れふあ さん プロフィール

  •  
れふあさん: 海ドラ日記
ハンドル名れふあ さん
ブログタイトル海ドラ日記
ブログURLhttp://corallehua2.seesaa.net/
サイト紹介文憧れの場所 行ってみたかった場所へ連れて行ってくれる海外ドラマ
自由文英会話術の勉強にもなる。英単語を素早く読む訓練にもなる。心のシャッターを押して記憶に残せばそれは思い出の一部
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供91回 / 365日(平均1.7回/週) - 参加 2016/01/17 18:42

れふあ さんのブログ記事

  • マクガイバー 第18話
  • ネタバレと妄想を含む感想です。前回の予告編でHawaii Five-Oとの完全コラボ企画かと早とちりをしてしまいました。が「違うよ!」とゆ〜程には違わずゲスト出演とゆ〜のとも違う・・・友情企画的な・・・第18話「フラッシュライト」/Flashlight場所はHawaiiで一番大きな島であるハワイ島の都市ヒロこの島の中で一番、信号機の多い場所で、渋滞が起こる場所ですマグニチュード7を超える地震がココを襲い(津波なし)一行が本拠へと [続きを読む]
  • Five-0 season7 第12話
  • チンとはこれでサヨナラか・・・と思わせるなによりもオハナ(家族)愛、大・大・大好きHawaii Five-0の演出。いつもながら、ちょっと・・・こっぱずかしぃ〜感は否めない。悲観し絶望するコノに希望の火を灯し続けるように校長先生のような語り口で励まし続けるルー保護観察中の身でありながら居ても立っても居られずにメキシコまで駆けつけるアダムよ〜く考えてみればこの一個団体って・・・最初は皆、喧々諤々だった人たちばか [続きを読む]
  • マクガイバー 第17話
  • やっぱ、顔...デカっ!ジャック...。一切の予備知識無しに鑑賞後、個人的主観まる出して書いております。んで、次回の予告編を観たら・・・Hawaii Five‐O とのコラボ!のようです。最近の日本CS放送は、なんつぅ〜か、ある種の垣根が無くなってAXN、FOX、スーパドラマTVとが、もはや…ごちゃ混ぜ状態で貞操観念の無い政治政党みたいに、系統が解りずらくなってきたAXNミステリーでウィンチェスター兄弟が映ってビックリしたりな [続きを読む]
  • Five-O season7 第11話
  • ネタバレ&妄想を含む感想です。今シーズンで卒業が決定しているチン・ホー・ケリー(ダニエル・ディ・キム)に最愛の妻の弟であり、長年の宿敵でもあったガブリエルの忘れ形見サラこの二人を中心に展開するエピソードとくれば・・・「えっ?もう来たか・・・名誉の殉職がっ」と思ってしまう。同じく卒業が決定しているコノ・カラカウア(グレイス・パーク)のお別れエピソードが、この後に続くであろうし・・・やっぱ、最初はチン [続きを読む]
  • マクガイバー 第16話
  • ネタバレ含む感想です。今回のターゲット、つまり・・・捕獲するべき悪人はほんのチラッとしか出てこず、ほぼ余興的なエピソードでしかし、その余興のプロット&登場人物達の構成は私的には『イイ感じぃ〜』だったかと。日本では馴染みのないバウンティハンターを稼業とする一家とその基地バウンティハンターと言えば・・・ジャネット・イヴァノビッチ著作のステファニーシリーズのファン(この私)にしてみればなかなか面白かった [続きを読む]
  • マクガイバー 第15話
  • ネタバレを含む感想です。人間の趣味・趣向とは数限りなく世の中が複雑になればなるほどに無限大。一般的にはコレクター。必死に稼いでは自分がハマっているモノをセッセと収集したり同じ趣味を持つ仲間同志と情報交換したり、競い合ったりFacebookにインスタ等で「いいね!」や「へぇ〜スゴイねっ」と、やたら世間に認めてもらいたがるもの。今回のエピソードのテーマは模倣犯犯罪者の心理、クリミナルマインドに深く傾倒してしま [続きを読む]
  • Five-O season7 第9話
  • ネタバレを含む感想です。う〜ん・・・ここ最近のエピソードって余興が多すぎた感(私だけかも?)「So What?(それがなに?)」的だったかなっ。無事に出所したコノの旦那、わざわざ出番を捻り出すような付け焼き刃的エピソードに突然のキャサリンの登場だって、あまりに直接的すぎるしダノとルーがまさかの縁戚になる?!的なホームコメディだったりと・・・。久々に・・・「これでもかっ!」ってぐらいにHawaiiそのもので「さ [続きを読む]
  • マクガイバー 第14話
  • ネタバレ含む感想です。スタイリッシュで、案外サバサバしてて(細かい事には目をつぶる)女性の上司としてはイケてると思っていたソーントンからジャックの天敵(らしい?)マティが本部長としてやって来た。先週、ウィルトが予言した通り二重スパイだった前本部長の、これまでの決定事項は見直し、そして再検討へ。チームのひとりひとりが一対一、顔と顔を突き合わせての面談が行われることに。ジャックよると破壊神ですよっ。中 [続きを読む]
  • マクガイバー 第13話
  • ネタバレ含む感想です。先週のエピソードの結末のほうがずっとずっと傷ついてしまうように思える私だけどもジャックだって一番重要なのは『信頼だ』と言っていたのに、わりと皆がフツーまぁ〜ねっ。マックの場合はノッケからニッキのことでイロイロあり過ぎてもう、何が起こっても「さもありなん」的で、ヘコたれなくなったかっ?ジャックだって恋慕の君サラとの再会に継ぐ再会に、結婚式列席でヘロヘロだしぃ〜別の期待感が優先し [続きを読む]
  • マクガイバー 第12話
  • ネタバレを含む感想です。諜報員と“裏切り”は切っても切り離せないモノで映画と違ってTVドラマなんかだと、特にseasonが進むにつれ裏切りの裏切り、表から裏、そしてまた表へと「伊賀・甲賀の忍法かっ」ってぐらいにクルリ、クルリとなったりする。まぁ〜予想通り・・・マックの仲間兼恋人であったニッキの不可解な行動にひとつの結末がやってきました。んがっ。。。ちょっとコレは正直キツい結末が待っています。第12話「ドライ [続きを読む]
  • Five-O season7 第5話
  • ただの感想です。第5話「判定」/ Ke Ku’ana今回のエピソードは『鶏が先か、卵が先か』のインフィニティ∞(無限大)に続くテーマでもあり矛盾を意味する言葉の由来のどんなに硬い盾(たて)をも突き通してしまう矛(ほこ)にどんな矛(ほこ)でも突き通せない硬い盾(たて)みたな・・・『あなたが持っているのに、私が捨てるわけにはいかない』つまり・・・『あなたが捨てたら、私も捨てるのに』大きな川の対岸で、お互いが声高 [続きを読む]
  • マクガイバー 第11話
  • ネタバレ含む感想です。今回のエピソードで何故、ライリーが投獄されるに至ったかの経緯が明かされます第1話でジャックが仲間に引き入れようと勧誘した時のライリー自身のそのセリフ「為すべきことだった」と言った、その事由のことであります。と、同時に・・・マックも「なんでいつもそうなのか?」と府に落ちないライリーのジャックに対する憎まれ口やら、その態度の心の奥の塊りの正体も。ただ「わかる」じゃ〜なくて、「うん [続きを読む]
  • マクガイバー 第10話
  • ネタバレ含む感想です。第10話「プライヤー」Pliers今回のエピソードは任務にあらず・・・ソーントンを除く仲良し4人でマックとウィルトの母校へ遠足。同行者が口を揃えて「なんでその色になるの?」と不評な緑色のレンタカーで(確かに緑色の車は少なくて、ツアー会社ぐらいではなかろうか・・・)マックの恩師から数年に渡って「生徒達に化学の授業をして欲しい」のラブコールにやっと応える気になった(?)のか・・・そんなに [続きを読む]
  • Five-O season7 第4話
  • ネタバレを含む感想です。第4話「古傷に溺れて」/ Hu A’e Ke Ahi Lanakila Kamaile前回、因縁めいた長期戦を予見させる事件の協力者アリシアの「役柄上の性格がスティーブにクリソツ」と書きましたがのめり込み方・・・猪突猛進さはスティーブの上でしょうか?アクションなら物理的制限もあって、目視できる分、歯止めが効く場合もあるけれど精神世界ではその境界線は難しく「これ以上は危険」の囁きも「あともう少し、ほんのチョ [続きを読む]
  • マクガイバー 第9話
  • ネタバレ含みます。あぁ、やっぱり・・・そうなるわなっ。秘密を知ってしまったウィルトの扱い方。ほんでもって、親友のマックだけじゃなくて自宅に寄り集まっていた全員が揃いも揃って、国家の秘密組織のメンバーだったなんてねっ。今までの親し気な会話はどこへやら・・・の他人行儀。イヤ違うな。国家の驚異的存在として取り調べの上、「追って沙汰を下す」みたいな取り調べる側のソーントンもやりにくいったらないっ。第9話「 [続きを読む]
  • Five-O season7 第3話
  • ネタバレ含む感想です。第3話「スーツの逃亡者」/ He Moho Hou今回はカルテルの大物と麻薬取締局の潜入捜査官の事件刑事物では、余りに使い古されたストーリーなのでダノなんて「勝手に殺し合いでもなんでもすればっ」的悪者同士で潰し合いをしてくれたら願ったり叶ったりしょぉ〜フムフム。せやけどねぇ〜、人として多大な犠牲を払う潜入捜査の末、あともう一歩って時に殉職した捜査官の為になんかこう・・・結果ってヤツを残して [続きを読む]
  • マクガイバー 第8話
  • ネタバレ含みます。今回の任務は暗殺者を捉えること。本当にこの世界にプロの殺し屋がいるとして必殺仕置人の元締めなる人物が地域制を用いて各所に存在せずともお金と権力とで、次第にコネも付いて来て、通信手段さえあればの時代ある筋ってやつ...そして裏稼業ほど皆、口は堅い。第8話「コークスクリュー」/Corkscrew そのプロの殺し屋を『容疑者218』と呼んでいるってことはヤリ口は有名にして正体は謎ってこと。CIAが入 [続きを読む]
  • Five O season7 第1・2話
  • ただの感想です第1話「ゲームへの招待」/ Makaukau‘oe e Pa’ani第2話「悲しみのスパイ」/ No Ke Ali’i Wahine A Me Ka Ainaいよいよseason7が始まったのですがseason6の終わり方が刑事モノとゆ〜よりは非常に民事な・・・家庭モノ的だったのできっと壮大なエピソードを用意して2話に渡り、展開するのかと思っておりましたら???どうやら違ったようであります。因縁めいた長期戦を予見させる事件と一話完結事件とを混ぜこ [続きを読む]
  • マクガイバー 第7話
  • ネタバレを含む場合もあります。第7話「オープナー」/Can Opener今回のエピソードは麻薬カルテル撲滅の足掛かりが刑務所からの脱獄。昔々のその昔は支給される食事のスプーンなどを使ってチマチマな地味作業かなりの時間と根気、信頼できる仲間が必要でその時間も根気も、務所内の派閥を生き延びてこそ・・・日進月歩以上のスピードで世の中がハイテク(←この言葉自体も時代遅れ?)になるにつれ頭の使い様・・・ってことのようで [続きを読む]
  • マクガイバー 第6話
  • 今回のエピソードのテーマは師弟なんだろうけど、、伝授する側の師、伝授される側の弟子とゆう関係。しかし、欧米じゃ〜先生と生徒のような一括り的な表現でコーチとかインストラクターとか、なんかピンとこなくて教官に対して教え子もまたStudentなのかなっ?漢字だけが表現できる奥深さなのかもしれない。だから・・・マックの“語り”の中に幾度が出て来る「盾になる」とゆうセリフがその間柄を表現する時の・・・絶対的に足り [続きを読む]
  • タイムレス 第16話(season1最終話)対峙
  • 一時はseason1で打ち切りとなるところを、「やっぱりやるよぉ〜season2」となっただけに知られざる真実と想定外を織り交ぜながらクリフハンガー式に終わったエピソード。なので・・・裏切りは守るための苦肉の策であり一つの手段でしたぁ〜善の心を失わず、悪人面で隠し通し、深く沈めてただけですぅ〜とか、お飾り的だったキャストにも、この先の展開にまつわる深い謎を持たさねばなるまい。ネタバレ含みます。第16話「過去、現 [続きを読む]
  • マクガイバー 第5話
  • うひょ〜、今回の舞台は私の大好きなヨーロッパの列車の中、ロケには行ってなくて、“在り合わせ感”は否めませんが、筋そっちのけでそれなりに思い出に浸れるシチュエーションでございました。決めつけるワケでは無いけれど・・・渡航経験が有る・無い...によって海外ドラマの楽しみ方は変わってくると思う。経験の無い人だって、いつか時間とお金に(相棒にも?)恵まれたなら、お気に入りの映画やドラマで観たワンシーンを自身 [続きを読む]
  • タイムレス 第15話 因果
  • 前回からメイソン社ではデニースに変わってで指揮を執ているのがスーパーナチュラルのメインキャスト(もう過去だけど)ウィンチェスター兄弟の親代わりであり、ハンター師匠であったボビー(ジム・ビーヴァー)が高級スーツに身を包み、堅物っぽく出演しているんだけれど今回のエピソードではエリオット・ネス役でカスティエル(ミーシャ・コリンズ)も。残念ながら・・・現在と過去で二人が揃うシーンも無いままにアッケなく・・ [続きを読む]
  • Five-O season7で...チンとコノとはお別れ
  • 7月23日(日曜日)からAXNにてseason7が全23話でスタート。新seasonを盛り上げるために8週連続の日曜日・・・、Hawaiiならではのプレゼントが当たる懸賞付きの一挙放送。そして、明日の日曜日は、いよいよクライマックス。最終話ではトリプラー陸軍病院のベットに横たわるマクギャレットを囲むオハナ(家族のハワイ語)がズラ〜リ。罪人時代の記憶とコネを使い、時々、捜査に協力するサン・ミンもお見舞いのカードを送るなどオ [続きを読む]
  • マクガイバー 第4話
  • 作戦司令室にボウル一杯に盛られたクリップ、しかも味気ない単一色。たぶん...マックにとっては脳と指先を鍛える欠かせない大切なアイテムなんだろうけど銀行に置いてあるキャンディとかスナックの“乾きもの”と呼ばれるピーナツみたいに盛るコトは無いんじゃないっ?んで、あの量だとアスクルで買っても結構な金額になると思うよ(もったいない)第4話「ワイヤカッター」Wire Cutter初代のマクガイバーの頃の・・・終結間際では [続きを読む]