Chiyo さん プロフィール

  •  
Chiyoさん: フランスふだん日記
ハンドル名Chiyo さん
ブログタイトルフランスふだん日記
ブログURLhttp://tateito.blogspot.fr/
サイト紹介文フランス在住(永住)昭和女性が、日常生活、家庭、仕事、旅行などから感動したひとこまをつづっています。
自由文国際結婚でフランスに住み始めて、30年ちょっと。いろいろありましたが、気がつけば、以前よりも気楽に人生を楽しんでいる自分がいます。そんな楽しい毎日をつづっています。木の家具デザイン、「フーテンの寅さん」、ボディジャム、手作り和料理、心理学に関する本が趣味。本業は音楽教師。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供50回 / 365日(平均1.0回/週) - 参加 2016/01/14 08:58

Chiyo さんのブログ記事

  • いつもいい天気とはかぎらない(貨物船の旅)
  • きょうは、船酔いについて、書きます。実は、私は、はじめ、それが心配でした。ですので、2年前、はじめて船に乗ったときは、もしアウトなら、すぐおりられるように、と、しょっちゅう寄港するルートをえらびました。結果は、だいじょうぶでした。むしろ、ゆらゆらと、ゆられているのが心地よく、眠るにも、ちょうどいい、という感想でした。もう少し、荒れた海をみてみたい、などと、おそれおおいことを、考えたりしました。今年 [続きを読む]
  • 目の錯覚(貨物船の旅)
  • ↑ (夕食後のひととき。ライトが気になって、調節をはじめる士官さん。その姿が、なんとも優雅です)きのうは、貨物船から見える、星空のことを書きました。空といえば、一番つまらないのが、1)午後の、雲一つない青い空と、2)霧がかかって、数メートル先も見えないとき、です。1)は、ただ、ひたすら、じりじりと、お日さまに、焼かれますし、まぶしくて、目の奥がやられそうになります。景色も、はっきり、すっぱりとして [続きを読む]
  • ちょっと、わかりにくい(貨物船の旅)
  • 貨物船で旅をする、というと、ご存知の方もありますが、そうでない方もあります。ですから、ちょっと説明が必要です。すると、たいていの方は、ちょっぴり、心配の表情をなすって、「で、その船の上では、毎日、いったい何をして、すごすのでしょう?」と、きかれます。そうですね、いろいろです。ただ、ぼけっと、空を見る。海を見る。お茶を飲む。絵を描く。ダンスのステップを練習する。などなど。でも、たいていは、そのへんで [続きを読む]
  • 船乗りさんたちのこと
  • こういう景色が、前も後もぐるーっと360度見えます。大西洋に、たった一人という気分。さて、私は貨物船の旅が、大好きです。と言うと、「なにか、船会社に知り合いがあるのですか」と、きかれることが、たまにあります。ですが、そうではありません。お金を払えば、だれでも乗れます。それに、貨物船は、いろんなところを、一年中、走っています。ですから、「私、こういう時期に、時間がとれたんですけど、どんな航路がありま [続きを読む]
  • 頭の中、ごちゃごちゃ
  • 実は、「ふだん日記」というこのブログを、しばらくお休みしていました。日付を見ると、2ヶ月ほど、です。私の頭の中は、つぎつぎと変わっているような気がするのです。それが、このところ、どんどん変わっているような気が、しました。その間、それをながめている方が、それを書き出すより、興味があったのです。(それについては、また書くかもしれません)さて、もうそろそろ、また、日記を書きたいな、どうしようかな、と思っ [続きを読む]
  • 貨物船で、アメリカに行く
  • (おひさしぶり!)この夏は、また、貨物船に乗ってきました。これで、3度目です。もう、やめられない、というほど楽しいものです。今年は、ヨーロッパから、大西洋をわたって、新世界、アメリカに行くという旅でした。合計19日間、船にゆらゆらと乗っていました。その印象といったら、ものすごく強くて、いったいどこから、お話ししていいのやら。海、空、天の川、火星、金星、星がありすぎて、明るい夜空、お月さま、お日さま [続きを読む]
  • モンペリエの町には、おもしろいものがある
  • カメラの中には、先日行った、モンペリエの写真が、はいっています。けさは、それをアップします。モンペリエの町をぼんやり歩いていると、いろいろな、おもしろいもの、こと、に出会います。たとえば、こんな貼り絵。積み木には、FUTURと書いてあります。下からよく見ると、たしか、サイコロ、本、ボール、テレビ、ギターを弾く、お人形さん、レコード、スケートボード、そして、お兄ちゃん、積み木。そんなたくさんの物の上で、 [続きを読む]
  • ちょっと、さびしい
  • またまた、ごぶさたしてしまいました。とりたてて、書くことがなかったです。とはいうものの、何もおこらなかったかというと、心の中では、いろいろな気持ちが、わいたり、消えたり、またやってきたり。それは、空の雲を見ているようです。それは、すぐに変化してしまいます。それを書きとめるのは、なかなか、むずかしいです。このごろ、ちょっと、悲しい、と思うこともあります。それは、大事な友人が、だんだん年をとって、いな [続きを読む]
  • ノルマンディーで、タラソテラピー
  • あまり、大きな声では言えませんが、今回、海辺のお宿に、炊飯器を持ってきました。毎回、ノルマンディーに来ると、海の幸を、いただきます。魚屋さんで、カニだの伊勢エビを、ゆでてもらって、お宿で、いただくのです。パンをそえて、一緒にいただくのです。さて、今回は、炊飯器を持ってきました。これは、去年、日本へ里帰りした時に、手に入れたのです。フランスの、いまいちのお米でも、日本の炊飯器で炊けば、かなりおいしく [続きを読む]
  • ノルマンディー海岸で、泳ぐ
  • 今、ノルマンディー海岸に来ています。お休みの日が多い、五月。私は、すっかりバカンス気分です。おとといなどは、30度近くまで気温が上がりました。これは、ちょっと、暑すぎです。頭がクラクラしました。それで、ここカブールに着くなり、私は、海水浴をしました。水は、冷たかったです。でも、やはり、海に入るのは、私にとっての、大きな、ぜいたく!からだ全部で、大喜びしました。私は、こんなふうに海に来るたび、日本の [続きを読む]
  • なんと言ったらいいのか
  • しばらく、しつこく、雨つづきの、花冷えの毎日でした。それが、急に、夏の陽気になりました。先日まで、暖房をつけていたと思ったら、電車の中では、冷房がはいりました。ほんとうは、暖房も、冷房もなく、ただ窓をあけて、あぁ、いい風、と、空気を味わいたいのです。それが、きょうは、昼でも雨戸を閉めて、暑さが家の中に入らないようにしています。ところで、このごろ、ブログの筆が、なかなか進みませんでした。なんと言った [続きを読む]
  • 海外で、日本の本を読む
  • とても長いこと、日記を書けずにいました。どうかしたのか、と、心配してくださった方、どうもありがとうございました。番外の仕事が入ったのと、それから、思うところあって、変えること、も、ありました。その作業で、あたふたとしていました。変えること、というのは、何かと言いますと、おもに、一、銀行を変える。二、本を変える。三、娘の引越を手伝う。でした。まだ、ぜんぶ終わったわけではないですが、こうして、変えてみ [続きを読む]
  • 価値観が、くつがえされてしまう
  • しばらく、ごぶさたしておりました。なんていうことはないのに、毎日が、あれよあれよというまに、すぎていってしまいます。ところで、毎日、毎日、寒いです。寒い風がふいて、顔が冷たいです。あら、これは、シベリアからのかしら、とエキゾチックな気持ちもします。ところで、先日、ピアノの生徒さんに、すごい影響をうけました。私のクラスで、ずっとピアノを習っていた男の子です。数年お休みしていましたが、また、クラスに戻 [続きを読む]
  • 南フランスで、雪遊び!
  • きのうは、南フランスのモンペリエで、たいへんなことになっていました。なんと、雪がふったのです。それも、けっこうな雪。サボテンや、ヤシの木が植わっている街に、きれいな、粉雪がふって、ズンズンつもったのです。前にも書きましたが、雪がふると、文句を言いたくなる方もありますが、私は、手放しで、喜んでしまいます。なんども、なんども外へ出て、歩きました。朝は、静かでした。ただ、ひたすら、雪はふっていました。午 [続きを読む]
  • 南フランスで、海辺に行く
  • きょうは、モンペリエから、海辺へ行ってきました。天気は良くて、お日さまの光が、バツグンに、きれいです。でも、風が冷たかったです。砂浜で、日光浴でもしようと、はじめは思っていました。ですので、バッグの中には、オレンジと、水筒。けれど、いざ、砂浜につくと、風が冷たくてしかたありません。どこか、風のない場所はないだろうかと、さがしました。やっと、港の方に、風のこないところを見つけて、しばらく、岩の上にす [続きを読む]
  • 南フランスで、踊る
  • 今、南フランス、モンペリエに、います。きのう、街中をぶらぶらしていましたところ、とても、楽しい目にあいました。街のまん中にある、広場で、ヒップホップのダンサーたちが、ショーをしていたのです。前にも、見たことがあります。さて、どんな風かしら、と見ていますと。ショーの初めは、小さい子供たちを、誘って、円の中に入れて、一緒に、踊ったりして、雰囲気作りをしています。話の上手な、司会者のようなダンサーが、い [続きを読む]
  • 南フランスで、アーモンドを食べる
  • 今、用事があって、南フランスに来ています。モンペリエというところです。それが、ここの冬は、ロワール地方のように、しめった冬ではありません。東京の冬のようです。つまり、カラッと、晴れて、寒い。でも、日中は、けっこう暖かいのです。その気持ちいいこと!冬のお日さまは、ほんとうにありがたいです。しばらく、そんないい気持ちを味あわないでいました。この先、ロワール地方のような、あんな湿ったところで、老いていく [続きを読む]
  • 南フランス
  • ちょっと訳あって、南フランスに、用事ができました。電車に乗って、きのう、着きました。南フランスの空は、なかなか、表情たっぷりです。ゆっくりしたら、こちらの様子など、発信したいと思っています。どうぞ、またお越しくださいね。ありがとうございました。にほんブログ村 [続きを読む]
  • 天に昇るくらい、うれしい
  • ここ、ロワール地方は、まだまだ寒いです。雪がちらついたり、霜が降りたり。ですので、窓ぎわの植物は、部屋の中に入れました。しばらくは、一緒に、お家ですごします。そんな中、ピョンチャンの、冬期オリンピックを、見ています。パソコンで、いろいろな動画が見られます。私は、冬のスポーツを見るのが大好きです。特に好きなのが、スノーボード!ダンスを見ているように、美しい。フィギュアスケートも好きだったのですが、最 [続きを読む]
  • 意見が、わかれる
  • 先週は、雪がふりました。けっこう、つもりました。雪だるまが、作れるくらいでした。それはそれは、きれいでした。学校で、同僚と仕事をした時に、ちらと窓の外を見ると、雪が見えました。「うわぁ、きれい!」と、私は感激しました。すると。同僚は、「あ、そう。ふぅん、雪かぁ」という、つまらなそうな声でした。なるほど、そういえば、車が使えなくなる、とか、いろいろ、つまらないことがあるのでしたっけ。すると、思い出す [続きを読む]
  • 海を見にいって、リセットする
  • この日曜日は、海に行ってきました。ここから、車で2時間ほどで、ノルマンディー海岸に着きます。ここロワール地方は、毎日、毎日、雨ふりです。同じものを毎日食べているような、あきあきした、気持ちがしてきます。ですので、夫をさそって(半ば、そそのかして)、とつぜんですが、海の空気を吸いに行くことにしました。ノルマンティーといえば、雨ふりで有名な地なのです。ですが、急に、こうして思い立って、いざ、行ってみる [続きを読む]
  • 風流なことは、あるか
  • きのうも、丸一日、雨ふりでした。それが、夕方になっても、これでもか、これでもか、というように、活気あふれる、ふり方でした。学校でも、屋根の雨音がきこえていました。なんだか、肌からコケがはえてきそうな、そんな気分になります。けさは、やっと雨もあがったので、外に出てみますと。そんな中で、つぼみや、花が出ているのでした。ジンチョウゲ。この花のことを知ってる方なら、写真を見ただけで、香りがするかもしれませ [続きを読む]
  • 伊勢丹タンタン
  • 毎日、雨ふりばかりです。パリでは、セーヌ川がはんらんしているそうです。それを聞いて、ロワール川は、大丈夫なのかと、心配してくださる日本の方もあります。たしかに、ロワール川は、水かさがふえています。でも、大丈夫。ここでは、ふつうに、生活しています。早く、カラッとした天気になってほしい、と思っています。たまに、雨があがって、雲の切れ間が見えたときの、うれしさといったら!あぁ、こういう気分になれるんだ、 [続きを読む]
  • あっしには、関わりのないことでござんす
  • 毎日、毎日、雨ふり。そして、風ふき。とはいっても、なんとなく、白い空は、明るいような気もしますし、夕暮れも、少しずつ、おそくなっています。ごく、たまに、お日さまが顔をだすと、もう、うれしくてたまりません。見れば、道ばたの草も、青々としています。その緑を見るのは、目にうれしい。それに、ふしぎなのは。今、突然青くなったのではないはずです。ということは、いくら雨がふっても、曇りでも、草は、光合成をしてい [続きを読む]
  • こんな私でも、まぁいいかと思う
  • まぁ、このごろは、いろいろな気苦労があります。とほほ、となります。まず、私が、老後は、どうしよう、と、いろいろ気がふさぐこと。それでも、まぁ、いいか、と、いちおう、心の中で、けりをつけたつもりになっていると、次に、娘たちの、いろいろな、悩み話をきくことになります。悩み、といったって、生きていれば、思うようにいかないことがあって、あたりまえの、ふつうの、悩みごとです。まぁ、そんなふうに悩むところは、 [続きを読む]