ゴル山ゴル太郎 さん プロフィール

  •  
ゴル山ゴル太郎さん: ゴル山ゴル太郎のブログ
ハンドル名ゴル山ゴル太郎 さん
ブログタイトルゴル山ゴル太郎のブログ
ブログURLhttps://ameblo.jp/resprit1809/
サイト紹介文腰痛持ちでへなちょこのアラフォーゴルファーが独善と思いつきだけで綴ります
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供159回 / 365日(平均3.0回/週) - 参加 2016/01/11 05:54

ゴル山ゴル太郎 さんのブログ記事

  • 最近のゴル太郎
  • このところ忙しさにかまけてブログを放置していたけど、元気に生きてはいる。ブログを書く時間がないわけではなく、気持ちの余裕がなかったと言った方が正解だろう。こう考えると、ちょこちょこブログを更新できているというのは、心身共に健康であることの証なのかもしれない。 とはいえ、心身が病んでいたわけでもなくラウンドも行っているし、新しいクラブに手を出したりゴル太郎の日常はゴルフと共にある。 【ラウンド結果編 [続きを読む]
  • 答え合わせ的
  • 前回の記事に対する反応が思いの外あったので、「これはもう答え合わせをしないとだめかもしれんね」という気になってしまった。「思わせぶりな記事を書いてしまい、大変失礼しました」という気持ちで、今僕はこの記事を書いている。 今回、僕が手を出したクラブの話だが、結論から言えば「62度のウェッジ」だ。 タイトリスト2016 ボーケイウェッジ SM6シャフトはいつものDG S200  今僕が持っているウェッジ(52度と58度)は同 [続きを読む]
  • これはもう不治の病かもしれんね
  • 元々ウッド系が苦手だった僕はアイアンは3鉄から入れている。しかし最近はウッド系に対する苦手意識も以前ほどではなくなったこともあって、200y前後は4UTを使うようになってきている。なので、現状ではほとんど3鉄を使用することがない。いわゆる「お飾り」状態というやつだ。 ま、他に入れるクラブもないし、とりあえずキャディバッグに入れていてもバッグが少し重くなるくらいで何の問題もないのだが、最近になってまたまた欲 [続きを読む]
  • ラウンド結果_関西空港GC
  • このところ何だか気忙しくてブログ活動が停滞気味だったが、ラウンドにはちゃんと行っている。この週末もラウンドしてきた。 場所は初めてのコースになる関西空港GC。僕の家からは高速を使わなくても20分くらいで行けるアクセス抜群なコースだ。なぜこれまで行ったことがなかったかというと... 高いから! それしかない。ビンボー人の辛いところだが、今回は同行するメンバーからの指令もあった為に清水の舞台から飛び降りるつ [続きを読む]
  • スピードゴルフ
  • 知ってる人もいるかと思うが、スピードゴルフという競技についての記事を読んだ。 このスピードゴルフというのは、その名の通り基本はゴルフだ。違いと言えば使えるクラブが7本までということと、一人ずつスタートして18ホールをいかに短時間でまわるかを競うということだ。 勝敗は「ゴルフのスコア+ホールアウトまでの時間(分)」で決まる。もちろんスコアの少ない者が勝ちだ。 とにかくスピーディにプレーを進めなければなら [続きを読む]
  • ゴルフと麻雀
  • 僕自身は麻雀はしない。脳ミソが蟻んこ並に小っちゃいので、あまり頭を使うゲームが好きではないからだが、僕の身近には大の麻雀好きがいる。彼と話していた時のことだ。 僕が「麻雀のどこがそんなにおもしろいのか?」と尋ねたところ、麻雀好きはそのおもしろさをこんな風に言った。 ①役という目的に向かって戦略を考えるのが楽しい②不確定要素が多く、同じ状況がない&状況が常に変化する③時には運も勝敗を左右する 他にも何 [続きを読む]
  • あなたならどうする?
  • ゴルフをする人ならラウンド中に番手選択で迷いが生じることは珍しいことではないと思う。 例えば打ち下ろしの150yショートホール。風はそこそこのアゲンスト。みたいな場合を考えてみる。 僕の飛距離からすると150yは8鉄の距離だ。打ち下ろしの程度にもよるが、10yの打ち下ろしとみて140y打ちたい。それなら9鉄の距離になる。しかし風はアゲンストの為、150y打つイメージで8鉄を選ぶべきか?そんな場面だ。 結論を言えば、 [続きを読む]
  • 飛び系アイアンの発売で思ったこと
  • 飛び系アイアンとして売り出されたEPIC STARアイアンのスペックを見てみた。 7鉄のロフトが26度。これは僕が使ってる鉄の5番にほぼ相当する。言ってみれば僕の5鉄のシャフトを切って7鉄の長さにしたみたいな感じだろうか? 実際に試打したわけではないので、そこのところはイマイチよく分からないのだが、今ではユーティリティも色んなものが売られているので、「そこまで鉄に距離を求める必要があるのかな?」と少々疑問に思っ [続きを読む]
  • 7本競技
  • 11月に開催されるあるコンペにお誘いを頂いた。予定の調整ができたら参加したいなと考えている。 ところで、このコンペ、少しばかりクラブセッティングに縛りがある。題名の通り使用するクラブは7本に限られるのだ。それで「7本競技」というのだそう。 おもしろそうだと思う。 バッグに入れられるクラブの本数が普段の半分になるのだから、それなりに考えてセッティングしなければならない。参加が決まってもいないのに「どうしよ [続きを読む]
  • ラウンド結果_伊賀GC(写真追加しました)
  • umcka杯は台風の為、延期となってしまったが、それでもゴルフがやりたいメンバー14人が集まってプチコンペが開催された。事前に手配してくれていた参加賞である「卵」が大量に入荷されていたので、今回の賞品は「卵」だ!題して「生卵杯」。 GB集合の図 僕は1組目のスタートということで、メンバー全員が見守る中、オナーの栄誉を受けることになった。気持ち良くナイスショットをかましてみんなも気持ち良くスタートできるように [続きを読む]
  • GBの執念は台風も押し返す?
  • umcka杯は延期になったが、有志でのプライベートラウンドに参加させてもらった。 メンバーは4組、総勢14人。まず間違いなく全員がGBであることは確かだ。誰かが「みんなアホばっかりや」と言っていたが、「こんなに愛情あふれるアホという言葉を聞いたのもなんだか久しぶりだな」そんな気分だった。 まぁ、普通に考えれば家で自重するのが真っ当な社会人というものなのかもしれない。しかし今回に限って言えば、完全に日曜日はumc [続きを読む]
  • umcka杯は延期
  • 楽しみにしていた週末のコンペであるumcka杯は台風の襲来により延期となった。とても残念だが、自然の前に僕たちなど無力なのだから、これは致し方がない。 総勢48名、それも遠方からの参加者も多いということで、プレー中はもちろん道中の安全を考えても、幹事のお二人は英断を下されたと思う。 事前の賞品や参加賞の手配、キャンセルに伴うゴルフ場をはじめとする各所との折衝、参加者への告知等々、それぞれお仕事もお持ちで多 [続きを読む]
  • こういうのをオフ会っていうのか?
  • umcka杯の開催日が刻一刻と近づいている。今のところ台風の襲来で天気が怪しい感じだが楽しみで楽しみで仕方がないことに変わりはない。ただイレギュラーなことが起こると幹事の方々の仕事が増えてしまうので、なんとか無事にコンペが開催されるのを祈るばかりだ。 そんな今日この頃... YMMさんと当日、同組でまわらせてもらう敦史さんと3人で飲んできた。ブログのコメントのやりとりで「一度飲みに行きましょう!」って言って [続きを読む]
  • 写真を載せる練習
  • 北海道ツアーで撮った写真をブログに載せてみようと四苦八苦していたが、なんとかここまでこぎつけられた。 以下は初日に行った北海道クラシックGCの写真だ。僕が撮った写真ではないので綺麗に撮れている。 他にも写真はあるにはあるのだが、多くのブロガーの皆さんのように加工したり、大きさを調整したりする能力がないので、今回はこのくらいでご勘弁頂きたい。(誰に言ってるんだ?) ちなみにこれでも猿が人間になったくら [続きを読む]
  • ラウンド結果_桂GC
  • 弾丸ツアーの2日目は桂GC。 ここは初めてのゴルフ場だ。すごく綺麗なコースだな、と思っていると、僕でも知ってる有名なロバート・トレント・ジョーンズJr設計のゴルフ場だとキャディさんが教えてくれた。どうも僕はジャックよりロバートの方が気が合いそうだ。理由はすぐに判ると思う。 さて今年は初日の夜も2次会の乱痴気騒ぎまではお付き合いしたものの、3次会と4次会は疲れた女性を宿泊先まで送ります的なノリで回避すること [続きを読む]
  • ラウンド結果_北海道クラシックGC
  • 弾丸ツアーから無事帰還し、ようやく疲れも少しだけ回復したので、その振り返りを... 初日の会場は北海道クラシックGC。広々とフラットでまさに北の大地という感じのゴルフ場だ。設計はジャック・ニクラウス。池やクリークが効果的に配置されていて視覚的にも美しく、ホントに贅沢な気分に浸れるゴルフ場だと思う。ま、最後は「ジャック・ニクラウスじゃなくってジャック・憎いラウスやわ!」なんて捨て台詞も吐いてしまったが [続きを読む]
  • 明日から北海道
  • 年に一度の贅沢ゴルフをしに北海道まで行ってくる。 一泊2ラウンドの強行日程で、初日は北海道クラシックGC、二日目は桂GCだ。僕のようなヘタクソには勿体ないようなコースだが、折角お誘いを頂いているので、できる限り参加させてもらっている。ちなみに一昨年は直前に腰痛で歩けなくなってしまい泣く泣く辞退したという涙なくしては語れない過去もあったりする。今年はお腰の状態も万全ではないもののそれほど悪くなく、普通に [続きを読む]
  • カチャカチャで弾道が変わる
  • この間の先生と練習場で遊んでいた時の話の続き。 ドライバーの打ち比べだけでなく、先生にアドバイスをもらいながらドライバーをカチャカチャして自分の弾道がどう変わるかを確かめてみたりもした。 ご存知の方も多いと思うが、カチャカチャというのはドライバーについているロフト調整機能のことで、僕の使っているM2にはこの調整機能がついている。これを色々なポジションに変更することで、リアルロフトが変わったり、フェイ [続きを読む]
  • シャフトでヘッドスピードって変わる
  • 先週末、久しぶりに練習場へ行ったら、以前お世話になっていた先生にばったり会った。生徒さんのレッスンが終わった後に先生も自分の練習をして技術を磨いているようだ。 で、その時、先生が新しく買ったドライバーを見せてくれた。今、大人気のキャロウェイのEpic(サブゼロの方)だ。さすが先生だなと思ったのは、スイングトレーナーでヘッドスピードや飛距離なんかをチェックしながら練習していたことだ。 すると先生が僕に「 [続きを読む]
  • つい手を出してしまう
  • お店のお姉ちゃんの話ではない。そう思った人は僕という人間を誤解しているので、早急に認識を改めていただきたい。 もちろんゴルフ道具の話だ。 基本的に必要ないものは買ってないつもりだが、欲しいものが出てきてしまうと我慢ができない。これは病気みたいなものだから、ある意味仕方がない。それに「独り身の僕が欲しいものを買うのに誰に気兼ねするんだ?」という開き直りみたいな感情も少しあったりするのだから手におえな [続きを読む]
  • 練習は量より質か?
  • ゴルフの練習でよく言われる言葉に「ヘタ固め」というのがある。 間違ったフォームでいくら練習してもかえって悪い癖が身につくだけで上達しないくらいの意味だろう。理解できなくもない話ではあるが、僕の認識は少し違っていて、その背景にはこういう言葉が僕の中にあるからだ。 「量の拡大は質の転換を促す」 これは僕がサラリーマンだった時代に上司に言われた言葉だ。まだまだ良い仕事とは何たるものか分かっていなかった時に [続きを読む]
  • ハンディキャップ
  • 楽天GORAのサービスの中にハンディキャップ倶楽部なるものがあって、そこに登録して自分のスコアを提出していくとハンディキャップを算出してくれる。 ラウンドデビュー以来、すべてのスコアを楽天GORAに入力している僕は、毎月一日に更新されてくるハンディキャップを楽しみにしている。 で、今月、一つの目標であったハンディの20切りをやっとこさ実現できた。 19.3 ハンディを初めて算出したのが2015年11月で、その時のハンデ [続きを読む]
  • 9月は盛りだくさん
  • 9月は楽しみにしているラウンドが盛りだくさんだ。 一つは年に一度のハプニングツアーと銘打たれた北海道ゴルフで、もう一つが初参戦させてもらうumcka杯だ。 ハプニングツアーはその名の通りハプニング(?)なしでは済まないシッチャカメッチャカなゴルフツアーだ。内容については去年書いたので改めては書かないが、普通にいけばボロボロの泥酔に近い状態で北海道のコースの洗礼を浴びることになるだろう。 ただ、今年はコース [続きを読む]
  • ラウンド結果_セントレイクスGC
  • 待望のYMMさん、TAKAさんとのラウンド。まず、結果から言うと、コースにケチョンケチョンにやられてしまった。 113(?) 今年の3月に初めてセントレイクスに行って以来、4回目のラウンドにしてコースワーストを更新するという残念過ぎる結果だ。そうは言っても結果は結果。113打は誰でもない、すべて自分自身が放ったショットなのだから受け入れるしかない。結局、僕の実力以外の何物でもないということだろう。 ただ、結果はひ [続きを読む]
  • ラウンド結果(プロローグ)_セントレイクスGC
  • 週末に楽しみにしていたラウンドに出かけてきた。場所は今年4回目になるセントレイクスGC。 ゴルフはいつでも楽しみな僕だが、今回はこのラウンドを一層楽しみにしていた。それというのも、ずっとお会いしたかったYMMさんと初めてご一緒できる機会だったからだ。しかもYMMさんがお友だちのTAKAさんも誘って下さったので、思いがけずumcka杯でご一緒させていただく予定のTAKAさんともお会いすることができるという幸運にも恵まれた [続きを読む]