donguri さん プロフィール

  •  
donguriさん: ドングリの乳がんでも日々
ハンドル名donguri さん
ブログタイトルドングリの乳がんでも日々
ブログURLhttps://ameblo.jp/donguri138kei/
サイト紹介文初発ステージの高さに打ちのめされ、そこから何とか生きることを続けているオバサンの日々
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供43回 / 365日(平均0.8回/週) - 参加 2016/01/20 12:59

donguri さんのブログ記事

  • あぜんチャイナパワー
  • 予報通り、今日は朝から曇天。昼過ぎからは、小雨シトシト。そして、しばらくはこんな天気が続く。一日中快晴だった昨夜は、夜景のためのベストな夜‼まだ夏休み前だし、平日だし、さほど人もいないだろうと、どこから出たか分からない力を出して、日没前頃にロープーウェイ乗り場へ。( ゚д゚)ポカーン  物凄いヒトヒトヒトヒトヒトヒト 駐車場は大型バスの列。グワングワン響く中国語!中国団体客の怒涛の波。夜景のタイミングに [続きを読む]
  • アバタキ9クールモドキと、ここにいまーす
  • 先週の通院は、アバタキ9クール③の予定であった。投与は、肝臓のご機嫌次第だし。診察室に入ると、主治医の後ろには可愛い研修医が。「肝機能、やや下がってるのよ。これなら、やっても良いかな!」主治医が凝視の画面を覗き込むと、ありゃあの方が目に入った。白血球  1,500 弱好中球   500 弱これでも、goなんですよね。「そう、今が一番下がってるから。このくらいでも、一度も発熱は無いし。FECでも、熱が出た事無いよ [続きを読む]
  • 最後に号泣したあの日
  • 今更、当然のことだけれども、病気であると知ってから泣くだけ泣く日々をおくった。 一人で、家族の前で、友の前で、医師の前で。 そして、私の日常は、途切れることない治療の連続、薬も次々と変わっていった。 いつの間にか、気がつくと、我が身の哀れさを泣くことが少なくなっていった。 だけれど、最後に号泣した日は、決して忘れられない。 バチカンのサンピエトロ大聖堂 ペテロの像の前に立った瞬間 堰を切 [続きを読む]
  • ふと考えるに
  • 30歳から人間ドック・乳がん検診を欠かさず受けてきたにもかかわらず早期発見できず、罹患したのは小葉ガン。 発覚した時点での骨転移は、まともな箇所は黒く映るの??? というくらいの真っ黒けの画像。 あまりのひどさに、主治医はすぐに画像を消し、「これって、よくわからないのよね。」と、これまたよくわからないコメントをつぶやいたのを憶えている。 (話題が暗ーくなりそうなので、今日のランチの写真差し込みま [続きを読む]
  • 本日夕刻やっと復活
  • 今頃ですから。 体調の戻り。まる1週間じゃないの。やっぱり、蓄積してるんだろうなあ。 お、そうそう。今回、宿泊当日の10時に急遽予約したペンション。なんか、当日割引のうえに、お部屋は宿任せ。空室ならば、ラッキーなお部屋へだそうで。ビックリのお安さ(金額は、載せないでとの事なので)まあね。日光も大手のホテルが次々出来て、食べ放題だの大浴場だの露天だのと、昔ながらのペンションは、厳しい現実。夕食後に [続きを読む]
  • 何とか、がんばりなさいよ
  • 体調が、戻らない。゚(゚´Д`゚)゚。泣く程ではないけど…月曜なのに、怠い。水曜の通院への覇気が…この調子で、また、抗がん剤の気力がどーしてもわかない。それなので、東京に戻る息子を宇都宮線の駅に降ろした足で、日光に向かってしまった。今朝、ネットで見た日光キスゲを見に行く‼疲れるだろうから、超近場だがお泊まりだ‼これで少しは、病院に行く気力が出るか(  ̄ー ̄)ノてか、子供か? [続きを読む]
  • 涙のふたり
  • 最終日、ソウル駅に向かう地下鉄で私の隣に座った70歳くらいの女性が、いきなり驚いた表情で、私の頭を何度も指さした。一瞬、『そんなに、変かなあ。やっぱり…』と、思ったが、彼女は手話と口話で必死に私に何か伝えようとしていた。耳の不自由な方であった。 と、なかなか伝わらないと思ったか、カバンをごそごそしスマホを取り出し、そこに保存されている何十枚もの写真を私に次々と見せた。 そこには、 ケア帽子をか [続きを読む]
  • ひぇーー
  • 思うように歩けませーん。゚(゚´Д`゚)゚。10分カメ歩きすると20分の休憩。頑張って20分カメ歩きすると40分の休憩。まったくもって、進まない。時間と共に足はドンドン浮腫んできて、一歩足をあげるのも容易な事ではない。しかも、( ̄▽ ̄;)相当暑い。日傘さしても下からの照り返しでクラクラ‼これ、訓練じゃない。遭難。あれほど好きな国立中央博物館が、ほとんど駅前なのに、ただただ遠く感じるなんて。ハァーハァー言いながら、も [続きを読む]
  • もう少し、足を延ばして歩行訓練
  • 先週の通院日に、主治医に遊びに行けとそそのかされた。抗がん剤翌日のステロイドハイの日に本当にハイになって、ソウルへの航空券をぽちっとしてしまった。直後に( ゚д゚)ハッ! と気付いたが遅し。当然、キャンセルしても戻り無し。どうしようかなあ⁉今の体調で行ける?一人だよ。でも、沖縄より近いしさあ。と、珍しく躊躇の数日だった。それで、当日の朝、つまり今朝なんだけど、自分の身体の状態で決めることにしたわけ。本当 [続きを読む]
  • 紫陽花フライングと アバタキ8クール③通院日
  • 3月に河津桜を見に行った雨引観音、結構由緒あるお寺でして、梅雨の時期は3000株の紫陽花鑑賞を兼ねて、訪れる人も多い。 しかし、6月初めでは、チラホラと咲いてる花を探すよう。 なぜに、行ったか? 3か月前は、仁王門下の駐車場に車を止めて、平坦な道を20〜30mくらい移動して桜の写真を撮り、一息ついてまた数十mの移動。ヘモグロビンの低下による息切れ動悸疲労で、これが精一杯であったのよ。 ところが、この [続きを読む]
  • リンパ浮腫は自己ケアで! 今朝の朝日新聞茨城版から
  • 6年半前に、右利きの私は右乳全摘と共にリンパ節を20個以上郭清した。 従って、リンパ浮腫へはもう一直線と覚悟。 退院後、乳腺専門の看護師さんに相談した。でも、返って来たのはネットでも得られる内容と、コピーしまっくったのか非常に写りの悪いA4白黒の自己マッサージの紙。小さい文字に、なんとも雑な人型のイラスト。マッサージする方向も場所もわかりにくい、正直これでどうしろというのか???という、シロモノで [続きを読む]
  • やっちまった…もう、笑うしかないなー
  • まずは、キレイどころの話題をば。 今朝、NHKの番組で、『NHK水戸から茨城のトピックスを』に、近所の下妻ポピーをうつしていた。昨日は一日完全休養。このままだと、今日も一歩も外出せずになりそうなので、若干面倒だが少しでも歩かないと、又も歩行訓練からやり直しになるので、ポピー畑の近所のレストランで昼食とって、花見に行ってきましたよ  普通に、ありがちなランチですな ポピーは、もうねえ、セール最終 [続きを読む]
  • あのう、致し方なくなんですが
  • 明日、CVポートのオペ  (T_T) 私の血管ね、どれもこれも細い上に、針さすと動くらしいのよ。 そもそも、血液検査の時も、ずーっとドキドキもんだった。一発で決める方、さしてから探る方、2回ほどさしなおす方、さす方チェンジの方。でも、臨床検査技師さんは、いかにもお注射のプロなので、何年もの間何とかやり過ごしてきた。 しかし、今回は、何しろ劇薬抗がん剤  (((( ;°Д°)))) 大丈夫かい 化学療法室の看 [続きを読む]
  • 散歩
  • 一昨日は、朝も早くから、7クール②。 昨日は、又も朝も早くから、別の病院に通院 (本来ならステロイド効果で似非好調日なのに…) と、すると、当然の如く本日の午後から副作用による倦怠感・関節痛・鼻血ブー等々発生。 どうーするかなあ。月曜の昼頃まで、体調復活は見込めないし。行くなら、今日の午前中だよなあ。う〜む。朝、なぜか急に行きたくなった。 行くか否か少し迷ったけど、我が家から、往復80キロだし。 [続きを読む]
  • いよいよ歩行訓練スタートです
  • これ以上ゆっくり歩けば止まってしまう。どんなに緩い上りも、すぐに息があがってうずくまる。だから、いかに調子が良い日でも、小山イオンは広すぎて無理。カスミストアーに車で横付けし、必要な品物だけ買って慌てて帰宅。だって、主治医が事あるごとに、心不全だの呼吸困難だの高血圧でなんだらかんだらだの言うんだもんな…………脅しじゃないのは分かってる分かってるけど。半年間、完全に豚の貯金箱状態‼動かないのに、味 [続きを読む]
  • ズラと温泉とワタシ
  • アバタキ5クール完了!待ちに待った休薬週。なのに、身体はダルダル継続。動けない (。・´д`・。)ちーとも復活のきざし見えず。キンキン冷却の手足には、何ら変化が無いのが救いではあるけれど。このまま、来週6クールに突入するのはつらすぎる。今までは、100?前後は自力で運転したけれど、どー考えても無理。夫に相談し、本日午後から休みを取ってもらい、実は3ヶ月毎に行ってる温泉へgoです。あ、8月にブログに書いたね。こ [続きを読む]
  • 拘禁反応・造影CT・半径20キロの日常
  • 2月に入ったころから呼吸苦に悩まされた。 息しても息しても、酸素が足りなーーい ぐるじい…ぐるじい あげくは、アバタキの副作用も、各種大波の如く襲うし。 ヘモグロビンは常に日常生活限界値なので、動くだけでぐったり日がほとんど、呼吸苦はどこが原因 っていうか、もうあちこちポンコツなだけなんじゃない そして、CT結果の日。 前日から、気にしまいと思っても、しょせんは無理な精神状態。CTをとってから [続きを読む]
  • 無茶な散歩だろ
  • 今日は、まるで、春が来たような陽気。 もう少しで、縮こまる様な寒さも過ぎていくだろう。 なのに、明日からアバタキ5クール目(しかも、造影CT付き) ……。゚+(σ´д`。)+゚・クスン… 手足をしっかり冷やしているので、今のところ、痺れや痛み爪の変形は無いけれど。 血圧上昇により、降圧剤増量。心拍数は、異常に速いし、鼻血は出ない時が珍しい。先日は、3時間近く止まらなくて、オロオロ。貧血は相変わらずで、しょっ [続きを読む]
  • 怒涛の3ヶ月と 昨日はアバタキ4クール目 (その3)
  • 1クール目の①  パクリ単剤投与後の2日間は、ステロイド作用で初日は眠れず、翌日もやたらとソワソワ。無駄に体力を使っている感じ。しかし、4日目と5日目はただただ怠くて、動けるが動きたくない状態って言うのかな。 で、1週間たち、1クール目の② なんと 血小板 6.3万が 8.0万に上昇 (これでも、相当低いんだけれど)私は、その瞬間の、主治医の心底ホッとした表情に感動してしまった。 赤の他人の一主婦の [続きを読む]
  • 怒涛の3ヶ月と 昨日はアバタキ4クール目 (その2)
  • 2017年10月30日   ハラベン1回目の通院。なんと、1年半ぶりに夫同伴 久しぶりの点滴抗がん剤のうえ、夫は12月いっぱいで取らなかった年休を捨てることになるため、年内の通院は毎回付き添いとあいなった。「だって、休まないともったいないじゃないか。」愛なのか、何なのか。 血液検査を終え、予約時間に診察室前に。ところが、1時間過ぎても、呼ばれず。ままあることだが、どうも、様子が変だ。診察室は3部屋 [続きを読む]
  • 怒涛の3ヶ月と 昨日はアバタキ4クール目 (その1)
  • 始まりは、去年の10月中旬の通院日。 マーカーの数字を、主治医と共に凝視。 「先生、これは、もう微増ではないですよね。完全に……」 「薬を変えましょうか。ドングリさん希望のイブランスねぇ。使えるの12月の中旬以降かな。まあ、そもそも、ドングリさんのように多くのホルモン剤を使ってきた場合に、効果があるかどうかはねぇ。」 「先生、ハラベンはどうでしょうか?」 「(苦笑いしつつ) 調べてきたのね。そうね。い [続きを読む]
  • それでも、道は続く
  • 実は、本日の通院で、治療気力さえ失うような諸々が!!! まあ、もう、あっちもこっちも出てきた数字が、どうするの???で でも、 できれば、まだまだ続けたいフラフラ旅。 それが、可能か否かは、誰にもわからない。 でも、可能になることを期待しつつ、しばらくの間、治療に専念することにしました。 って、今まで、専念してこなかったの?!という、突っ込みが入りそうですが。 それで、ほんの、しばらくの間、ブログはお [続きを読む]
  • 何が去り 何が残るのか
  • またも、航空料金を寄付してしまった (。>дもっと世のため人のために寄付しろーい! って。実は、先週の通院で、ついにTS-1 終了となった。「今日から、ハラベンやります?」「いやぁ、さすがに今日は…………あのう、来週なんですけど、このところ毎年行っているんで、ソウルの紅葉とかを考えてるんですが。近いし、さほど体力も使わないし……」「……無理しないで下さいよね。」ああー、だよねぇ‼ついこの間、予約外診察で [続きを読む]