Saki さん プロフィール

  •  
Sakiさん: 育児子育てあるある大百科
ハンドル名Saki さん
ブログタイトル育児子育てあるある大百科
ブログURLhttp://ikujikosodate.net/
サイト紹介文育児子育てに関する悩みはつきません。育児子育てに役立ついろいろな情報をお届けします。
自由文母乳育児や卒乳時期、離乳食レシピ、美容、ダイエット、子育て支援、給付金、育児休業など
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供116回 / 365日(平均2.2回/週) - 参加 2016/01/19 14:02

Saki さんのブログ記事

  • 産後2ヶ月を過ぎても少量の出血が続く!原因は?注意が必要なのは?
  • 出産を終えて、身体も回復して来る産後2ヶ月頃。この頃になると、体力的にも回復し、会陰切開などの傷癒えてきて、体調は良くなってきますよね。しかしながら、通常は産後1ヶ月程度で終わるはずの悪露が、この頃になっても終わらないことがあります。大量出血であれば明らかに異常なので病院を受診しますが、少量の出血がダラダラと続く場合は病院を受診するか悩んでしまいますよね。そこで、今回は産後2ヶ月以降まで少量の出血が [続きを読む]
  • 産後の出血や腹痛の原因は何?対処方法も紹介します!
  • 出産という大イベントを終え、ようやく陣痛の痛みから解放されたかと思ったら、まだまだお腹が痛い!出産するまでは知らなかった痛みに驚いたママも多いのではないでしょうか。出産を経験するまではあまり知る機会のない産後の腹痛や出血。その原因にはどのようなものがあるのでしょうか。今回は産後に起こる出血や腹痛の原因や対処方法についてまとめたいと思います!産後の出血の原因は何?産後に出血が起こる主な原因産後に出血 [続きを読む]
  • 産後の出血が止まらない!主な原因と考えられる病気について
  • 出産を終えてようやく体調が落ち着くかと思いきや、出血が続いて驚いたママもいるのではないでしょうか。特に出産直後は生理よりも多い量の血が出るのでびっくりしてしまいますよね。この出血も、通常は身体が回復していくに従って量が減り、産後1か月程度で止まります。しかしながら、様々な理由で産後の出血が止まらない場合があります。出血が止まらないと心配になってしまいますよね。ただ、出血が長引いても、心配のいらない [続きを読む]
  • 産後に生理の出血が多いのはなぜ?考えられる病気は?
  • 産後に生理が再開した時、妊娠前の生理とは様子が変わっていて困惑することがあります。特によく聞かれるのが「生理の出血が多い!」「生理痛がひどくなった」など、生理が重くなったという悩みです。実は、産後に生理の出血量が多いなどの異常は、決して珍しいものではないんです。今回は、産後の生理が重くなったと悩む人のために、その理由についてまとめたいと思います。また、単に生理が重くなったというだけではなく、その裏 [続きを読む]
  • 産後の出血はいつまで続くの?原因の悪露とは?量や色は?
  • 出産という大仕事を終えてホッとしていたら、今度は出血が続いて驚いたというママもいるかもしれません。自分が出産するまではなかなか知る機会がないですが、産後しばらくは「悪露」と呼ばれる出血が続くものなのです。どの産後ママにも起こる出血なので心配はいりません。ただ、初めて出産したママは、この出血がいつまで続くのか心配になるかもしれませんね。そこで今回は、悪露とはどういう物なのか、いつまで続くのかについて [続きを読む]
  • 産後のオリモノが黄色や黄緑だと病気!?正常な色は?
  • 出産後は身体にさまざまな変化が起こるものですよね。オリモノの変化もそのひとつです。産後にオリモノの量や色が変化して、どうしたのだろうと気になっている女性は、実は多いのです。ただ、友人や家族にもオリモノのことについてはなかなかききづらいもの。ハッキリとした不調がなければ、病院にも行きづらいものです。そこで、どんなオリモノであれば正常なのか、どんな変化が起こると病気などの不調のサインなのかを紹介したい [続きを読む]
  • 産後のおりものの異常は色で見分ける!黄色い時は?茶色や透明は?
  • おりものは女性の体調のバロメーターです。特に、婦人科系の異常がないか判断する上では欠かせないものです。そんなおりものの状態が産後に変化したという人はいませんか?実は、妊娠前と比べて産後はおりものが変化する女性は意外と多いのです。おりものが変化したと感じた時は、おりものの量やにおいだけでなく、色についても注目してみてください。自分の身体がどんな状態なのか、病気なのかどうかを知るてがかりになりますよ! [続きを読む]
  • 産後、オリモノの量が多いし臭いやかたまりが出た!原因と対策は?
  • 出産後、妊娠前に比べてオリモノの量が多いなと感じる人は、実は大勢います。女性にとって、生理やオリモノの変化は、身体がどういう状態であるかを知るバロメーターになります。では、オリモノが多いということは、一体身体がどういう状態であるということなのでしょうか。体調不良?病気?放っておくとどうなるの?さまざまな可能性が考えられるので、不安になる人もいるかもしれません。今回は、オリモノの量やにおい、形から考 [続きを読む]
  • 産後のおりものはいつから正常になるの?血が混じる原因は?
  • 出産を終えたばかりの身体は、まだまだ妊娠前の状態には戻っていません。子宮や骨盤が元の状態に戻っていくには時間がかかります。赤ちゃんを育てるためや母乳を分泌させるために、ホルモンのバランスも大きく変わっています。その身体の変化による影響を大きく受けるのが、排卵、そしてそれに伴う生理やおりものです。妊娠前と出産後ではおりものの量が変わったという人は実は多いものなんです。婦人科系の話なので、あまり家族や [続きを読む]
  • 搾乳機でおすすめは?手動?電動?うまく搾れない時の対策は?
  • 搾乳をするには、手で搾る方法以外に、搾乳機を使うという方法があります。保育園や赤ちゃんが入院している時に母乳を届ける時など、頻繁に搾乳をする場合、手でまとまった量を搾るのはなかなか大変ですよね。時間だってかかります。そんな時、搾乳機を使うと、搾乳にかかる時間を短縮することができます。手で搾るとうまく搾れないママも、搾乳機を使うと楽に搾れることがあるので、うまく搾れず困っているママは試してみると良い [続きを読む]
  • 搾乳した母乳を保存する容器は保存パックが便利!おすすめはこれ!
  • 母乳育児をしていると、赤ちゃんが保育園に通ったり、ママが外出をする時に困ってしまいますよね。ミルクを使うこともできますが、赤ちゃんがミルクを嫌がってしまう場合や、やっぱり母乳を飲ませたいという時は、母乳を搾乳して保存しておくという方法が便利です。そこで問題になるのが、母乳をどんな方法で保存するかですよね。母乳は冷蔵保存も冷凍保存も可能です。品質を保持するためには、それぞれ一定の時間が経つ前に使い切 [続きを読む]
  • 搾乳した母乳を保存できる期間は?冷蔵・冷凍・外出時の保存可能時間は?
  • 赤ちゃんを保育園に預けたり、パパなどに預けて外出する時、母乳育児を頑張りたいママにとって、搾乳した母乳は強い味方になってくれますよね。母乳には免疫向上など、赤ちゃんにとって嬉しい栄養がいっぱいです。母乳が十分に出ているなら、できるだけ飲ませてあげたいと思うママも大勢いるでしょう。ただ、搾乳した母乳を飲ませる時に気になるのが、搾乳した母乳を保存できる期間についてです。抵抗力の弱い赤ちゃんに、品質の劣 [続きを読む]
  • 搾乳した母乳の保存方法と温め方は?外出する時は?
  • 完全母乳育児をしたいと思っていても、様々な理由で直接授乳ができない時がありますよね。たとえば、赤ちゃんが入院している時や、保育園に通わせる時、用事があって誰かに預けて外出する時など、ママが一緒に居られない時がそうです。また、ママが体調を崩して一時的に薬を服用する時も、母乳をあげられないことがあります。乳首が切れて、直接赤ちゃんに吸わせるのが難しい時だってあります。そんな時、ミルクに頼るのも悪くはあ [続きを読む]
  • 搾乳した母乳の保存方法と温め方は?外出する時は?
  • 完全母乳育児をしたいと思っていても、様々な理由で直接授乳ができない時がありますよね。たとえば、赤ちゃんが入院している時や、保育園に通わせる時、用事があって誰かに預けて外出する時など、ママが一緒に居られない時がそうです。また、ママが体調を崩して一時的に薬を服用する時も、母乳をあげられないことがあります。乳首が切れて、直接赤ちゃんに吸わせるのが難しい時だってあります。そんな時、ミルクに頼るのも悪くはあ [続きを読む]
  • 搾乳の方法!手でするメリット・デメリットとは?
  • 授乳できるタイミングではないのにおっぱいが張ってしまって痛い時や、母乳を搾って保存しておきたい時に便利なのが「搾乳」です。母乳を搾乳する方法は大きく分けて3つあります。1つは手で搾乳する方法、2つ目は手動の搾乳器で搾乳する方法、3つ目は電動の搾乳器で搾乳する方法です。いずれもメリット・デメリットはあるのですが、今回はもっとも基本となる手を使った搾乳方法について紹介したいと思います!手で搾乳をするのはど [続きを読む]
  • 新生児のミルクの量で混合割合は?生後1週間・2週間・3週間の目安
  • 赤ちゃんを育てるにあたって、完全に母乳のみで育てる方法と、母乳とミルクの混合で育てる方法、完全にミルクのみで育てる方法があります。どの方法にもメリット・デメリットがあります。どう育てるかはパパやママ次第です。今回はその中でも、最も母乳やミルクの量の割合について決めるのが難しい「混合育児」について考えたいと思います。一言に混合育児と言っても、最終的にどう育てたいかで母乳とミルクの割合は変わってきます [続きを読む]
  • 新生児が飲むミルクの量はどのくらい?間隔の目安は?
  • 赤ちゃんにミルクを飲ませるにあたって、どのくらいの量をあげるのが適切なのかと悩んだことはありませんか?粉ミルクの容器には目安となるミルクの量が月齢毎に記載されていますが、本当にこの通りにあげるのが適切なのでしょうか。一言に「赤ちゃん」と言っても千差万別。体格が違えば、胃の大きさだって違います。ミルクの量だって差があるはずです。粉ミルクの容器に書いてある通りの量で足りているのか、あげすぎていないか心 [続きを読む]
  • 母乳パッドの布製の作り方を紹介!どんなものを何枚使えば良い?
  • 母乳が漏れて下着が濡れてしまった!そんな経験をしたことがあるママにとって、母乳パッドは欠かせないアイテムですよね。母乳パッドは漏れた母乳を吸収して、下着や服が濡れないようにしてくれる便利なアイテムです。今回は、そんな母乳パッドを自分で作りたいという人のために、布製母乳パッドの作り方を紹介したいと思います。「初めて作る!」「裁縫はそんなに得意じゃないけど作りたい!」という人におすすめの、簡単な方法を [続きを読む]
  • 母乳パッドは手作りできる?型紙いらずで簡単な作り方を紹介!
  • 母乳パッドは簡単に手作りできるって知っていますか?母乳パッドは、母乳育児中のママなら使っている人も多いかと思います。授乳間隔が開いた時や、夜寝ている時などに母乳が漏れて下着や洋服がビショビショになるのを防いでくれる便利アイテムですよね。ただ、この母乳パッド、使い捨てのものだと、オムツと同じく1日に何度も交換しなければならないのでコストがかかります。1枚の値段は10円弱程度ですが、1日に何枚も使いますし [続きを読む]
  • 母乳パッドの代用品として使える物は何?
  • 母乳育児をしていると出会うアイテムである母乳パッド。実際に使用しているママも多いのではないでしょうか。「でも、この母乳パッドって本当に必要なの?」そう思った事はありませんか?「出費は抑えたいし、わざわざ買わなくても他の物で代用できるんじゃないの?」そう思っているママのために、母乳パッドが本当に必要なのかどうかについてまとめたいと思います。また、母乳パッドを買わずに済ませるため、あるいはすぐに買いに [続きを読む]
  • 母乳パッドはいつからいつまで必要なのか?
  • 母乳育児をしていると、授乳をしている時の射乳反射や、授乳間隔が開いた時に胸が張って母乳が漏れてしまうことがあります。漏れた母乳で下着が濡れて困った経験のあるママも多いのではないでしょうか。そんな時に役立つのが母乳パッドです。母乳パッドは、ブラジャーと胸の間に挟んで漏れ出た母乳を吸収してくれるもの。母乳パッドを使っていれば母乳が漏れてブラジャーを濡らしてしまう心配がありません。母乳育児をしているママ [続きを読む]
  • 赤ちゃんがダニに刺された時に使える薬は?対処方法も紹介します!
  • 赤ちゃんのお肌に赤いポツポツができた!赤くなった部分を痒がっている!一見、蚊に刺されたように見える赤みや腫れの症状ですが、実はそれってダニのせいかもしれません。ダニに刺されると痒みが強く、かきこわして化膿してしまうこともしばしばあります。そうなると症状が長引くだけでなく、痕が残ってしまうこともあります。それは可哀そうですよね。そうならないようには、どのように対処すれば良いのか、また赤ちゃんでも使え [続きを読む]