水樹 早織 さん プロフィール

  •  
水樹 早織さん: ウェルデポ
ハンドル名水樹 早織 さん
ブログタイトルウェルデポ
ブログURLhttp://well-depot.com/
サイト紹介文頭・肩・背中・腰・腹・内臓・脚の症状に関する事ならウェルデポにお任せください!
自由文welldepot(ウェルデポ)は、健康や体の症状に関する知識の貯蔵庫です。頭・肩・背中・腰・腹・内臓・脚の症状に関する事ならウェルデポにお任せください!http://well-depot.com/
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供0回 / 365日(平均0.0回/週) - 参加 2016/01/19 18:49

水樹 早織 さんのブログ記事

  • 告白の返事はメールやLINEでもいいの!?面倒くさいの?
  • 告白の返事をメールやLINEで返すとき「OKです」編あなたが好きだった相手から告白されたときには迷わずOKと言いたいところです。しかし中には「どうやってOKだということを伝えればいいんだろう・・・」なんてあれこれ悩んでしまう人もいるでしょう。返事の仕方では相手に勘違いをさせてしまうかもしれません。無難な返事の仕方としては「ありがとう。俺(私)も好きでした。よろしくお願いします」で十分です。とてもシンプルです [続きを読む]
  • 病院の診断書は保険の適用に必要なの?費用は?効力は?
  • 保険の給付に病院からの診断書は必要?まず、生保会社としては虚偽の医療行為に対して給付金を出すわけにはいきません。企業としての損失につながってしまうからです。ただ、生保会社がそうした医療行為が行われたかどうかを勝手に調べることは、個人情報保護などの観点からできません。このため、ちゃんと医療行為を受けたという証明が必要になってくるのです。この証明を行うものが病院の診断書なのです。後述するように病院の診 [続きを読む]
  • 病院の診断書!コピーされたもので大丈夫?
  • そもそも病院で発行される診断書はコピー?診断書は、発行する病院によって形式が違います。原本をそのまま患者側に渡している場合でも、病院でコピーを必ず保管しています。また、コピーで発行される場合でも印鑑を押印していますので、原本同様の扱いになります。診断書というのは、医師が患者の病気の症状や治療状態、治療のために必用になった手術、入院などの手段、方法などを証明するために作成するものです。そして、この病 [続きを読む]
  • 病院で診察…金額はいくら掛かるの?点数とは?
  • 病院で診察を受けた時どのくらいの金額がかかる?まず、健康保険の適用対象となっている医療行為については、料金を決める基準になる保険医療点数が定められています。初診料は282点、6歳未満の乳幼児だとこれに75点がプラスされます。再診料は200床未満の中小規模の病院や診療所の場合は72点、200床以上の大病院だと73点になります。これに10を掛けたものが、診察の際に必要になる医療費になるのです。また、急病など診療時間外で [続きを読む]
  • 病院の紹介状!書き方は決まってるの?
  • 病院から貰う紹介状に書き方はある?病院の紹介状には、患者の氏名、年齢、性別、住所、電話番号などの基本的な情報と、現在の病名、症状、病気の発生、経過観察の様子などが記載されています。また、検査結果や入院、手術の有無、投薬内容などの病院での情報、体のアレルギー反応のあるなしについても記載されています。担当していた医師名や医師と病院の押印や、患者の情報として、レントゲン写真やデータを同封することもありま [続きを読む]
  • 腕の内側に湿疹!治療法は?対処法は?
  • 腕の内側に湿疹ができていますが病院に行った方がいい?腕の内側の湿疹と一言で言っても症状は様々です。代表的な症状は、かゆみ、赤い発疹、皮膚の乾燥、痛み、腫れ、などです。腕の内側の湿疹の原因の一つに生活習慣の乱れやストレスも考えられます。そのため、腕の内側に湿疹ができた場合、規則正しい生活を心掛け、バランスの良い食事を取り、適度な運動を心掛けると良いです。また、のんびりお風呂につかり、いつもより早めに [続きを読む]
  • 腕に湿疹!赤い湿疹の原因は?治療法は?
  • 腕に赤い湿疹ができていますがどうして?腕にできる赤い湿疹には、いくつかの種類があります。名称を挙げると、・接触性湿疹・皮脂欠乏性湿疹・内因性湿疹・アトピー性湿疹などです。それぞれ湿疹を起こす原因が異なります。『接触性湿疹』とは、ある特定の物質に接触することでアレルギーを引き起こし、湿疹がでるというものです。その原因となる物質とは、薬品や化粧品、洗剤、虫、植物、紫外線、金属などです。『皮脂欠乏性湿疹 [続きを読む]
  • 腕の湿疹が治らない!治療法や対処法は?
  • 腕の湿疹が治りません!こんなことある?基本的には腕の湿疹が治らないというケースはほとんどないと言えます。湿疹がでるということは、皮膚になんらかの炎症を起こしていたり、体内でなんらかの問題が起こっている場合がほとんどであるからです。治療を受けても治らない場合というのは、腕の湿疹の原因をきちんと特定できていないために、その治療では効果が得られないという理由が大部分を占めるのです。それから生活環境にも腕 [続きを読む]
  • 風邪の薬!処方してもらうことは出来るの?
  • 風邪薬を処方してもらうには前に風邪になったときに病院でもらった薬が余っていたとします。取りあえずはそれを飲んだら少し咳も治まって来たのに、薬がなくなってしまいました。同じ薬が欲しいので薬局に行って同じ薬を処方してもらうようにお願いしました。さて、風邪薬を処方してもらうのに、この方法で大丈夫でしょうか?正解は、×です。前に風邪薬をもらったときと同じ薬局でも、同じ風邪薬を「処方」してくれることはありま [続きを読む]
  • 病院で診断書のもらい方とは?どうすればいいの?
  • 病院で診断書のもらい方まずは、病院に診察を受けます。診断書だけをもらうことはできません。診断書は「病気の診断」なので、まずは一度医師の診察を受けて診断がおりないといけません。今の体の不調や会社への悩みなどをお医者さんに話して、どのような状態にあるのかを見てもらいます。注意をしないといけないことは、診断書をもらうことが目的といった態度は、お医者様はとても嫌がります。なぜなら、病気でもないのに病名をつ [続きを読む]
  • 病院の紹介状、値段はいくらくらい掛かるの?
  • 病院から紹介状を発行してもらうための値段は?紹介状を発行してもらうためには料金が必要で、その額は、診療報酬の中で費用が決定されています。患者の健康保険の自己負担比率などによって違いますが、どこの病院へ転院するかどうかといったことでも違います。診療所から診療所、病院から病院、200床以上の入院施設の整った病院から診療所、診療所から病院、また入院中の病院から退院する診療所などの様々なパターンがあります。 [続きを読む]
  • 病院の紹介状!依頼する場合はどうすればいいの?
  • 病院に紹介状の発行を依頼する場合はどうすればいい?あなたは今、何か病気のため病院に通院しています。転院しようと思ったきっかけは有無を言わせず、今通っている病院では治療が難しくなったなどがありますが、その場合は先生の方から紹介状を書くことを確認されて有料でかいてもらうことになります。そこで新しい病院に行くことになります。治療が出来ないなどの病院のハード面だけでなく、自分の気持ちが先生と気が合わない様 [続きを読む]
  • 病院の紹介状はどこでも使えるの?
  • 病院の紹介状はどこでも有効?まず、今、病気を治療している病院の先生に紹介状を発行してもらいたい旨を話してみましょう。診察の予定があるなら、その時でも構いません。「実は、違う病院での診察を考えていまして紹介状をお願いしたいのですが」と話を切り出すと良いでしょう。病院が紹介状を発行するということは、その病気をあらゆる角度から検証したいということが目的です。例えば、内科を診療していたけれど、手術が必要に [続きを読む]
  • 病院の紹介状、お礼は必要なの??
  • 病院から紹介状を発行してもらった場合お礼はするべき?紹介状を書いて頂いたからと言っても、負担に思うことはありません。紹介状が必要になるケースとして、2つのパターンが考えられます。1つ目は、患者が引越しをしなければならなくなった時です。転勤や家族の事情などで、遠くに自宅が移る場合には、通い慣れた病院でも、今後は通院できなくなってしまうでしょう。また、2つ目は、現在、治療中の病気が今の病院では設備や検査 [続きを読む]
  • 統合失調症の症状…暴れるときの対処法は?
  • 統合失調症の症状で暴れることはありますか?統合失調症の症状として、暴れるということはあります。統合失調症とは精神疾患の一つで、幻聴が起きたりすることで突然暴れ出したりすることがあるのです。また、幻聴の他にも幻覚や妄想によって混乱が起こり、介護をしてくれている家族に対しても暴れて暴力を振るってしまうことがあるのです。そして、暴れるだけではなく奇声を発したり考えられないような行動を取ることもあるため、 [続きを読む]
  • 唇が乾燥!痛い時はどうしたらいい?
  • 唇が乾燥して痛い時はどうしたらいい?唇が乾燥して痛い時は、乾燥を防ぐための対処をする事が一番大切です。唇に潤いを与えるために保湿をしてあげましょう。保湿はリップクリームを塗る、リップクリームを塗った唇にラップかぶせて暫くそのまま暫く置いておく、お風呂にゆっくり浸かりお風呂の蒸気で唇にも潤いを与えてあげるなどといった方法があります。最近は唇専用のパックも売り出されているのでそれを活用するのもいいかも [続きを読む]
  • 顔に発疹!突然できた原因は?治療法は?
  • 顔に突然発疹ができましたが原因は?発疹には、いくつもの種類があり、発疹ができる原因もそれぞれ異なります。たとえばニキビは、毛穴に皮脂や汚れが詰まって起こるため、脂肪分の多い食事や、ファンデーションなどの洗い残し等が原因となります。また、ヘルペスのような伝染性ウイルスによる発疹の場合は、ウイルスに感染している人の発疹に触れたり、タオルを共用するなど、人や物を通しての接触で感染します。アレルギー性の発 [続きを読む]
  • 胃腸風邪で病院!薬を処方してもらった方がいいの?
  • 胃腸風邪になったら病院に薬を処方してもらった方がいい?胃腸風邪になると不安ですよね。何か重大な病気が隠れているか時には心配なこともありますが、良くお腹を壊す人はもともとお腹が弱いので、胃腸風邪になりやすい人が多いです。病院には自分の今の症状にあった薬を処方してもらったほうが良いです。しかし普段から調子が悪い人は、飲みなれている薬を飲んでもかまいません。基本的には、薬を飲みながらお腹の調子を整えてい [続きを読む]
  • 胃炎の症状で背中痛になることはあるの?
  • 胃炎の症状で背中痛はありますか?胃が痛む人の大半は、一度は背中痛に襲われたことがある方が多いです。胃には神経が沢山通っているので、心ととても深い関係があるといわれています。心とは自律神経のバランスを表しており、嫌な気持ちやストレスを感じると自律神経が乱れるので胃のコントロ−ルが乱れて、胃酸が増えてしまったり胃の伸縮が見られたりします。その動きによって背中が痛くなってしまうことがあります。しかし、た [続きを読む]
  • 右目の涙が止まらない!病名は?対処法とは?
  • 右目の涙が止まらないのはキズ?右目だけ涙が止まらない!という時。片目だけ涙が止まらないというのは、そちらの目に異物がはいっている可能性があります。目は異物が入ると、涙を出してその異物を目から流し出そうとします。そのまま涙出流れてくれれば良いのですが、異物が眼球の角膜などを傷つけてしまうと、異物が流れ出たとしてもなみだが止まらないことがあります。眼球に傷がついてしまうと、傷の部位から雑菌が入らないよ [続きを読む]
  • パニック障害の症状!最強の治療法は存在するの?
  • パニック障害の症状があるが最強の治療法はある?パニック障害については、時代と共に研究が進んできました。現代では薬と心理療法を併用する最強の治療法が確立されています。薬物治療主に3種類の薬があります。SSRI(選択的セロトニン再取り込阻害薬)ベンゾジアゼビン系(抗不安薬)三環系抗うつ薬保険適用が認められているSSRIは副作用も少なく習慣性もゼンゾジアビン系より少ないので一般的に投薬されます。ただし、効果が出 [続きを読む]
  • ステロイドで筋肉!女性が使用することは出来るの?
  • 女性が筋肉増強剤としてステロイドを使用するとどうなる?筋肉増強剤として知られているステロイドですが、このようなステロイドを用いる人には男性が圧倒的に多くみられます。やはり力強さの象徴である筋肉を手に入れたいという思いは女性よりも男性の方に圧倒的に強く見られます。男性がステロイドを使った場合の副作用としては女性のような乳房になるといったような女性化がその副作用として報告されています。では、女性が使っ [続きを読む]
  • DVで病院から診断書をもらう方法とは?
  • DVの診断書を病院でもらう方法パートナーからのDVで怪我をしたら、その程度に関わらず医師の診断を受け、診断書を書いてもらいましょう。「暴力を受けていることを他人に知られたくない」等の理由により、DVで怪我をしても医師の診察を受けない人もいますが、そんなことを言っている場合ではありません。たとえ小さなかすり傷や軽い打撲程度であっても、必ず医師の診察を受けるようにしましょう。診断書は有力な証拠となります。ま [続きを読む]
  • 夜に涙が止まらない!その原因や対処法とは?
  • 特に夜に涙が止まらないことはある?夜になって、1人でベッドに入ると、ふと、今日、一日で起きた出来事を思い起こす時間がありますよね。仕事でとても苦労したことや失敗してしまったこと、もう少しこうすれば良かったと思う時もあるかもしれません。そんな時間に、涙がポロリと出てしまって、止まらなくなってしまう経験は誰でもあります。しかし、そんな日々が毎日、続いてしまうようなら、もしかして、うつ状態になっているの [続きを読む]
  • 手のひらが赤い、熱い場合の原因とは?対処法は?
  • 手のひらが赤く熱いのですがどうして?手のひらが赤く熱い場合、まず考えられるのは、何らかの病気が原因となる湿疹が手のひらにできていることです。手にできる湿疹には手掌紅斑(しゅしょうこうはん)多形滲出性紅斑(たけいしんしゅつせいこうはん)掌蹠膿疱症主婦湿疹などが考えられます。湿疹の場合は赤みや熱感以外に水疱やかゆみが見られることがあります。湿疹の原因をつきとめるには専門家の診断が必要なので、皮膚科など [続きを読む]