NightWalker さん プロフィール

  •  
NightWalkerさん: NightWalker's Investment Blog
ハンドル名NightWalker さん
ブログタイトルNightWalker's Investment Blog
ブログURLhttp://nightwalker.cocolog-nifty.com/money/
サイト紹介文長期投資の旅は長い。お話していないと退屈です。私の話を聞いてやってください。
自由文2015年。ご時世の波に揺られてセミリタイヤしちゃいましたが、その前はごく普通のサラリーマンでした。
ローコスト、ドルコストこそが庶民の投資の王道!
ブログ10年を迎え、庶民のための投資環境のますますの改善を日々願ってブログを書き続けています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供366回 / 365日(平均7.0回/週) - 参加 2016/01/20 13:08

NightWalker さんのブログ記事

  • アラフィフから投資を始める
  • 何度か書いていますが、私は、アラフィフから投資を始めるのは遅いと考えています。アラフィフから始める場合の不利な理由不利な点をいくつか上げると、投資の勉強をこれまでしてこなかった。人生の残り時間が短かいのでリスク耐性が低いこれまで投資してこなかったので、そもそもリスク耐性がわからない。(が、たぶん、低い)稼ぐ能力も一般的には低下し、体力知力も一般的には低下するころになって、「なんでいまさら」というわけ [続きを読む]
  • 公的年金を70歳を超えて受給開始するとさらに増額?
  • 日経さんです。公的年金受給開始、70歳超も選択肢 政府検討受給開始70歳超でさらに年金受給増額現状は、受給開始を繰り下げると年金額が月0.7%ずつ増える。ただし、70歳までで増額は打ち止め。今回の検討は、さらに、75歳〜80歳まで伸ばした場合も増額されるようにする。増額率は、月0.7%よりも高い上乗せ率にする。という話のようです。老後不安を解消する基本的な考え方老後不安を解消する正攻法は、次の3点になります。(ご参 [続きを読む]
  • 投資はやっぱり始めないことには始まらない
  • foy2017を席巻した「つみたてNISAファンド」ですが、過去最大級の賛辞がタイトルになった記事がありました。日経マネー研究所。山崎俊輔さん。つみたてNISAはノーベル賞級? その賢い仕組みなんでノーベル賞級かというと・・・なんでノーベル賞級かというと、以下の2つの観点からです。(1)自動積立は感情に左右されないで投資できる(行動経済学にかなっている)(2)分散投資が簡単にできる(現代ポートフォリオ理論にかなっ [続きを読む]
  • ポートフォリオチェック 2018/1
  • 私は、相場が急落したとき、あわてず、ポートフォリオのリスク資産比率をチェックしましょうと言ってますが、急騰したときにやってみるというようなことはありませんでした。たまにはやってみます。2018/1 ポートフォリオの変化<2017/12末のポートフォリオ>→ <2018/1/13のポートフォリオ >債券比率が、45.9%→45.5%に減りました。わずか、0.4%。大きな行動を取る必要に迫られるのは、10年に1回くらい?時々あるちょっとした [続きを読む]
  • 長期投資家と短期投資家
  • 当ブログは、長期投資をテーマにしていて、私も長期投資家の端くれです。ところで、長期投資家が存在するのであれば、短期投資家という人もいるはずなのですが、あまり、「私は短期投資家です。」と自己紹介するようなシーンに出くわすことがありません。ずっと続けていれば、みんな長期投資家そもそも、長期投資(長期投資家)って何でしょうか?私の場合は、次の二つの意味合いで使っているようなことが多いです。バイアンドホー [続きを読む]
  • 欲しいなと思っているインデックス
  • 最近、欲しいなと思っているインデックス・ファンドの話です。年明けから、重めの?話が続いたので、思いっきり雑談です。欲しいなと思っているインデックスファンドの話それは、日本と米国を除く先進国指数に連動するローコストファンドです。米国を除く先進国指数は、海外ETFであれば、バンガードのVEAというのがあります。これも、あるといいですよね。米国人になった気分が味わえます。海外ETFであれば、バラ買いすれば、上記 [続きを読む]
  • 人生の長さについて
  • 人間には、わからないものがあります。そのひとつが人生の長さです。お金に関してみても、ここには、いくつかの意味合いが含まれています。2つほど考えてみました。論点その1 年金払い損これは、仕方がない、というのが私の考え。だって、長生き保険だから。年金は、保険であって、貯金ではないのです。保険というのは、払い損になるかもしれないが、いざというときのために入るものです。年金は、長生きしたとき(老齢年金)、 [続きを読む]
  • 0.1%の向こう岸
  • つみたてNISAがトリガーを引いた低信託報酬競争。とうとう、0.1%クラスの先進国株式インデックスファンドが出るに至りました。0.1%の信託報酬差はどの程度?0.1%の信託報酬差はどの程度の差を生むか、グラフにしてみました。横軸は年数です。期待リターンがゼロだったら、コストの影響で、どの程度資産は目減りしていくか?といういつもの図です。以下は完全に私の主観ですが、0.1%の差は、たいしたことないが、0.3〜0.4%の差(ち [続きを読む]
  • アーリーリタイアと郊外生活
  • アーリーリタイアして田舎暮らしという考え方が、流行っているような気がします。私は、アーリーリタイアしても、郊外暮らしです。アーリーリタイアと郊外生活郊外生活の理由は、簡単です。 生活基盤ができているから若い頃は、仕事だったり、結婚したりで、いろいろなところに住んでいたこともありますが、妻の進言もあって、父が、20年前、脳内出血で倒れて以来、親の住んでいたところにいわゆる二世帯住宅を建てて、住んでい [続きを読む]
  • 年金制度の改革に対する腹づもりを整理してみる
  • 年金制度は、老後の重要な支えとなります。とはいえ、年金制度の存続のための改革は進んでいて、腹づもりは必要です。はじめにまず、最初に、私の年金に対する認識(勘も含む)を整理すると、以下のようになります。年金システムはなくならないし、破綻しない。(国家権力をなめてはいけません)しかし、改革は常に必要となる。と言うわけで、これまでも、年金受給開始が、60歳から65歳になった。年金の料率が上がっていった。マク [続きを読む]
  • 米国株のシェアの推移 2009-2017
  • 日本株も春から縁起が良いわけですが、もっと縁起がいいのが米国株。大統領が3万ドル突破宣言。(トランプ氏が3万ドル「宣言」、陶酔どこまで )そんな米国株の全世界株式時価総額に占める割合を、プロットしてみました。データは、サイト「わたしのインデックス」さんから。世界各国のPER・PBR・時価総額 (毎月更新)米国株のシェアの推移 2009-20172009〜2016年は12月、2017年は11月のデータです。2009年の、41%から、米国株 [続きを読む]
  • アーリーリタイアとそのきっかけ
  • 新春と言うことで、始まり系のお題です。アーリーリタイアというのには、ひとそれぞれに、「きっかけ」というのがあると思います。いくつかピックアップしてみました。きっかけ その1 お金が貯まった一生分のお金を稼ぎきって(あるいは、そういうシステムを作って)、経済的自由を得た時点で、リタイアしてしまうという考え方です。ただし、「お金が貯まった」というのは、あくまで、必要条件であって、十分条件ではありません。 [続きを読む]
  • 資産について話してみる 2018(4)コモディティ
  • 資産についての新春雑談、これで最後です。第4回は、「コモディティ」です。コモディティと長期投資コモディティには、私は、ほとんど投資していません。最大の理由は、株式のように自己増殖はしないこと。ほったらかしでは増えないんです。ほかには、そもそも、コモディティの対象はたくさんありすぎるが、インデックスと称しているモノも根拠に乏しい。ローコストで投資しずらい。実物もあるが、多くは先物市場で取引される「価 [続きを読む]
  • 資産について話してみる 2018(3)REIT
  • 資産についての新春雑談、第3回は、「REIT」です。個人投資家と不動産個人が、「不動産」と向き合うケースは、主に3つあります。(1)持ち家(2)不動産投資(3)証券(REIT)(1)(2)は、「流動性が低く取引コストが高い上に、保有コストもそれなりにかかる」「多くのケースは負債を伴っている」「持ち家は、投資と言うより高額消費の側面が大きい」「不動産投資は、投資と言うより事業的側面が大きい」などから、今回の雑 [続きを読む]
  • 資産について話してみる 2018(2)債券
  • 資産についての新春雑談、第2回は、「債券」です。債券のリターンの源泉は金利債券というのは、早い話、「お金を貸すこと」。見返りは、「利子(金利)」と言うことになり、債券は金利で価格が変動します。(1)金利が上がると、債券の価格は下がる。(2)金利が下がると、債券の価格は上がる。金利と逆に価格が変動するのです。(私もよく書き間違えます)株式資産のベストパートナー債券クラスの役割をひと言で言うと、「株式 [続きを読む]
  • 資産について話してみる 2018(1)株式
  • つみたて投資時代の到来ということで、新しく投資を始めようという方も多いと思います。そして、投資を始めようと言うときにぶち当たるのが、「投資のパフォーマンスは、ほとんど資産配分(アセットアロケーション)で決まる」という御言葉です。はじめに今回のエントリーは、新春放談というわけではないですが、基本に立ち返り、資産配分の各要素、「株式」「債券」「REIT」「コモディティ」といった各資産について、それぞれ、私が [続きを読む]
  • あけましておめでとうございます 2018
  • みなさま、あけましておめでとうございます!2018年は「つみたて元年」当ブログが始まったのが2005年ですから、早13年目。セミリタイアしたのが、2015年ですから、早3年目であります。月日の経つのは早いもの。一日、一日が大切であると感じる日々であります。さて、昨年の年初のご挨拶では、「生活に根付いた投資家」が増えてきた、というような話を書きましたが、昨年、まさにそうなってきていると、感じています。それは、たと [続きを読む]
  • 2017/12末のポートフォリオ
  • 2017/12末のポートフォリオです。2017/12末のポートフォリオ今年、最後のポートフォリオです。今年の一年の相場は、前半軟調、後半絶好調。うれしい相場でした。2月にリバランスしたのに、一年で、またしても、リスク資産が膨らんできてます。ありがたい反面、緊張感は漂います。来年は、リーマンショックから、とうとう丸10年。そろそろ、気を引き締めて・・・・というか、たんたんとリバランスをしながら、資産のメインテナン [続きを読む]
  • 2017年 人気記事ランキング
  • 本年も大変お世話になりました。年末恒例 2017年 当ブログの人気記事のランキングです。第1位:急落に備える7箇条長期投資は、急落(暴落)をいかに乗り切るかにかかっていると言えます。そんなTIPS集を一挙掲載という、我ながら、お得なエントリーになっています。でも、ひとつひとつは、ごく普通のことです。第2位:楽天・全世界株式インデックス・ファンドの最初の月次報告にびっくりの巻今年、最大の期待を集めたニューカ [続きを読む]
  • ポートフォリオの表記を来年から、単純化します。
  • 2017も、もうすぐ終わりですが、来年から、自分のポートフォリオの公開表記について、一段と単純化しようかと思ってます。株式、債券、その他の3クラスにまとめる<現在>日本株 15%外国株 25%日本債券 50%その他(REITなど) 10%<来年から>株式 40%債券 50%その他(REITなど) 10%全体としてのリスク感がわかれば良い理由をひと言で言うと、 リスク管理は、このくらいで、いいか〜。です。全体としてのリスク感 [続きを読む]
  • ムスコのつみたてNISA 最終決定
  • 12/26〜 楽天証券でもつみたてNISAの設定ができるようになりました。この2本に決定!あれこれ悩んだわけですが(自分のことじゃないので、かえって悩むの図式)、以下の2本に決定です。三井住友・DCつみたてNISA・日本株インデックスファンド野村つみたて外国株投信日本株:外国株=1:2<ご参考エントリー>ムスコのつみたてNISAの商品選び 2017/12ムスコのつみたてNISAの商品選び 2017/12 スクリーニング編リバラ [続きを読む]
  • つみたての時代
  • さて、徐々に盛り上がりつつある「つみたてNISA」。そんな中、SBI証券さんのプレスリリースです。【主要ネット証券最大級】投資信託の積立設定金額90億円突破のお知らせSBI証券の積立設定金額が90億円を突破!リリースの内容は、以下の通りです。投資信託の月間の積立設定金額が、2017年12月24日時点で、90億円を突破本年10月末の80億円突破に続き、わずか2ヵ月弱での90億円突破積立設定口座数は19万口座に迫る勢いNISAでの利用も [続きを読む]
  • そしてインデックスファンドが残った。
  • 今回は、私がどんな投資家かというお話です。はじめに私は、インデックス投資ブロガーと言われていて、実際、インデックス投資家なのですが、ホントは、このブログ、インデックス投資ブログではなく、長期投資(インベストメント)ブログなんです。「NightWalker's Investment Blog」であって、「NightWalker's Index Blog」じゃないのです。そしてインデックスファンドが残った。私が、インデックス投資家になった経緯を短くまとめ [続きを読む]