草木染めニットALUN  手しごと日記 さん プロフィール

  •  
草木染めニットALUN  手しごと日記さん: 草木染めニットALUN  手しごと日記
ハンドル名草木染めニットALUN  手しごと日記 さん
ブログタイトル草木染めニットALUN  手しごと日記
ブログURLhttps://blog.goo.ne.jp/alunknit
サイト紹介文今日は何を作ってるかな?
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供17回 / 365日(平均0.3回/週) - 参加 2016/01/12 11:06

草木染めニットALUN  手しごと日記 さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • ナチュラルな原毛が好き
  • ナチュラルな原毛(染めていない羊の毛そのままの色)で 糸を紡ぎ。 オーダーメイドの男物のセーターを作る プロジェクト始動。 久しぶりに紡むごうとしたら コードが切れて 注文したりと手間取っております。 Facebookで草木染めニットalunのページを作りました! 草木染めニットALUNのホームページ [続きを読む]
  • 草木染めレポート〜春
  • 草木染めをやり始めた若い頃は、どんな色が染まるか楽しみで、手当たり次第いろいろな植物や染料を試して見ていた。このところは、編み物教室の生徒さんの需要が高い色を染めることが多い。皆さん明るい色がお好みで、もしかしたら、半分近くは、コチニール染めをしているかもしれない。コチニールは糸の重量比1%くらいでも、綺麗なピンク、グレー、薄紫などに染まるので以前はもっぱら限りなく薄く染めることが多かったんだけど [続きを読む]
  • シルクの夏の帽子
  • 昨年編み始めて、放置していた夏用の帽子が出来上がりました。糸はAVRILのシルクビスを桑の葉で染めたもの。シルクビスはシルクの細い糸をテープ状に加工したものです。縁とテープは、同じくAVRILのフリスビーというサマーウールを小楢で染めました。自分用です!軽くて、抜群の通気性です!帽子の縁には、こんな芯を使っています!おそらく、これは、わたしのオリジナル。以前、裂き編みの帽子を沢山作っていた時に探しあてました [続きを読む]
  • 夏開き〜湘南乃風ライブにて
  • 7月1日、横浜アリーナ。私の娘は、ダンサーで、この夏、湘南乃風のツアーのバックダンサーをする。? 目を閉じれば、億千の星〜〜の人たちだ。娘が招待してくれたものの、実は私は、彼らの歌はこの曲しか知らず、果たして楽しめるかしらと思っていたのですが。。とんでもない、アーチストさんも観客も、ハートが熱くてまっすぐで、17000人が一つになった会場で、私のハートもしっかり熱くなったのでした。今日から、湘南乃 [続きを読む]
  • 老人介護施設にて
  • 86歳になる叔母が介護施設に入所したので3人姉妹で会いに行きました。お土産に、手編み三角ストールを持って。「お母さんは、編み物が上手だったよね〜」と、昔を懐かしんでくれました。(私の母が、叔母の姉)叔母は、数年前から、転んで大腿骨の骨折したり、脳梗塞になったりと大変続き。でも少々、認知症があるものの自宅のすぐ近くの施設に、運良く空きがあって入れたそうで、桜が満開の神田川沿いの、光が降り注ぐホームでニ [続きを読む]
  • ニーチェの言葉
  • ポカポカ陽気に誘われて、ふらりと寄った古本屋でずっといつか買おうと頭の隅っこに記憶していた本に出会った。今じゃ、本はAmazonで簡単に買えるようになったけどなんだこの感動は!!!会いたかった人に偶然会えたような喜び!超訳 「ニーチェの言葉」2年ほど前にこの本に出会ったときその中の一節「今この人生を、もう一度そっくりそのまま繰り返してもかまわないという生き方をしてみよ」に、衝撃を受けた。絶対無理!って思 [続きを読む]
  • Ipadケース その2
  • IPad Pro のカバーが完成しました。大満足の出来です!肌触りのいいものが大好きです。編物や縫い物をしてない時でもいつでも、お気に入りの布や編み地を触っていたいのです。ブックカバーをもお手製です。手彫りの木のボタンを付けてみました。電磁波浴びながらも、少しはほっとできます。Facebookで草木染めニットalunのページを作りました!草木染めニットALUNのホームページ [続きを読む]
  • 美容院の待ち時間にて
  • 10年以上お世話になってる、美容院 langit lautの美容師さんは見たことがないような、トロピカルな植物を店内で沢山育てていて去年の夏は、天井まで届くバナナの木に、なんとバナナが実ったんだよ!窓からは、煉瓦造りの一橋大学の校舎と、森のようなお庭も見えて髪を切る時間は、安らぎの時間です。パニック障害があった30代の頃は美容院と病院が大嫌いでした。美容院は他人に触られるのが嫌だったのかなシャンプーとかガチガ [続きを読む]
  • ガーター編みの、簡単ルームシューズ その1
  • 私のお友達の中で最高年齢のkeikoさんは80歳を超えてなお、美しく、おしゃれ!とてもおばあちゃんとは呼べない、容姿と中身で時々、家に遊びに来てくれます。植物を育てるのが好きで、編み物も裁縫も得意。そして何より、ハイセンス。若い頃は、モデルのようなお姿でブティックでマネキンさんをしていたとか・・・手編みニットに裏地をつけたジャケットとかネックと袖の先の方が、バラバラになるセーターとか手作りのお召し物も [続きを読む]
  • ジャン ドルメッソン
  • 「死より強いなにかがある。それは生き残っている人の記憶の中での、いなくなった人たちの存在感だ」 肌寒い、日曜日。家でじっとしていたら、素敵なメッセージがやってきた。歳をとるということは、大切な人の死を経験し、別れの辛さを体験したのちに、彼らが自分の中にいて、応援してくれるのをいつも心で感じていられるようになる事ではないかそんな風には感じていたけれど、こんなに、素晴らしい表現をする人がいたとは!ジャ [続きを読む]
  • コンタクトインプロビゼーション
  • 春の予感を感じる週末!土曜日は永井美里先生のコンタクトインプロビゼーションのクラスに参加。今日は、二人組になって、ひとりが床に腹ばいもうひとりが、身体の重みを使って手のひらで相手の身体を押していく。最初は、真下に。次は、身体の中心に向かって。押している時より、押されている方が力の方向をクリアに感じる。この、ベースのワークが、その後、身体と身体を使っての押しつ押されつのワークに発展していった時、相手 [続きを読む]
  • i padケース その1
  • この度、ipad proを購入!??かわいい!この子のカバーを、絶対手作りしたい!縫うか、編むか?????うーーーーん編む!けばけばしてなくて、衝撃を吸収するある程度の厚みが必要。メリノを強撚りした、サマーウールを3本引き揃えで。ストンと滑り落ちるのを、防ぐため、やや小さめで編み進んだところ小さすぎ!が~ん????????入るんだけど、かなりタイト!だいたいの事は、まあいいかで済ますのですが、利用頻度を考え [続きを読む]
  • グラニースクエア
  • ホットカーペットのカバーが古くなったのでグラニースクエアのブランケットを編む要領で作ってみた。カーペット代わりにするには、引っかかって動いたり耐久的にも問題がありそうだけど、ここの上でゴロゴロするのは、なんとも気持ちがいい!昭和感、ハンパない〜〜!グラニースクエアはモチーフ編みの基本の基それをぐるぐる大きくすれば、そのままブランケットになります。グラニーはおばあちゃんの意味なんでおばあちゃんなのか [続きを読む]
  • 謹賀新年
  • なんと!新年のご挨拶をしようと、初日の出の写真をアップして投稿するのを忘れていた。。。。遅ればせながら、本年もよろしくお願いいたします。今年の目標は、早起きとお掃除!でしたがあ〜〜全然できてないわ。。こんな風に、2018年もゆるゆると過ぎていくのでしょうか。。。 [続きを読む]
  • かんたんニット
  • 思うところあって、作品展の予定を入れていないので、ここのところ、自分のものと、教室のサンプルのために編んでます。編み物を始めた時から、好き勝手に編んでいるので本の通りに編むということをあまりしてきませんでした。遅ればせですが、編み図の通りに編む練習に「下田直子さんのかんたんニット」から編んでみました。とは言っても、糸が違えば、ゲージ(編目の大きさ)も変わるし自分の体型も考慮して結局はアレンジするこ [続きを読む]
  • でかバック
  • 材料費0円のもの作り。テンション上がります。母の遺品の中から出てきた、ウールの端切れででっかいバックを作りました。なんでも入りそうだぞー!!((o(*゜▽゜*)o)))……Facebookで草木染めニットalunのページを作りました!よろしかったら、応援してください。画面トップのプロフィール写真の下にある、《いいね》ボタンを押して頂くと、毎回の投稿を見ることができます!草木染め、編物の楽しさ発信していきますので、よろし [続きを読む]
  • 手編みソックスの研究
  • 手編みの靴下を編むのが流行ってます。特に若者の間で。10年余り前、麻布のマザーアースという、草木染めの毛糸屋さんでアルバイトをしていた時二十歳くらいのお嬢さんが、靴下を編みたいとやって来ました。高度成長期(第一次!)に育った私は、なんで、買った方が安くて丈夫で、おんなじものを2つも編まなきゃいけないものを、編みたいんだろう?と、不思議でたまりませんでした。欧米の影響があるようですが、それから、あれよ [続きを読む]
  • 春の草木染め
  • 草木染めニットALUNの手仕事日記です。緑が燃えるこの時期の草木染めが一番好き成長のエネルギーを感じる、なんて目に見えない理由もありますが植物がフレッシュでとても綺麗虫も少ないし。。。なんて現実的な理由であります。夏、秋と季節が進んでくると、葉っぱたちは年をとって、疲れてきます。色としては、どちらがいい悪いの話でなく春は春色。秋は秋色の色がでます。植物の違いによる色の変化より季節の変化による色の変化の [続きを読む]
  • 冬から春へ
  • 冷たい北風が吹いて、まだまだ寒いけど、大地の植物たちは芽吹きを前にギューっとエネルギーをたくわえています。都会暮らしでも、季節の移り変わりをそこここに感じます。今年は展示会もないので、ゆっくり染めがしたいなと、緑がわあっっーっと溢れ出す日を想い描いてコチニール染めをしたりしております。(コチニール=カイガラムシ)元気のいい赤!!これで靴下編みたいな〜こちらは、やっと完成。アラン模様のセーター。ひと [続きを読む]
  • 年をまたいで、アラン模様のセーターを編む
  • 今更ですがあけましておめでとうございます。年末に流行りの、胃腸の風邪を引いてしまいやっと元気が出てきました。自分でデザインしたものを編むエネルギーがなくて久しぶりに編み図の通りに編むという事をしています。中学時代以来の、アラン模様のセーター。一日10センチくらいしか進みません。糸はアルパカ、触ってると気持ちがいいし目を数えてると、余計なこと考えないし編み物はやっぱり、癒しになるな〜としみじみ、思い [続きを読む]
  • 草木染ニットalun〜ふたつの展示会を終えて
  • 10月の末から、グループあむぬうのわたしらの店。11月中旬からの、3HANDS展。久々の2つ続けての展示会に、ずっと緊張が抜けなかった身体と頭の芯の方が、昨日、戻ってきた作品を、次の企画展や教室に振り分けて送る作業を終えやっと、ゆるゆると緩んできた。ずーっと、布団の中に潜っていたい気分だ。長い休養になりそう・・・でも、その前に、お礼のメッセージを投稿しておかねば!二つの展示会においでいただいた方お買い上げ [続きを読む]
  • 3HANDS展
  • 一年半ペースで開催しているクラフト3人展です。まだまだ時間があると思っていたのに、あっと言う間に会期がせまってます。今回は、いつもより手紡ぎ作品が多いです。広がりすぎていた私のやりたい事をそろそろ縮小して行こうと考えたとき一番残したいものは、手紡ぎでした。手紡ぎで手編みをしたセーターなんて時間がかかりすぎて値段のつけようもないです。でも、なんていうんだろ、まるで生きてるように包み込んでくれて時間と [続きを読む]
  • 新しいブランド名はURALUN
  • 押し入れの奥で眠っている端切れ。遺品の洋服や着物をほどいた布。工場でいらなくなったサンプル生地。そんな捨てられてしまう運命にある布たちに、もう一度光をあてました。これは幅広のネクタイだった布こちらは、ブックカバー和服からインドの伝統染め布までいろいろ27日からのグループ展で、縫い物の作品も出品するので、新しいブランド名を作りました。URALUN うらるんと読みます。コンセプトは、「もったいない!」です。布 [続きを読む]
  • 過去の記事 …