NightWalker さん プロフィール

  •  
NightWalkerさん: NightWalker's Investment Blog
ハンドル名NightWalker さん
ブログタイトルNightWalker's Investment Blog
ブログURLhttp://nightwalker.cocolog-nifty.com/money/
サイト紹介文長期投資の旅は長い。お話していないと退屈です。私の話を聞いてやってください。
自由文2015年。ご時世の波に揺られてセミリタイヤしちゃいましたが、その前はごく普通のサラリーマンでした。
ローコスト、ドルコストこそが庶民の投資の王道!
ブログ10年を迎え、庶民のための投資環境のますますの改善を日々願ってブログを書き続けています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供366回 / 365日(平均7.0回/週) - 参加 2016/01/20 13:08

NightWalker さんのブログ記事

  • 言葉について
  • 青井ノボルさんから、拙著にご書評をいただきました。ものすごく熱い想いのあふれるご感想をいただき、著者として大感激です。ありがとうございます。優しさ溢れる「世界一ラクなお金の増やし方」(NightWalker著)(インデックス投資で長期縦走へさん)言葉について青井ノボルさんからは、私の表現の仕方について、あたたかいご感想をいただきました。200ページほどの本書ですが、意外なほどにスラスラと読めます。読者に寄り添う [続きを読む]
  • アーリーリタイアへの道 マインドセット編
  • アーリーリタイアするには、もちろん、経済面での裏付けが必要ですが、やはり、大きいのが精神面です。はじめにアーリーリタイアというのは、私が思うに、実にアウトロー。まだ、働いて稼げるのに、それを放棄してしまうわけです。金銭面だけ考えるに合理性に欠けます。特に、40代半ばころになってくると、自分の労働価値や、仕事による自己実現の道筋(折り合いの付け方)なんかも見えてきますし、オトナとしての合理的判断力が身 [続きを読む]
  • 標準偏差って、何?
  • ときどき「標準偏差」って、さらっと書いていますが、この言葉が出ただけで、スルー反応をしてしまう人も多いと思います。たまには、カンタンに説明してみたいと思います。標準偏差とは?ここでいう「標準偏差」は、インデックス投資界隈で使われるおおむねの意味です。株式資産などのリスク資産は、価格に上下の変動があります。この上下の変動のことをなぜだか「リスク」と呼んでいて、その変動の仕方を「標準偏差」なるもので表 [続きを読む]
  • 東京五輪の後に長期投資を始める?
  • 千草友紀子さんから、拙著にご書評をいただきました。気持ちを入れ直す意味で拙著を読んでくださったとのこと。ありがとうございます。世界一ラクなお金の増やし方←読みました(千草友紀子のブログさん)東京五輪の後に長期投資を始める?千草友紀子さんには、投資をなかなか始められない人に贈る第3章に注目していただきました。この章は、編集者さんとの1回だけの最初の打ち合わせ兼企画会議(といってもとあるカフェ)での編集さ [続きを読む]
  • 「失敗は成功の元」とは限らない。
  • クールな分析がいつも光るちゅり男さんから、拙著にご書評をいただきました。ありがとうございます。【書評】『世界一ラクなお金の増やし方』:インデックス投資の大先輩の貴重な経験談が詰まった1冊(神経内科医ちゅり男のブログさん)過去の経験は大切ちゅり男さんのご書評のタイトルにありますように、拙著を書くに当たって気をつけたことは、経験談です。拙著のインデックス投資の説明部分は、及ばずながら、普通人の投資のアー [続きを読む]
  • 私がアーリーリタイアした最大の理由について考える
  • 私がアーリーリタイアしてしまった理由はいろいろあります。で、その中でも最も大きかった理由は何だろう?と、うすぼんやりと考えてはいたのですが、突然、すとんときました。私がアーリーリタイアした最大の理由それは、 私がサラリーマンに向いていなかったこの一点です。本質的には、ここが理由だなと、なぜかいまさら一気に確信しました。これがなかったら、人生の分岐点で、石にかじりついていたに違いありません。もちろん [続きを読む]
  • ブログ開設14年目のごあいさつ
  • 当ブログは、本日9月11日でブログ開設13年。14年目に突入です。お読みいただいてるみなさまに感謝申し上げます。リーマンショック10年に思う今年は、リーマンショックから丸10年の年でもあります。「そろそろ暴落が来そうだ」という声もちらほら。しかし、暴落の一番困った特性は、いつかは来ますが、いつ来るかはわからないことです。今日、来るかもしれませんが、更に10年後、来るかもしれないのです。「暴落が来て [続きを読む]
  • 私のアーリーリタイアへのプロセス
  • タコペッティさんから、拙著にご書評をいただきました。ありがとうございます。【積立NISA最強】世界一ラクなお金の増やし方を読んだ感想(年収300万円の会社員が副業と投資で資本家を目指すブログさん)タコペッティさんもアーリーリタイアにご興味があるとのことなので、本エントリーもそれにまつわるお話です。私のアーリーリタイアへのプロセス私のアーリーリタイアへのプロセスをまたしても身もふたもなくまとめると、こうな [続きを読む]
  • エバーグリーンな投資
  • 当ブログのブログカラーは、緑色です。(モバイルページは、ココログの固定フォーマットでオレンジ色になってしまいますm(__)m.)エバーグリーンなんで緑にしたかというと、エバーグリーン。エバーグリーンというのは、永遠の緑(そのまんま)。その昔、アナログレコード華やかりし頃、中学生だった私は、とあるレコード屋さん(新星堂さんです)によく行っていました。そこでは、「いつまでも色あせない不朽の名曲、名盤」とされ [続きを読む]
  • 改訂版 一番やさしい! 一番くわしい! はじめての「投資信託」入門
  • 先日ご紹介した竹川美奈子さんの新刊、『改訂版 一番やさしい! 一番くわしい! はじめての「投資信託」入門』が発売になりました。献本いただきました。 投資信託入門書の決定版帯には、投資信託本の決定版とありますが、まさにその通りの一冊です。「投資信託って何?」という方、「知っているつもり」という方、あるいは「すぐ忘れちゃうんだよね」という方まで、すべての投資信託購入層にオススメできます。本書には、全編にわた [続きを読む]
  • 年金は「夫は65歳、妻は70歳」からもらうのが一番おトク?
  • 週刊現代さんです。年金は「夫は65歳、妻は70歳」からもらうのが一番得するワケエッセンスだけ抽出するとエッセンスだけ抽出すると、こんな感じ。年金を繰り下げ受給すると、年8%(正確には8.4%)年金受給額が増える。しかし、以下には注意しよう。公的年金控除が120万円。それ以上は税金がかかる。世帯年収が346万円を越えると介護負担が2割負担になる。加給年金が年39万円弱は、繰り下げ受給するともらえない。以上です [続きを読む]
  • 普通の人のアーリーリタイア
  • ひろめ@複利のチカラで億り人さんから、拙著にご書評をいただきました。ありがとうございます。資産運用でアーリーリタイアした人の体験談が書かれた本を紹介するよ!(複利のチカラで億り人さん)自分で意思決定ひろめさんからは以下のようなご感想をいただきました。「働かされる」のではなく「独立して自分で意思決定して活動する」(中略)個人的には、これからの時代こういう生き方があたりまえの世の中になっていくと思ってい [続きを読む]
  • 「何かの予兆」なのかな?と思ったら
  • ときどき、「何かの予兆」なのかな?と思う、できことがあります。「靴みがきの少年」的な話から始まってもう少し経済的な話まで。トラブルに対する2つのとらえ方たとえば、とある銀行で、とある不適切な会社に投資をしてしまった、あるいは、その結果お客さまにとんでもない融資の仲介をしてしまった、という事案があったとします。あるいは、いい会社に投資するのが売りの、とあるファンドで、これまた、次から次へと、とある不 [続きを読む]
  • GPIFのホームページ 2018
  • GPIFのホームページがリニューアル。ということで、いくつか気になるコンテンツをたまには見てみます。GPIFは、公式 #ホームページ をリニューアルしました。国民のみなさまに向けて、年金積立金の運用に関する分かりやすい情報提供に努めてまいります。https://t.co/Pxto4eNs1t pic.twitter.com/Mmi6SpOkzB― GPIF (@gpiftweets)2018年8月31日「世代間扶養」における意義「世代間扶養」における意義というコンテンツです。年金 [続きを読む]
  • 新しい金融サービスや商品ができたときに考える2つのポイント
  • 世の中は、日進月歩。次々と、新しい魅力的な商品やサービスが生まれます。我らが個人向けの金融の世界でも同じです。優遇金利にポイント付与サービス。これらが続く限り資本主義は大丈夫なんだろうなーと思ったりもするわけですが、私が気をつけているポイントが2つあります。その1 あわてないかつてのネット証券の黎明期、楽しくなって、次々と口座を作ってしまったり、新しい商品に飛びついてしまった私の反省です。この反省 [続きを読む]
  • 生活化する資産形成と資産運用
  • 菟道りんたろうさんから、拙著にご書評をいただきました。ありがとうございます。りんたろうさんのご書評は、かなりすごいです。ぜひ、お読みいただければと存じます↓『世界一ラクなお金の増やし方 インデックス投資はじめました』―資産形成・運用を“生活化”した先達の貴重な証言はじめに「資産形成・運用を“生活化”した先達の貴重な証言」ということで、りんたろうさんの研究対象として認めて頂けた、そんな感じがするご書 [続きを読む]
  • 2018/8末のポートフォリオ
  • 2018/8末のポートフォリオです。2018/8末のポートフォリオ今月も、ほとんどいうか、全く変わってません。市場が、中国だのトルコだの何だのと騒いでいたのがウソのようです。ほんとうに市場が大騒ぎになっているのかそうでないのかは、マイポートフォリオの比率で見るとわかりやすいです。もちろん、比率を見ていたからといって、暴落(暴騰)が予測ができるはずもないわけですが、冷静になれるんですね。私のポートフォリオについて [続きを読む]
  • 私が日本株と外国株の比率を決めたもうひとつの理由
  • 私の株式クラスの資産配分は、日本株が半分くらいです。以前、下記エントリーでは、テクニカルな側面、最小分散指向で半分にしたという話を書きましたが、もうひとつ理由があります。書こうと思ってすっかり忘れてました(^^;)。私は、日本株と外国株の比率をどうやって決めたか?私が日本株と外国株の比率を決めたもうひとつの理由私が日本株の株式クラスに占める比率を半分くらいにしているもうひとつの理由。それは、けっこう、 [続きを読む]
  • 楽天証券「投資信託の販売会社における比較可能な共通KPI」
  • 少し前に話題になった、「投資信託の販売会社における比較可能な共通KPI」。ネット証券の各社さんも発表されているようですが、楽天証券さんが、3指標とも公表されていましたので、当エントリーでは、楽天証券さんを取り上げてみたいと思います。投資信託の販売会社における比較可能な共通KPI以下、楽天証券さんのサイトから、図を引用させて頂きます。運用損益別顧客比率<投資信託>「62.9%の方が運用損益でプラスとなっており [続きを読む]
  • 気づいたらアーリーリタイア
  • kenzさんから、拙著にご書評をいただきました。ありがとうございます。NightWalkerさん著「世界一ラクなお金の増やし方」は実際にアーリーリタイアされた方の実践本はじめにkenzさんからは、著者としての本の狙いを「ずばっと」ご指摘頂いております。さすがです。一番の特徴は「実際にアーリーリタイアされた著者による、アーリーリタイアの決断ポイントやインデックス投資の出口戦略」インデックス投資関連の本は、サラリーマン [続きを読む]
  • 人によって必要な資金は違う
  • 日経さんです。老後設計の大きな誤解 年収多い人ほど生活資金が必要 はじめに本記事では、リタイア後の資金計画について、いくつかの視点を提供してくださっています。資産形成比率目標代替率退職後生活年数さて、本エントリーでは、アーリーリタイア後の私の場合、これらが、どうだったかについて、ちょっと書いてみたいと思います。私の場合(1)資産形成比率正直、生涯トータルでは、よくわからない。アラフォーくらいまでは [続きを読む]
  • 竹川美奈子さんの投資信託本の改訂版が出ます
  • さて、投資信託と言えば、竹川美奈子さん。そんな、竹川さんの最新情報! 投資信託の入門書の改訂版が出ます。 改訂版 一番やさしい! 一番くわしい! はじめての「投資信託」入門9月5日発売、Amazonでは9月6日発売。『一番やさしい! 一番くわしい! はじめての「投資信託」入門』の5年ぶりの改訂版です。この5年で、つみたてNISA、確定拠出年金制度の改正、インデックスファンドの充実などなど、いろんな変化がありました。私が、竹 [続きを読む]