みらい さん プロフィール

  •  
みらいさん: 千葉市の労働問題・遺言、社労士兼行政書士のつぶやき
ハンドル名みらい さん
ブログタイトル千葉市の労働問題・遺言、社労士兼行政書士のつぶやき
ブログURLhttps://ameblo.jp/souzokumirai/
サイト紹介文千葉市の未払残業代等の労働問題や遺言・信託を業務とする士業事務所の室長が日々の思いをつぶやきます
自由文社会保険労務士兼行政書士です。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供16回 / 365日(平均0.3回/週) - 参加 2016/01/21 20:02

みらい さんのブログ記事

  • 昨日のブログを公開した理由
  • 昨日のブログ、実はだいぶ前に書いたものを公開しています。 労働紛争を専門にしている社労士が自分の辛かった話、ましてや死にかけた話を具体的に公開するのはどうかなと思ってお蔵入りにしていました。 昨日のブログでもこの部分は具体的に書いてはいませんでしたが、車を運転中に居眠りでもなく意識が飛んでいてそれに気づいたとき自分の身に何が起こったのかわからず本当に怖かった。そして冷静に考えて「もしかしたら今、死ん [続きを読む]
  • 記憶がなくなるまで働いたら
  • 遠い昔の会社員時代の話です。 当時、私は某小売店で部門責任者として働いており、社員は2名、パート・アルバイトが8名体制でした。 部下の社員が実家に帰るため退職することになり、店長にも退職の2〜3ヶ月前には伝えられていました。しかし、後任の社員は一向に決まらず、とうとう部下が退職した時点でも決まりませんでした。(人手不足が理由でした) まさかの1人体制です。それから15日位は連続で出勤、その後、他店か [続きを読む]
  • フランスの「失業する権利」
  • 海外の労働・社会保障状況を知れば今の仕事の参考になるのではと思い2冊の本を読みました。 特に印象に残ったのは、フランスの「失業する権利の補償」です。言葉だけ聞いても全く意味がわかりませんね。 理由はこうです。失業しても次の仕事は、生活保障の観点から以前の給与と同水準の必要がある。ゆえに見合わない求人であればあえて就職する必要はない、それまで私には失業する権利がある。 さらにとりあえず食べていくために [続きを読む]
  • 試用期間だから保険加入は不要?
  • 労働相談を受けていると「試用期間だから雇用保険・社会保険は入れない」としている会社が本当に多いです。労働者側もおかしいとわかっていてもそれを言うと不採用になりかねないから絶対に言えない。試用期間が終われば入れるからと割り切って入社してしまう。 雇用保険や社会保険(健康保険・厚生年金)は、要件に該当すれば強制加入です。会社に選択権はありません。また試用期間中は、入れなくても良いなどという規定はどこに [続きを読む]
  • 定時なのに帰れない職場
  • 「毎日残業しているんです」「ああ、お忙しい職場なんですね」「いいえ、それほどでも・・・定時で帰れる日もあるんですが帰りにくくて・・・」 これって会社員あるあるです。定時なのに帰りにくい職場ってよくありますよね。 そういう職場でよくいるのが「俺は(私は)この仕事にやりがいを感じている。だから残業は苦でもなんでもない」というタイプ。その気持ちは、立派です。出世もするでしょう。 しかし、そういうタイプの社 [続きを読む]
  • セクハラ加害者の潜在意識
  • 研修で講師の先生が参考文献にあげられていたので読みました。 普段、私の事務所ではパワハラの相談はよく受けるのですが私が男性ということもありセクハラに関する相談はほとんどありません。 本の中では、セクハラで加害者となった男性と相談員とのやり取りが多く綴られていますがとても認められない主張ばかりです。それでも筆者によれば加害者は悪いとは思っておらず本気でその主張が正しいと信じているようです。 その理由と [続きを読む]
  • 価値観の押し付けはハラスメント
  • 昨日、「職場のパワハラ・セクハラ問題の対策」と題する研修に参加してきました。講師は、前千葉労基署長の稲垣先生です。 普段、パワハラ・セクハラに関するご相談はよく受けます。「馬鹿」「死ね」「早く辞めろ」「まだ独身なの?早く結婚しなよ」や「しつこく飲みに誘う」等はいうまでもなくパワハラ・セクハラにあたります。 ただ「昔は徹夜で働いたのに今の奴はだらしがない」や「女は結婚して子供を産むほうが幸せだろう」と [続きを読む]
  • 民法の相続改正案
  • 先日、民法の相続部分の改正案が明らかになりました。http://www.sankei.com/politics/news/180108/plt1801080006-n2.html改正案のポイントの以下の通りです。①自筆証書遺言についてパソコンなどで作成した財産目録の添付も可能にする②自筆証書遺言を法務局で保管する③配偶者が遺産分割終了時まで住み続けることができる「短期居住権」や、終身・一定期間住み続けられる「長期居住権」を設ける④婚姻関係が20年以上の夫婦の場 [続きを読む]
  • 今年も仕事始めました。そして年賀状のこと。
  • 昨日から事務所で仕事をしていましたが公式には、今日が仕事始めです。 昨日は、急ぎの仕事の書類作成といただいた年賀状のチェックをしていました。もし送っていない方からいただいた場合は、すぐに出さなければいけません。 最近は、LINEやTwitterで年始の挨拶という方も増えていますが私はいまだに年賀状です。中には何年、何十年とお会いしていない方もいますが1年に1回、近況をやり取りするのはすごく大事なよう [続きを読む]
  • 自営業って大変ですか?
  • 最近、「自営業って良いですね」と「自営業は大変ですね」と真逆の評価をいただいたので少し書いてみます。 自営業(個人事業主)が良いところ・出勤時間が決まっていない(自分で時間調整ができる)・理不尽な指示をされない・会社の人間関係は関係ない・やりたくない仕事をやらされない・自分で考えて仕事ができる・いろいろなジャンルの人と知り合いになれる 自営業の悪いところ・退勤時間は決まっていない・仕事の依頼に波があ [続きを読む]
  • 過労死シンポジウムに行ってきました
  • 先週の土曜日、「過労死等防止対策推進シンポジウム」に行ってきました。 1、千葉労働局からの現状報告2、黒葛原先生(みはま総合法律事務所)の講演3、企業の取り組み、4、「神奈川全国過労死等を考える家族の会」代表の方の体験談など充実した内容でした。 その中で特に2点、印象に残りました。まず家族の会代表の方のお話で「現状、教師の時間外労働賃金は時間に応じて支給されておらず月額給与のわずか4%が教職調整額と [続きを読む]
  • 申請取次行政書士と名乗れるようになりました
  • 9月に研修と考査を受けてから早2ヶ月。ようやく東京入管から「届出済証明書」が届きました。 申請取次?東京入管?用語だけ聞いても一体何だかわかりませんね。申請取次とは、外国人の方が日本に入国や滞在するためのビザの取得、または日本人への帰化や永住資格の取得に関する手続きを本人に代わって行うことができる資格です。 今まで行政書士業務に関しては、相続・遺言・成年後見のみを行っていたので特に必要としていませ [続きを読む]
  • 祝30周年
  • 先日、母校(東京情報大学)のホームカミングデーという催しに参加してきました。1988年創立なので今年が30周年だそうです。 2年程前に同級生から学祭の日にOB・OGが集まるイベントがあるから参加しないかと誘われていたのですが昨年は都合がつかず今年初参加となりました。 御成台研究学園都市(千葉市若葉区)という地域にあり、当時はまだ土地のほとんどが造成中で建物は数える程しかありませんでしたが今やすっかり [続きを読む]
  • 間違えても戻れるようになりました
  • 久々の更新です。千葉駅は数年前からリニューアル工事中で順次オープンしている状況です。おおよそ8割方終了したという感じでしょうか。そんななか先日、千葉駅中央口と西口を結ぶ自由通路が開通しました。西口側からみた自由通路入口です。 千葉駅は、以前から東口(現中央口)、西口、北口がありました。その中でもそごうやヨドバシカメラ等がある東口が圧倒的に乗降客が多く、中には東口以外に出入口はないと思っている方もい [続きを読む]
  • 社労士、アピールに励む
  • 社労士登録したのは、約1年前ですが、特定社労士の資格を取れるまでは宣伝活動を控えてました。ようやく4月に資格が取れたのでホームページの作成に取り掛かりようやく完成させて・・・何気に社労士登録時にもらった書類を見ていると「ホームページへの掲載」と「名札の行政機関への掲示」の用紙を発見。 登録すれば自動的に社労士会のHPに掲載されると思い込んでいたので「いつになったら掲載されるのだろう?」とずっと思っ [続きを読む]
  • 社労士、映画を見る
  • 昨日、映画『ちょっと今から仕事やめてくる』を見てきました。元々、私は映画をほとんど見ません。この前、見に行ったのは「踊る!大捜査線」の香取慎吾さん等が出演したものだったはず。もはや何年前かもわかりません。 そんな私がわざわざ映画を見にいったのは、とある著名な社労士さんが見に行って「社労士なら見に行った方が良い」と勧められたから。 映画の冒頭からパワハラのオンパレードで主人公が自殺しようとして助けれら [続きを読む]
  • 社労士用ホームページ公開しました
  • ようやくですが社労士用ホームページを公開しました。行政書士用のHPは自分で作成したのですがとにかく手間がかかるので今回は断念し、フォーマット部分の作成を専門の業者へ依頼しました。見栄えが全く違います。やはりプロですね。 労働相談長山オフィスホームページhttp://www.roudousoudan.info/ 内容については、こつこつ更新して行きますのでたまに見に来ていただけるとありがたいです。 以前、つけようとしたら見つからず [続きを読む]
  • 特定社会保険労務士になりました
  •  昨年11月に受けた特定社会保険労務士(正式名:紛争解決手続代理業務試験)に無事合格し、4月1日より「特定」社労士となりました。 そもそも私は労働問題に取り組みたくて社労士試験を受け始めたのでこれでようやくスタート地点に立てた感じです。 みなさん「特定社労士になりました」と言われても結局、何ができるの?と思われますよね。簡単に言うと「あっせん」の代理人となることができます。では「あっせん」とは何か [続きを読む]
  • いくら年金がもらえるの?
  •  もう先々週になりますが東京で5日間年金研修を受けてきました。 普段、相続・遺言についてご相談を受けていると合わせて年金についても聞かれます。 私は一応社労士でもあるのでご説明はするのですが年金制度が極めて複雑なことや改正が頻繁にあることから細かい部分についての知識には正直自信がありません。 そこで一念発起して研修をみっちり受けることにしました。  研修を受けてみてあらためて「あ〜年金ってやっぱり [続きを読む]
  • 確定申告に行ってきました
  • 昨日、確定申告(青色申告)の提出に行ってきました。初日ということもありかなり混雑していました。 去年は青色申告会に提出したので税務署に直接提出するのは初めてです。会計ソフトに数字を入力し提出する書類はあらかじめ印刷して持っていったので不明な点だけ確認してそのまま提出すれば良いのかと思っていたのですが・・・・わざわざ電子申請としてもう一度入力しなければならないんですね〜。 ただ係員の方が申請書類を見て [続きを読む]
  • 利き腕は決まっている?
  • 日本人の左利きの割合は約11%http://moomii.jp/kosodate/lefthand-percentage.html 案外多いなあという印象です。 私はほぼ左利きです。私の年代ではクラスに私1人しかいませんでした。先生から普通に「ぎっちょなのに直さないの」(今ならいろんな意味で問題となりそうなセリフですが)と言われていた時代です。 正確にいうと左7割、右3割くらいでしょうか。◆書く・食べる・・・左◇投げる・打つ・・・右、◆蹴る・・・左 [続きを読む]
  • 正月営業は従業員にとって・・・
  • 今年は一部の百貨店が営業開始を3日からにするなど正月営業に変化がおきています。 私は約15年前まで小売業で正社員として働いていました。入社当初は、1月1日〜3日まで休みでした。12月はクリスマス前から年末までが繁忙期です。そのためこの期間は、休みはとれず、かつ、長時間労働となるため正月休暇の3日間で疲れをとり、4日から新たな気持ちで仕事始めを迎えていました。 それが一部小売店で2日からの営業を開始し [続きを読む]
  • 今年もお世話になりました
  • 今年も一年お世話になりました。 皆様からの助けを得て何とか無事に乗り切ることができました。 来年は相続・遺言・成年後見業務のみならず年金・労働相談等の社労士業務にも注力していく所存ですので宜しくお願い致します。 *年末年始休業のお知らせ12月29日〜1月3日までお休みさせていただきます。 行政書士相続みらい相談室労働相談長山オフィス代表 長山 浩之 相続みらい相談室ホームページhttp://miraisouzoku.s [続きを読む]
  • 横領を防ぐためには
  • 預貯金引き出し、第三者がチェック 後見人の不正防止案http://www.asahi.com/articles/ASJDN4GQTJDNUTFK007.html 現状では任意後見人には、監督人が必ずつきますが成年後見人は必須ではありません。監督する者もおらず人の財産を預かるのですから少なからず横領という事態が発生することは容易に想像できます。 今回の案は、後見監督人の選任を必須にして後見人が預金を引き出すたびに後見監督人が押印をするというものです。確か [続きを読む]
  • 母校での無料相談会
  • 昨日、千葉市の「若葉区民まつり」での千葉県社労士会主催の無料相談会に参加しました。本来は事務所所在地(中央区)での参加が原則のようですが、会場が我が母校(東京情報大学)ということもありわざわざ立候補して加えていただきました。年金のご相談を中心にたくさんの方にご来場いただきました。 卒業後始めて母校に入りました。何度か大学の前を通ったことはあるのですがなかなか中にまで入る機会はありません。 [続きを読む]