う料理と縁が無いまま日々が過ぎていった。うわあ。梅雨時の私の頭を彷彿とさせるボリュームに。これはダイニングテーブルの横に位置していて、世帯主が食事する横で激しくもわーんってなってるのだけど、彼は視界に入らないのかあえて見てみぬふりをしているのか、これ [続きを読む]
  • 聖夜に願いを
  • 我が家には奥行き50cm、長さ5mという細長い花壇があり、なんとなく青〜黄〜白という色合いの植物を植えていた。ところが来年はこの花壇を赤系の花〜銅葉〜シルバーリーフというシックな色合いに模様替えしたいと急に思い立ち、思い立ったら居ても立ってもいられずあれやこれや移植しまくった。植物にとっては大迷惑である。少し前に記事にしたエキナセア・シークレットアフェアーはまさにこの花壇にぴったりだと思い移植した。する [続きを読む]
  • レモングラスは猫草
  • 温暖な瀬戸内地方でも最低温度が氷点下を回る日が出てきたため耐寒性が低いと思われる草を室内に取り込むことにした。とりあえずレモングラスとペニセタム・ファイヤーワークスをしまう。よくよく調べてみると、耐寒性の指標・ハーディネスゾーンは9〜10くらいで、このあたりは9なのでギリギリ地植えでも大丈夫っぽかったw※PlantMapsさんによる日本のハーディネスゾーン↓Japan Interactive Hardiness Zone Mapレモングラスはう [続きを読む]
  • テッセンに会いたい その2
  • テッセンの身代わりとなった白万重の蕾が膨らみ始めた頃、山野草の会の人から別の地域にある山野草展に行こうと誘われた。少し遠方の植物公園であったその山野草展で美しい展示物を堪能した。目を見張る鮮烈な青、ホタルカズラこういう仕立て方はどうやってみずみずしさを維持してるのかいつも疑問に思う。我が家に迎え入れれば一日でカッサカサの石ころに変わり果てるだろう。斑入りタツナミソウ人によっては雑草扱いされるものだ [続きを読む]
  • テッセンに会いたい その1
  • 去年から急にテッセンが欲しいという謎の衝動に駆られて、ネットで時々検索していた。うちの近所の花屋は遅咲きクレマチスに恨みでもあるのかと首を傾げたくなるほど頑なにモンタナ系かパテンス系しか置かない。ビチセラ系は、ベノサバイオレシアが母の日ギフトの名目で2000円くらいで売られているのを見た。フロリダ系なんてもはやこの世に存在するんですかとでも言いたげである。当時のネットでは、商品単価1700円に送料1000円程 [続きを読む]
  • ミニバラに実が出来た
  • 今年もミニバラに実が出来た。次の花が見たいので基本的に花がらは切り取るが、赤花ノバラとスイートチャリオットそれぞれ一つだけ、花がらを残しておいた。スイートチャリオットの実は小さくて丸い。 花は最後の一輪が荒い花形で咲いていた。 赤花ノバラの実は大きめ。 こちらも一枝だけ房咲きの花が残っていた。 スイートチャリオットの果肉部分をちぎって、恒例のお味見♪ 渋!まだ完熟してなかった。 失意の中タネを取り出す。 [続きを読む]
  • ムサシさん「今夜全て見せます」
  • 山野草の会の人からムサシアブミのムサシさんを押し付けられもらってから3年が過ぎた。その間、一度も植え替えせず、肥料もやらず。あの凄まじく場所をとるムサシさんが、さすがに痩せ細ってきた。4月12日 角が割れて中身が出た。 寝起きで「うぅ〜ん」と伸びをしてるような、気だるい雰囲気のムサシさん。右に見える小さな角はムサシさんJr。左のヒューケラみたいなのはこぼれ種のチャルメルソウ。増えすぎ。4月25日 葉を広げて [続きを読む]
  • エキナセア シークレットアフェア 総括
  • 今年よく咲いてくれたのがシークレットアフェアでした。シムラータ、グァバアイスに次ぎ3番目の開花。6月27日、花びらが出てくるこの頃ってちょっと間抜けな感じw 7月2日、咲き始めは明るいピンク。 7月8日、中央がこんもりして全体的に濃いショッキングピンクに。 7月15日、日差し強い死にそう(# ゚Д゚) 7月19日、手前はフレグラントエンジェル、咲きかけのルビージャイアント。 シークレットアフェアは大きくなりません。高さ30c [続きを読む]
  • なにかいる
  • 夏の暑さでゴミ化したムラサキジンジソウはまだ生命体として有りかな、という感じだったので、掘り上げて小さな鉢で養生することにし、ムラサキジンジソウがいた場所には挂甲武人と馬を置くことにしました。ところでその奥にあるギボウシ。8月下旬で花真っ盛りなのにもう一部黄葉している。 黄葉にはまだ早すぎるんじゃないかなー。と株元をのぞき込んでみたら ぬめり(゚Д゚;)引っ張ると根元からすぽすぽ抜けます。なにかいる、なに [続きを読む]
  • 夏の思い出
  • ちょっとブログを書くのが面倒になって、ちょっとサボっていたけれど、ちょっと再開しようかな、という気になってちょっとログインしてみたら、4ヶ月経ってました・・・あれから猫たちはそこそこ元気でやっています。しかし、庭に植えていたムラサキジンジソウが直射日光でゴミと化したあの日からもう4ヶ月も経ったのですね。このゴミ化したムラサキジンジソウを掘り上げたら、ギボウシの前のスペースがすっぽり空いてしまいます。 [続きを読む]
  • ふんばる女 その3
  • (前回までのあらすじ)1号の目が開かなくなった。*〜〜*〜〜*〜〜*〜〜*1号は涙と目ヤニが止まらず、うっすら目を開けるので精一杯。日がな一日寝て暮らしてて元気もありません。あまりに痛々しいのでまたまた病院へ行ってきました。診察の結果、目の周りの炎症が進み、結膜が腫れていました。どうも抗生物質が効いてないようです。うーんと先生が唸って、「薬を変えましょう」と。元が何の薬でこれから何の薬に変わるのかよ [続きを読む]
  • ふんばる女 その2
  • (前回までのあらすじ)1号のまぶたにかさぶたが出来た。病院で薬もらった。*〜〜*〜〜*〜〜*〜〜*腹でパソコンを操作するIT社会の申し子、1号。ちょっと私の理解の範疇を超えるコマンドを入力されると困るので、一旦パソコンの電源を落としました。そして完成したパラボラをおそるおそる装着。うん、小さいね。小さいが故に違和感も少ないらしく、そんなに嫌がりません。慣れさせるために、とりあえずこれで様子見。←正直作 [続きを読む]
  • ふんばる女 その1
  • また更新してないブログに被さる広告が出るようになってしまいました。うおー、消すぞ。6月の下旬のとある日のこと。1号が寝起きでこっちを向きました。ぶ。まぶたが腫れ、舌を出している。まさに寝起き、正統派の寝起き顔だ!wこれは写真に収めねば、とパシャパシャ激写し、その姿を満喫しておりましたが、不思議なことに、それからしばらく経っても顔が寝起き顔のままなのです。おや?(; ・`ω・´)何気なく耳を触ってみると、す [続きを読む]
  • 種まきミニバラのその後
  • 去年、ミニバラの雅と赤花ノバラにローズヒップが出来たので、せっかくなので蒔いてみました。「♀雅×♂赤花ノバラ」「♀赤花ノバラ×♂雅」と、勝手に結実してたローズヒップを一つずつ、計4つを蒔きましたが、ズボラなもので、・蒔いた日付・タネの数(ローズヒップの中に複数タネがある)・交配したタネと交配してないタネこれらがよくわからなくなりました。←えー早いものだと蒔いて一週間くらいで発芽してびっくりしたよう [続きを読む]
  • いまさらながらの春の山野草展
  • 先日、いつもの植物園で催された「初夏の山野草展」を見に行ってきました。ブログにアップしようと思いましたが、まだ春の山野草展すらアップしてないことに気が付いたのでもう2ヶ月も前の事になりますが、もったいないので春の方を書きます。←セコい植物園に行く途中に海に面した道の駅があるので、そこでちょっと休憩。その人もまばらな海岸に、目を疑う光景が。エエエェェェ(※4月です)外国人の耐寒性能高過ぎるだろう(;゚ [続きを読む]
  • ミニバラ祭り
  • またまた一ヶ月くらい前(5月22日)の話なのですが・・・(;^ω^)ベランダの大きいバラが終了して、次にミニバラが盛ってきました。カオス。カオス。狭い所に目一杯押し込めている上、にセンスが壊滅状態なので、酷いことになってしまいました。雅(みやび)赤花ノバラスイートチャリオットグリーンアイスクレマチスも少し。マリアコルネリアと白万重。アラベラ。シベが落ちるとなんか笑える。*〜〜*〜〜*〜〜*〜〜*もう [続きを読む]