Clematis さん プロフィール

  •  
Clematisさん: バイリンガル、育成中。
ハンドル名Clematis さん
ブログタイトルバイリンガル、育成中。
ブログURLhttp://xn--eckq0ineg0c.net/
サイト紹介文海外インターナショナルスクールの学校生活、バイリンガル教育に役立つ教材の紹介など。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供140回 / 365日(平均2.7回/週) - 参加 2016/01/19 16:58

Clematis さんのブログ記事

  • 【記事紹介】専門家が直言「TOEICが日本を滅ぼす」(プレシデント)
  • 最近頻繁に、「英語よりまずは日本語を」「英語の早期教育は必要ない」「英語は単なるツール」という意見を目にします。色々な教育者の方が発言をされていますが、正直、「はいはいそーですね、そうかもしれませんねー」レベルの情緒的な意見が多い気がして、なんだかな〜と思っていました。そのような中、プレシデントで出ていた記事を読んで、「おっ」と思ったので、自分の備忘録も兼ね、抜粋を貼っておこうと思います。専門家が [続きを読む]
  • インターに通っていても・・・NOと言えない日本人
  • 最近、長女について、友達がらみで小さなトラブルがありました。内容はほんとに些細なもので、プレイデイトに遊びに来てくれた友達から、家にあったスライム作りの材料を欲しいと言われ、断り切れずにあげてしまったというもの。その場で了承したものの、あとで激しく後悔したようで、お友達が帰った後にシクシクと泣いていました。長女いわく、ダメだといったのに、「お願い!」と何度も言われて根負けしてしまったとのこと、どう [続きを読む]
  • 誕生日会でぐったり
  • 先日、次女の誕生日会を開催しました。毎度のことながら、誕生日会、子供はキャッキャ、親はぐったり。インター入学から間もないころは、子どもの交流関係を広げるためと思い、モチベも高かったのですが、最近はそんなモチベも低下しており、面倒だなという気持ちが勝っています(汗)「誕生日会、やりたい?もしやらなくていいなら、かわりにプレゼントを●●ユーロ分、買ってあげるよ」次女にそうささやきかけてみましたが、次女 [続きを読む]
  • 【マイクラ#8】コマンドを活用する
  • しばらくマイクラの記事を書いていませんでした。我が家の2人はマイクラが大好きなのですが、だんだん私には理解できないようなことをやるようになってきていて、なかなか記事にできずにいました。 最近の我が家のマイクラ事情我が家では一日のTo Do事項を終了すると30分のマイクラタイムが与えられます。なので、2人とも、ほぼ毎日、マイクラを30分やっています。また、上記プレイ時間とは別に、朝食時にマイクラの動画を見てい [続きを読む]
  • 新年度の抱負
  • 4月になり、日本の学年で長女は5年生に、次女は3年生になりました。子供たちが通うのはインターなので、学年に変化はありませんが、日本人である我々にとって、4月がひとつの節目であることに変わりはありません。先月末に大使館に行って新学年の教科書をいただいてきましたが、去年に比べるとずっしり重くなっていて、子供たちの成長を感じました。長女長女の場合、インターの勉強と日本の中学受験のための勉強との両立が、こ [続きを読む]
  • 英語の学習記録 3年3か月目 次女(8歳)
  • インター入学後3年3か月目の英語の学習記録です。Reading学校でのReadingレベルは変動なしですが、この1か月で、読む本がちょっと変化してきたかな?という気がしています。 James and the Giant Peachは、児童文学の大家、Roald Dahlの作品。Roald Dahlは子供たちのインターでは読み聞かせの題材として使われることが多く、次女は人気作品のほとんどについて、すでにあらすじを知ってしまっている状態です。よってなかなか読む [続きを読む]
  • 英語の学習記録 3年3か月目 長女(10歳)
  • ようやく3月も終わりが見えてきましたね。このところ、年度末の仕事のバタバタ+夫が出張でずっと不在+子供は春休み・・・ということで、ワンオペ育児にアップアップの毎日でした。4月になったら、ちょっとは落ち着くかな?さて、今月の長女の英語の学習記録です。 Reading相変わらずハリポタブームが続いています。今月は3、4、5巻を読み、現在6巻の真ん中を過ぎたあたりです。ハリーポッターは4巻からぐんと語数が増えます [続きを読む]
  • アメリカの大学入試からSATエッセイが消える日
  • It Is Time To Eliminate the SAT and ACT Optional Essays アメリカの大学入学のために受験することが必要なテストとして、SAT(Scholastic Assessment Test)という試験があります。英語と算数のテストなのですが、オプションでエッセイを受験することも可能です。このオプションのエッセイ、不要とする大学が増え、今ではわずか2%程度の大学しか要求していないとのこと。UC系やハーバードなどがその2%のなかに入っているの [続きを読む]
  • 「グローバル人材」って、なんだろう?
  • 最近あちこちで聞かれる「グローバル人材」という言葉。今日は、「グローバル人材」について私が考えていることを、少し書いてみたいと思います。 グローバルで活躍できない残念な人の例あれは10年ほど前に私がアメリカの大学院に留学していたときのこと。アメリカにおける人種差別問題について学者や研究者の方々とディスカッションをしていたときに、とあるアメリカ人の研究者が、私にこういう質問をしました。「そういえば日本 [続きを読む]
  • 目指せケンブリッジ?
  • 先日のこと、長女が、「私、大学はケンブリッジに行きたいなあ〜」と言い始めました。本人が具体的な大学名を出して「行きたい」というのは初めてのことなので、ビックリ仰天。海外大学への留学はお金がかかりますが、イギリスの大学は3年制、アメリカよりは負担が少なくて済みます。イギリスなら我が家でも行かせてあげられる可能性があるかな・・・。というわけで、ケンブリッジ大学を目指すにはどうすればいいか、調べてみるこ [続きを読む]
  • 小学校低学年 理社の学習方法について考える
  • 最近知人が、とある勉強法のインストラクターの資格(?)をとったらしく、Facebookのフィード欄にやたらとその勉強法の宣伝が流れてきます。この勉強法を取り入れれば、わずか一週間で自ら勉強する子に変わるのだそうです。先日流れてきたのは、植物のポスターの無料ダウンロードのお知らせ。我が家は2人ともガーデニングが大好きなので、どんなポスターなのか、今回はその内容をチェックしてみることにしました。紙面一面にカラ [続きを読む]
  • 家族で遊べる ドイツのボードゲーム のおすすめ作品
  • ドイツ語圏在住の我が家。こちらに来てびっくりしたのが、ボードゲームの人気がとても高いこと。だいたいどこの家に行っても、リビング横の戸棚のなかにたくさんのボードゲームが詰まっています。そしてデパートのおもちゃ売り場でも、ボードゲームコーナーがかなりの面積を占めています。一説によると、ドイツでは労働者の権利が強く、大人が仕事後に自宅に戻ってくる時間が早いため、家族でゲームを楽しむ慣習が普及したのだとか [続きを読む]
  • インターの教育:人間の貪欲さをどうやって教えるか
  • 先日長女が授業で面白いアクティビティーをしていたので、紹介します。チョコチップ入りのクッキーを楊枝でほじって、チョコチップを取り出すというものです。「25個取り出せたら言うように。できた子にはご褒美に別のクッキーをあげよう」との先生の言葉に、必死にチョコチップ発掘作業に取り組む子供たち。長女も夢中で取り組んで、27個のチョコチップを取り出し、無事にご褒美をゲットしたそうです。 We did an activity of tak [続きを読む]
  • CHROME MUSIC LAB: Song Makerで遊ぶ
  • 2016年にリリースされたCrome Music Labというグーグルのウェブサイトがあるのですが、先日ここにSong Makerという新しい機能が加わりました。これがなかなか面白い!絵を描くような感覚でオリジナルの音楽を作ることができるという優れモノ。最大16小節までですので長い音楽は作れませんが、子供のおもちゃとしては十分すぎる性能です。我が家の次女、音楽には全く興味なしですが、Song Makerは気に入ったようで、昨日はずいぶん [続きを読む]
  • 英語の学習記録 3年2か月目 次女(8歳)
  • Reading読書があまり好きではない我が家の次女。学校のReading Levelは、ここのところずっとライムで止まったまま。周囲を見ていると、本好きのお子さんはどんどん読んでどんどん上のレベルへと移行していくし、全く読まない子はネイティブでも次女より低いレベルだったりします。当たり前といえば当たり前なのですが、「読む」ことが好きかどうかでreading力に差が出ており、その差が年齢があがるほど大きくなってきているのを感 [続きを読む]
  • エロエロ・ガールズ
  • エロエロ・ガールズ その正体は最近次女のクラスで、「エロエロ・ガールズ」というものが流行っているのだとか。「エロエロ・ガールズ?なにそれ?」と次女に聞いたら、「みんな大好きなんだって」「●●ちゃんも●●ちゃんも持ってる」 「めちゃかわいいんだよ!」「なかからお人形が出てくる」 「アマゾンでも買える」とのこと。一体どんなガールズなんだ? 「じゃ、アマゾンで見てみよう」ということで、次女に綴りを確認した [続きを読む]
  • 英語の学習記録 3年2か月目 長女(10歳)
  • インター入学後3年2か月、長女の英語学習の記録です。今月は学校でISA(International School’s Assessment)が実施されました。ISAは世界の様々な世界中のインターの生徒が参加する統一試験。結果が分かるのは4か月後ですが(遅い!)、備忘録を兼ね、本人の感想などもまとめておこうと思います。【3月2日追記:「世界のすべてのインターが参加するわけではなく表現が不適切」とのご指摘があったため、修正しました。参加校は [続きを読む]
  • 英語のジェスチャーや仕草 我が家が気を付けていること
  • 子供のジェスチャーが気になるここ最近、子供のジェスチャーがとても気になっています。2人とも、分からないことがあったときに無言で肩をすくめるのが癖になっているのです。さすがにトップ画像のように両手の平を上にむけたりはしないのですが、「肩すくめ」は日に何度もやっており、見ていて非常に気になります。このジェスチャー、私ははっきり言って好きではないんですよね。なんだか粗雑で投げやりな感じがしてしまうのです [続きを読む]
  • 【おすすめのチャプターブック】Holes
  • 我が家の長女が数ある英語のチャプターブックのなかで一番!と大絶賛しているのが、Holesという本です。「ママ、この本は絶対読んでみて!すごいから!」と何度もいうので、仕方がないな〜ということで読み始めたのですが・・・ いや〜、面白かったです! 最初の方はなかなか話に入り込めず、だらだら惰性で読んでいたのですが、3分の1くらいまで来たところで「面白いかも?」と思い始め、半分を過ぎたところからは続きが気にな [続きを読む]
  • 雪合戦禁止令
  • 今年は日本でも大雪が降り、寒い日が続いていると聞きます。私たちが住むエリアは、日本でいうと札幌くらいの寒さ。大雪が降ることはまれですが、この時期はよく雪が降ります。当地の長くて暗くて寒い冬は苦手だという方も多いのですが、私は結構好きです。特に2月下旬の春と冬が競いあいながらもだんだんと暖かくなっていく時期が好きです。私のなかでも、「あ〜もうすぐ春だ!」という気持ちと、「ああ、もうすぐ冬が終わっちゃ [続きを読む]
  • 子供と楽しむパリ:名画をめぐる旅(ルーブル、オルセー、オランジュリー)
  • 先日、家族でパリへ行ってきました。目的は名画の鑑賞です。以下、記憶が新鮮なうちに、美術館に焦点をあてて、子連れパリ旅行のエンジョイ方法をご紹介したいと思います。 子連れパリ旅行 治安の留意点近年、パリの治安は悪化しているといわれます。テロの脅威もありますが、それ以上に私たち日本人が注意しなければならないのは、アフリカ系移民と中国系移民の対立です。中国人と日本人を外見から区別することは難しいので、思 [続きを読む]
  • 英語でお絵かき:Art for Kids Hub@youtube
  • 我が家の子供たちはお絵かきが大好き。最近次女がよく見ているのが、こちらです。 Art for Kids Hubというyoutubeのチャンネルです。パパと3人の子供たちが様々なアートにチャレンジします。粘土や折り紙などもありますが、メインはお絵かき。ミニオン、ピカチュウ、ユニコーンなど、子供たちが好きな絵がたくさんあり、パパが様々な絵の描き方を教えてくれます。パパの英語は聞き取りやすく、描き方の解説も丁寧で分かりやすい [続きを読む]