莢猫 さん プロフィール

  •  
莢猫さん: 猫空世界
ハンドル名莢猫 さん
ブログタイトル猫空世界
ブログURLhttp://96nekomata38.sugo-roku.com
サイト紹介文闘病生活、思い出話、武勇伝などイラスト付きで綴っています
自由文急性リンパ性白血病を皮切りに、子宮筋腫、子宮腺筋症、蜂窩織炎、敗血症、左卵巣嚢腫、橋本病と、さんざん病気に見舞われながらも、前向き(比較的楽天的??)に生きてきました。
人は生まれた時から、死に向って生きていきますーーだからこそ、生きている間は目一杯、生きている事を楽しみたいものです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供37回 / 365日(平均0.7回/週) - 参加 2016/01/14 19:56

莢猫 さんのブログ記事

  • たこ焼きショック(八月目)
  • この家に引越してきてから、霊的にてんこ盛り過ぎた、八月目も終わる頃のこと。ちょうどお昼時に近くのショッピングモールへ買い物に出かけた帰り、ソースの香ばしい匂いに誘われて、モール内たこ焼き屋の前で足を止めました。久しくその手の物を買い食いしてなかったのと、瑞穂の「おいしそうだねぇ」の一言で食欲スイッチもオン! 1パック買ってイートインスペースで食べることにしました、が……何なの、この [続きを読む]
  • スサノオに九字切りを教わる(八月目)
  • 管狐のお清めに四苦八苦していた時ーー心友Sから誘われて、再びスピ整体師さんの所へ行きました。前回、整体師さんの傍にはオオクニヌシとその息子、そしてスクナヒコがおわしたのですがーー今回はずいぶん荒々しそうな神さんが傍におわしました。もしかして、スサノオ? と思うや、ギョロッと大きな目とガッツリ目が合っちゃった。(汗)「おぬし、何者だ。ただの『管持ち』ではなさそうだな」猿田彦がかばうように間に立って [続きを読む]
  • コメント・拍手・質問、ありがとうございます
  • まずは早速質問回答から参ります。なかなか連絡取れないので名指しで失礼します。林さん。過去のブログ記事にお清めやその他霊的なものに対するコメント返信、かなりしています。拍手御礼・超自然主義生活編・雨奇晴好のカテゴリで該当記事検索してください。記載してあったメールアドレスは宛先不明で送信できませんでしたので、ショップへ行くなりググるなりして、メールアカウントの送受信設定確認してください。以前のコメ [続きを読む]
  • 管狐騒動(八月目)
  • お清め整理券配られるのが定着してきたある夜のこと。寝床でうつらうつらしていたら不意に左こめかみに痛みが走り、左を向くとそこには、真っ黒に穢れたイズナが一匹……と、ウカタマさん。「わたくし、管狐をしておりましたイズナでございます。莢猫様、何卒お助けを」ウカタマさんが連れてきたのね……策士神をバックに断れますかいな。ずるいよ!ーーと、ここで管狐についてざっくり説明しときます [続きを読む]
  • お伊勢参り:後日談(八月目)
  • 五十鈴川の神さんと話をしていて気付いたのだけど……とゆーか、指摘されて気付いたのが、『思っていた以上に憑いてこられていた』という事実。猿田彦も気付いていなかったのだから、ちゅと背中寒くなりました。(笑)五十鈴の神さん曰く、「……しかし、ぱっと見、蛇と竜に祟られた狐憑きだの。よく歩いていられるものだと思ったわ」ーー確かに、銀河はハナから祟り神だったし、春巻も知り合った当初は [続きを読む]
  • 霊障対策のあれこれ
  • まず、霊障とはーー主に、左半身に現れる障害のことです。稀に右半身に現れる人もいます。霊障の現れ方は様々です。怪我・腹痛・肩こり・頭痛・悪寒・イライラ……うち自身は、左卵巣と左こめかみの偏頭痛でした。軽度の霊障は、まず掃除。次に清めの塩(粗塩)・抹香(塗香:ずこう)などを自分の身に振りかけたり、そこらへ撒いたりします。重度の霊障は、先祖霊への感謝が足りず墓参りを怠っていたり、何らかの理由 [続きを読む]
  • お伊勢参り:その四(八月目)
  • 松阪牛を堪能した後は、その日の宿へ直行。そして翌朝、いよいよ内宮へ……夜明け直前に出発、日が昇る頃ジャストで内宮境内へゴー! あぁ、何て清々しいんでしょう!大木には竜さん巻きついているし、それぞれのお宮には神さんの気配が満ち満ちていて、心ウキウキしながら五十鈴川へーー待っていたのはたくさんの水妖と、五十鈴川の神さんでした……で、でかい……「待っておったぞ莢猫 [続きを読む]
  • コメント、拍手、ありがとうございます
  • 早速コメント返信&質問回答していきます。うちな良し悪しかかわらず、我が家を訪れる霊は清めています。ハロウィンにやってきた魔神達も、今ではすっかり元気になって活き活きとお役目こなしています。そんなに悪さしてくるヤツはいませんが、イタズラすぎるのはお仕置きしてます。笑パソコンメールをスマホで利用している人は、送受信両方のアカウント設定をしないと送受信できない機種があります……アイ◎ンと [続きを読む]
  • お伊勢参り:その三(八月目)
  • 夜明け前から起き出して、まずは外宮へ。お宮以外の所にもたくさん神さんおわしまして、歓迎されましたーーてか、飼い主様がカメラ向ける度にポーズ取るのやめて。見える人にしか見えないのにーー笑トヨウケさんにも笑顔で迎えられて、その足で今度は月夜見宮へ。人嫌いなご神木にお清め頼まれて穢れ抜き……ツクヨミさんには歓迎されましたが、すぐ隣にある摂社の土地神さんは、何やら気に触るようでご機嫌よろし [続きを読む]
  • お伊勢参りその二(八月目)
  • 飼い主様はお初の伊勢夫婦岩……感想はうちと同じく「親子岩、だよね」でしたーー夫婦岩の神さんごめんなさい。海に来るまで目立たなかった、我が家の塞の神もピカピカになっていました。てか、我が家の留守番は……屋敷神だけ? ま、いっか。道連れが何気に増えていた事は置いといて、境内に さるめ神社 のある猿田彦神社へゴー。猿田彦は憑いて来てくれているので、まっすぐ さるめ神社 へ。鈴を鳴 [続きを読む]
  • お伊勢参り:その一(八月目)
  • 神さんと繋がる手段の1つとして、神社参拝があります。自分の繋がりたい神さんが主祭神として祀られている神社へ行くのです。が、必ずしも、その神社の主祭神とそこにおわす神さんが一致するとは限らないのが、日本の神界のややこしいところ……全国的に有名で、大きな神社に祀られている神さんでも、そうじゃない神さんが仕方なくなりすましている所もあるのです。前置きはさておき。今までずっと気になっていた [続きを読む]
  • おぬしを正式に『神を清める者とする』(八月目)
  • 4匹のお獅子から穢れが抜けて立派な獅子神に戻り、銀河がうちの守護霊として落ち着いたある日ーー家の中が、何かミッチミチな空気になりました。我が家を抜ける霊道が一気に清められた日のよう……あの時は何というか物々しい感じだったけど、この日は何だか神々しく清々しい感じだったような気がします←記憶曖昧(曝)いつもの朝のようにリビング祭壇前に立ち、柏手を打つとーーその日は、お札からアマテラス [続きを読む]
  • 4匹のスライムの正体(八月目)
  • 姿のはっきりしなかった4匹は、空海さんのお経巻きプラスうちの穢れ抜きで次第に正体が明らかになってきました。ズバリ、狛犬のような顔をした獅子神でした……お獅子が八幡さん困らせてどうしますのん……全くほんとにもぉーーとはいえ、このような姿になってしまったのは、人間のせいなんだよね。神社の祝詞は全て『祓いたまえ清めたまえ』……埃を払い落とすような穢れ落しです。正直 [続きを読む]
  • 拍手・コメント・応援ありがとうございます
  • 霊的感覚お持ちの皆さんにとっては、この年末は正念場であった人もたくさんいたと思います。皆さんよくがんばりました!家族の事、家庭の事、仕事の色々な出来事、皆さんよくがんばりました!皆さん\(ΦωΦ)/素晴らしい!……てな訳でコメントのお返ししていきます。霊障のお話したいとのコメント頂きましたが、メールアドレスなど連絡取る手段とお名前記入していないと相談乗るにも乗れません。『 [続きを読む]
  • 魔神のお清め終了と4匹のスライムお清め(八月目)
  • リャナンカとシャンゴの姿が奇妙なりに美しくなってきた頃。母方の里が近い八幡さんから緊急要請ありましたーー託されたのは、スライムのような4つの塊。何をどうすればこんな姿になるやら、おそらく人間の穢れに中てられ過ぎて姿保てなくなってしまったのでしょう。こめかみが痛いぃ!「すまぬ、莢猫。こやつら神社に置いてやれなくなってしもぉた……何とかしてやっておくれ」何とかって、清めるしかありません [続きを読む]
  • またもや、守護霊チェンジ(八月目)
  • 空海さんに真言暗唱や写経などさせられながら、過ごしていたある日のこと。夏の夜にたくさんの川の神さん背負って霊道通られた祟り神の蛇神さんが、ひょっこり戻って来られました。天使達がピリピリする中、『おん しゅだ しゅだ』もあっさり唱えてとぐろ巻く蛇神さん……天使達に言っとくけど、神さんっていうのは光サイドにばかりいるのだけが神さんじゃーないんだよ、闇サイドの神さんだっているんだからねって [続きを読む]
  • ハロウィン・トラブルその後(八月目)
  • 天使や主神さんと繋がった時、気づいたのですがーーその時まですっからこんと忘れていた、頭の中の十字架付宝珠。スピ整体師さんから入れられたあの玉のおかげで繋がりやすくなったのかも……うちなキリスト教徒ではありませんが、幼稚園がカトリックでした。てんとちと、せいれいのみなにおいて、アーメン ← 意味は全く解ってなかった(曝)シャンゴとリャナンカ乗せてウロウロしていると、あちこちから『天使 [続きを読む]
  • ハロウィン・トラブルその3(八月目)
  • ガブリエルと繋がって、天使の言い分を聞いた後、疑わしい奴には『おん しゅだ しゅだ』唱えさせて良し悪し判断するように伝えた莢猫でした、が。猿田彦が超不機嫌……一体、どしたん?「ヤソキョウの天狗は好かん。あいつら見境無いからな」ヤソキョウの天狗て……そんなあられもない表現はやめましょうよ……ところで、見境無いって、どゆこと?猿田彦が言った言葉の意味は、翌日すぐに [続きを読む]
  • ハロウィン・トラブルその2(八月目)
  • リャナンカが乗ってきてから、3日後。総合図書館の本の返却ボックスが近くのモールにあることを知り、そこまで本を返しに行った時のこと……本を返却ボックスへ投入した瞬間、左こめかみがズッキーン! ぬぉっ油断してた……ぐふっ。明らかに、何かが乗ってきた気配……しかし、ここは多くの人が行き交う場所。這うような心地で急いで帰り、バタンキュー……文字どおり、寝 [続きを読む]
  • ハロウィン・トラブル(八月目)
  • 毎日の掃除・1日と15日の鬼門裏鬼門の清めの塩撒き・買い物や散歩に行く時は真言を口遊むのがすっかり定番になってきた、月の終わりから月初めの夜。家の中も外も、何だかザワザワして落ち着かない中、やっとこさっとこ眠りにつく頃。空海さんは何故か、明恵さんと護摩焚きしていました……何この厳戒態勢……母方里から遊びに来ていたお蚕様まで緊張した面持ちでした。一人、訳の分からない莢猫は、 [続きを読む]
  • 初めてのスピリチュアル整体(七月目)
  • 月末に近いある日、心友Sの勧めでB市のスピリチュアル整体を受けてみる事になりました。彼女の予約時間に合わせてうちも予約を入れ、二人でレッツラゴー。施術師さんはうちより少し年上の女性でした。彼女の方には三人の守護霊が見えました……右肩には父親らしき存在、左肩には息子らしき存在、そして、彼女の頭上にはまさかの、「スクナヒコ ?! 」「おお、莢猫、よく来たの! ゆっくりしていけ」て、ことは&h [続きを読む]
  • ゆーめ で カンジョウ ♪  (七月目)
  • 空海さんが守護霊になって、新たに真言を覚え唱えていくうちに、空海さんから提案されたのが『自分の仏を決める儀式』でした。産土神とは別なのだそうで、カンジョウというんだとか。うちな産土神は十一面観音で、この家に来てからは鬼子母神さんの弟子になっとるんですが……好奇心に満ちた空海さんの目を見ると、断るに断れにゃい……「現実世界でやるには、ちとスペースが足らん。夢の中でやろう」 [続きを読む]
  • 不動明王真言(七月目)
  • 空海さんが守護霊を引き受けてくれてくれる時になった当初のことーーうちの周りには妖があまりにもたくさんいたもんで……「家の周りにいる者等を祓おうか」と言われた莢猫です。いやいやいや、空海さん。家の周りにいるモノ等は皆、人間より先にこの地に暮らしていた先住民ですよーー人間への恨みつらみは全て引き取り、清めてやりたいのです。すると半ばあきれ顔だった空海さんも頷いてくれました。「おぬしもよ [続きを読む]
  • たくさんのコメント・拍手・応援、ありがとうございます
  • パソ子開く余裕がなくなって……いや、がんがるるるるる…………ぐふっ。スーハー……いつも、ありがとうございます。うちな自分の誕生日が6日なので、6が付く日に新記事更新するよう、心がけています、が……たまにお休みしてしまい、後日、『6日に更新した』事にしちゃう事もあります。大目にみてくださいね。(汗)毎日が大変なのですが、大変なのが日常にな [続きを読む]
  • 真言踊り子衆成仏と田畑に棲む妖お清め(七月目)
  • 毎日真言を唱え、いろんなモノが見え聞こえてくる声も増えるとーーまあ、身の回りに何と見えざるモノの多いこと。そして御多分に洩れず、最初に接するモノのほとんどが、人間に対する愚痴・不満・呪いの言葉をさんざん投げつけてきます。文句はとりあえず聞き流しひたすら真言を唱えかけて、その霊体と心を癒すこと数日で、次第に打ち解けていきます。やがて、買い物する時には後ろからぞろぞろ憑いてきたり、家の周りにたむろ [続きを読む]