テイテイ さん プロフィール

  •  
テイテイさん: 無駄のないあがき
ハンドル名テイテイ さん
ブログタイトル無駄のないあがき
ブログURLhttp://poltadayo.hatenablog.com/
サイト紹介文男子大学生がジタバタしています。
自由文大学生の日記。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供6回 / 365日(平均0.1回/週) - 参加 2016/01/18 18:53

テイテイ さんのブログ記事

  • それは脱毛という名の方舟
  • 正月早々、私のスマホの下の方にとある広告が現れた。 「メンズ!!脱毛!!!!いまなら!!!500円!!!」 正しい文面は記憶にないが、テンションと内容はこんな感じであった気がする。お年玉が貰えない正月の存在意義に苦悩していた私は、気を紛らわせるために500円ならまあという軽い気持ちで鼻毛を抜きながら申し込んだ。 決して髭にコンプレックスがあるわけではない。単純なる好奇心である。脱毛がもたらす悦びを疑似体験 [続きを読む]
  • オフィスにゴリラがいたらとても良い
  • オフィスに犬がいたらとてもいい。フロアに何匹が放し飼いにされていて、触れあいたいときに自由に触れ合える。ストレスが溜まったサラリーマン&サラリーウーマンを癒しになること間違いなしだ。顔面をペロペロされようが、パソコンの画面をペロペロされようが、犬がもたらす癒しに比べればプラマイ大幅プラスである。気軽にそこそこ重要な書類の上でおしっこしてくれてもいい。フフ、と笑って許す。なんなら「犬がお [続きを読む]
  • 「全国大会への出場経験有り」に対する畏敬の念
  • 昔から全国大会への憧れが強い。「全国大会に出たことがあります。」そんなことを目の前の人間に言われた日には、それまでのそいつの人間性、イメージ、評価というものが一瞬にしてリセットされ、こいつ=すごい奴、という1+1=2以来の永久不滅の方程式が自分の中に生成される。仮に「全国大会に出たことがあります。」と言われる前のそいつの人間としての評価が最低であったとしても、仮に「全国大会に出たことがあ [続きを読む]
  • 女子高生が変温動物になる日
  • 誠に唐突ではあるが、冬の寒い時期に足を出す女子高生にまず男性を代表してお礼を申し上げたい。ありがとう。何を隠そう、私は既に女子高生への興味関心は失っているが、(下図、『女子高生への興味・関心の推移』参照)15~18歳の多感な少年諸君のために、今日も寒いのに足を丸出しにしてくれていると思うと、かつては彼らと同様に女子高生にしか興味がなかった私は、後輩たちのためにありがとう、と感謝の思いをと [続きを読む]
  • 捺印で圧倒的偉さを表現してみる
  • テイテイ岡安です、こんにちは。社会人になってからちょうど半年が経った。学生の頃と何が変わったかと聞かれると、一言では言い表せない。32℃〜34℃のぬるま湯であった学生生活から急に社会に放り出されたことで、ポンコツ学生であった私ですら、自分の身に”人間的成長”という名の圧倒的変化が起きた。例えば、特に何も用がないのにトイレの個室に籠ることが多くなったり、特に何も成し遂げていないのにデ [続きを読む]
  • うどんを食べた後に、目黒寄生虫館に行かない方がいい。
  • 先日、目黒にある寄生虫館に行ってきた。寄生虫を専門に扱った世界唯一の博物館で、入館料はなんと無料である。館内には数々の寄生虫の標本が並べられていて、その生態や宿主に与える影響の説明がされている。フロアは一階と二階があり、メインとなる二階では人間に寄生する寄生虫を扱っている。二階は特に自らに関係があるゾーンなので震える展示が多い。ちゃんと加熱殺菌をしないとこんな寄生虫に寄生されるよ!!という内 [続きを読む]
  • アクエリアスと大いなる脱線
  • 最近、水筒で飲物を飲んでいる人を見て何が入っているのかを当てるという遊びをしている。水筒は大概、保湿に優れたステンレス製で中身が見えないことが多く、人が何を飲んでいるのかは外からは全く分からないので、推理のしがいがある。判断の材料はその人の年齢、顔、飲んだ後の表情のみである。これが意外と難しい。例えば、公園で遊び疲れて喉が渇き水筒を飲んでいる小学生なんかは基本問題である。間違いなく普 [続きを読む]
  • 就活を制す者は必ずや自信に満ち溢れている。
  • 就活解禁まで残り1か月を切っているということで、曲がりなりにも去年就職活動を終えた私が先輩風をビュンビュン吹かせながら面接の攻略法を伝授したい。また、就活生に限らず就活に全く関係のない人も、「お、たまには役に立つ文章も書くんですね」と興味本位で読んで頂きたいと思っている。面接において最も評価されるのは”異常なほどに自信に満ち溢れている”ことであると私は考えている。どんなに平凡なことを言っ [続きを読む]
  • もはや狂気の域に達するキレ方をしていたおっさんの話
  • これは、電車の人身事故等による運転見合わせは、時に人々を狂気に駆り立てるという話だ。特に朝の時間帯におきる運転見合わせは、早く会社に行かなければならない多くの社会人にとって迷惑そのものである。例えば大事な会議があったり、他社との重要な商談があったり、一刻も早く電車が動いて欲しくてイライラしている社会人をよく見る。思えば中学高校生時代なんかは不謹慎ながらも、「よっしゃ!!!電車止まった [続きを読む]
  • 「いい意味で〇〇」の鼻につくポジティブ感
  • 「いい意味で〇〇」という言い回しが最近になってよく使われているという話を聞いた。言われてみれば確かに、日常の会話にとどまらず、SNSでの投稿やネットのインタビュー記事、テレビ番組等で最近よく散見される言い回しである。いい意味で〇〇という言い方は若干回りくどい印象は与えるものの、〇〇に「いい」とは対極的な意味合いを持つ言葉を当てはめることでその言葉を簡単にポジティブに変換することができる。 [続きを読む]
  • 恵方巻の秘めた課題解決力〜沈黙サイレンス恵方巻〜
  • 私は今恵方巻を口に突っ込みながらこの文章を書いている。今日は2月3日、節分の日だ。私は革新的でイノベーションな一面も持ち合わせる一方で、日本のそういった風習を大事に守っていきたいタイプの人間でもあるので、恵方巻を先ほどコンビニで購入して現在進行形で食している。「今年の恵方は北北西」とご丁寧に恵方巻のパッケージに書いて頂き誠にありがとうという感じだが、私は太陽の位置などから方角を把握できる [続きを読む]
  • ウィンドウショッピング依存症はモテるか否か
  • 私はパーティースモーカーだ。普段はたばこを吸わないが、お酒の席で誰かが吸っているときには1本頂いて一緒に吸う。ひどいときには5,6本吸う。けれども、普段の生活では一切吸わない。自分で買わないし、依存症になることもない。以前、たばこを売るバイトをしていた時に、やたらとインテリぶってくるおじさん客から聞いた話だが、ニコチンの依存に関わる遺伝子が人間の体内に存在していて、遺伝子の違いによっ [続きを読む]
  • 鬼のパンツに対する鋭いツッコミ
  • 先日、某所のドン・キホーテに行った時のことだ。「おにーのパンツはいいぱんつ、強いぞ〜強いぞ〜」店内BGMで「童謡・鬼のパンツ」が流れていた。小学生の時に、NHKの教育番組か何かで誰もが一度は聞いたことがあるのではないか。一応、記憶の助けになることを意図して、歌詞を以下に記載した。鬼のパンツはいいパンツ つよいぞ つよいぞトラの毛皮でできている つよいぞ つよいぞ5年はいてもやぶれない つ [続きを読む]
  • 「表参道の美容院で髪を切っている」への違和感
  • 表参道の美容院で髪を切っています、という発言に対してモヤモヤする時がある。「いつもどこで髪切ってんの?」「私は表参道の美容院で髪切ってる〜」まってまって〜何故、そなたは大宮に住んでいるというのに表参道の美容院で髪を切られているのか〜「え〜だって〜あそこは他のとこと違って〜技術が凄いの〜おしゃれな街だから〜」ここで私は、心のちゃぶ台を盛大にひっくり返す。「表参道の美容院で髪 [続きを読む]
  • この中にストリッパーのお客様はいませんか
  • 「この中にお医者様はいませんか???」「私は医者です。」をやりたい感が最近日に日に増してきている。緊張感で張り詰めた機内で、後部座席から患者の下に颯爽と駆けつけ、補聴器を当てて「これは・・・腕の見せ所だ」と世界に呟いた後、それはそれは見惚れるほどの手さばきで処置を施し、ゲレンデマジックならぬ上空一万メートルのドクターマジックで、懸命に治療を施すその姿に心打たれた美人CAたちと到着後すみやか [続きを読む]
  • Q.E.D.のイカれたカッコよさ
  • ①②より条件yを満たす実数xが存在しないことが示された。                                     Q.E.D.Q.E.D.は証明や論証の末尾におかれ、議論が終わったことを示す記号だ。Quod Erat Demonstrandumというラテン語の略で、和訳すると「かく示された」である。そのイカしたフォルムに加えて、「示しましたけど何か?ちなみに私は神です」という何人も有無を言わさぬぞ感が凄く [続きを読む]
  • ライザップ朝ごはんのススメ
  • 3日前から大学の後輩と朝飯の写真を朝の7時台に送りつけ合う儀式を始めた。ちなみに後輩は男であるが、私は決してそんな趣味はない。体育会のラグビー部なんかが食事の写真を毎回マネージャーに送って管理してもらっているという話を聞くが、私はマネージャーではないし彼はラガーマンではない。もちろん、彼はマネージャーではないし、私はストレッチマンでもキャットウーマンでもない。目的はただ一つ。生活習慣 [続きを読む]
  • 長らくカンチョーしてない人、この指とまれ
  • 『カンチョーとは、日本の子供が行う悪戯。両手の人差し指を伸ばした状態で他の指を組み、相手に気付かれない様に這いよって、お尻の穴にその人差し指を突き差す遊び。』(wikipediaより)子供の頃は気軽に出来たのに、大人になってからは出来なくなることはたくさんある。カンチョーもその一つだ。かく言う私も長らく人にカンチョーをしていない。皆さんはどうだろうか?このブログを読んでいるあなたも長らく [続きを読む]
  • わらしべ増殖おじさん rides on the タイムマシン
  • 今日、BOOKOFFで「タイムマシンをつくろう!」という本を買った。もちろん、断っておくがこの本を買っただけでタイムマシンを作れるわけがない。おうちでつくろう!簡単イタリアン、とかベランダでつくろう!無農薬野菜と同じテンションで購入されては困るので予め忠告しておく。実際の内容としては、有名な物理学者が現実的なタイムマシンの作り方を分かり易く説明しているというものである。なかなかに面白い本であった [続きを読む]
  • 私とケンタウロスと牛頭馬頭
  • 最近、今更ながら競馬デビューを飾り、それからというもの予定が合えば大きなレースを観に行くようにしている。今まではギャンブルなんて、と思い食わず嫌いで避けていたのだが、やはり一回行ってみるとその魅力に取りつかれる人の気持ちが分かった。もう、馬が恰好よすぎるのである。鍛え抜かれた肉体、しなやかなフォルム、目の前を颯爽と駆け抜けていくその姿。馬が目の前を駆け抜けるその瞬間、「うおおおおおおお」と野 [続きを読む]