nasu-sodatekata さん プロフィール

  •  
nasu-sodatekataさん: ナスの育て方.com
ハンドル名nasu-sodatekata さん
ブログタイトルナスの育て方.com
ブログURLhttp://nasu-sodatekata.com/
サイト紹介文ナスの育て方。摘芯、支柱立て、収穫のコツ! 秋ナスも簡単に育てられます♪
自由文地植え、プランター栽培もわかりやすくご紹介。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供133回 / 365日(平均2.6回/週) - 参加 2016/01/21 13:28

nasu-sodatekata さんのブログ記事

  • ナス 皮が固い
  • プロのナス作り! 皮が軟らかくジューシー 栽培中のナスの皮が固い原因はなんでしょうか? 高温を好むナスは、6月に入ると収穫時期に入ります。ナスは花が咲いてから実を収穫するまでに約1ヶ月ほどかかります。 しかし一番果実は、小さいうちに収穫すると樹勢が安定するので、満足できるサイズの実がとれるのは2個目以降ということになります。 けれど待望の実を収穫して食べてみたら、皮が固くて食べにくいということがよくあり [続きを読む]
  • 紫園大丸
  • 紫園大丸 紫園大丸は、奈良県天理市の会社、大和農園のナスの品種です。生産地は奈良県で、天理交配、販売元ではなく、育成元でもあります。 大和農園のナスは、主にプロ向けに育成されたものが多いですが、しずるや絹川水などの水ナスや、黒寿長シリーズの長ナス、うすむらさきというちょっと変わったナスまで、いろいろ育成しています。紫園大丸の特徴と栽培のコツをご紹介します。 ■紫園大丸の特徴 ・丸ナス紫園大丸は、ナス [続きを読む]
  • うま旨 秋穫祭なす
  • うま旨 秋穫祭なす タキイ種苗株式会社より出ている、うま旨野菜苗シリーズより、「うま旨 秋穫祭なす」を紹介します。 接ぎ木苗を使用しているので、種まき〜定植までの作業も省け、どなたでも簡単に、秋ナスを収穫することができます。 うま旨 秋穫祭なすの特徴と栽培のコツをご紹介しましょう。 ■うま旨 秋穫祭なすの特徴 ・特性品質の良い太長ナスで、夏に強く、安定した収穫が可能です。草勢も旺盛で育てやすく、生育後半 [続きを読む]
  • ナス わき芽かき 摘芯
  • ナスのわき芽を活用して収穫量を増やせます ナスを仕立てる時、最初からまっすぐ上に伸びている主枝と、一番花の下のわき芽を伸ばした枝とで、3本仕立てか2本仕立てにします。 プランター2本仕立て、空間があればもっと支柱を広げると良いです 地植え3本仕立て 最初からある枝を主枝と言い、一番花の下のわき芽を伸ばした枝を側枝と言います。 枝の仕立てを決めた後は、主枝と側枝は放任状態にして、伸ばし続けます。主枝と側 [続きを読む]
  • 山紫長
  • 山紫長 山紫長(さんしなが)は、カネコ種苗の長ナスの品種です。 山紫長は、暑さ・寒さ、気温の変化に強い品種で、ツヤが良く、高品質のナスをたくさんとることができます。 山紫長の特徴と栽培のコツをご紹介しましょう。 ■山紫長の特徴 ・特性草姿は、半立ち性で、側枝の出が良く、草勢も強いです。夏季に強いのはとても魅力的です。高温時でも、成り休みがなく、収量を確保できます。 ・果実果実の形はスマートな細長い形を [続きを読む]
  • ナスの豚巻きレモン風味
  • 食べ応えじゅうぶんでさっぱり味、ナスの豚巻きレモン風味。 ■ナスの豚巻きレモン風味 ナスは油との相性がとても良い野菜です。脂がのった食材とも相性が良く、その中でも特に豚肉と相性が良いです。豚肉の甘みと旨みのある脂をナスに吸わせると、ナスまでもが、さらにおいしくなります。 今回は、豚バラ肉をナスに巻いて焼き、レモン風味に仕上げました。味付けに使うのは、市販の塩ダレとレモン汁だけなので、難しい調味料の配 [続きを読む]
  • ナス 水やりのコツ
  • ナスの水やり、実は意外と難しいですね ナスは夏野菜の代表としてよく挙げられますが、夏といえば心配なのが水やりです。 夏野菜の中には、水を控えめにした方が良い野菜もありますが、ナスは意外と水を欲しがります。 ナスの葉は広く、水分が蒸散しやすい上に、つける実も水分が多いためです。さらに気温の高くなる夏場は、気温が高いというだけで乾きやすくなります。 かといって、水が溜まった状態が続くのも、ナスには良くあ [続きを読む]
  • ナス 実がならない
  • ナスの実がならない原因はなんでしょうか? ナスの実がならない原因は、大きく分けて2つです。1つは、そもそも花が咲いていないから。2つ目は、花は咲いているけれど、着果がうまくできていないからです。 花が咲かないのも、花が咲いているのに着果ができないのも、ナス栽培にとっては、とても大きな問題です。 今一度、ナスを育てている環境や管理方法を見直し、ナスが実をつけられるように対策していきましょう。 [ナス 実が [続きを読む]
  • ナス 受粉のコツ
  • 着果したばかりのナス♪ ナスが実をつけるには、花を咲かせて、受粉させることが必要不可欠です。では、ナスを受粉させるためには、どのようなことが必要なのでしょうか。 [ナス 受粉のコツ] ■ナスの受粉 ナスは、1つの花の中に雌しべと雄しべがついています。花の中心に雌しべが1本あり、その周りを囲むように雄しべが複数本ついています。 ナスは花を咲かせた後、雄しべの先端の穴から花粉が出て、それが雌しべにくっついて [続きを読む]
  • バルバンターヌ=オーベルジーヌ
  • バルバンターヌ=オーベルジーヌ C)井手商会 バルバンターヌ(DE BARBENTANE)=オーベルジーヌは、フランス直輸入のナスの品種です。 日本ではあまり見かけない珍しい品種ですが、ヨーロッパ産の野菜の種子の中でも非常に質が良く保存が効き、発芽率の良い種なので人気があります。 株式会社井手商会さんなどの通販サイトで取り扱いがあり、日本でも入手できます。 国内では西洋美術館のモネ展で限定販売されるなど、希少価値が [続きを読む]
  • 秋ナス 収穫のコツ
  • 秋ナスは、ナスの栽培期間の後期にできますが、実が引き締まり、種が少なく一番美味しい時期です! でも秋ナスを収穫するにはどうしたらいいのでしょうか?5月頃から栽培し軽い剪定や仕立て、追肥を続けていても、秋ナスを収穫することができず、苗は枯れていってしまいます。 更新剪定、根切り、追肥を行うことで、美味な秋ナスが収穫できます。簡単な作業ですので、ぜひ試みてください。 [秋ナス 収穫のコツ] 1.更新剪定とは [続きを読む]
  • 秋ナス おいしい食べ方
  • 蒸し鶏とナスとオクラの和え物 ナスは夏が旬の野菜ですが、旬は秋まで続きます。秋に収穫されるナスを秋ナスと呼びますが、秋ナスは嫁に食わすなと言われるほど、秋の味覚の代表選手です。 秋ナスをおいしく食べるためには、どのような食べ方や料理をすれば良いのでしょうか。 [秋ナス おいしい食べ方] ■秋ナス おいしい食べ方は? 秋ナスは夏のナスに比べて皮が柔らかく、実が締まって旨みが強いと言われています。真夏に比べ [続きを読む]
  • ナスのとろとろステーキ
  • 分厚いのに、とろっとした優しい食感です、ナスのとろとろステーキ ■ナスのとろとろステーキ ナスはさまざまな料理に使えて、とても便利な野菜です。漬物にして生で食べたり、揚げたり煮たりと、色々な調理法が使え、しかも意外と世界に広く栽培される野菜なので、たくさんの国の料理にも使えます。 日本では、焼きナスやはさみ揚げ、揚げびたしなどが人気ですが、たまにはごくごくシンプルに、ステーキにしてみてはいかがでしょ [続きを読む]
  • ナス栽培 毒
  • チョウセンアサガオ(エンジェルズ・トランペット)は、幻覚剤より強い毒性を持ちます ナス栽培では、毒に関する注意はほとんどされていません。 もちろん、スーパーで市販されているナスにも、家庭菜園して育てたナスには、基本的には毒が含まれていません。 ところが、中にはナスが毒を持つケースもあるのだそうです。ナス栽培で注意すべき毒とは、どういったことなのでしょうか。 [ナス栽培 毒] ■ナスに毒!? 沖縄に住む夫 [続きを読む]
  • ナス 成り疲れ
  • ナスを育てていると、成り疲れという症状が出ることがあります おいしいナスをできるだけたくさん収穫するために、ナスの成り疲れの症状や対策を知っておくと心強いです。ナスの成り疲れの症状と対策をわかりやすくご紹介します。 [ナス 成り疲れ] ■ナス 成り疲れの症状は? ナスだけでなく、トマトやキュウリなどの夏野菜に多い果菜類は、成り疲れという症状を出すことがあります。 ナス栽培の成り疲れの症状を知り、症状が現 [続きを読む]
  • 秋ナス 根切り
  • 秋ナスが開花し、実が付くと嬉しいですね! 秋ナスは、皮が薄くてみずみずしく、種も少なく、夏に収穫するナスとはまた違ったおいしさがあります。 ナスといえば夏のイメージもありますが、実際に食べるのであれば、秋ナスの方が好き、という方もいるくらいです。 秋ナスは、何か特別な品種を育てるというわけではありません。夏に収穫するナスと同じような品種を育て、秋に収穫したものを秋ナスと呼びます。 農家の中には、秋に [続きを読む]
  • 秋ナス 病気
  • 更新剪定前の鈴なりのナス、樹を傷めないように早めに収穫します 秋に収穫するナスを秋ナスと呼びますが、夏のナスとはまた違って軟らかく格別のおいしさがあります。 そんな秋ナスも、病気にかかることがあります。秋ナスがかかりやすい病気には、何があるのでしょうか。 [秋ナス 病気] ■秋ナスの病気は? 秋は夏に比べると、朝夕の気温も下がってきて、過ごしやすくなります。けれど、それと同時に長雨が続いたりして、病気 [続きを読む]
  • ジャパニーズピクリング
  • ジャパニーズピクリングは、在来固定種の長ナスです C)ハーベストマーケット 長さ約40センチ以上にもなる大長ナスですが、それほど太さはなく、鮮やかな紫色の果実です。 「ジャパニーズ」という名前がついていますが、生産地はイスラエルです。 イタリアナスや米ナスとは異なり、日本のナスを基につくられたことが由来です。それゆえ、漬物にも最適で、とてもおいしい長ナスです。 ■ジャパニーズピクリングの特徴 ジャパニ [続きを読む]
  • 帝釈丸
  • 帝釈丸 帝釈丸は、株式会社日本農林社の丸ナスの品種です。 ぷっくりとした丸みのあるナスなので、果実のなった株姿も可愛く、楽しみながら栽培することのできる品種です。 また、帝釈丸の最大の特徴は、ほとんどのナスにある、 硬いトゲがないということです。 ■帝釈丸の特徴 ・トゲなし品種本来、ナスにはトゲがあります。がく(ヘタ)の部分はとくに鋭く、ナス栽培をするにあたって、充分に気を付けなくてはいけないポイント [続きを読む]
  • ナス 収穫開始!
  • ■ナス 収穫開始! こんにちは、Senaです。 初期からの生育不良で収穫に不安があった翡翠ナスとホワイトベル、無事、収穫を迎えることができました。 前回の記事はこちらです。>>ナス 2品種とも着果しました! 1回目の収穫は7月上旬から始まり、まとめて収穫できたのが7月15日でした。ホワイトベルが9個、翡翠ナスが3個でした。 ナス 収穫 7月15日 表皮は少し傷ついています。家族で食べる分なら少しくらい傷ついても気にしませ [続きを読む]
  • ナス 白い花
  • ナスの花は、キレイな紫色をしています 白い実がつく品種も、緑色の実がつく品種も、不思議な事に花は紫色をしているのですね。 ナスを育てていると、時折白い花が咲くことがあります。ナスが白い花を咲かせるのは、なぜなのでしょうか。 [ナス 白い花] ■ナスに白い花が? ナスが白い花を咲かせるのには、いくつかのパターンや理由があります。中には放置していると、本来のナスが育たなくなることもあるので、早いうちに解決し [続きを読む]
  • 秋ナス 旬の時期
  • ナスの更新剪定をして、花が咲くと嬉しいです、花の雌しべの様子で肥料の過不足も判断できます 秋ナスは嫁に食わすな、という言葉があるように、とてもおいしいナスです。けれど、日本のスーパーでは、1年中ナスが並んでいます。秋ナスの旬の時期とは、いつ頃なのでしょうか。 [秋ナス 旬の時期] ■秋ナスとは? 秋ナスの旬には、スーパーのポップにも「秋ナス」という言葉が目立つようになります。そのため、秋以外の時期に売 [続きを読む]
  • ナスの葉 虫食い
  • 虫食いがこのくらいの大きさでも、どんどん広がります ナスの苗を植え付け、少しずつ大きくなってくると、花が咲いたり実がついたりした様子を思い浮かべ、とても楽しみになります。 けれど、栽培中はいろいろな厄介ごとが起きるものです。ナスの大きくて立派な葉に、虫食いができることもあります。 ナスの葉に虫食いができる時、どのような害虫が原因なのでしょうか。 [ナスの葉 虫食い] ■ナスの葉 虫食い ナスにつきやすい [続きを読む]
  • 秋ナスとナスの違い
  • 麻婆ナス、秋ナスのほうが皮が薄くジューシーで食べやすい ナスは夏が旬の野菜(夏ナス)ですが、秋には秋ナスというものも出回るようになります。秋ナスと普通のナスとは、どのような違いがあるのでしょうか。 [秋ナスとナスの違い] ■秋ナスとナスの違いは? ナスは年中スーパーで見かける野菜ですが、本来の旬は夏から秋にかけてです。家庭菜園でも、トマトやキュウリなどの夏野菜と並んで、とても人気があります。 秋ナスと [続きを読む]
  • ナスの簡単きんぴら
  • ナスの簡単きんぴら、めんつゆを使えば早く簡単に作れます ■ナスの簡単きんぴら 夏はナスがスーパーでも安くなりますし、家庭菜園で育てていればたくさん収穫できる季節です。 次から次へとナスが収穫できると、とても嬉しい反面、どうやって使い切れば良いものか、とても悩みます。 そんな時は、作っておくと便利な常備菜の、ナスのきんぴらはいかがでしょうか。めんつゆを使って作るので、味付けの失敗が少ないです。 また、ご [続きを読む]