ぱんじ さん プロフィール

  •  
ぱんじさん: 読み 書き 考える ぱんじの英語ブログ
ハンドル名ぱんじ さん
ブログタイトル読み 書き 考える ぱんじの英語ブログ
ブログURLhttps://ameblo.jp/paz-10/
サイト紹介文英語勉強歴40年?英検1級。TOEIC980。読み 書き 考える英語をめざします。
自由文子供の英語、受験英語、英検、TOEIC、TOEFLを含む、子供から大人までの英語勉強法の考察・提案。
自分自身の受けてきた英語教育、アメリカ生活、自分・子供の二世代の英語教育の変遷を通して見てきた英語の世界、教える過程で気付いたことなど。
楽しいサイトや本などの紹介も。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供135回 / 365日(平均2.6回/週) - 参加 2016/01/11 10:13

ぱんじ さんのブログ記事

  • 英語が響く日々まで
  • ブログを読んでいただき、ありがとうございます。 英語の勉強を続けていると、自分の中で英語が響いているという実感があるのですが‥ このところ、忙しい日々を過ごしていて、英語と向き合う時間が取れておらず、とうとう英語が響かなくなりました たとえ一週間でも集中して勉強すれば、また響きは戻ってくるのですが、その一週間すら取ることが難しい、これから半年ほど。サポートの必要な家族が複数いて、今はそちらを大切にし [続きを読む]
  • 大学受験という経験
  • 大学受験も本番。 一生に一回か二回のこの大きな経験が、受験生にとって、先の人生の糧になればいいなぁ と、受験生とともに時間を過ごすことがなくなった今でも、そんなふうに考える二月です。 I sometimes hear some mothers say “I'm so sad because my child has been having a very hard time of it preparing for the college entrance examination.” たしかに… 本当に苦しむ時間もあるとは思います でも… 経験した苦 [続きを読む]
  • つい入れ忘れがちな代名詞
  • 久しぶりに、受験用の参考書を読み返しています。英語の構文150 Second Editionです。英語の構文150―リスニング用CD付Amazon文法別に、主要構文を使った例文の解説が二文ほど左ページに、訳の練習のための二、三行程度の文が四文ほど右ページに、ほどよい量でまとめられているところが使いやすく、教えるのに重宝してきた本です。今日は第6章 代名詞の研究 構文30 that ofが特に気になっています(以下はテキストよりの引用です。) [続きを読む]
  • 能登からのDVD
  • 昨日深夜のニュースで、石川の大雪の映像が映し出され、息を飲みました。輪島は断水とのこと。実家のある地域も大規模断水がようやく解消されつつあると聞いたばかりだったのに、また、この雪でどうなることかと、不安な気持ちです。 そんな能登から、先週一枚のDVDが届きました。昨年の10月末の図書館でのこども英語イベントが、地元のケーブルテレビで番組として放映されたとのこと。地元の高校の後輩の、カメラマンのMさんが、 [続きを読む]
  • 美しい映画「パディントン2」
  • 先月19日に封切られたばかりの映画「パディントン2」近くの映画館の字幕版がもう一日一回の上映になってしまったので、急いで見に行ってきました。 前作「パディントン」の一番の印象は意外なことに、「美しい!」でしたが、今回もまた、とても美しい映画でした ロンドンの街が美しく描かれている雨の日も、雪の日も美しい 軽快な音楽も美しい〜 パディントンの話す言葉が見習いたいほど美しい パディントンの住むブラウン家が [続きを読む]
  • Grandpa loved Sumo and making fishball soup.
  • Fishball soup always reminds me of Sumo. My grandpa loved to make fishball mixture watching Sumo wresting on TV.He was not a typic
    al Meiji-born type of person and helped his wife a lot at home. Two zabuton cushions were placed in front of the TV: one for Grand
    pa and the other for the mortar, suribachi ball.He put ground fish(sold in fish shops), an egg, some miso, flour and rice wine in
    the ball a [続きを読む]
  • Harmonious approach
  • 今日は寒い一日でしたね。 帰省していた娘も今日、自分の世界へと戻って行き、今は一人で部屋を暖めてこんな本を読んでいます。 ここしばらくは娘の弾くピアノで、ほんのり色づいた空気をまとっていた我が家も、今晩は、音のない、透明で静かな世界。 なんだか、読む本の中に、暖かな色を探し求めているような感じです。 "The more you have a harmonious, loving, accepting approach, the more you'll see the rest of the piec [続きを読む]
  • 受験に向き合うこころ 女の子を見ていて思ったこと
  • かつて受験生の親として、受験生を教える立場として、この季節を何度も過ごしてきた私。この時期を追い込みの時期と考えるか、それとも調整の時期と考えるか、なかなか難しいところですが…。 まじめな女の子ほど、まだまだできていない…と焦りの気持ちが強くなり、そのためかえってなにも手につかなくなり、それを見ているママがおしりを叩き過ぎて、ナーバスさに拍車がかかってしまう…ということがあるのは、親にとっても、子 [続きを読む]
  • Have a safe and wonderful snowy day!
  • It snowed heavily in Tokyo and the surrounding Kanto area yesterday.It started to snow in the morning and large flakes of snow kep
    t falling until midnight without stopping, which was very rare.The roads were already slippery at around 2 o'clock in the aft
    ernoon and I heard someone say to his colleague, “Watch out your steps.”I was kind of surprised to hear his reply.“You don&a
    pos;t know I'm from a s [続きを読む]
  • Grandma's porridge
  • 寒かったと思うと、急に気温が上がって、厚着をして出掛けると大汗をかいたりして、健康管理の難しい一月です。我が家も次々と家族が体調を崩し、お粥を作ることが増えています。おじやは好きだけど、白いお粥がちょっと苦手な私。家族も同じですが、あまりに体調が悪く、やはりお粥しかないね…と言いながら、子供の頃お粥が苦手な私のために、祖母が作ってくれた特別なお粥のことを思い出しました。とは言っても、普通のお粥。た [続きを読む]
  • Sea cucumbers
  • Sea cucumbers are not cucumbers.They are ugly creatures but loved by many Asian people as specialty food.They are my favorite, too
    ! The other day, my daughter shouted, “Sea cucumbers!” at a fish market.There were some packs of very fresh thinly sliced sea
    cucumbers there.Sea cucumbers in this season is a treat and we decided to make this. 柚子入りの大根おろしに酢にしば
    らくつけておいた薄切りのな [続きを読む]
  • Grandma liked to sing.
  • My grandma was born in Kanazawa one hundred and eight years ago.Her great-grandpa was Samurai Her name means "a girl who will
    flourish", which was a very rare name in Meiji era.After graduating from school, she became a school teacher.She came to Not
    o by boat for the first time in her life to work as a teacher when she was eighteen. She liked to sing, but unfortunately she was
    not a good singer.Sc [続きを読む]
  • December fish
  • When I was a child, December was a special time of the year.Waiting for Christmas?Yes. That's one of the reasons, but there
    was something more valuable for my family at the end of the month, That was fish called BURI, yellowtail in English.We loved to ce
    lebrate the coming new year by eating BURIsashimi and BURI namasu. In Japan, yellowtail has different names in each stage of growt
    h and therefore [続きを読む]
  • Snow fish
  • When I was a child, our family's special dish for January was cod soup.Cod is called TARA in Japanese, whose Chinese characte
    r means fish and snow, typical fish to eat in winter.In my home town, we had a lot of snow in January and had less variation of fo
    od because of seasonal transportation difficulties.So we ate TARA almost every day.I often said to Grandma, “It's TARA agai
    n! I don't want to ea [続きを読む]
  • 丸の内オアゾ 洋書バーゲンに行ってきました。
  • 今朝arikoさんのブログに、丸の内オアゾ丸善の洋書バーゲンの情報が。この三連休は、大々的な模様替えの予定でしたが…全てを放り投げて、丸善に走りました 朝9時から夜9時まで、11日までやっているとのことです。(まだ、間に合います!) ペーパバックから有名画家の画集やアート系の本、旅行のガイドブック、専門書に、料理本、手芸本、自己啓発本、ビジネス本、それに子供の本がたくさん(前回の子供イベントの前に来たかった…) [続きを読む]
  • New year's sweet pickled vegetables
  • このお正月に作ったなますが、息子に好評でした。大根と人参に、甘く煮た油揚げと白ごま、柚子を加えたもので、いつも作っているものとはちょっと違っていたのですが…。おいしいと言ってもらえるのはうれしいものです。 私が子供のころから食べてきたなますは、「ぶりなます」と呼ばれるもので、鰤のアラをこんがりと焼いて、骨についた身をていねいにほぐして、柚子とともに、なますに加えてありました。 一種の始末料理ですが [続きを読む]
  • My great-grandfather's rice cake soup
  • あけましておめでとうございます。新しいこの年がみなさまにとって実り多い一年でありますように本年もよろしくお願い申し上げます。 ところで、みなさまはどのようなお雑煮を食べられましたか?お雑煮は地方やそれぞれの家庭によって、大きく異なるものとはよく耳にしますが…。実は私はほぼ一種類のお雑煮しか食べたことがありません 焼き豆腐としいたけとかまぼこ、ほうれん草を入れた醤油仕立てのお雑煮。(お餅はときに丸餅、 [続きを読む]
  • 書きたい本 「おばあちゃん料理帖」
  • ずっと書きたい本があります。 正確には、一度書いたけれど、もう一度書き直したい本です。 タイトルは、「おばあちゃん料理帖」4年前に実家の祖母が102歳で亡くなったとき、祖母のものはずっと残しておけないけれど、なにか祖母が生きていた証になるものを残したい…と考えて、一周忌法要の際に、親戚に配った冊子。 ある時代に、能登半島のある家庭で食べていたもののレシピ集。今は、幻のレシピとなったもの多く…。魚料理が大 [続きを読む]
  • 「英語を書く」
  • 英語を学び始めて40年以上経ち、最近ようやく英語を書くということに向き合えるようになってきました。 高校時代は、駿台の700選を丸暗記すれば書けると言われていた時代。丸暗記はしたものの、なんとなくその例文になじめず‥それをアレンジして書いて見たものが、果たして本当に英文として機能するものかどうか自信が持てないという感じがずっと続いていたのを思い出します。(当時、入試で英作文が必要な大学も限られていたので [続きを読む]
  • 二度目のスターウォーズと興味深い英語
  • 昨日は、映画館へ。二度目のスターウォーズ。今回は大きなスクリーンで音声も良かったせいか人の表情や細部が良く見えて、一度目とはがらりと印象が変わりました。 一度目は前作に引きずられて、カイロ・レンの心の闇ばかり注目してしまったのですが、よく見てみると、レイと会話しているときのカイロ・レンの表情は、挑発的なレイとは対照的に穏やかさですら感じられるほど。(人の心の闇の深さは計り知れないけれど、一元的な見 [続きを読む]
  • リアルタイムで聞く 朝の英語ニュース
  • 時差ボケで4時に目が覚めて、なにげにテレビのスイッチを入れたら、たまたまNHK BS1で、次から次へと流れてくるさまざまな国からの英語ニュースアメリカ英語、イギリス英語、アジア英語、アナウンサーさんの英語、レポーターさんの英語、インタビューされている一般の人の英語…実にたくさんの人の、さまざまな英語が聞けるということに感動し、とうとう7時まで画面に貼り付きになりました普段は、録画したCNN10とABCニュースシ [続きを読む]
  • Gift with a specific purpose 病める人へ
  • Another winter in the same place is very special to me.I came to this town to see my doctor for a yearly checkup and mammography.M
    ore than ten years ago, I was a breast cancer patient here. The trees with few leaves reminds me of my bleak state of mind while I
    was sick.I remember walking along this pavement every day to get radiotherapy in this time of the year, thinkng like this;“What
    you learn [続きを読む]
  • スターウォーズ エピソードⅧを見てきました
  • 長くて、悲しい話誰も声を上げず、笑うことも泣くこともなく、ただ息を止めて見入っているそんな緊張感の中にまだいるような気がする翌日ずっと心は持っていかれたまま自分はレイでもなければ、カイロ・レンでもないし、まして、ルーク・スカイウォーカーでもないのにレイであり、カイロ・レンであり、ルーク・スカイウォーカーであるような感覚が抜けなくて…神話の中に入り込んでしまったような不思議な感覚怒りに駆り立てられ、 [続きを読む]
  • 「走る」と「休む」
  • 人には、走りたくてたまらないときがある。走りたくなくても、走らなければいけないときもある。 走っているときは、休むことを忘れてしまうことも多いけれど、走っているときほど休むことを考えなければいけないときだけれど、毎日の生活にそんな余裕はなく…。 たくさん走ったら、今度はたくさん休む。そんなことが出来れば理想だけれど、実際はなかなかそんなことはできなくて…。 ずっと走りっぱなしの人もたくさんいる。 ダイ [続きを読む]