Niko さん プロフィール

  •  
Nikoさん: シングルマザーNikoの本と子育てと私
ハンドル名Niko さん
ブログタイトルシングルマザーNikoの本と子育てと私
ブログURLhttp://niko-smile.com/
サイト紹介文忙しいママにかわり常に最新の情報にアンテナをはって皆様にとって役立つ情報を発信していきたいと思います
自由文40歳女性。一人で二人の息子を育てています。
夢はシングルマザーのためのシェアハウスを作ることです。シングルマザーが孤立して、一人で問題をかかえることの無い社会を日々考えています。お母さんが笑えれば、子供も笑える。子どもが笑えれば明るい未来が待っている!がモットーです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供22回 / 365日(平均0.4回/週) - 参加 2016/01/18 10:24

Niko さんのブログ記事

  • 公文を始める適齢期 いつから公文はじめる?
  • 小6長男が夏休み明けの9月から公文の英語をはじめました。「え、遅すぎるでしょ!?」という声が聞こえてきそうですが。それについては「私自身もそう思う」・・・・となります・・。何故今更?という事ですが、まず第一に、今までは、私自身が初めて中学校で英語を習いはじめて、普通に青学の英米文学科まで行けたので、学校の勉強からスタートしても別にいいんじゃない?と思っていましたが、小学校から英語がスタートしてしま [続きを読む]
  • 比べるのはよその子ではなくて・・・
  • ついついよその子と自分の子を比べて、○○君はこんな頑張っているのに・・という言い方を子供に対して、してしまう事があります。こんなこと言われて「そうか、がんばるぞ!」なんていう子はまずいないことは充分わかっているんだけど。でも長男が一番仲良くしている子が中学受験する子でして、6年生となった今では平日はおろか、土日も朝から夕方まで塾。そういう生活をがんばってしている姿を私も知っているので、少しは見習っ [続きを読む]
  • プログラミングと可能性
  • 子供がプログラミング教室に通って一年近くたちます。今はまだ基礎中心で、ブラインドタッチをやったり単語を組み合わせてパソコンに「お願いする」(=指示を出す)ということを学んでいるようです。先生が「こういう風に書いてみて」「すると、こういう風に動きます」といった感じで進んいます。まだまだ受け身な感じですが、親としては今習っていることの「先にあるもの」を常に意識させていきたいと思っています。というのも・ [続きを読む]
  • 子どもに料理やらせてみませんか?
  • 最近、全校遠足、その予備日、校外学習、その予備日、運動会などで立て続けにお弁当を作る機会に遭遇。でもはっきり言って私は弁当を作るのが好きではない。もう憂鬱意外の何物でもない。普段の料理を作るのはどちらかというと好きなの方なのに。恐らくこまごまと、ちょっとずつ彩り良く、っていう作業が苦手なのだ。どーんと作って大皿にどーんと何品か盛るのが好き。あのCOOKDOのコマーシャルみたいに。彩り良く、というのが結構 [続きを読む]
  • 続編買い決定「ふしぎ駄菓子屋 銭天堂」
  • 「小学生がえらぶ こどもの本総選挙」で第9位になったふしぎ駄菓子屋 銭天堂10位までの間でこれだけが唯一私が知らない本で、かつAmazonの評価がとても高いのでさっそく買って読むことに。(私が)。笑シリーズ9巻まで出ているようですが、とりあえず1巻購入。感想は・・・なるほどね。これは子供達好きそう。幸運な人だけが見つけられる不思議な駄菓子屋さん。店主の紅子さんもなんだかミステリアス。その人の願いをかなえ [続きを読む]
  • 小学生のプレゼントにピッタリな本
  • このほど、「こどもの本総選挙なんでもおもしろランキング」なるものが発表されました。そんな総選挙あったの〜?子供に投票させたかった〜!うちの子の場合はとにかく探偵ものが好きなので、長男だったら「名探偵コナン」、次男だったら「おしりたんてい」に投票していたはず。結果はいかに・・・栄えある第1位は、「ざんねんないきもの事典」でした。おもしろい!進化のふしぎ ざんねんないきもの事典posted with ヨメレバ今泉 [続きを読む]
  • 「本を読まない子供におすすめの本」シャドウ・チルドレン
  • 「本を読まない子供におすすめの本」この本の帯にはこうやって書かれています。だから思わず「漫画は超読むけど本を読まない息子」(小6)用に買ってしまいました。シャドウ・チルドレン1: 絶対に見つかってはいけない (小学館ジュニア文庫)posted with ヨメレバマーガレット・P. ハディックス 小学館 2018-01-24Amazon楽天ブックスアメリカでシリーズ累計470万部(全7巻)のベストセラーとなった「シャドウ・チルドレン」。 [続きを読む]
  • 本嫌いな子でもくらいついた「おしりたんてい」
  • 久しぶりに市立図書館に行きました。次男(小3)が「おしりたんてい」を読みたいというので。学校の図書室にもあるそうなのですが、人気すぎて中々借りられないようです。シリーズ化されていて、何冊はあっという間に読み切り、他の物を探したかったようでした。(もっと小さいお子さん用に絵本バージョンもあります)おしりたんてい あやうし たんていじむしょ (おしりたんていファイル)posted with ヨメレバトロル ポプラ社 201 [続きを読む]
  • LINEは常に相手が目の前にいると思って打とう。
  • 小6長男のクラスのスマホ所持率は、私が感じる限りだいたい女子8割男子3割位です。我が子は持っていませんが、家では自由にipad使っているし、私が日ごろから「小学生で持つと不良になる」と昭和のおばちゃん丸出しの事を言っているからなのか、持ちたいとは言いません。また、長男はLINEをやることによる女子たちの面倒くさい事情をよく理解しているようで、今日も誰々ちゃんと誰々ちゃんがLINEの文章で揉めていた・・。などと [続きを読む]
  • 我が子がいじめにあっていたら
  • 我が家は子供が男2人なのであまり陰湿ないじめ問題に出くわしたことはないのですが、女子というのはどうも、より面倒くさい事が多い気がします。先日もクラスのある女子の机の中に「死ね」と書かれたメモが入っていて保護者会で大変な事になっていました。担任の先生も若すぎて収集つけられないようでした。また子供同士の問題というのは、親同士の問題にも発展するので、親同士はもともと仲が良かったのに、子供の間に問題が起き [続きを読む]
  • 約束のネバーランドにおばちゃん夢中
  • 「約束のネバーランド」第63回小学館漫画賞受賞 累計発行部数420万部突破。こういう華々しい経歴のマンガは息子に読ませるにもなんだか安心感がある。息子がGEOで一気に8巻借りて夢中になって読んでいた時には私はあまり興味もなく私は読まずにそのまま1週間後に返却したけれど、息子があまりにもおもしろいというし、色々な賞も受賞している有名なマンガなので私も読んでみることに。改めてGEOに行ってとりあえず1巻だけ [続きを読む]
  • ゼロの執行人 IOTテロって何?
  • 4/15日、名探偵コナンゼロの執行人を見に行きました。これでもう何作目?っていう位見てます。小6の長男が大ファンです。小3の次男は今回もしぶしぶ。。。毎回怖いからやだ、と。冷静に考えてみるとアニメだけど毎回殺人起きてるし、あれは子供向けのものなのか?と疑問も。小3の次男はいつも「犯人が真っ黒いのが怖い」っていいます。そう、いつも犯人は初めの方は真っ黒の人間なんですよね。あれがどうやら怖いらしいです。め [続きを読む]
  • 君たちはどう生きるか 何歳から読めるか
  • 君たちはどう生きるか。この本売れてます。どこの本屋さんに行っても一番目立つところに積まれています。実はこの本、3バージョンあります。漫画 君たちはどう生きるかposted with ヨメレバ吉野源三郎/羽賀翔一 マガジンハウス 2017年08月24日Amazon楽天ブックス君たちはどう生きるかposted with ヨメレバ吉野源三郎 マガジンハウス 2017年08月24日Amazon楽天ブックス君たちはどう生きるかposted with ヨメレバ吉野源三郎 岩波書 [続きを読む]
  • マンガ好きはGEOの株主優待でガッチリ
  • 私がGEOの株主になったのは、2年前。夏休み暇している息子にマンガを借りるためです。GEOの株主になるとマンガが半額で借りられるんです。GEOの株主優待は次のようになっています。9末基準日 保有期間1年以上100株以上 レンタル半額3末基準日 100株以上 リユース店 2000円割引券(H30年9月30日〜)(私は株価1400円位の時に買ったので、100株で約14万でした。)それ以前は実は9末でも3末でも100株 [続きを読む]
  • 大喜び!無印の意外なサービス
  • 今日は無印良品へプレゼントを買いにきました。お目当てのものは、私が愛用している ネイルカラー クリアレッド。ネットでもよくレビューされています。重ね塗りする度に表情が変わるこのマニュキュアを私は結構気に入っていて、もう何回も買っています。そして、色も赤ワインみたいな色でかつクリアーなところが珍しくってリピートしています。そして500円と安価。今日は友人へちょっとしたプレゼントとしてこのネイルカラー [続きを読む]
  • 台形の面積はなんで÷2するの?
  • 春休みに入り、一年間の復習を子供は頑張っています。小5の算数で図形の面積を解く問題をやっていた長男。突然「台形の面積ってどうやって求めるんだっけ?」と。「えっと・・私が習ったの30年前。君がならったのたったの数か月前。教科書持ってきてちゃっちゃと公式暗記せんかい!」(私の心のつぶやき)と言いたいところですが、既に習った図形をもとにどうしてその公式で求められるのかを考えてほしい私。とりあえず教科書を [続きを読む]
  • ヤマハ実力講師の見分け方
  • 今日は次男のヤマハの発表会でした。自分も4歳から高校まで通っていたことを考えると、ヤマハの発表会見るの一体何回目なんだろう・・・と思いますが、子供が出演するというのはまた自分の時とは違う緊張感があります。小さい幼児科さんから中学生くらいまでの子の演奏を聞きながら改めて持ったことを勝手に書きます。個人的意見です。①優秀な先生というのはやはり存在する。②幼児科から小6位まで続けられれば、まあたとえ辞め [続きを読む]
  • ヤマハの発表会の席順ってうまい順だったの?
  • 次男のヤマハの発表会もいよいよ今週末。今日は色々なセンターの子と合同で演奏するので、合同練習会に行ってきました。そこでのほっこり話。合同練習が終わり、家に帰る車の中での会話。次男が「先生がね、ホワイトボードに舞台の上で、誰がどのエレクトーンに座るのか絵を書いていたの。そこにね、右側に「上手」(じょうず)、左側に「下手」(へた)って書いてあったんだよ。俺はど真ん中の席だからきっと「普通」なんだな、っ [続きを読む]
  • ヤマハの発表会の席順ってうまい順だったの?
  • 次男のヤマハの発表会もいよいよ今週末。今日は色々なセンターの子と合同で演奏するので、合同練習会に行ってきました。そこでのほっこり話。合同練習が終わり、家に帰る車の中での会話。次男が「先生がね、ホワイトボードに舞台の上で、誰がどのエレクトーンに座るのか絵を書いていたの。そこにね、右側に「上手」(じょうず)、左側に「下手」(へた)って書いてあったんだよ。俺はど真ん中の席だからきっと「普通」なんだな、っ [続きを読む]
  • 小学生に人気なカードゲームはこれ!
  • 先日林間学校から帰ってきた小5の長男。夜寝る前にみんなと遊ぶために持参していたカードゲーム「ノイ (Neu) カードゲーム」(以前の記事)がめっちゃ盛り上がった〜!と話していました。その他にも「人狼ゲーム」を持ってきていた子もいたらしく、そちらも心理戦が繰り広げられ楽しかったそうです。いずれにしろ、子供が「デジタル」ではないゲームで楽しんでいる姿は親として安心します。最近ではボードゲームができるカフェも [続きを読む]
  • 体重の10%以上のランドセルしょわせていませんか?
  • 今ランドセルの重さが問題になっているのをご存じですか。今日のあさイチでちょうどそんな話題をしていました。偶然にも我が家ではずっと前から私の父がそういう事を私に言っていました。というのも週に数回、次男を学校の途中まで迎えに行ってくれて、そろばん教室のバッグを渡し、次男のランドセルを受け取り、次男はそのままそろばん教室に向かいます。その時によく言っていました。「腕が抜けるほどランドセルが重い」と。あさ [続きを読む]
  • 子供が新聞をすらすら読む!?すごい方法
  • マンガばっかり読んでいないで・・・ゲームばっかりやっていないで・・・そんな暇があったら本を読んだり新聞読んだりして欲しい!と思っているお母さん多いと思います。うちの子は読売子供新聞読んでいますが、そろそろ大人の新聞にも目を向けて欲しい。でも本当にハードルが高いです。そこで、私が最近始めたこと。ずばり「記事をトイレに貼っておく」作戦。注意しているのは、①一回に貼るのは1記事のみ②子供が興味を持ちそう [続きを読む]
  • セイハ プログラミング教室 ぴこラボくん
  • セイハといえばセイハ英語学院を連想しますが、このたびプログラミング教室が開校されました。という訳で、さっそく息子(小5)を通わせることにしました。体験教室にも行きましたが、内容をみる限り良さそう。今までスクラッチ等をやらせていましたが、素人の親ではやはり限界を感じたので、(スクラッチは操作が簡単なので、逆に飽きやすいというデメリットを感じる・・)専門家の所に預けることにしました。入学の際に払った費用 [続きを読む]
  • 任天堂スイッチを手に入れる
  • 先日、任天堂スイッチを手に入れました。全く買うつもりもなかったので、ちょっと反省しています。衝動買いです・・たまたま用があって近所のイオンに行ったとき、おもちゃ売り場を通り過ぎるとレジの内側に7箱のスイッチが積まれていました。息子がスイッチが売ってる!!と大興奮。私は、いやあれは予約した人のやつが届いたんじゃないの?と。でも、よくよく近づいてみると 任天堂スイッチ入荷!という張り紙がさりげなく。私 [続きを読む]
  • 読書感想文の書き方
  • 毎年この時期になると、何故か親の私の頭が痛くなる・・・原因は息子の「読書感想文」の宿題。「何の本読めばいいかな?」から始まる。「自分で図書館で選んで来な!」と思いますが、もともと本が好きではない息子にはそっからしてハードルが高いようで。結局私がネットで調べて、息子が好きそうな本をセレクトして何とか読ませる・・・という作業。いざ読み終わって、どうだった?と聞いても「別に」が常套句。「別にじゃないだろ [続きを読む]