オトシン さん プロフィール

  •  
オトシンさん: 狐の隣
ハンドル名オトシン さん
ブログタイトル狐の隣
ブログURLhttp://kitsuneaya.blog.fc2.com/
サイト紹介文晴れた日はカメラ片手にポタリング 雨の日は部屋でまったり読書をして 過ごしています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供110回 / 365日(平均2.1回/週) - 参加 2016/01/16 18:42

オトシン さんのブログ記事

  • ダブルヘッダー
  •  部屋のコンセントのほとんどに充電機器をつなぎ、最後ベットに入り自分自身を充電する。いつもよりも夜更かしした昨晩だった。朝、充電を終えた機器の様に満充電されたかどうか疑問の自分自身を起こし、支度をする。 昨晩立てた計画通り、まずはFX3に跨り、いつもの坂トレーニングコースへと出発した。服装はヒートテックの上下をアンダーウェアーにして、さらに今日はウインドブレーカーも身にまとった。ゆるゆると上り坂を登 [続きを読む]
  • sweet spot
  • 先月末に読み終えた本について・・・瀬戸内海に浮かぶ島、冴島。朱里、衣花、源樹、新の四人は島の唯一の同級生。フェリーで本土の高校に通う彼らは卒業と同時に島を出る。ある日、四人は冴島に「幻の脚本」を探しにきたという見知らぬ青年に声をかけられる。淡い恋と友情、大人たちの覚悟。旅立ちの日はもうすぐ。別れる時は笑顔でいよう。 以上、巻末引用。私は島によくサイクリングには行きます。だけど住んだ事はありません。 [続きを読む]
  • 腕試し
  •  ベットから出るのに138%のエネルギーを使う季節になってきた。「早起きは三文の得」というコトワザを三度寝言のように唱え、もそもそと起き上がった休日の朝だ。洗面を済ませ、食卓で菓子パンを半切れと遠慮がちについだ茶碗一杯の白米を食べ、ウェアーに着替えた。 FX3に空気を充填したのが午前9時前。肌寒さを感じつつ今日のライドに出発した。街中の木々はほんのりと頬を染めるように色づき始めている。芽を出し、陽の [続きを読む]
  • 10月のまとめ
  • 11月に入りました。今日はeシフトなので、先ほどまで近所の上り坂を登り心拍を上げてきました。良い天気で風もなく平均速度もあがったかな。さて・・・10月のまとめを少し・・・自転車。月間走行距離は247.56kmでした。 この10月は雨がほんとに多かったのですが、その割には空いた時間を使って乗れたほうですね。 近所の坂を登る、フィットネスライドも6回と足と心肺を鍛えることが出来たかな。 あとはDSを使っ [続きを読む]
  • 東善坊
  • 2017年10月27日。広島。快晴!3回続けて休日が雨でしたが、今日は晴れてくれました。これが明日だと雨という・・・ツイてました。(((o(*゚▽゚*)o)))さっそく朝からしばらく乗っていなかったTREK・8・5DSに跨り、ポタリングに出発!広島市安佐北区可部(かべ)という地区に東善坊(とうぜんぼう)という浄土真宗・本願寺派のお寺があることを地図で知り、今日はそこへと向かいました。いつもこの地区へ向かう時は国道54 [続きを読む]
  • 対峙する
  • 私の投じた一票が投票箱の中でポトリと音を立てた。右へ落ちたか?左へ落ちたか?は 伏せておこうと思う。毎回選挙には必ず投票に行くようにしている。思慮・経験の足りない人生であると思っているし、私の一票が国の未来にさして大きな影響を与えるとも思えない自分もいる。そんな冷めた感情がないわけでもないが、選挙権がなかった時代、随分前になるが・・・を考えると今現在、権力に対して意思表示を出来ることをありがたいと [続きを読む]
  • 駅前旅館
  • 昨日から降り続いている雨は私の休日をも濡らしている。形容するならばシトシトと静かに降る上品なものである。近年、俗に言うゲリラ豪雨は恐ろしさというものを含み、品のある趣はない。そもそも雨に品があるかどうかということはさておき、私は自転車に乗ることを諦めなければならなかった。 少しだけ朝寝坊したが起きて洗面と朝食を済ませ、パソコンに電源を入れて読みかけの本を読み始めた。わからない熟語や漢字は検索を入れ [続きを読む]
  • 禅寺
  • 今時期街中を走っていると家々の軒下にしめ縄と紙垂(しで)を見ることが出来る。それぞれの氏神様が秋の例大祭をむかえているからだ。10月が神無月と呼ばれているのには神様がこぞって出雲の地へ赴くという一説がある。だから出雲では神在月となる。 なぜ神様が居ない時期に例大祭か?と疑問を持つも明確な解答は調べきれなかった。午前8時。 eシフトの隙間を見つけて街ポタへ出発。空は今にも降り出しそうだったが、雨雲レ [続きを読む]
  • 朝日に輝く
  • 朝日が昇り始めた午前7時。こんなに早くライドに出発するのは寝坊癖の私には珍しい。最近お気に入りの2時間コースのモーニングライド。コースの前半の登り坂はほとんど心拍を上げることなく頂上のコンビニエンスストアへ。アクエリアスのショートボトルで喉の渇きを潤し、体脂肪低下を期待させるお茶をボトルに詰め替えて、後は下り基調のコース後半だ。山陽自動車道五日市インターチェンジ入り口の一つ前の交差点を左折すると、 [続きを読む]
  • 国境の島
  • 昨日は一日中雨が降っていた広島でした。自転車に乗るのは早々に諦めて部屋で読書に耽ることにしました。今読んでいる本は?「聖地巡礼」コンティニュード・対馬へ日本の源流を求めて!内田樹×釈徹宗・著  東京書籍  です。昼飯に海田のインド料理店に寄って、帰りに本屋で新しい本を一冊買った以外は部屋に籠っていました。夜に読み終えたのでその感想を少しだけ・・・対馬(つしま)は福岡県の北に位置し、韓国・釜山にも近 [続きを読む]
  • 大塚観音堂
  • 「鈍行列車、出発進行!」と幼稚なセリフを心の中で呟く。午前9時の10分前、私はDSに跨りポタリングに出発した。もう肌寒いと言っても良い気温になっている。今までは日焼け止めに使っていたインナーが防寒の意味をもつ。いつもよりもスローペースで北上する。途中いつものコンビニでお茶をボトルに詰め替える。そうか、今日は日曜日なのだ。通勤の慌ただしい雰囲気なく、ゆったりとした時間が流れていく。JR山陽線の西広島駅を [続きを読む]
  • 9月のまとめ
  • 雲一つない青空が広がっていた広島です。仕事しているのが勿体ないくらい。さて今日で9月も終わり。またマイペースに振り返ってみます。まずは・・・読書。  「空海の風景」下巻  と  「蜘蛛の糸・杜子春」の2冊に終わりました。年頭の目標が36冊に対し、9月終了時点で23冊。残り13冊か・・・ひと月4冊でも足りないな〜。 ペース上げていかんとな〜。次に・・・自転車。  月間走行距離が257.79kmでした [続きを読む]
  • 蜘蛛の糸
  • 今月2冊目の本を読み終えました。「蜘蛛の糸・杜子春」芥川龍之介・著 新潮文庫  です。この本は短編集で十の物語が綴られています。個人的には「蜘蛛の糸」のお話は読む前から知っていました。地獄の底でもがく一人の罪人に手を差し伸べられたお釈迦様。助けの糸をよじ登る罪人が、下から連なる他の者達を見て「これは俺様の糸だ! ついてくるな!」と発した瞬間、糸は切れてしまうというお話。エゴイズムの愚かさを述べてい [続きを読む]
  • グレードアップ
  • 今日は自転車ブログらしく機材のお話。今乗っているエモンダの前のトレック1200に乗っていた頃に購入した軽量ホイール。ボントレガー・レースXライト! 随分、部屋の飾りになっていたので、先日、ネコモトさんでエモンダへ移植して頂きました。ネコモトさんへ入るまでの道中はフロント・インナーで走っていました。移植を終えて、店を出て走っていると・・・あんまし変わらんかな?と目をクランクへ落とすと、アウターか!! [続きを読む]
  • 人間、空海
  • 先日、司馬遼太郎・著の「空海の風景」上下巻を読み終えました。ようやくの読了です。読み始める前の空海に対する予備知識としては、真言密教の日本における祖であり、書道の達人であり、高野山に宗教都市を開いたというくらいでした。この本は空海の誕生から、唐に留学したことを経て、やがて日本で真言密教の礎を築き、高野山にてその生涯を閉じたという所までを、司馬さんの深い資料のを読み込みから考察し、人間空海を彫り、輪 [続きを読む]
  • 残暑
  • サイコンのセンサーの同期を済ませて気温を確認すると24℃を指していた。朝8時のことだから、ここ最近の気候を考えると、そんなものだろうという感じ。降水確率10%。久しぶりにエモンダで江田島へと渡ることにした。日曜日ということもあり、広島港には多くのサイクリストが出航前の時間を過ごしていた。私も窓口で乗船券とサイクルーズパスという自転車の乗船券が無料になるものを発行sして待機した。9時20分発の切串港 [続きを読む]
  • スロースターター
  • 9月2日の事・・・自転車に乗り始めておよそ20分くらい経つと自分の心に灯が点る。つまりアイドリングを終えエンジンがかかり始めるのに20分かかるというわけだ。だけどこの日はその時間を過ぎても心のエンジンは燻っていた。夏バテか?とも思ったがそうでもなさそうで、目的地が定まっていないせいか、夕方からの仕事の破片が心に刺さっているのか?どうやらその両方らしい。とりあえずホームグランドの平和公園へ向かった。 [続きを読む]
  • 8月のまとめ
  • 熱狂の8月が終わり、9月の今日はほんの少し涼しくなった広島でした。例によって例のごとく8月を振り返ってみます。まずは読書。  「空海の風景」 司馬遼太郎・著 上巻今月はこの一冊だけでした。私の読書の仕方として、わからない漢字や熟語は辞書を引いて解決してから読み進めます。なので・・・司馬さんの本は手強い! 下巻を読み終えたら読感いれますね。つぎに自転車。月間走行距離は?   184.19km  うー [続きを読む]
  • 悪戦苦闘
  • 読んだ本は取っとく派のオトシンです。2年くらい前に新しくした本棚がそろそろ限界。部屋もあまり広くないので新しい本棚を置くスペースも限られてきますが・・・また本棚を買いました。今回の本棚は少し大きめなので、しばらくは大丈夫でしょう!さて・・・今読んでいる本。 司馬遼太郎・著 「空海の風景」。やっと上巻を読み終えて下巻に入っています。司馬さんの語彙量の深さに舌を巻いています。漢字辞典を片手に悪戦苦闘し [続きを読む]
  • コラボレーション
  • 広島の母なる河、太田川を北上して走ると河川敷にゴルフ場がある。本格的なゴルフコースではないので恐らくドライバーは使わない程度の距離しかないであろう。 社会人一年目の頃勤めていた会社で上司に誘われてそれをしたことがある。特別に運動神経が良いほうでもないので、初心者らしくクラブを持って走り回っていたことを記憶している。 楽しかったというものではない。 今日も晴天でゴルフ場では、疎らながら比較的ご年配の [続きを読む]
  • ハスの穴から未来が見える
  • はすの穴が9個あるのが岩国レンコンの特徴である。他地域の物は8個が多い。その9個の穴の様子が、岩国藩主吉川家の家紋である九曜紋と似ているのでお殿様が大変喜んだという話もある。今日は岩国市に来ている。 急に飛行機が見たくなった。ここ岩国市には岩国錦帯橋空港という民間の空港が2012年12月13日より運用を開始している。もともとは岩国飛行場と呼ばれていて、永きに渡りアメリカ海兵隊と海上自衛隊による運用 [続きを読む]
  • 青信号のむこうは夏空
  • 今日は所持している資格の更新講習会に行ってきた。その資格がないと仕事が出来ないのだが、実務に携わる人は3年に一度、その講習を受けないといけないのだ。9時半から12時半までみっちり3時間。受講料は安くない。しかし会社負担ではなく自腹だ。今日の参加者は100人前後は居た。 集めた受講料はどこへ消えるのだろうか?幾ばくかの不信感を持ちつつも、資格がないと仕事を続けられないので諦念した。講習を終え、帰りに [続きを読む]