莢猫 さん プロフィール

  •  
莢猫さん: 猫空世界
ハンドル名莢猫 さん
ブログタイトル猫空世界
ブログURLhttp://96nekomata38.sugo-roku.com
サイト紹介文闘病生活、思い出話、武勇伝などイラスト付きで綴っています
自由文急性リンパ性白血病を皮切りに、子宮筋腫、子宮腺筋症、蜂窩織炎、敗血症、左卵巣嚢腫、橋本病と、さんざん病気に見舞われながらも、前向き(比較的楽天的??)に生きてきました。
人は生まれた時から、死に向って生きていきますーーだからこそ、生きている間は目一杯、生きている事を楽しみたいものです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供34回 / 365日(平均0.7回/週) - 参加 2016/01/14 19:56

莢猫 さんのブログ記事

  • あの世の神さん方が教えてくれた魂の仕組み その3
  • 現世があの世で立てる魂計画のおさらいを軽くしておきましょう。まず、名を決める……名を決めることで、現世のカルマがザックリと決まります。このザックリな現世カルマに沿って、守護霊や前世を選びます。魂に余力のある者は、指導霊も選びます……が、現代の魂はあまりにも多くのカルマ、魂の宿題や課題を抱え込みすぎているため、ほとんどは守護霊兼指導霊を選ぶことになっています。守護霊を選ぶ [続きを読む]
  • あの世の神さん方が教えてくれた魂の仕組み その2
  • 生まれたての現世は、素のまま『名は体を表す』状態……ここに、誰に名を付けられるかで、あの世で決めてきた名プラスアルファ、一生オプションが付きます。父親に付けられれば『父性』、母親に付けられれば『母性』、祖父母だと『祖父母性』、神社仏閣だと『神性』『仏性』オプションが付きます。神社仏閣で命名されるとちょっとお得……なのは置いといて。オプションが付いたところで、この世でのカ [続きを読む]
  • あの世の神さん方が教えてくれた魂の仕組み その1
  • 空海さんはとうとう教えてくれなかった魂の仕組み……自分自身がいろんな霊と対峙していくうちに、いろいろと解ってきました。いろんな神さん方に自分の理解してきたことが正しいのかどうか、確認しながら更に理解を深めていった集大成を皆さんに伝授します。まず、魂のスタート地点はあの世から。新生するために用意されたマッサラな魂が、最初に決めるのは自分の名前……数多ある言語の中から、自分 [続きを読む]
  • 質問・感想・応援、ありがとうございます
  • 早速、コメント返信参ります。現代の『方違え(かたたがえ)』は守護霊が意識して現世をコントロールしてくれています。寝坊して遅れるとか、バスや電車に乗り遅れる、またはそのものが遅れるとか、乗り間違えて乗り直す……といった事態になるのは、人間の目には見えざる『難』や『厄』を避けているからなのです。その事によって仕事や約束の時間に遅れる事態になってしまっても、焦らないでくださいね。落ち着いて [続きを読む]
  • 竜神さんが以下略Part2(九月目)
  • それは、昼食後まったりしていた時のこと。慌ただしい様子でゴツイ神さんがやって来ました。「あ、スサノオ。どした……」「莢猫っ! 大至急、わしが祀られておる神社へ来い! わしの名の付いた神社でなければカミゴト行えぬ。急ぎ調べよ」スサノオの名が付いた神社って……福岡県内にあったかしらん? 検索してみると、一番近くで八女の素戔嗚神社でした。近くて遠い八女ですがな。「今から急いで [続きを読む]
  • 心友Sと神社巡りPart2(九月目)
  • いよいよ、空海さんにSの守護霊をやってもらうことになった次の日。朝駆けで英彦山へ向かいました。今年初めて見る雪がちらつく中、まずは英彦山神社へゴー!今回の神社巡りには、猿田彦も猿女も憑いて来ていたためかーー神社に到着すると、社守りの神さんから眷属の天狗まで、鳥居からズラッと参道両サイドに並んでお出迎え。まるで某人間界のような有様に、ドン引きしながら……お参りって気分に全然ならん&hel [続きを読む]
  • コメント・質問・応援ありがとうございます
  • 早速回答参ります。霊的な謎に関してはいつでも質問してください。答えられる範囲でめいっぱいお応えします。真言は心して唱えないと逆効果になることもある呪文です。マイナスな心境の時に唱えてはいけませんよ。お坊さんの中には『素人が唱えていいものではない』と明言されている方もいらっしゃいますが、本当に、おっしゃる通りな部分もあるのです。くれぐれも、安易な気持ちで唱えないようご注意くださいね。神社仏閣参拝 [続きを読む]
  • 温泉の神さんと繋がる(九月目)
  • 最初に現れたのは夢の中でした。ヒト型で、四手(『紙垂』とも表記)の髪が生えた大きな四角い鬼面をつけたお姿でした。うちな何故か、一目見るなりそれが何の神さんだか判ったような気がして、「もしかして、温泉の神さんですか?」と聞いたら、頷かれて、うちの体内をズルズルッと通り抜けられました(夢ですからね)。通り抜けていくに従って、山神さん達とよく似た姿になっていきました。余談ですが、莢猫の目にはこのように見 [続きを読む]
  • 赤いパンツ
  • チャクラカラーの勉強を始めたばかりの頃、コン達から、「腰から気がダダ漏れなのだから、その色(チャクラカラー)の下着を身に着けたらどうだ」と言われました。するとスクナヒコも、「そうだ莢猫、そなたは赤いパンツを穿け。少しはダダ漏れも抑えられようぞ。色の力、侮るなかれ」と、やたら乗り気なので……1週間分で7枚、赤いパンツを買いました。試しに穿いてみると、なかなか良い感じ。ダダ漏れ感も半減し [続きを読む]
  • 感想・質問・応援、ありがとうございます。
  • 今回も早速、お返事参ります。生死観は人それぞれあるとは思いますが、うちな肉体は魂が一時的に過ごす『器』と捉えています。この、一時的に過ごす器での過ごし方が、人生そのもの。器にはどなたにも使用期限があります。期限が切れた時が、いわゆる『死』。器で過ごした間である人生はここで一旦終わりますが、器から抜けた魂は、これで終わり……ではありません。生前に自分が決めたカルマ解消の度合いによって [続きを読む]
  • もっと簡単な瞑想を!
  • グラウンディングやセンタリングといった瞑想法ーーこのブログをご覧の皆さんはご存知かと思います。ざっくり説明するとーーグラウンディングは地球中核のエネルギーを取り込む瞑想で、センタリングは体内にある7つのチャクラをまっすぐに整える瞑想です。チャクラとは、体内の気の溜まり場をざっくり7分割したエリアで、頭頂・額・喉・胸・腹・生殖器・尾骶骨辺が一般的なチャクラの位置とされています……実際 [続きを読む]
  • 心友Sと神社巡り:その5(九月目)
  • 神社巡りの旅もいよいよ最終日。霧島神社は機会があればまた……ということで通過し、狭野神社へ。ここでも霧島東の神さんから言われたのと同じことを言われました。そして、「しかと望め。全て思い通りに手に入る」神さん方の言う通り、信じます。最後の神社は……色々あったので名は伏せます……海の傍で海神さんの目が届く所であったにも関わらず、なんだか荒んだ雰囲気で、拝殿では何 [続きを読む]
  • 拍手・質問・応援ありがとうございます
  • 早速コメント返信参ります。毎度同じ事を記載している気がするので、今回でこの手のコメントに返事をするのは最後にします。ツイッターをやっている『清猫=鬼神』はツイッターを魂磨きの鬼道場として利用しています。一切の甘え・依存を許しません。自助努力しない者はブロック対象者となります。つまり、既にブロックされている者の大半は『鬼道場の脱落者』ということです。その他ブロック対象になっているのは、鬼道場主旨 [続きを読む]
  • 心友Sと神社巡り:その4(九月目)
  • 朝イチ参拝の計画立てていたのは、ホテルから小一時間離れた霧島東神社……向かう途中、霧島神社と霧島東神社のどちらへ行かせるか、神さん方が揉めていたのはここだけの話。笑参拝時間とホテルには朝食摂るためにまた戻るので、逆算プラスでレッツらゴー!町から山道に入ると、何故か雨が降り始めました。雨降り神さんには「おぬしが行く道に雨降らす時には、先か後にしてやる」と言われていたのに…&helli [続きを読む]
  • 心友Sと神社巡り:その3(九月目)
  • 岩屋の社に到着したところで、二柱の神さんにはご神気が直接浴びられるポイントを教えてもらい、Sをそこに立たせている間……うちは社回りのゴミを片付けてスッキリさせて、ほんの少し神域っぽさを取り戻してから、一旦宿に戻って朝食を摂り、チェックアウト。改めて西本宮・東本宮へ行って、天の岩戸があった所を覗かせてもらってーー現在は大きな岩神眷属の妖住処になっていましたーーその後、高千穂神社参拝、 [続きを読む]
  • 拍手・質問・応援ありがとうございます
  • 早速、コメント返信から参ります。今年5月半ばから、急激に神さん仕事が目白押しになり、弟子のメンタルメンテ以外、人間仕事はお休み中です……ほんと申し訳ありませんが、気長に順番来るのをお待ちください。何かしら、参考になるようなことがあれば、ぜひ生活に取り入れてくださいね。事故現場でのお供え放置はうちとこでもよくあります。それらは本来、遺族が片付けるものです。もし、身近にそのようなご家族 [続きを読む]
  • 心友Sと神社巡り:その2(九月目)
  • 五時起き六時出発で、神さんに言われた通り、西本宮・東本宮・天安河原へゴー。まだ宮司もいない西本宮の境内で挨拶していると、「まだ夜のうちにきおって。愚か者め」と叱られちゃいました……誰だよ、夜明け前に出発しろって言ったの。まあいっか。笑また出直します、と 一路、東本宮へ。向かう途中、山道の方へ方違えさせられました……狭い林道でUターン……愛車が軽自動車で良かった [続きを読む]
  • 心友Sと神社巡り:その1(九月目)
  • 夜打ち朝駆けでS宅へ……早過ぎる朝食を食べさせてもらって、いざ出陣!今回は九州の中心を南下して高千穂へ行き、日南線を北上して帰る神社巡りコース。Sと事前にしっかり打ち合わせて、出発初日は熊本の国造神社へゴー。境内には阿蘇神社の神さんもおわしました。実は数日前、阿蘇神社の神さんが国造神社の神さんに担がれて我が家へ来られました。「わらわは阿蘇神社の神である。わらわを担いで来てくれたのは [続きを読む]
  • たこ焼きショック(八月目)
  • この家に引越してきてから、霊的にてんこ盛り過ぎた、八月目も終わる頃のこと。ちょうどお昼時に近くのショッピングモールへ買い物に出かけた帰り、ソースの香ばしい匂いに誘われて、モール内たこ焼き屋の前で足を止めました。久しくその手の物を買い食いしてなかったのと、瑞穂の「おいしそうだねぇ」の一言で食欲スイッチもオン! 1パック買ってイートインスペースで食べることにしました、が……何なの、この [続きを読む]
  • スサノオに九字切りを教わる(八月目)
  • 管狐のお清めに四苦八苦していた時ーー心友Sから誘われて、再びスピ整体師さんの所へ行きました。前回、整体師さんの傍にはオオクニヌシとその息子、そしてスクナヒコがおわしたのですがーー今回はずいぶん荒々しそうな神さんが傍におわしました。もしかして、スサノオ? と思うや、ギョロッと大きな目とガッツリ目が合っちゃった。(汗)「おぬし、何者だ。ただの『管持ち』ではなさそうだな」猿田彦がかばうように間に立って [続きを読む]
  • コメント・拍手・質問、ありがとうございます
  • まずは早速質問回答から参ります。なかなか連絡取れないので名指しで失礼します。林さん。過去のブログ記事にお清めやその他霊的なものに対するコメント返信、かなりしています。拍手御礼・超自然主義生活編・雨奇晴好のカテゴリで該当記事検索してください。記載してあったメールアドレスは宛先不明で送信できませんでしたので、ショップへ行くなりググるなりして、メールアカウントの送受信設定確認してください。以前のコメ [続きを読む]
  • 管狐騒動(八月目)
  • お清め整理券配られるのが定着してきたある夜のこと。寝床でうつらうつらしていたら不意に左こめかみに痛みが走り、左を向くとそこには、真っ黒に穢れたイズナが一匹……と、ウカタマさん。「わたくし、管狐をしておりましたイズナでございます。莢猫様、何卒お助けを」ウカタマさんが連れてきたのね……策士神をバックに断れますかいな。ずるいよ!ーーと、ここで管狐についてざっくり説明しときます [続きを読む]
  • お伊勢参り:後日談(八月目)
  • 五十鈴川の神さんと話をしていて気付いたのだけど……とゆーか、指摘されて気付いたのが、『思っていた以上に憑いてこられていた』という事実。猿田彦も気付いていなかったのだから、ちゅと背中寒くなりました。(笑)五十鈴の神さん曰く、「……しかし、ぱっと見、蛇と竜に祟られた狐憑きだの。よく歩いていられるものだと思ったわ」ーー確かに、銀河はハナから祟り神だったし、春巻も知り合った当初は [続きを読む]
  • 霊障対策のあれこれ
  • まず、霊障とはーー主に、左半身に現れる障害のことです。稀に右半身に現れる人もいます。霊障の現れ方は様々です。怪我・腹痛・肩こり・頭痛・悪寒・イライラ……うち自身は、左卵巣と左こめかみの偏頭痛でした。軽度の霊障は、まず掃除。次に清めの塩(粗塩)・抹香(塗香:ずこう)などを自分の身に振りかけたり、そこらへ撒いたりします。重度の霊障は、先祖霊への感謝が足りず墓参りを怠っていたり、何らかの理由 [続きを読む]
  • お伊勢参り:その四(八月目)
  • 松阪牛を堪能した後は、その日の宿へ直行。そして翌朝、いよいよ内宮へ……夜明け直前に出発、日が昇る頃ジャストで内宮境内へゴー! あぁ、何て清々しいんでしょう!大木には竜さん巻きついているし、それぞれのお宮には神さんの気配が満ち満ちていて、心ウキウキしながら五十鈴川へーー待っていたのはたくさんの水妖と、五十鈴川の神さんでした……で、でかい……「待っておったぞ莢猫 [続きを読む]