ぱんじ さん プロフィール

  •  
ぱんじさん: 読み 書き 考える ぱんじの英語ブログ
ハンドル名ぱんじ さん
ブログタイトル読み 書き 考える ぱんじの英語ブログ
ブログURLhttps://ameblo.jp/paz-10/
サイト紹介文英語勉強歴40年?英検1級。TOEIC980。読み 書き 考える英語をめざします。
自由文子供の英語、受験英語、英検、TOEIC、TOEFLを含む、子供から大人までの英語勉強法の考察・提案。
自分自身の受けてきた英語教育、アメリカ生活、自分・子供の二世代の英語教育の変遷を通して見てきた英語の世界、教える過程で気付いたことなど。
楽しいサイトや本などの紹介も。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供119回 / 365日(平均2.3回/週) - 参加 2016/01/11 10:13

ぱんじ さんのブログ記事

  • 「走る」と「休む」
  • 人には、走りたくてたまらないときがある。走りたくなくても、走らなければいけないときもある。 走っているときは、休むことを忘れてしまうことも多いけれど、走っているときほど休むことを考えなければいけないときだけれど、毎日の生活にそんな余裕はなく…。 たくさん走ったら、今度はたくさん休む。そんなことが出来れば理想だけれど、実際はなかなかそんなことはできなくて…。 ずっと走りっぱなしの人もたくさんいる。 ダイ [続きを読む]
  • Trust yourself.
  • Life is full of difficulties, especially when you are abroad.You might say to yourself, “This will never happen in Japan. I don't understand why people are so lazy here!”But getting angry is the worst policy in the world!Trust yourself and keep trying to explain why you are in trouble.Accepting anything as it is and making yourself understood in their language is really important.That's what I l [続きを読む]
  • 英語の謎は、深まるばかり
  • ハワイから、日本に戻ってきました。今日は暖かくて、びっくりです!今朝のホノルルは、ホノルルマラソンスタート時の朝5時は雨。途中から晴れて、気温が上がってきました。英語を話す毎日が終わってしまってちょっと寂しいのですが、記録として残しておきたいことはたくさんあるので、少しずつ書いていきたいとと思います。まず、先ほど、機内でのこと。"Anything to drink?"と聞かれて、?Could I have some hot green tea?"と答 [続きを読む]
  • ハワイ英語の謎
  • 20数年ぶりのハワイに、今年は3回もやってきて、トータル1ヶ月半くらいの滞在となったものの、まだまだハワイは初心者。謎がたくさんあります。一番の謎は、やはりハワイの英語。さまざまなオリジンを持つさまざまな人種が共存しているハワイ。英語も聞き取りやすい人と、何を言っているのか何度か聞き返さないとわからないレベルの人まで、じつにさまざま。ここで学ぶ英語が本土でも通じるのか?そこは大きな謎一言に英語といっ [続きを読む]
  • 「英語で正しく伝える」を考えさせられた 水のトラブル
  • 3日目にようやくplumber(水道屋さん)登場で、水のトラブルの全てが解消されました。3日間業者を家で待ち、その都度、違った相手と同じようなことを英語でダラダラと話すというのは、結構めんどくさいことで…どこがどうで、これがこうでとメールでもやりとりし、向こうが要求する写真まで何度も送っていたりしたのに、昨日のplumberは、「お風呂も詰まってるんだよね?」「いえいえ、お風呂は詰まっていなくて、洗面所が詰まって [続きを読む]
  • ハワイ英語とアジア英語
  • 昨日の午後、約束していた業者さんがきてくれたのですが、plumberではなく、washerのrepair manでした。あっという間にwasherを解体し点検する、その手際の良さは、アメリカではあまり見かけない感じ?聞いてみると、インドネシア出身で、生まれもハワイではないとのこと。親の代か自分の代でハワイにやってきた人。ハワイずれしていない、アジアの人という感じ?清潔な靴に清潔な靴下、床には手持ちの大きなバスタオルを敷いて作 [続きを読む]
  • アメリカではありがちな?Plumbing problems
  • 20数年、カリフォルニアに引っ越したときに一番最初に覚えた言葉は、plumber 配管工、水道工事やさん到着したその日に雨漏りで、先に現地で生活を始めていた主人が来てくれるように頼んでいたのに、待っても待っても来ないplumber数時間待って電話をして見たら「baseballを見に行っちゃったから、今日はムリ」という気楽な返事強烈なカルチャーショックでした。たぶんアメリカ生活を経験したことのある人なら、そんなものでしょ、 [続きを読む]
  • Do you have a significant other?
  • 昨日学んだ表現は、"Do you have a significant other?"significant otherとは?大切な人、恋人、配偶者つまり、"Do you have a significant other?" は、ジェンダーフリーで使える「あなた、彼氏いる?」「彼女いるの?」的な表現。とてもよく使われるそうです。ご参考になりますように。雨上がりの、カハラの夕焼け。この日は、夕方までずっと雨。この時間だけ晴れて、奇跡的に見られた夕焼けでした [続きを読む]
  • ホノルルの外食は、高いけれど‥
  • 今年3回目のホノルル、トータルで1ヶ月半の滞在の私。外食の高いホノルル食事は基本的には、自炊。外出先では、極力切り詰めています。例えば、アラモアナセンターでは、日本食メインのフードコートが3つもありますが、たいていどのメニューも10ドル以上。税とチップが含まれると、15ドル程度になることも‥。先日も天ぷらうどんが14ドルで、それに税とチップ?と考えると、どうしても納得がいかなくて、諦めました。結局、スタ [続きを読む]
  • アラモアナの書店で 学んだ新しい言葉
  • 今日は朝から雨のホノルルです。傘をさして、バスに乗って、アラモアナセンターに来ました。今日のお目当は、ここ。書店のBarnes & Nobleです。丸一日でも過ごせそうなほど、好きな場所お店は、すっかりクリスマスモード??今日はこのお店で、今この時期にここにきていなかったら、おそらくこの先も知ることがなかったと思われる?二種類の言葉を学びました。一種類目は、Great stocking stuffer。ワードパズルの小さな冊子の表紙 [続きを読む]
  • 使える英語を教えるというテーマ
  • 今度教えるときには、使える英語を教えたい。会話に関して、教えることをもっと突き詰めて考えてみたい。四技能を教えるための勉強を始めてから、ずっとそう思っています。(それが、今回ハワイに来た理由の一つです。)もちろん、自分が教わってきた英語も、教えてきた英語も使えない英語ではないのですが‥こうやって、英語が第一言語である場所にやってくると、日本で教えられている英語とはかけ離れた英語の世界が存在していると [続きを読む]
  • 機内でホノルルで 耳にした英語
  • ホノルルに着きました。4ヶ月ぶりです。24℃とのことですが、曇っていて肌寒く、セーターを脱いだことを後悔したほど今回は、二週間弱の滞在ですが、もっと長袖を持って来ればよかったかも‥。ガイドブックの気温の変化のグラフでは大きい変化がないように見えるホノルルですが、夏はものすごく暑いし、この時期は意外なほど涼しい?明日はまた明日で違うかもしれない、その変化も、それはそれで、また新たなるホノルルの一面?毎 [続きを読む]
  • 大人にもおすすめ 大学入試問題正解 英語
  • 旅立つ前にやりたかったことはたくさんあるけれど、一番心残りなのは、この本をじっくり読めなかったことです。 2018年受験用全国大学入試問題正解 2英語(国公立大編) Amazon 2018年受験用全国大学入試問題正解 1英語(私立大編) Amazon 自分自身が高校三年生のときにも愛用していたこの本。毎年、その年の出題傾向を分析したり、学校ごとの変化を確かめるのが楽しみで、どうしても欲しくなり…。家族に誕生日プレゼントとして買っ [続きを読む]
  • different than?
  • 来週、また旅に出るので、バタバタしています。 航空会社からのメールを確認していたら、 Arrival date is different than departure date. という文が。 different from じゃなくて、different than?日本の中学生からツッコミが入りそうな、このdifferent than実はよく見かけます。 調べてみたところ、こういう解説を発見。 different from? different to? or different than?イギリス英語では、different to がdifferent from [続きを読む]
  • 知らない単語があっても最後まで英語長文を読むには
  • 今回のテーマは、大学入試で、「知らない単語があっても最後まで英語長文を読むには」です。入試では、どんなに一生懸命単語を覚えても、知らない単語に出会うこともあります。全部が知っている単語、ということの方が珍しいかもしれません。わからない単語が出てきたら、とりあえず、まるで囲みましょう。その単語がわからなくても、文全体の意味が取れるようだったら、次へ。文全体の意味が取れない場合は、線を引いて、その文は [続きを読む]
  • 気楽なライティングの考え方?
  • かつて高校生を教えていたので、この時期はいろいろ気になります。たとえばライティング。ライティングの勉強は、やりにくく、ハードルが高いもの。そもそも、どんなふうにゴールを目指せば良いのか?型はあると言われても‥その時点でイメージできなくて、書けないということもありますよねふと、高校生には、こういう取り組み方もありかな?と「ライティングは、不動産屋さんになったつもりで。」①こういう物件がありますよと、 [続きを読む]
  • Way to go! or A long way to go?
  • I woke up this morning to find myself in a sad mood.It's quite unusual but I knew the reason.I saw a TV drama titled “Kohnodori” last night and it was a story of a young female obstetrician-gynecologist who felt responsible for her patient's death.Her patient died of a rare disease and some doctors think it inevitable, but she didn't. She was aware of her symptons but didn't take it seriously.He [続きを読む]
  • 英語が苦手な子を減らしたい
  • 英語が苦手な子を減らしたいずっとそう思っています。小学校での英語学習が本格化し、2020年からは、小学校5年生6年生にも英語は成績のつく教科になります。今までは英語に本格的に向き合う最低の年数が6年でしたが、今度からは8年。ティーンエイジャーとして過ごす時間の大半の8年。苦手なものを抱えて生きるには、長い年数だと思います。大学入試では、国立大、私立大とも英語がない学校は稀有と言ってもいいほど。私立大で [続きを読む]
  • Life has always been driving itself...
  • You are the only driver in your life and you might sometimes feel you are too tired to drive.I had been that way for a few days.I
    got off my car and took out this book to find this quote.It says life has always been driving itself.What a wonderful way of think
    ing! A Mindful Morning: Start Each Day with a Clear ... Amazon Try not to “fix” the World“When you get out of the driver&apo
    s;s seat, you find [続きを読む]
  • 食いつきの良い英語?
  • キャットフードのCMの中に出てくる「食いつきが良い」という表現、前々から面白いなぁ〜と思っていました。ねこまっしぐらになるような、キャットフード?教材を作るときも、食いつきのよい教材ということを、考えてしまいます。 中高生に英語を教えていた頃は、よくオリジナルプリントを作っていたのですが、食いつきのよいもの、悪いものがはっきり分かれたのは面白いほどでした。取り組みやすいこと。結果につながると確信で [続きを読む]
  • 金沢の秋 香林坊散歩
  • 昨日は金沢でした。朝、少し時間があったので、香林坊の四校公園、百万石通りを散歩。 金沢の紅葉、美しい〜! 百万石通り、桜の季節は最高と思っていましたが、紅葉もまた格別です?? 金沢は、兼六園だけでなく、このあたりも手入れが行き届いていて、清潔感のある美しさ。地元の心意気が感じられます。 I've experienced one or two of the saddest moments in my life lately, however, taking a walk in Kanazawa gives me a [続きを読む]
  • ブログを書くこと、読むこと
  • ブログを書き始めて、そろそろ2年。長いお休みもありましたが、これだけ続いたことに自分でも驚いています。忘備録として始めたはずなのに、いつのまにか意味合いは変わり、いつの頃からかブログを書くことは、頭の中を整理して、前に進むこととなり、イベントの企画でも、書くことで頭をクリアにし、具現化するという流れが出来上がりました。その一方で、難しさにも直面しています。書きながら、どんどん変わっていくこともあり [続きを読む]
  • Saying good-bye to my aunt
  • No one is ready to say permanent good-bye to his or her loved ones. My aunt passed away the day before yesterday.She was almost ni
    nety, but I never thought she would die so soon.She was my mother's eldest sister and loss of her means loss of mother to me.
    She always stayed close to me and did what my late mother wouldhave done.She called me once a week, saying  "How are your c
    hildren doing? I unde [続きを読む]
  • 本気で英語四技能をめざします
  • 私の夫と私の親友はなぜかいつも言うことがとても似ていて、面白いのですが…。 今回の二日間のイベントの二人の感想は、「早期教育というものについて、賛成というわけではなかったけれど…早いうちに教育するのもいいのかもしれない初めてと思った」でした。 それは、4歳の子も5歳の子も、接客用の英語のセリフを上手に言えた、ということに対しての感想。 "May I take your order?""Anything else?""For here or to go?" という [続きを読む]
  • ケロン村 自然の中で英会話 クルッとポーズ?
  • 能登半島でのイベント二日目は、ケロンの小さな村にて。台風接近による雨の、思いがけないほどの寒い一日 オープンスペースの一角に作られた大きなテーブルのある勉強コーナーが会場となりました。薪ストーブの暖かさがうっとりするほど心地よく… こんな寒さも、こんな暖かさも、もう長い間経験したことはなかった…としみじみ感じる、やはりここは懐かしい場所。こころのホームグラウンド。 台風の日曜日は、4歳と2歳のかわいい [続きを読む]