よしぞう さん プロフィール

  •  
よしぞうさん: 一意専心
ハンドル名よしぞう さん
ブログタイトル一意専心
ブログURLhttps://ameblo.jp/yk0904mk0119/
サイト紹介文特発性間質性肺炎の経過記録
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供16回 / 365日(平均0.3回/週) - 参加 2016/01/20 10:18

よしぞう さんのブログ記事

  • 34. Apple Watch活用による自己管理
  • 今回のテーマ、興味のある方は読んでみて下さい。私は2015年11月の人間ドックで「肺の間質性変化あり」を指摘されました。当時は自覚症状はなく、敢えて言えば咳が有るかな、程度でした。 その後、再検査、専門病院等のセカンドオピニオンを受診して間質性肺炎、特発性肺線維症の疑いで経過観察となりました。 しかし、それからの2年間は 1.FVCの急激な減少2.労作時息切れの増強3.急性増悪4.在宅酸素療法の開始など進行 [続きを読む]
  • 33. 入院記録 6日目
  • 入院中の1日の流れ1.朝体温 36.2度血圧 117/77SpO2 98%吸入1リットル血糖値 117mg2.昼体温 36.9度SpO2 97% 安静時無酸素3.夕体温 36.5度血圧 107/77SpO2 98% 安静時無酸素血糖値 118mg4. 検査等々点滴 抗菌薬1回目6時採血 7時10分X線検査 10時30分動脈血ガス 13時点滴 抗菌薬2回目14時 点滴 抗菌薬3回目22時5.室内ウォーク(労作時3リットルにて)体力低下を懸念、午前午後の2回院内フロア歩行数 6,315 [続きを読む]
  • 32.現在の投薬内容
  • ステロイドパルスが1クール終了。標準治療は3日間(500×6回)実施するが、今回は日曜日の夕方から緊急スタートだったので火曜日の夕方までの2.5日間で切り上げ、経口ステロイドへ入った。 ステロイド容量は50mg。今週の投与薬朝 プレドニン錠5mg×6=30mg ダイフェン配合錠×1 タケキャブ錠10mg×1 ミヤBM錠×1 昼 ミヤBM錠×1 夕 プレドニン錠5mg×4=20mg レボフロキサシン500mg×1 ミヤBM錠×1 [続きを読む]
  • 余命は5年です
  • 突然の余命宣告を受けた30代の女性経営者の話。ある日、計算した。余命を日数にすると、1825日。5年で死ぬなら最後の300日は闘病で大変なはず。「それまでの1500日は何かにすがったり、悲しんだりする時間じゃない。私の今日がどれだけ素晴らしいかを感じたい」約1年4カ月、入院と自宅療養を繰り返して病状が安定し、職場復帰した。病気になってから幸せを感じることが多くなった。詳しくは、https://www.asahi.c [続きを読む]
  • 28. 運動の考え方
  • 1.運動の原則 運動の効果を高めるために、以下に示す運動の三原則があります。 ? 過負荷の原則“ ややきつい ” 程度の運動が必要です。 ? 特異性の原則筋力はトレーニングをした筋肉しか強くなりません。 ?可逆性の原則トレーニングをやめると、時間とともにその効果はなくなります。 “ ややきつい ” ぐらいの運動を続け、習慣になるのがベストです! にほんブログ村 [続きを読む]
  • 27. 運動の大切さ
  • (1) 運動をしないとどうなるか? 息切れがおこることを恐れて、臥床したり、 座ってばかりいる生活を続けると、徐々に身体機能が低下し、息切れはより悪化していきます。身体機能が低下すると、ますます動けなくなり、食欲も落ち、気力までなくなってしまいます。そして、風邪などをひきやすい 体になってしまうのです。(2) 運動をしましょう 一番の敵である感染に負けない体力をつけるためにも栄養状態の改善や運動は必要です。 [続きを読む]
  • 26. 体調悪化
  • 体調が悪化しました。12月中旬くらいから以下の変化が起きはじめた。1.安静時のSpO2が2~3%下がる。2.労作時のSpO2が急激に下がる。騙しだまし会社に出勤をしていましたが、先週末(12/23,24)辺りから、頭痛やむくみが現れた。昨年の増悪が蘇る。これは病院へ行かないとまずいと考え、翌日の月曜日に予約外診療で駆け込みました。当日はなんとか病院に到着するも、院内を自分で歩けないくらいの息切れ。なんとか受付をする。 [続きを読む]
  • 25. ペーパータオルフォルダー
  • 普段から気を付けているつもりでも、毎年なぜか感染してしまう風邪やインフルエンザ。もしかしたら、普段の対策方法が、どこか間違っているのかも知れません。注意したいのがタオル。1枚のタオルを複数人で使用することは、感染リスクが高まります。今年からペーパータオルフォルダーを導入しました。TOTO YKT100R ペーパータオルホルダー 樹脂製 にほんブログ村 [続きを読む]
  • 24.除菌液
  • 呼吸器系の基礎疾患がある者の課題。室内の快適な環境空間を作る。その2 天然エコ除菌液これも空気清浄フィルター同様、エアコンと空気清浄機に使用しています。Defend Water:ディフェンドウォーター野菜の洗浄もできる食品添加物由来のキッチン用天然エコ除菌液「ディフェンドウォーター」特徴水道水でカンタンに希釈できる濃縮タイプの除菌液です。用途に応じて濃度を調節でき、最高で125L分の除菌液が作成できま [続きを読む]
  • 23. 空気清浄フィルター
  • 呼吸器系の基礎疾患がある者には一番辛い季節となりました。室内だけでも最良の環境空間を作るため、出来ることをしています。その1 空気清浄フィルターエアコンと空気清浄機に使用しています。静電気を永久帯電した繊維で0.1μmより大きい微粒子をキャッチし、お部屋の空気を清浄化します。(ウィルスなどが付着している微粒子、花粉、ダニの死骸や糞、ペットの毛やフケ、カビの胞子など) にほんブログ村 [続きを読む]
  • 22.肺移植の検討 その3
  • 肺移植を行うためには、当然ながら肺を提供してもらう人が必要です。 脳死ドナーから肺を提供してもらう脳死肺移植と、ご家族から肺の一部を提供してもらう生体肺移植があります。 外国では、脳死肺移植がほとんどで、生体肺移植は1%ぐらいです。 一方日本では、脳死ドナーの数が少なく、生体肺移植が40%ぐらいを占めています。 1.脳死肺移植脳死肺移植では、脳死に至った方の善意によって提供された肺を移植します。疾患の [続きを読む]
  • 21.肺移植の検討 その2
  • 肺移植を受ける人(レシピエント)には様々な適応条件があります。 1.肺移植の適応脳死片肺移植60歳未満、脳死両肺移植55歳未満、生体肺移植65歳未満であること。癌などの悪性腫瘍がない、あるいは治癒していること。肺以外の臓器に異常がないこと。肺以外に感染症がないこと。 2.除外条件肺外に活動性の感染巣が存在する。他の重要臓器に進行した不可逆的障害が存在する。(悪性腫瘍、骨髄疾患、冠動脈疾患など)極めて悪化 [続きを読む]
  • 20. 肺移植の検討 その1
  • 昨年の急性増悪後、FVCの急激な低下が認められる。これから抗線維化薬を開始するが、あわせて肺移植の検討を促された。肺移植をする、しないはその時点にならないと判断できないが、症状は確実に進行していく。将来の悪化に備えドナー登録の準備を開始したらどうか、と話しをされました。肺移植は選択肢になかったが、詳しく調べたことがなかったので、検討してみることも悪くないと思った。肺移植とは、1.現在の医療において、 [続きを読む]
  • 19. 特定医療費受給者証
  • 特定医療費支給認定通知書が届きました。届いたものは、1.特定医療費受給者証2.特定医療費自己負担上限管理票有効期間は、平成29年7月18日〜平成30年9月30日まで。引き続き継続受給を希望する場合は、毎年7月に住所地を所管する保健所で更新の申請手続きが必要となります。申請した日が平成29年7月18日、認定されたのが11月30日、と3カ月半を要しました。今回の特定医療費認定により、抗線維化薬を開始する準備が整いました。 [続きを読む]
  • 18. 急性増悪
  • それは、1年前に起きた。風邪で微熱が続いていた。注意していたつもりだか、甘かった。そもそも間質性肺炎を患っているのだから、仕事を優先せず、速やかに休んで安静にすべきだった。ステロイドパルス療法にて呼吸不全は解消されたが、身体が受けたダメージは大きかった。その後の1年間に物事が急速に変化した。ステロイドの減薬FVCの減少労作時の呼吸困難抗繊維薬酸素療法肺移植の検討など少しつづ整理して書いていこうと思い [続きを読む]
  • 17.「線維症」起こす細胞発見
  • 肺や肝臓、心臓などの臓器が硬くなって機能しなくなる「線維症」を引き起こす免疫細胞をマウスの実験で突き止めたと、大阪大の審良静男教授のチームが21日付の英科学誌ネイチャー電子版に発表した。これまで知られていない細胞で、人にもあるのかは分かっていないが、審良教授は「線維症には有効な治療法がなく、炎症を抑える手法しかなかった。この細胞を標的とした薬の開発が期待される」と話した。チームは、この細胞を免疫 [続きを読む]