moriya さん プロフィール

  •  
moriyaさん: 守屋智敬のブログ リーダーシップ研修講師の現場から
ハンドル名moriya さん
ブログタイトル守屋智敬のブログ リーダーシップ研修講師の現場から
ブログURLhttps://ameblo.jp/moriyablog/
サイト紹介文研修講師、「シンプルだけれど重要なリーダーの仕事」の著者 守屋智敬の公式ブログ
自由文<著書>発売2ヶ月半で3万部突破!「シンプルだけれど重要なリーダーの仕事」
http://www.moriyatomotaka.com/#!book/cz2jc
<公式HP>
http://www.moriyatomotaka.com/
<無料メルマガ>
http://www.mag2.com/m/0001669512.html
<復興地東北でのいのちてんでんこツアー>
http://www.moriyatomotaka.com/#!touhoku/bgc8x

守屋智敬(もりや ともたか)
株式会社モリヤコンサルティング
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供73回 / 365日(平均1.4回/週) - 参加 2016/01/18 18:30

moriya さんのブログ記事

  • 新刊の「見本」を手にとり、感謝と感動と。
  • 出来立てホヤホヤ。新刊の見本を、大和書房の担当編集者さんが届けてくれました!!(写真は、この1年間、プロジェクトを共にしていただいた笑顔のステキな編集者さんです)19日あたりから順次、書店店頭に並ぶそうです。ぜひ、多くの方の手にとっていただければと思っています。無意識の思いこみ?アンコンシャスバイアス?はじめてこの言葉を聞いた方は、ぜひ、新刊サイトもご覧ください。http://www.moriyatomotaka.com/book201 [続きを読む]
  • 東北ツアーに参加いただいた方からの感想が、とても深く…
  • 東日本大震災から6年半。岩手県沿岸部をめぐる研修ツアーは2012年から実施していますが、今年は7月〜12月まで、毎月、東北ツアーを実施させていただいています。 このブログも、新花巻にむかう車中で書いています。 「震災経験を語って下さる方」や「おとずれる場所」は、研修ツアーの目的により異なるのですが、津波による甚大な被害をうけた岩手県沿岸部をめぐり、であいに学ぶツアーは、ナビゲートするぼく自身にも、毎度、深 [続きを読む]
  • 新刊の表紙デザイン
  • 文字量が大いにもかかわらず、伝えたいことが、伝わるデザインに、感動でした! 来週19日より、順次、書店にならびます! この表紙にピンっときたら、ぜひご予約ください。 ↓Amazonでも予約受付中 あなたのチームがうまくいかないのは「無意識」の思いこみのせいです―信頼されるリーダーになるたった1つのこと Amazon ↓新着ランキングもずっと1位! [続きを読む]
  • 愛する家族、Cocoちゃん
  • 我が家の新しいファミリー、トイ・プードルのCocoちゃん。3ヶ月前に、いわゆる、「目と目があってしまった」のです…!ワンコとのはじめての日々は、驚くほど幸せに満ち溢れています。こんなにも、愛おしいものか、と。つぶらな瞳が語ること。しぐさや、尻尾が語ること。言葉は通じないものの、お互いに読みとろうとしあう日々。Cocoちゃんから学ぶことが多々の日々です。↑今日は月1回のトリミングデー。とっても、かわいくなっ [続きを読む]
  • Amazon予約スタート。「経営理論」の新着ランキングで1位!
  • 今週火曜日からAmazonでの予約もスタートしたのですが、経営理論というカテゴリーにおける「新着ランキング」で1位になっているとのことで、驚きとともに、本当に嬉しく思っています!有難うございます!! <新刊タイトル>“あなたのチームがうまくいかないのは「無意識」の思いこみのせいです”〜信頼されるリーダーになるたった1つのこと この本は、講演や研修でのご依頼が最近急増している「アンコンシャス・バイアス(無 [続きを読む]
  • 動きなはれ
  • 何か一歩踏み出す決断をするとき。「なぜやるの?!」(なぜ、そんなことやるの?)というドリームキラーと、「なぜやらないの?!」(やってみたら?やってみるといい!)と背中をおしてくれる人がいる。そして、一歩踏み出す瞬間には、「やってみなはれ!」という言葉は、ものすごく大きなパワーとなる。「なぜやらないの?」(=迷わずに信じた道を進んだほうがいいに決まってる!トライ!!)と言ってくれる人が、まわりにいれ [続きを読む]
  • 3冊目となる新刊本のテーマは?
  • 〈ご報告〉来月10月に、大和書房さんから新刊本をリリースさせていただく予定です。リーダーにむけたメッセージ本。テーマは「アンコンシャス・バイアス」です。「無意識のとらわれ」「無意識の偏見」「無意識のおもいこみ」などと訳されるアンコンシャス・バイアスは、研修や講演依頼もここ最近、急に増えてきたテーマでもあります。ダイバーシティマネジメントや、リーダーシップの文脈のなかで話しをさせていただく機会の多いこ [続きを読む]
  • 今日は、創立記念日(2周年)
  • 2015年9月8日。2年前のちょうどこの日に、法務局に(株)モリヤコンサルティングの登記申請をおこないました。設立2周年をむかえ、朝からいろいろなことに、思いをめぐらせています。出会いに学んだ2年間。ご縁に導かれた2年間。感謝にあふれた日々でした。創業以来、節目節目に、大切にしている言葉があります。少年老い易く学成り難し一寸の光陰軽んずべからず未だ覚めず池塘春草の夢階前の梧葉、已に秋声これは、創業 [続きを読む]
  • 8/29(火)、チャリティ講演会に登壇します
  • 《チャリティー講演会のお誘いです》8月29日(火)15時より、尊敬してやまない経営コンサルタントの小宮 一慶さんが長年にわたり実施してこられてきたチャリティ講演会に、この度、登壇させていただくことになりました。小宮一慶さんによる「おっしゃんと経営哲学」、藤本光世さんによる「運のよくなる生き方」と題してのお話しを、ご一緒させていただくぼくも、ものすごく楽しみにしています。このチャリティー講演会は、「円福友 [続きを読む]
  • 前大槌町長、碇川豊さんによる講演が、東北ツアーで実現。
  • 東日本大震災から6年4ヶ月。先週末は、久しぶりの東北ツアーでした。ツアーナビゲーターのぼくにとっても、「誰のため?何のため?」「大切なものを大切にする生き方」について改めて考えさせられる貴重な時間であり、何度おとずれても、深い問いがある場所です。今回のツアーでは、元世界銀行副総裁の西水美恵子さんにご縁のキッカケをいただいた前大槌町長の「碇川 豊」さんにご登壇いただくという場が実現しました。また、対 [続きを読む]
  • 母の追悼ミサが行われました。
  • 今日は、郡山にて、母の追悼ミサが行われました。天国にて、母が笑顔で本当に喜んでくれていると感じる時間となりました。久しぶりに涙がとめどなくあふれるなかの遺族を代表しての挨拶…。平賀司教さま、萱場神父さま、板垣神父さま、シスター、学園関係者、保護者の皆さま、子どもたちなど、多くの方に愛された小さき花のテレジア、母、守屋博子を誇りに思います。「生かされて生きる喜び」という式次第に印刷された母の言葉をむ [続きを読む]
  • 結婚講座
  • 先日、高校時代の恩師である神父さまに会うために、妻と共に、日帰りで大阪へ行きました。「結婚とは?」を学ぶ1日。お天気もよく、心もなんだか晴々と!!たまにはこんな問いにむきあうのもいいものだと。どんなときも、ぼくを応援し、はげまし、支えてくれる愛する妻に感謝の1日に。 [続きを読む]
  • 感涙…「手紙〜親愛なる子供たちへ〜」
  • 亡き母を思う「母の日」の日曜日。たまたま、妻がみつけて教えてくれた歌をきき、涙がとまりませんでした…。 「手紙〜親愛なる子供たちへ〜」(原作詞:不詳/作曲:樋口了一) 最後の最後の時間は、介護状態にあった母でした。 その母と過ごした時間が思い出され、涙がとめどなく溢れてきました。 色々とネットで調べていたところ、「介護の歌」ともよばれているそうです。 多くの人に、この歌がひろがってゆきますように。 [続きを読む]
  • 台湾の大型書店さんで、本が平積みとのこと!
  • 写真は、台湾で発売になったばかりの本。シンプルだけれど重要なリーダーの仕事の台湾版「超領導心理學」です。感謝!感動!感激!!台湾旅行中の妻の後輩が「大型書店で、平積みされていますよ!」と送ってきてくれたもの。うれしすぎます!ぼくも見に行きたくなります?!?http://www.tohan.com.tw/product.php?act=view&id=3205 [続きを読む]
  • 「郡山ザベリオ学園」の全校生徒参加による、お別れ会に出席
  • オフィシャルな「お別れ会(追悼ミサ)」は6月に郡山で行われる予定なのですが、それに先立ち、昨日は「郡山ザベリオ学園」の全校生徒の皆さん、教職員の皆さまによるお別れ会が、講堂でひらかれ、ぼくも、遺族を代表してご挨拶の機会をいただきました。 母が最期までミッションに生きた場所。それが、ザベリオ学園でした。 全校生徒、全教職員の皆さん1人1人による献花で、お別れ会がスタート。母が、どれだけ、多くの皆 [続きを読む]
  • 明日、母、守屋博子とのお別れ会(郡山ザベリオ学園)
  • 6月に行われる母の追悼ミサ(お別れ会)とは別に、明日、郡山ザベリオ学園小・中学校の全職員・全校生徒の皆さんによる『お別れ会』がひらかれることになり、遺族を代表して、ご挨拶をさせていただくことになりました。マリア様のまえに立って、「おはよう!」という瞬間を、毎朝毎朝楽しみにしていた母。その場に立っていた母を思い浮かべながら、何を子どもたちに伝えようかと思いをめぐらせていると、涙があふれてきて言葉にな [続きを読む]
  • 母、守屋博子がミッションに生きた地。郡山にて
  • 母、守屋博子の逝去から10日。この週末は、母の単身赴任先であった郡山のアパートの片付けに、おとずれました。郡山では不思議な出来事がいくつかあったのですが、そのひとつが、タクシーに乗った時のことでした。母のアパートからホテルまでとをタクシーで移動したのですが、運転手さんが、おもむろに、「守屋先生は、あのバス停から会津に向かわれていたんですよ」と、お話しはじめになり、ビックリ。「守屋さんの訃報を新聞で知 [続きを読む]
  • ご報告(母の逝去。神さまのもとへ)
  • <ご報告> 2017年4月4日の夕刻、母(守屋博子)が神さまのもとへと旅立ちました。 学校法人ザベリオ学園の理事長兼学園長として、最期まで、ミッションに生きた偉大なる母でした。 故人の意向により、葬儀は近親者のみでの密葬としますので、ご会葬、御供花、弔電なども全てご遠慮させていただきます。なお、後日、学園での追悼ミサを予定しております。決まり次第、学園ホームページにてご案内させて [続きを読む]