マサト さん プロフィール

  •  
マサトさん: 父のがん治療を通してわかった癌を消す方法
ハンドル名マサト さん
ブログタイトル父のがん治療を通してわかった癌を消す方法
ブログURLhttp://cancer.shopsurfin.com/
サイト紹介文癌が出来る仕組みや、癌を消すために必要なこと、食事や治療法など
自由文父の癌治療を通してわかった癌に関することをまとめています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供7回 / 365日(平均0.1回/週) - 参加 2016/01/14 15:41

マサト さんのブログ記事

  • タヒボ茶(NFD)を飲んで3週間 2017/11/17
  • 2017年11月17日、今日は父さんと一緒に病院へ行きました。今日はタヒボ茶(NFD)の効果を検証する大事な日。タヒボ茶を再び飲み始めたのが10/28からで、1日1杯、500mlにして毎日飲んでもらっていました。あれからほぼ3週間ほど経過しましたが、結果はCEA 72.1⇒78.6CA19-9 281.8⇒293.9CEA、CA19-9共にわずかに上昇という結果になりました。願わくば数値が下がっていることを期待しましたが、残念。。ただ、今年に入ってから [続きを読む]
  • 腫瘍マーカー更新しました 2017/10/31
  • 腫瘍マーカーの数値を更新しました。 ↓↓腫瘍マーカーの推移期間が空いたりしているところもあるので申し訳ないのですが、治療の経過と合わせて参考にしてもらえたらと思います。今年に入ってからCEAが20を超えた状態が常態化して、10/20の検査では72.1にまで上がった。CA19-9も281.8これは大腸がんの手術後、抗がん剤の治療をはじめる直前の水準。強い副作用があっても状態が良くなるならまだしも、これじゃやってられないよ。 [続きを読む]
  • タヒボ茶(NFD)で友達の癌がステージ3→1になった
  • 先日驚くべき報告がありました。僕には以前から乳がんを患っている女の子の友達(30代半ば)がいるのですがその子の癌のステージがなんと!3から1になったらしいんです。その原因はタヒボ茶以前から抗がん剤や放射線をしてましたが、思ったほどの効果があがらず、副作用もキツいということを聞いていたので、父親や愛犬が試して効果のあったタヒボ茶をオススメしてみたんです。そしたら飲み始めてわずか一か月で癌のステージが [続きを読む]
  • 強い胸の痛み。アバスチンの副作用か?
  • 2017/10/27 朝6時過ぎに母親から電話があった。三ヵ月ほど前から僕は彼女の家で半同棲状態実家には仕事をしに帰る程度で(2キロくらいの距離)、だいたい彼女の家にいることが多く、その時も彼女の家で寝ていました。日頃はメールが中心で、電話などほとんどしてこないから、何かあったのかと思った。電話に出ようとしたが出られずに切れ、スマホを見たらSMSも来てた。「父さんが胸が苦しいと言っています。早めに返れますか」見 [続きを読む]
  • 腫瘍マーカーの数値が急上昇 2017/7/28
  • 2017/7/28、今日は父の病院に付き添いで行ってきました。ここ数か月ずっと安定して横這いになっていた腫瘍マーカーが急上昇しました。ずっと20前後で推移していたCEAは46.4、CA19-9は251.4両方とも前回からほぼ2倍にまで上がりました。CEAがこれほどの高値を記録したのは今までにありませんし、CA19-9の251.4という数字は大腸癌切除後、肝臓に転移していた癌の治療を開始する以前の水準です。マーカーの数値だけで判断できること [続きを読む]
  • 通院日 2017/2/3
  • 今日は通院日でした。付き添いに行こうと思いましたが、親父が「忙しいだろうし、一人でいくからええよ」と言うので、一人で行ってもらいました。この日は前回に引き続き抗がん剤。血液検査の結果はCEA 16.3 → 20.1CA19-9 130.1→ 122.1CA19-9の値は下がっていましたが、CEAが上昇していました。気になったのはCEAの数値がはじめて20を超えたこと。CEAは転移マーカーとも言われ、基準値(5)の2倍だと癌の疑い、4倍では転移の疑い [続きを読む]
  • 抗がん剤治療4年目 2017/1/6
  • 今日は父親の病院に母親と一緒に付き添いで行ってきました。父親とは四か月間口を聞いてなかったので、久々の病院です。(父親とは年末にしっかり話をして和解しました)最近はずっと月1で抗がん剤をやっています。とりあえず先生に今の状況の説明を聞いたら、腫瘍マーカーの数値がちょっと上がっていました。グラフを見たら、俺と口を聞かなくなったあたりから数値が上がり始めてた。。これってもしかして俺のせい??(T_T)俺の [続きを読む]
  • 父親にはほとほと愛想が尽きた
  • 長い間更新しなくてすみません。実はこのところ父親との関係がよくありません。1週間ほど前から、僕は父に激怒しています。原因は母への酷い態度。父が僕に何か酷いことを言ったりすることはほとんどありません。しかし家族の中で母に対する態度だけが酷いのです。これは今にはじまったことではなく、昔からずっとです。僕が子供の頃は母を足で蹴り飛ばすようなこともありました。本当に酷い人間でした。僕が3歳〜6歳頃が一番ひ [続きを読む]
  • ガンは治った!―タヒボ2000人の証言(2003年版)
  • タヒボと抗がん剤の組み合わせのおかげか、父の癌は進行を食い止めることが出来ています。正直癌がわかった当初は、もはや1、2年の命だろうと思っていたので、2年半が過ぎて今も元気に過ごせているのは、三大治療以外の方法をいろいろ試してきた結果だと思います。個人的にはタヒボを増量して抗がん剤をやめた方が効果が大きいと考えていますが、父は抗がん剤をやっていないと不安なのか、やめようとはしません。ただ抗がん剤を [続きを読む]
  • 歯茎が無い?
  • 昨日2016/5/6は父の通院日でした。僕は用があって博多に行っていたので、帰って来てから報告を受けたのですが、腫瘍マーカーはわずかに下がっていました。前回、2016年4月8日はCEA 8.3CA19-9 58.2CA125 4.1でしたが今回はCEA 5.8CA19-9 51.2CA125 4.4という結果でした。あまり変わりませんでしたが、改善しているだけ良しとすべきなのかなと思います。抗癌剤を飲み薬に変更する予定でしたが、この日はお休みにしたようです。ひとま [続きを読む]
  • 4月8日、病院に行ってきました
  • 今日は抗がん剤治療とCT検査のため、父と病院に行ってきました。今日から新しい先生に変わったのですが、前の先生と違って話をよく聞いてくれるとても優しい先生でした。こういう先生だと安心ですね。まず腫瘍マーカーですが前回、2016年3月11日はCEA 7.7CA19-9 77.2CA125 4.3となっていましたがそれが今日はCEA 8.3CA19-9 58.2CA125 4.1このようになっていました。CEAとCA125はあまり変わっていませんでしたが、CA19-9は下がって [続きを読む]
  • まだ生きてます
  • だいぶ久々の更新になりました。知り合いからは更新ないけど大丈夫?って心配のメールなど頂いてましたが、大丈夫です。父はまだ生きています。ただ、FOLFIRI療法+アバスチンの新しい治療を2週間ごとにやってるので副作用の影響でかなりキツそうです。ご飯も前ほど食べないし、夜は体がキツイのか食事の後はすぐ寝てしまいます。この二ヶ月間、ほとんど外出もしていません。昨日も夜食事している時に、もう抗がん剤はやめろと言 [続きを読む]
  • 新しい抗がん剤 FOLFIRI療法+アバスチン
  • 一昨日から父の新しい抗がん剤治療が始まりました。正直、僕はもう抗がん剤はやめた方がいいと思っています。たった1度腫瘍マーカーが上昇したくらいで、タヒボが効いてないと決めつけて、すぐにまた抗がん剤を再開するのは判断として間違ってると思うからです。ただ僕がいくら言ったところで、治療方針を決めるのは父さんだし、父さんが「やる」と言うものを無理やりに止めることは出来ません。納得はしてませんが、やると決まっ [続きを読む]
  • 二次発癌?
  • 2016年2月5日、昨日のCT検査の結果を見に、父と一緒に外科に診察に行ってきました。結論から言うとCT画像では癌が少し大きくなっていました。それと、腫瘍マーカーも増加していました。CEA 8.3 (前回4.7)CA19-9 169.6 (前回89.2)CA-125 5.2 (前回3.7)父はこれを見てタヒボ茶(NFD)が効かなかったか。と言っていましたが、僕はそうは思いません。癌との戦いは数の勝負です。タヒボ茶(NFD)の抗がん効果は科学的に証明された確かなもの [続きを読む]
  • 肝臓のCT検査に行ってきました
  • 今日、父が肝臓のCTを撮りに病院に行きました。本来CT検査は抗癌剤投与のペースに合わせて定期的に行うんですが、僕も父ももう抗がん剤治療をやる気はないので、今回はこちらからお願いして撮ってもらいました。医者の言うままに抗癌剤やってたら体ボロボロになりますからね。腫瘍マーカーの推移を見てもわかるように、腫瘍マーカーは続けて下がっています。後は画像で見てどのくらい小さくなっているか。タヒボ茶(NFD)を飲みはじ [続きを読む]
  • タヒボ茶(NFD)の飲み方
  • タヒボ茶(NFD)にはタブレットやスティックタイプ、ティーパックなどいくつか種類がありますが、うちでは一番お得なティーパッタイプを飲んでいます。タヒボ茶(NFD) ティーパックタイプの飲み方(1日目)まず、タヒボ茶(NFD)専用のヤカンに水を1リットル入れます。それからティーパックを1つ出して、ヤカンの中に入れます。それから火を入れ(強火)沸騰するまで待ちます。沸騰したら火を止め、それから30分ほどおいておきます [続きを読む]
  • 抗癌剤は本当に増癌剤なのか調べてみました
  • 抗癌剤は増癌剤だという指摘がありますが、これって本当なのでしょうか?なぜ抗癌剤は増癌剤と言われるのか、その理由について調べてみました。世界で最初の抗癌剤は毒ガスから作られた抗癌剤はもともと第一次世界大戦で開発された毒ガスがルーツだという話があります。多くの毒ガスが開発される過程で人体への影響が詳しく調べられ、その中でマスタードガスと呼ばれるイペリットに抗癌効果があることが確認されたそうです。そして [続きを読む]
  • 癌をアポトーシスさせる食事
  • 癌を消すために必要な3要素で癌をアポトーシスさせることの重要性について書きましたが、アポトーシスはフコイダンやタヒボ茶(NFD)などのサプリでなければ起こせないわけではありません。普段僕たちが食べている食事の中にも癌細胞をアポトーシスさせるものはたくさんあるのでご紹介したいと思います。緑茶緑茶に含まれるエピガロカテキンガーレート(EGCG)などのカテキン類は、DNA分解酵素の活性を高め、癌細胞のDNAを断片化する [続きを読む]
  • 2月4日にCT撮りに行きます
  • CTの予約をとりました。来月2月4日に肝臓のCTを撮りに行きます。タヒボ茶(NFD)が継続して効いているかどうか。飲み始めてから腫瘍マーカーは大きく下がってきましたが、やはり画像でも癌が小さくなっていることを確認しないと安心はできませんからね。翌日には結果が出るので、わかったらすぐにご報告します。 [続きを読む]
  • フコイダンで癌が小さくなる理由
  • フコイダンって?フコイダンは、モズクやメカブ、昆布などのヌルヌル成分の中に含まれる多糖類のことです。ミネラルやビタミンの栄養素が多く含まれ、コレステロールの吸収抑制、降圧作用などの効果があると言われています。また、フコイダンに含まれる「硫酸化フコース」「フコース」には抗がん作用があることもわかっています。フコイダンが癌に効く理由フコイダンの医学的なメカニズムはまだわかっていないことも多く、全てが解 [続きを読む]
  • 癌を消すために必要な3要素
  • 癌を消すために必要なのは・癌のアポトーシス・他の臓器への転移防止・免疫力アップこの3つです。これらを同時に体の中で起こすことによって、はじめて癌とまともに戦うことができます。癌治療の方法は、病院での標準治療(手術、抗がん剤、放射線)、健康食品やサプリ、食事療法、免疫療法など、その他にもいろいろありますが、どのような治療をするにしろ、僕はこの3つを前提に行う必要があると思っています。アポトーシスアポト [続きを読む]
  • 脳神経外科の診察に行ってきました
  • 今日は脳神経外科の診察があったので、父と病院に行ってきました。父は癌になる1年半前、仕事中に脳出血で倒れているので、それ以来、右半身には強い麻痺としびれがあります。杖をつきながらなんとか自分で歩くことはできるので、近所の散歩くらいは一人で行きますが、病院とか役所とか、人が多いところに行く時は一緒についていってあげないと危ないんですよね。脳外科の診察は定期的なものではなく、今日は単に年金事務所に出す [続きを読む]
  • タヒボ茶(NFD)で父の癌が消えていく
  • 去年から父が飲み始めた、タヒボ茶(NFD)タヒボNFD エッセンス(顆粒) |タヒボジャパン社製タヒボ茶【送料無料】価格:27,000円(税込、送料込)これを飲んでから、父の癌はどんどん小さくなっています。その効果は腫瘍マーカーの推移を見てもわかるように、驚くべきものです。フコイダンを飲んだ時もすごいと思いましたが、タヒボはそれよりはるかに強力です。しかも効果が出るまでの期間がはるかに早い!病院の治療は何もしていな [続きを読む]
  • なぜ日本の病院には癌科がないのか?
  • 父さんと病院に行くといつも思うことがある。それは、なんで病院には”癌科”がないのかってこと。外科とか内科とか、脳外科とかはいろいろあるのに、なぜか癌科がない。これほど癌患者が多い時代なんだから、外科とか内科とかでバラバラにやるんじゃなくて”癌科”で対応するべきじゃないかと思うわけですよ。癌になると主に外科で診察を受けることになりますが、外科の先生というのは頭が固くて、基本的に病院で行う標準治療(手 [続きを読む]
  • 日本の癌治療は誤診が横行している
  • 現在日本では3人に1人が癌で亡くなっていると言われていますが、実は日本の癌治療は誤診が横行しているんです。悪性腫瘍ではないただのできものや炎症を癌と決めつけ、胃や肺や乳房など自分の大事な体を容赦なく切り取とられ、そのせいで命を落とす人も少なくありません。最近は検査の精度もあがってきたので昔ほど酷くはなくなりましたが、本当に癌だったのかどうか怪しいケースが多々あります。癌もどきか、本物の癌か?癌の診 [続きを読む]