NightWalker さん プロフィール

  •  
NightWalkerさん: NightWalker's Investment Blog
ハンドル名NightWalker さん
ブログタイトルNightWalker's Investment Blog
ブログURLhttp://nightwalker.cocolog-nifty.com/money/
サイト紹介文長期投資の旅は長い。お話していないと退屈です。私の話を聞いてやってください。
自由文2015年。ご時世の波に揺られてセミリタイヤしちゃいましたが、その前はごく普通のサラリーマンでした。
ローコスト、ドルコストこそが庶民の投資の王道!
ブログ10年を迎え、庶民のための投資環境のますますの改善を日々願ってブログを書き続けています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供366回 / 365日(平均7.0回/週) - 参加 2016/01/20 13:08

NightWalker さんのブログ記事

  • アーリーリタイアと黄金の羽の3つの特徴
  • 私がアーリーリタイアして、あらためて気が付いたことのひとつが、「黄金の羽根は本当にあったんだ!」ということでした。私の黄金の羽根ここでお話しする私の黄金の羽根は、ずばり「早期退職制度」のことです。これがあったから、私は、アーリーリタイアに踏み出すことができました。なければ、普通にリタイアして、多少の蓄財(もちろん、つみたてを軸にしたインデックス投資ですよ)を糧に多少なりとも余裕を持ったリタイア生活 [続きを読む]
  • 非課税口座のリバランス
  • 最近では、確定拠出年金(DC)、つみたてNISAなど、非課税口座が、まず、ベーシックにあります。このため、ちょっと悩ましいのがリバランスです。3つの蓄財蓄財は、次の3つに分けられます。(1)非課税口座(DC、NISA)のリスク資産(2)課税口座のリスク資産(3)課税口座の無リスク資産(貯金、個人向け国債など)で、困っちゃいそうなのが、リスク資産が値上がりした場合。リバランスが必要になって、リスク資産の割合を減ら [続きを読む]
  • 生活防衛資金について
  • 生活防衛資金という考え方があります。いざというときに必要なお金はキャッシュで持っておき(生活防衛資金)、それ以外で投資しましょうというものです。私の場合(サラリーマン時代)サラリーマンをやっていた頃は、生活防衛資金というより、生活回転資金(支出のばらつきの平準化資金)として、2〜3ヶ月分の給料手取り分くらいを持っておき、それ以外を運用資金としていました。つまり、ほぼ、全財産=運用資産という状態でした [続きを読む]
  • アーリーリタイアとリストラ・リスク
  • アーリーリタイアには、二つのパターンがあります。ひとつは、自主的な要因、もうひとつは外部要因。早い話、リストラです。私は後者です。リストラが発生する要因リストラが発生するパターンを考えて見ました。個人的な要因を除くと次の2つのケースがあります。会社の経営が苦しくなった。会社の構造的な問題私は、推定ですが、後者です。会社の構造的な問題というのは、終身雇用の慣行は残り、アラフィフくらいで人件費がピーク [続きを読む]
  • 課税口座の使い分けについて考える
  • 下記エントリーでは、いろいろ組み合わせて、世界市場ポートフォリオ、あるいは自分好みのポートフォリオを作ろう!という話をしましたが、積立金額が大きくなったらちょっと別の悩みも出てきます。eMAXIS Slim シリーズのラインアップを見ながらポートフォリオを考えてみる。はじめに「確定拠出年金」「つみたてNISA」「普通の課税口座」で、各資産クラスをどう振り分けるかと言う問題です。私の場合、主たる資産形成時代に、「確 [続きを読む]
  • インデックス投資はどのプロセスがたいへん?
  • カンタンと言われるインデックス投資ですが、意外とカンタンでありません。カンタンなのにカンタンではなく、ラクなのにラクではないという禅問答。まず投資のプロセスを分けてみるまず投資のプロセスを私流に分けてみます。(1)そもそも投資をしようかどうしようか迷う。(2)何を買うかを考え、投資をする(つみたてる)。(3)投資資金を稼ぎつつも人生を楽しむ。(4)何が来ようと投資を続ける。(5)収入がなくなっても [続きを読む]
  • 「世界一ラクなお金の増やし方」がAmazonに登録されました。
  • 6月1日発売の拙著「世界一ラクなお金の増やし方 #インデックス投資はじめました 」がAmazonに登録されました。 無事、出版できそうですご参考エントリーです。本が出ます!世界一ラクなお金の増やし方  #インデックス投資始めました.おりしも、昨日(5月16日)は、印刷所入稿前の最終チェックでした。泣いても笑っても、本日、印刷屋さんへ向かいます。あらためて、章立てをご紹介しときます。はじめに序章  そしてインデック [続きを読む]
  • 分散だけど集中投資
  • さて、先日のエントリーでお伝えしたように、本を出すことになりました。本の中で、たくさん出てくる言葉と言うのがあるのですが、そのひとつが「分散」です。分散だけどインデックス投資に集中インデックススファンドは、現物型であれば、すべての銘柄に分散する、いってみれば究極の分散投資。で、ふと気が付いたのは、私、インデックスファンドのおかげで銘柄は分散してるけど、投資法は「インデックス投資」に集中しているなあ [続きを読む]
  • 定年まで使わないお金を考える
  • 私は、リーマンショック後の10年間、「全財産を一括管理する」という考え方で運用してきました。私の場合結果、アーリーリタイア後どうなっちゃったかというと、全財産で見た場合、退職金で、無リスク資産の比率が大きく増えました。全財産で考えるなら、アーリーリタイア前→ リスク資産:無リスク資産=1:1アーリーリタイア後→ リスク資産:無リスク資産=1:3ぐらいです。つまり、今は、(1)年金受給開始までに使うお [続きを読む]
  • 豊かな老後
  • 時々聞く言葉のひとつに「豊かな老後」というのがあります。「豊かな老後を過ごすためにお金を貯めよう」というような文脈でよく登場します。豊かな老後を築くために必要なことを一つだけあげろと言われたらもし、豊かな老後を築くために必要なことを一つだけあげろと言われたら、それは、たくさんのお金ではなく、「支出を減らすこと」じゃないかな、と最近は思っています。たとえば、「家」。アーリーリタイアした今、現役時代と [続きを読む]
  • 世界一ラクなお金の増やし方 よもやま話編
  • さて、前回の続きのおまけの話です。(前回はこちら)。まだ本も出てもいないのに、いきなりよもやま話編です。よもやま話 その1 いきなり女子の話表紙やタイトルはすべて、編集さんが考えてくださいました。執筆のご依頼依頼があった当初から、おそるおそる次のような、お申し出がありました。 「表紙は女子の絵にしたいんですけど」一瞬、訪れる沈黙。しかし、新人作家である私に、もちろん、ノーはありません。ニッコリ 「 [続きを読む]
  • 資産形成のための投資です
  • 当ブログは、「普通の人も投資をしよう」というのがある種のスローガンになっていますが、正確に言うとちょっと違います。資産形成のための投資正確には、普通の人も資産形成の方法の中に投資を取り入れてみようです。投資をすることが目的ではなく、あくまで、普通の人が資産形成をする上で、インフレなどのリスクに対する耐性を高める手段としての投資です。あくまで、資産形成なのです。で、そのためには、インデックスファンド [続きを読む]
  • 副業の時代
  • 日経さんです。大副業時代の幕開け 政府・企業が後押し副業の時代いろんなスタイルがあって良いと思いますが、人生100年時代なので、これからは、(1)サラリーマン時代(2)サラリーマン卒業みたいな2フェーズがひとつのパターンとしてあります。で、サラリーマン時代もそうなんですが、サラリーマン卒業の時に、副業があるといいわけですよね。いわば、副業が本業になっちゃうわけです。アーリーリタイアした私が思う注意点 [続きを読む]
  • マーケットメイク対象ETF(2018年5月7日時点)がわかりました
  • 東証マネ部さんに、2018年5月7日時点のマーケットメイク対象ETFの一覧表が出ています。マーケットメイク対象ETF一覧(東証マネ部さん)概要(2018年5月7日時点)国内株式ETF(46銘柄)国内債券ETF(1銘柄)不動産ETF(9銘柄)外国株式ETF(2銘柄)外国債券ETF(2銘柄)合計60銘柄です。マーケットメイク対象ETF(2018年5月7日時点の抜粋)私が興味のあるところを中心に抜粋しました。国内株式ETF(46銘柄)コード銘柄名信託報酬 (税 [続きを読む]
  • お金についてお伝えするときに大切な3つのポイント
  • 最近、金融教育、ことに投資教育の必要性が話題に上ります。私として、大切だなあと思っている3つのポイントがあります。その1 株式投資は本質的には善である。良いも悪いも、世の中は資本主義、すなわち、競争でできています。学校というのは競争を排除しようとする傾向があり、多くの人が、この現実を社会に出てから知ります。できれば、子どものころから、正しく理解しておくべきです。株式投資は本質的には善。なぜ、経済は [続きを読む]
  • 投資による資産形成を始めるべきもうひとつの理由
  • 将来が心配、来たるべき日のためにある程度の資産は必要。いや、手っ取り早くお金が欲しい。ならば、投資で資産形成くらいやっとくべき。そう考えて投資を始めようとされている方も多いと思います。これは、もちろん正しいのですが、今や、資産活用期に入った私が気が付いたことがあります。投資による資産形成を始めるべきもうひとつの理由それは、普通の人が、投資による資産形成を始めるべき重要な理由が、  リタイア後の資産 [続きを読む]
  • 50歳くらいのアーリーリタイアがリーズナブルな5つの理由
  • 50歳でアーリーリタイアというのは遅いと考えている若い人も多いですが、50歳くらいのアーリーリタイアって、案外リーズナブルなのかもしれません。(私は、突発的に結果としてそうなっちゃいましたが)理由を5つほど考えて見ました。その1 年金のもらえる額が最適化される賃金カーブ上、50歳近辺で年収のピークを迎えますので、ここまでふんばれば、それなりに厚生年金の報酬比例部分が大きくなります。長く働けば働くほ [続きを読む]
  • まずは借金を返そう
  • 東証マネ部さんです。投資だけではない!借金を減らすのも立派な資産運用だSBI証券楽天証券マネックス証券借金返済はやっぱり大事アーリーリタイアと同時に借金(住宅ローン)を完済したのですが、これは、実感できます。いかに低金利とは言え、借金は借金です。利子負担もあれば、付帯する生命保険(いわゆるチャラ保険)の負担もあります。私が借りたとき(20年以上前)には、次のようなことを考えていました。まずは、長くたくさん [続きを読む]
  • 楽観と悲観 リスクをどの程度心配すべきか
  • ロイターさんです。ブラックスワン(想定外の出来事)という言葉をひさびさに見ました。「ブラックスワン」はサイバー戦争とポピュリズム=ミルケン会議楽観と悲観リーマンショックのころには、「百年に一度」と「ブラックスワン」をよく聞いたような気がします。あと,マニアックな話では「べき分布」(笑)。短い記事から伺うに、「経済」と言うより「政治」。「悲観」と言うより「楽観」です。ただ、違う人もいます。これに対 [続きを読む]