玉田亮の「なんでも かんでも!」 さん プロフィール

  •  
玉田亮の「なんでも かんでも!」さん: 玉田亮の「なんでも かんでも!」
ハンドル名玉田亮の「なんでも かんでも!」 さん
ブログタイトル玉田亮の「なんでも かんでも!」
ブログURLhttps://blog.goo.ne.jp/tamadaryo
サイト紹介文撮影 プロジェクションマッピング 音楽 オーディオにとどまらず おもしろいことをレポートします。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供226回 / 365日(平均4.3回/週) - 参加 2016/01/17 20:59

玉田亮の「なんでも かんでも!」 さんのブログ記事

  • 上々のスタートだった4/18 相変わらずの忙しさ加減で疾走中
  • 警察へ出頭するという朝を迎えた48歳の誕生日。来年は、どこで迎えるのだろうかと、ワクワク感が止まらないのである。頭から血を出したり、足の小指の爪を剥いだ 一桁代。ケームセンターのパンチングゲームのやりすぎで、腱鞘炎を招いた10代。過去、3年連続で1月1日の元旦を救急病院で迎えた20代。ニューヨーク滞在中に、症状が英語で伝えられなかった30代警察署からスタートした40代と、ネタには困りません。ほんと、自分自身も [続きを読む]
  • 48歳の4/18 早朝から警察へ出頭という、記念すべき48歳の幕開けである
  • 現状 兎にも角にも 時間がない事故のとき現場検証できてれば出頭しなくても済んだけど、そんな時間さえなく多忙は日々。で、結局、誕生日の当日に所轄へ出向き話を聞かれます。しかも、あまりにも時間がないんです、、、と行ったら、警察官さんが「自分、朝の7時頃にはいるので、いかがですか?」と警察官さんに提案され、即決となりました。まぁねー、いろいろ、やんちゃもしてきたけど誕生日の早朝を警察からスタートなんて貴 [続きを読む]
  • ほんと、保険会社も大変だよね。
  • 事故を起こしても当人が被害者宅に訪問することもなく電話で保険屋が謝るだけ。まぁ、こんなだから事故が減らない。で、相変わらず携帯 漫画を読みながらの運転者も多く、事故った夜の帰り道、スマホをいじりながら運転する主婦が自分の車の後ろにいて、ほんと、ブレーキングもギリギリで止まるからこちらも気が気じゃない。。。ほんと、嫌だね。。。 [続きを読む]
  • ハイブリット車両でも十分、長距離通勤の味方になってくれる
  • 秦野に転居してからどーしても、解決できないのが通勤のコストである。川崎時代は渋谷まで15キロ程度だったので、R246で往復しても、リッター150円のレギュラーガソリンを10リッターも買えば足りていました。一方、秦野からの通勤は高速が往復で3500円ガソリン代が、130キロ程度走るのでガソリンも15リッターくらいは消費する。と、なると往復で26リッターほど消費するので往復でも4000円がかかる1日7000円以上のコストは非常に痛 [続きを読む]
  • 未知の世界「ボルタリング」を通じて、親子関係を濃くします
  • まさかねー、実家に転居してきたら、すぐ裏にボルタリング道場があるなんて想定していなかつたです。まぁ、近所だし、面白そうだったので子供を入会させたら、結構、本人曰く面白いらしくほぼ毎日、90分くらい楽しんでます。まさかねー。私としては、ボルタリング=情操教育という概念は一切なく、ただ、本人が楽しんでもらえればという一心でしたが、ボルタリングも奥が深く。。。2020年の東京オリンピックの公式種目に選別された [続きを読む]
  • そもそも、制限速度ってなんだろうと考える
  • まぁ、高速道路のお話最近、ハイブリット車に乗るようになって高速道路を、約60キロくらいの距離をくまなく往復する生活へと変えた。ガソリン車だと、500キロも走れば1万円くらいすぐに掛かってしまうがハイブリットは、3千円ちょっとしかかからないので本当、地方からの通勤車には程よい感じである。で、最近思うに、高速道路の追い越し車線をギリギリ90キロ程度のスピードで走る車が多いのでほどほど困る。まぁ、法定速度以内と [続きを読む]
  • 秦野ってどんなところ? 何もないのが自慢、なんて馬鹿げている表現の極み
  • 別に、秦野に限ったことではないのですが、地方のPRとして、「何もないのが自慢」と平然と唄ってますが。バカもほどほどにしてほしい、そこには住民もいて、住民が税金を払っているわけだったら、役所に勤める職員は何もないところから脱却してまちづくりに励む必要があると私は思うんですよね。今時、吉幾三の歌を地で行っているまちづくりは、ナンセンスすぎると感じる。本当、公務員は仕事してないよねー、と感じます [続きを読む]
  • まぁ、 罵倒する方も、される方もいろんな立場がありますからねー。
  • ファイスブック公開しない過激な気持ちを公開。まぁ、どこでも、どんなシチュエーションでもいいのですが、知っているるひと、知らない人から罵倒されることってたまぁーにありますよね。どちらかというと、友人という関係性より薄く、他人というほど遠くない関係性でありがちです。僕も、器用な方ではないので時々、約束事を忘れてしまったりすることがあるのですが、その気持ちが緩んだ時に忘れてしまい「罵倒されるんですよね」 [続きを読む]
  • 引越しも完了。4月からのスタートで自分に異変があるような心境
  • あー、久しぶりのブログ更新。忘れていたわけではないけど、本当、この一カ月は最低で、最高な一カ月だった。転居自体、川崎の賃貸から秦野市(はだのし)実家に戻るだけのこと、、、。距離にして、都心より50キロ、東に移動している。あー!、都心で仕事をしているのに「俺、何やっているんだろうというという、心境です」別に、賃貸から追い出されたのではなく、半ば、高齢な両親を身近に見守るため実家に戻ってきました。だから [続きを読む]
  • まぁ、官僚 政治家もだらしないねの一言である
  • 国会中継を見ていると「弾糾」している場面が多いことに落胆を感じる。まぁ、僕たちの税金ではあるけど、とにも かくにも騒ぎの発端って「学校や幼稚園を作る」という原則があって、建築する土地をどう言う手段で購入したかといういたってシンプルなことにもかかわらず、弾糾しているにも関わらず、その裏で、くらだない法案が立っているのである。僕から言わせれば、政治家も官僚も人数が多すぎ公務員が仕事をしているフリができ [続きを読む]
  • 立ち場が変われば、、、 喉元過ぎれば、、、 まぁ、それぞれの都合です。
  • 前回の話題で、「質問することは悪なのか。。。」という普遍的なことなんですが、、、、確かに、とあることについて反論したい人はこう言う「ろくに調べもせずに、聞くなんて、ひどい」ということを発言します。でもね、この「ろくに調べもせずに」の基準はこの質問をした人の都合ではなく、「この質問なら、答えてあげてもいいかなぁーと」いう上から目線の基準であると強く感じる。まぁ、人間関係が仲よければ初歩的なことを聞い [続きを読む]
  • ペガシス社 TMPGEnc 5 おー! 〇〇なところが面白く、使いやすいね。
  • ペガシス社の製品は、この会社が起業した頃に使っていた経緯があるが、実はそれ以降使用していなかった。ちょうど、PCの性能も今と比較するとかなり低く、HDDがやっと、1ギガに到達するか否かって頃のタイミングである。それから、10数年、、、ほぼ、初めての感覚でペガシス社のTMPEGEnc5に触れた。まぁ、どんなソフトウェアも最初、いじりだした頃は訳も分からず、先に進むのも億劫だが、使い慣れている仕事仲間にアドバイスを求 [続きを読む]
  • 怒涛のような1週間、そして、新しい〇〇を迎えた2018年の春
  • ついにこの日が来た! ノンリニア ビデオ編集ソフトファイナルカットを使い始めて、今年でちょうど20年目。デジタル化により、多種多様な撮影データに対応できなくなり、データ変換の変換に苦労することも多くなつた。そんな、こんなで、Winパソコンを手元に置く機会をいただきそのPCには、エディウス6.5が入っているもののせっかくなので、バージョン9へとバージョンアップし「これが エディウスか!」といった感じで、編集環 [続きを読む]
  • 初体験 PUBGとプロゲーマー、凄いなぁーと実感!!!
  • 「プロゲーマー」の番組配信を先日、担当することがありその凄さに圧倒されたのであります。いつは、半信半疑的な感じで、自分の身近に「プロゲーマー」が居ないので実感がわからなかった感が強いです。そのゲームは、、、PUBG である。(バトルロワイヤル系)プロゲーマーと聞くと、ごっつい兄ちゃんだと思いきや19歳の女性ゲーマーなのには驚いた!「はつめ」さんである。もう、併進も慣れているのでゲームの解説をしながらどん [続きを読む]
  • ASUSの製品  気軽に買えて 進化してます
  • 本当、久々に購入しました。25年ほど前に、初めてDOS VパソコンをアキバのPCショップにオーダーした時にマザーボードがASUSの製品でした。OSで言う所の、Win3.1だった頃。マニュアルも日本語表記のものがなく、マザーボードの設定もままならなかった。積んでいた、メモリーカードの設定で読み書きのスピードをバイオスで設定していてトライ アンド エラーを繰り返して不安定だったことを鮮明に覚えている。CPUもペンティアムで、 [続きを読む]
  • どんな仕事にも、 何かしらの役割と意味
  • と、ある。ゲーム制作会社のお話で、ガンで失明する少年に、発売前の新作ゲームを失明する前に楽しんでもらうと言うエピソードが紹介された。少年は、失明してしまうまえに楽しみ、手術を受けた。ゲーム会社としては、発売前のゲームを門外に出してしまうと言うことで協議されたが、部長の一声で出すことが出来た。ちょっと、素敵なお話ではあります。ゲーム会社のエピソードを受けて、制作会社も、一少年を心底楽しませることが出 [続きを読む]
  • 日本国憲法第30条 意思はあっても嫌味を言われる、そんな世の中ですよ
  • まぁ、法人税で、ここ数年は分納で4回ほどに分けて分納をお願いしている。あえて、どこの税務署とは申しませんが、起業した頃、どーしても一括で納め切らず分納を申し出てた。10年前くらいは、税務署の担当者と分納の話をしてても嫌味を言われることは皆無だった。もちろん、その都度で一括は無理だけど必ず延滞なく支払っているし、過去、滞納も無い。分納は、決して自慢することでも無いことは自覚しているけど、額が額だけに一 [続きを読む]
  • この春からのスタートするを含め、他人の人生を背負います。
  • 表題で書くと、「何かヤバイ話」ではと、思われてしまいますが、この春より、とある会社の経営を任され責任重大だ! と、いう立場の重さに走り廻っております。もちろん、遊びではないのでそちらの会社からもお給料が発生します。時期が来たら、営業を兼ねてこのブログで紹介させていただきます。もちろん、自分ができると考えた上で謹んでお受けした経緯ではありますが、自分だけではなく、その会社にも社員さんが所属しているの [続きを読む]