paqoaq-eng さん プロフィール

  •  
paqoaq-engさん: PQ - ポアロの洋書
ハンドル名paqoaq-eng さん
ブログタイトルPQ - ポアロの洋書
ブログURLhttp://pq-poirot.blog.jp/
サイト紹介文ポアロの洋書の翻訳
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供446回 / 365日(平均8.6回/週) - 参加 2016/01/13 21:29

paqoaq-eng さんのブログ記事

  • アクロイド殺人事件 (直訳) p-056
  • p-056"These are 「ここに旅館の門がある」と私はいった。"Thank you, 「ありがとう」、間をおいて、付け加えた 全く不必要に 「私はこの辺ではよそ者なので、」He went 彼は行った、男は門を通りぬけて、 私が振り返って見たときにThe odd 妙な事に彼の声は私の知ってる誰かの声を思い出させた、 だがそれが誰かは私には考えつかなかった。Ten minutes 十分後に私は家に再び帰った。 キャロラインは好奇心でいっぱいだ [続きを読む]
  • アクロイド殺人事件 (直訳) p-055
  • p-055It was ちょうど9時10分前、私が彼のもとを去った時、 手紙はまだ読まれなかった。I hesitated 私はドアの取っ手で手をぐずぐずしていた 振り返って、する事が何もなかったかどうか 考えていたI could 私は考えなかった 首を振って私は外に出た 後ろでにドアを閉めたI was 私は間じかにパー力ーの姿を見て仰天した。He looked 彼は気まずそうだった。それは私に起こさせた 彼がドアで聞いていた。What a なんと肥 [続きを読む]
  • アクロイド殺人事件 (直訳) p-054
  • p-054I would 私は今日の午後あなたにその名前を言えなかった が私は今あなたに書くつもりですI have 私には子供もいないし、惜しむ近い親戚もない そこで公表をためらわないIf you もしできれば、ロジャー、愛するロジャー 私があなたにした罪を許して 時が来るまでI could 私は全くそれが出来なかったAckroyd, アクロイド、紙をめくろうとした指が、止まった"Sheppard, 「シェパード、許して、私は一人で読むべきだ」 [続きを読む]
  • アクロイド殺人事件 (直訳) p-053
  • p-053"The evening 「夕方の郵便物です」とパーカーは言った アクロイドに盆を差し出した。Then he それから彼はコーヒーカップを集め、引き下がった。 私の注意、一瞬わきへそれた、アクロイドにもどった。He was 彼は長い青い封筒に石に変わった男のように 凝視していたThe other 他の手紙は床に落ちていた。"Her writing, 「彼女が書いている」と彼はささやくように言った。 「彼女は昨夜出かけてこれをポストに入れた [続きを読む]
  • アクロイド殺人事件 (直訳) p-052
  • p-052"I agree 「私はあなたに同感です、その悪党は罰せられるべきだ しかしの犠牲も数にいれなければ」Ackroyd アクロイドは立ち上がってうろうろ歩いた やがて再び椅子に沈めた"Look here 「どうだろう、シェパード、我々はこのようにそれから 離れると考えればIf no もし彼女から何も言葉がなければ 我々は死んだ事はうそにしよう"What do あなたが彼女からの言葉で意味するのは何ですか"I have 「私は強い印象をもっ [続きを読む]
  • アクロイド殺人事件 (直訳) p-051
  • p-051She had 彼女は私をしてしまった、わかるでしょう 事実後の共犯としてShe saw 彼女は全て見た、私が考えるに、私よりすばやく 私は仰天した、知っての通りShe asked 彼女は私に24時間を頼んだ 私に時間切れまで何もしないという約束をしたAnd she そして彼女は断固として私に与える事を拒んだ 彼女を脅迫してきた悪党の名をI suppose たぶん彼女は恐れていた 私が真っ直ぐ行って彼をハンマーで打つ事をand then  [続きを読む]
  • アクロイド殺人事件 (直訳) p-050
  • p-050"she 「彼女はすべてを告白しました。It seems 初めからずっと知っている一人の人がいるようだと----who その人は多額の金のために彼女を脅迫していたIt was それは彼女を狂気にさせるほどの緊張だった"Who 「その男は誰ですか?」Suddenly 突然、私の眼の前に、ラルフ・パトンとフェラス夫人が 並んでる絵が浮かび上がった。Their 彼らの頭は一緒に近づいている 私は心配の瞬間の動悸を感じたSupposing もしかした [続きを読む]
  • アクロイド殺人事件 (直訳) p-049
  • p-049I want 私は君の忠告が欲しい--- 私自身で全体の荷を担いきれない。 そこで私は言おう 私はどうすれぱいいか分からない」"Can you 「全部の話を言ってください 私はまだ闇の中にいる どうしてフェラス夫人があなたこの告白を しに来たのですか?」"It's like 「それはこうだ 3ヶ月前私はフェラス夫人に結婚を頼んだ 彼女は断った。I asked 私が再び頼むと彼女は同意した しかし、彼女は公に婚約をすることを 私 [続きを読む]
  • アクロイド殺人事件 (直訳) p-048
  • p-048"Sheppard, 「シェパード、君はアシュレイ・フエラスの 最後の病気を診たんですね?」 「そうです」He seemed 彼はより非常に困っている様子だった。 次の質問を枠にはめることに"Did you 「君はけして疑わなかったか--- それがかつて君の頭のなかに--つまり、 彼が毒殺されたのではないかと?」I was 私は少しの聞、黙っていた。 それから自分のいうべきことを心に決めた。 ロジャーアクロイドはキャロラインではな [続きを読む]
  • アクロイド殺人事件 (直訳) p-047
  • page - 047The heavy 重い青いベルベットのカーテンがその前に下がっている が窓自体は上の方が開いていた。Parker パー力ーが私の鞄を持ってまた入ってきた。 私がまだ窓際にいる問に"That's 「大丈夫です」私は言った。室に入って想像しながら"You've 「掛け金をおろしたね?」 「はい、はい。いったいどうした、アクロイド、?」The door ドアはちょうどパー力の後ろで閉まった さもなければ私はその質問をしなかっただ [続きを読む]
  • アクロイド殺人事件 (直訳) p-046
  • p-046A large 大きな机が窓際に立っている きちんと分類整理された書類でおおわれていた。On a 丸テーブルの上にはさまざまな雑誌やスポーツ新聞"I've 「私は近頃食後に胃の痛みがぷり返している」remarked アクロイドは気楽に指摘した 彼は自分でコーヒーを飲んだ"You must 「錠剤をいくつかくれますね」It struck それは私に浮かんだ 彼が印象を運ぶ心配をしていた 我々の会合は医学的なものだったI played 私はその [続きを読む]
  • アクロイド殺人事件 (直訳) p-045
  • p-045Mrs. Ackroyd アクロイド夫人は園芸のことなど何も知ってはいない、but she が彼女はそういった女性だ 日のトピックスに博識を表すand she, 彼女もまたデイリイメイルを読んでいるWe were 我々はアクロイドと彼の秘書が加わるまで 知的に会話をすることができた。and その後すぐにパーカーが晩餐を知らせた。My place 私の場所はアクロイド夫人とフローラの間だった。Blunt ブラントはアクロイド夫人の横にいた、  [続きを読む]
  • アクロイド殺人事件 (直訳) p-044
  • p-044About once 2年に1回ほど、ブラントはファンリイ荘に 2週間泊まる。and an 驚くほどいくつもの角を持ったすごい動物の頭がwhich あなたは上薬を塗ったような凝視で見据えて あなたが玄関のドアに入ったすぐ は友情の不変の思い出であるBlunt ブラントは今部屋に入ってきた 彼独特の、慎重な、 さらに軽い足取りで踏みつけるようにHe is 彼は中背だ ずんぐりして、かなり頑丈な体格His face 彼の顔はほとんどマ [続きを読む]
  • アクロイド殺人事件 (直訳) p-043
  • p-043But しかし多くの面倒な事がある、 財産の贈与、知ってのとおり、全部I fully 私は十分に信じます ロジャーがフローラに財産贈与をしてくれるつもりだとbut,  が、知っての通り、彼はちょっと()お金に関しては特有のVery usual, 大変普通の事と、私は聞いていた、 実業家の間では、私が驚くほどyou know, 知っての通り、もしあなたがその旨を彼に打診できるか? Flora is フローラはあなたのことを気に入っています [続きを読む]
  • アクロイド殺人事件 (直訳) p-042
  • p-042Uncle is 叔父はクロス・ストンズを改装するつもりです、 私たちに住むことを与える、 私たちは農園をやることになっているんです。Really, 実際は、我々は冬の間中は猟を、季節によって街で そのときはヨットに行くI Iove 私は海が大好き。そして、もちろん、 私は教区のお仕事に大いに興味を持つでしょう、 母の会にはすぺて出席するでしょうJust ちょうどその時、アクロイド夫人がカサカサと 音を立てて入ってき [続きを読む]
  • アクロイド殺人事件 (直訳) 041
  • p-041Flora joined フローラは銀テーブルのそばに私に参加した そして異端の疑いを表した チャールズ一世が子供の靴をはいた"And 「とにかく」とフローラ嬢は続けた"all this 「これらについて大騒ぎすることすべてが なぜなら誰が履いたとか使用したとかは 私にはすべてナンセンスにみえるThey're かれらは現在それらをはいてもいないし、使ってもいないThe pen フロスの水車を書いた作家ジョージ・エリオット ---こん [続きを読む]
  • アクロイド殺人事件 (直訳) p-040
  • page 040I crossed私はそれを横切り、その物を調べた。There wereそこには一、二枚の古い銀貨、チャールズ一世に属する子供の靴、中国製のヒスイの像、そしてアフリカの道具や骨董がいくつか Wantingヒスイ像の一つをもっと近くで調べたいと思って、私は蓋を持ち上げたIt slippedそれは私の指をすり抜け、そして落ちた。At onceすぐに私は聞いた音を理解できた。It wasそれはこの同じテーブルの蓋が静かに注意深く閉まっていくI re [続きを読む]
  • アクロイド殺人事件 (直訳) p-039
  • page 039"Oh! 「オー、私はそう思わない。7時半をすぎていた シェパード先生」 彼女は言う前にちょっと黙った"I--- 「私--あなたが今夜晩餐に来られるとは知りませんでした」 アクロイド氏がそれを言わなかった」I received 私はぼんやりとした印象を受け取った ここでの私の晩餐がどこか彼女に不快感を与える が私はなぜだか想像できない"How's 「膝はどう?」と私はたずねた。 「変わらない、ありがとう、先生I must  [続きを読む]
  • アクロイド殺人事件 (直訳) 038
  • p-038I explained 私は説明した 私はいつでも出産の場合に 呼ばれた時のためにand so そして、非常の呼び出しに備えて出かけるRaymond レイモンドはうなずいた、行きながら 肩越しに叫んだ。"Go into 「客間へ入りなさい。行きかたは知ってますね。 女性はもうじき降りてくるでしょう。I must 私はこの書類をアクロイド氏に持って 行かなけれぱなりませんから、 私はあなたがここにいること彼に伝えます」On Raymond's [続きを読む]
  • アクロイド殺人事件 (直訳) 037
  • Chapter 4 Dinner at Fernly  第四章 ファンリイ荘の晩餐It was 7時半前数分だった 私がファンリイ荘の玄関のベルを鳴らしたのは、The door ドアはパー力ー、執事によって立派な機敏さで開けられたThe night その夜はそんな晴れだった 私は歩いてくる事が好ましいI stepped 私は大きな四角い玄関の広間へ入ると、 パー力が外套をぬがしてくれた。Just then ちようどその時、アクロイドの秘書、レイモンド という名の陽 [続きを読む]