paqoaq-eng さん プロフィール

  •  
paqoaq-engさん: PQ - ポアロの洋書
ハンドル名paqoaq-eng さん
ブログタイトルPQ - ポアロの洋書
ブログURLhttp://pq-poirot.blog.jp/
サイト紹介文ポアロの洋書の翻訳
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供444回 / 365日(平均8.5回/週) - 参加 2016/01/13 21:29

paqoaq-eng さんのブログ記事

  • アクロイド殺人事件 (直訳) p-143
  • p-143「あなたはどういう質問を私に頼むのか?」私は心配して尋ねた「私はあなたにフェラス夫人の名前を取り入れてほしい」「で?」「自然体で彼女の話をもし彼がここに降りていたかどういか彼に尋ねてもし彼女の夫が死んだとき言ってる意味の種類を理解できましたね彼の返答の間に、それを観察しているようには無しで彼を観察しろセッコンプリ?」それ以上の時間はなかったその瞬間、ポアロが予言したように、ブラントが彼の唐突風で [続きを読む]
  • アクロイド殺人事件 (直訳) p-142
  • p-142フローラ・アクロイドは即金で2万ポンドを相続する残余財産---所有物を含めて、そしてアクロイドと息子に割り当て彼の養子ラルフ・パトンに」「アクロイド氏は多額な富を所有していた?」「莫大なな富です。パトン大佐は並はずれて裕福な青年となるでしょう」沈黙があった。ポアロと弁護士は互いに顔を見合わせた。「ハモンドさん」アクロイド夫人の声が来た暖炉から悲しげに弁護士は呼び出しに答えたポアロは私の腕を取り、 [続きを読む]
  • アクロイド殺人事件 (直訳) p-141
  • p-141弁護士は肩をすくめた、「それはラルフパトンの慢性の状態にある」彼はそっ気なく言った「金は水のように手を通っていく彼はいつも継父を充てにしていた」「彼は最近もそうしていましたか?昨年の間は、たとえば?」「私には言えないアクロイド氏は私に事実を述べなかった」「理解した、ハモンドさん、私はそううけとったあなたが遺書の準備に精通していると?」「確かに、これは今日ここにいる第一の用件です」「では、私はア [続きを読む]
  • アクロイド殺人事件 (直訳) p-140
  • p-140「おお、なんてこと」母は叫んだ「どうぞ、私のやわな神経。私は今朝は落ちこんでます、確実に挫折ですあんな恐ろしいことが怒った私はおもわずにいられないそれがある種の事故であってくれたらロジャーは奇妙な骨董品をいじるのが好きだった彼の手が滑ったに違いない、または何か」この理論は丁重な沈黙の中へ受け止められた私はポアロが弁護士へじりじり上がるのを見た彼に内密の低い声で話す彼らは窓の斜間(ハスマ)の中ほ [続きを読む]
  • アクロイド殺人事件 (直訳) 第10章
  • p-139 Chapter 10 The Parlormaid 第十章 給仕係我々はホールでアクロイド夫人を見つけたは玄関の広間にいた。彼女と一緒に小さなひからびた男がいた攻撃的なあごと鋭い灰色の目をもった彼全身に「法律家」と書かれてある「ハモンド氏は我々と一緒に昼食のためにいます」アクロイド夫人は言った「あなたはブラント少佐を知ってますよね、ハモンドさん」親愛なるシェパード先生---もまた哀れなロジャーの親密な友ですそれに」彼女 [続きを読む]
  • アクロイド殺人事件 (直訳) p-137
  • p-137「しかし、あなたは手に何も持ってきていない」と私は反対した 「慎重を持つことの必要とする時があるあなたは両親に何でも話しますか---なんでもです、先生?私は思わない。素敵な姉にも何でも話さない、そうでしょ?」私の空の手を見せる前に私はもう一方の手に入れてるものを落とした」彼は左手を差し出した、手のひらを開けてその上には小さな金の輪が置いてある婦人の結婚指輸だった。 私はそれを取った「内側を見て」 [続きを読む]
  • アクロイド殺人事件 (直訳) p-136
  • p-136「我々と一緒にランチを、ポアロさん」フローラ尋ねた「私の母に会うことを望む彼女は--ラルフが好き」小男はおじぎした「喜んで、マドマゼール」「あなたも留まって、シェパード先生」私はためらった。「おお、してよ!」私はしたい、儀式以上はなしに招待を受けた」我々は家の方へ向かったフローラトブラントを先頭に「なんという髪」とポアロは低い声で私に言った「本当の金髪!彼らはきれいなカップルになるでしょう彼女と [続きを読む]
  • アクロイド殺人事件 (直訳) p-135
  • p-135あなたがそれらを調べていたときシェパード先生と一緒に銀のテープルの中その場所に短刀があった、なかった?」フローラは顎をつき出した「ラグラン警部はそれを尋ねていた」彼女は怒って言った「私は彼に言った、あなたに言いましょう全く確かに短刀はそこになかった彼はそれはあったと思っているラルフがその晩後でそれをひそかに取ったそして---彼は私を信じない彼は私がそう言っていると思っているラルフをかばうため」「 [続きを読む]
  • アクロイド殺人事件 (直訳) p-134
  • p-134「私は見たと思った---女性が茂みに消えていくのをちょうど白いきらめき、わかるでしょ間違いをしたかもしれない私がテラスの角に立っている間だった私がアクロイドの声が彼の秘書に話しているのを聞いた」「ジェオフリイ・レイモンドに話している?」「そうです---それが私がその時仮定していた事私は問違っていたみたい」「アクロイド氏は名前で彼を呼ばなかった?」「あう、そうです」「じゃあ、もし私が尋ねると、なぜあな [続きを読む]
  • アクロイド殺人事件 (直訳) p-133
  • p-133「こちらはエルキュールポアロ」フローラが言った「あなたは彼を聞いたと思います」ポアロはお辞儀した「ブラント少佐の評判は知ってます」彼は丁寧に言った「あなたにお目にかかれて嬉しい、ムッシュ私はあなたが与えてくれる情報が必要」ブラントは尋ねたくて彼を見た「あなたが最後にアクロイド氏を見たのはいつ」「晩餐で」「で、その後彼を見ても聞いてもいないのですか?」「彼を見てない、声は聞いた」「どうやって」 [続きを読む]
  • アクロイド殺人事件 (直訳) p-132
  • フローラは笑った。「私はメリサンドを知ってる」とブラントがつづけた。「彼女の父親ほど年を十分老けたやつと結婚した」彼は小さな火打ち石のかけらを金魚池投げた改まった態度で、彼はフローラに向き直った「アクロイド嬢、私に何かできることは?パトンについて、意味してる私はいかにあなたがひどく不安がってるに違いないと思ってます」「ありがとう」フローラは冷めた声で言った「なさることは本当に何にもないラルフは大丈 [続きを読む]
  • アクロイド殺人事件 (直訳) p-131
  • p-131「嘘をつく?」ブラントは言った、鋭くさえぎってフローラはちよっと面食らった「私のいう意味はわかりますか」彼女はあやふやに言った「多くの不用品のために金持ちの親戚に有難いふりをしているという事をあなたに言ってるんです昨年のコートやスカートや帽子など」「女性については多くはしらない、着る物あなたに言いますが着替えはちゃんとしていた」「それは私に何かが重む、けれども」フローラは低い声で言った「いやな [続きを読む]
  • アクロイド殺人事件 (直訳) p-130
  • p-130「いつもそうではない」とフローラは言った彼女の声は低くなった。そして私はブラントが振り返って彼女を見るのを見た彼の目が戻ってきている(見たところ)する事がアフリカの海岸から彼は明らかに彼女の声の変化に彼自身構成した彼が言ってる間、1,2分後彼独自の解釈をつけたのだ。というのは一、二分して、彼はかなりぞんざいな態度で「言おう、あなたは知ってる、心配いらないあの若いやつについて。意味は、警部はアホ [続きを読む]
  • アクロイド殺人事件 (直訳) p-129
  • c-129誰かが言う事を期待される事は思い出せないそう、行くときが来た」「でもあなたはすぐ行かないんでしょ」とフローラが叫んだ。「いや--私たちが困難にいる間は。 おお!どうぞ。もしあなたが行くなら」彼女は少し顔をそむけた。「あなたは私にいてほしい?」とブラントは尋ねた。彼は慎重にだが簡単に話した「我々は皆---」「私はあなたに個人的に意味した」ブラントは言った、直にフローラは再びゆっくりと向き直って彼の目を [続きを読む]
  • アクロイド殺人事件 (直訳) p-128
  • p-128「彼の魂を悪魔に売ったジョニーを覚えてますか? また若くなるためにね戻る そのオペラがあります」「ファウストのことですね?」「それは乞食です」「変な物語です、。我々の何人かは出来ればそれをするかも」「誰もが思うだろうあなたがキーキー言ってるとあなたの話を聞くことに加わったら」フローラは叫んだ、半ぱ困った、半ば楽しんだブラントはちょっとの間、何もいわなかった。それから彼はフローラから真ん中の距離 [続きを読む]
  • アクロイド殺人事件 (直訳) p-127
  • p-127私がフローラを見たのはその時だった彼女は我々が通ってきた道に沿って動いていた歌の断片ををハミングしていた。彼女の歩調は歩いているより踊っていた黒い服にもかかわらず、彼女全体の態度には楽しさしかなかった彼女は突然爪先立ちをした黒いひだ付きの衣装は外にゆれた同時に彼女は頭を後ろに振りそして無遠慮に笑った彼女がそうした時、一人の男が木から出てきたヘクター・ブラントだった。娘はびっくりした。彼女は表 [続きを読む]
  • アクロイド殺人事件 (直訳) p-126
  • p-126「あなたが意味するものについてちょっと不思議だった」と彼は考え深げに言った、「ああ、いや」と私は言おうとした「価値のない あなたは私に本当の考えを言わない」「誰もが隠す何かを持っている」私は引用した、微笑しながら、「そのとおりです」「あなたはまだそれを信じてますか?」「過去よりももっと、友よ。しかしエルキュールポアロから物事を隠しておくのは、容易なことではない。彼は見つけ出すコツを持ってます」 [続きを読む]
  • アクロイド殺人事件 (直訳) p-125 9章
  • アクロイド殺人事件 (直訳)Chapter 9 The Goldfish Pond 第九章 金魚池我々は一緒に家にもどって歩いた。警部の影はなかったポアロはテラスに止まった、家に背を向けて立ったゆっくりと左右に頭をめぐらした。「美しい所有物」彼は鑑賞してやっと言った「誰がそれを相続する?」彼の言葉は私にほとんどシヨックを与えたそれは変な事だがその瞬問まで財産相続の問題は私のけして頭にこなかった、ポアロは鋭く私を見ていた。「あなた [続きを読む]
  • アクロイド殺人事件 (直訳) p-123
  • p-123時々、彼は不満そうに首を振った。ついに、彼は立ち上がった。「何もない」彼はつぷやいた。「そう、多分それは期待すべきことではないだが、それは多くを意味している」彼は絶句した、全身をこわばらせながらそして彼は田舎風の椅子の1つに手を伸ばした彼はその片側から何かを外した。「それは何?」私は叫んだ。「何を見つけたのですか?」彼は微笑んだ私が見えるように、握った手を開いたその手のひらに置いた何かを堅い白 [続きを読む]
  • アクロイド殺人事件 (直訳) p-122
  • p-122「あなたは婦人の足跡に気づきましたか?」彼は突然尋ねた警部は笑った。「当然です。しかし何人もの違う女性がこの道を歩いた---男性もそれというのも家への正規な近道です、知ってのとおりすべての足跡を選別するなんで不可能です結局、本当に重要なのは、窓枠の上のもの」ポアロはうなずいた。「これ以上行くのは良くない」と警部は言った我々が車道の見えるところまで来た時「ここはまたすべて砂利になっているしとても固 [続きを読む]
  • アクロイド殺人事件 (直訳) p-121
  • p-121 ラグランの一言で巡査は靴を取り出した地方の宿から得た警部は印の上にそれを置いた「それらは同じです」と彼は自信ありげに言った「こういう事ですこれらは同じ対ではない実際これらの跡をつけた彼はそれらで行ってしまったこれはそれらに似た一対ですしかし古い---いかに鋲がすりへているか見て」たしかに多くの人がそれらにゴムの鋲を付けてる靴を履いているのでは?」ポアロが尋ねた「それはそう、もちろん」と警部はい [続きを読む]
  • アクロイド殺人事件 (直訳) p-120
  • p-120ジオフレイ・レイモンドはここで聞いた金のために頼んだ誰かをそしてアクロイド氏は拒んでいる次に何が起こった?パトン大佐は同じ道を去っていく---窓を通って彼はテラスに沿って歩く、怒りと無駄骨で彼は開いた客間の窓に来るそれが10時15分前としましょう。フロラ・アクロイド嬢が叔父さんにおやすみなさいと言っているブラント少佐、レイモンド氏、アクロイド夫人はビリヤード室にいます。客聞は空です。彼は内へしの [続きを読む]
  • アクロイド殺人事件 (直訳) p-119
  • p-119「料理人はここに7年いる、小間使は18ヶ月そしてバーカーはちょうど一年その他の者たちは新人。パーカーについて何か臭いところがある以外は、彼らは全く大丈夫とみられる」「非常に完壁なリスト」ポアロは言った彼にそれを返しながら「私は全く確信しているパーカーは殺人をしていないと彼はおごそかな調子でつけ加えた。「私の姉もそうです」と私はつっこんだ。「それに姉はいつも正しい誰も私の改ざんに注意を払わなか [続きを読む]
  • アクロイド殺人事件 (直訳) p-118
  • p-118アクロイド夫人---9時45分ビリヤードの試合を見ていた9時55分眠るために上がって行った(レイモンドとブラントが、階殺を上がって行く彼女を見た) アクロイド嬢---叔父の室から上の階へまっすぐ行った。(パーカー、女中、エルジーデイール確認)使用人。パー力---執事の食料品置き場へまっすぐに行った。(家政婦、ラッセル嬢確認9時47分に彼と話をするために降りてきていた少なくとも10分間はそこにいた)ラッセル [続きを読む]
  • アクロイド殺人事件 (直訳) p-117
  • p-117「ラグラン夫人は賛成しないでしょうきっと、それには」ポアロは言った彼にちょっと頭を下げてラグラン警部、少し面食らって、頭を下げた。「あなたは理解してない」彼は言った、おおざっぱににやっとして「おや、なんと多くの違う言葉は作る私はあなたに言ってますよ私がいかに仕事に取り掛かっているか第一に、方法です。アクロイド氏が最後に生きて見られた彼の姪のそばで10時15分前にフローラアクロイドこれがナンバ [続きを読む]