ファンシーなピジョンライフを さん プロフィール

  •  
ファンシーなピジョンライフをさん: 日本観賞鳩会
ハンドル名ファンシーなピジョンライフを さん
ブログタイトル日本観賞鳩会
ブログURLhttp://jfpca.blog.fc2.com/
サイト紹介文かわいい、きれいな観賞鳩を紹介してきますので、お気軽に訪問してください。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供411回 / 365日(平均7.9回/週) - 参加 2016/01/21 21:42

ファンシーなピジョンライフを さんのブログ記事

  • ルークはベジタリン?
  • ルークに「待て!」です。番犬のルークが、キャベツの皮を前にジッと我慢をしています。そして、「よし!」の合図で・・・・、このキャベツを食べ始めました。ルークは犬なので、本来はドッグフードかジャーキーなどが好きだと思うのですが・・・、しかしながら、ルークはこのキャベツの皮(葉)が大好きなのです。特に、葉の柔らかいところではな、中心の芯のの部分に目が無いのです。この葉の前に朝ごはんをあたところですが、そ [続きを読む]
  • このオリエンタルフリルは、とても楽しみです
  • とても楽しみなオリエンタルフリルのヒナです。このオリエンタルフリルのヒナは、6月9日生まれのものですが、順調に育っているようです。両親は、以前にも紹介させていただきましたが、今年初めてペアにしたものです。(写真6です)1羽の方がこんな感じで、成長しトヤが終われば、完璧なブラックレースになるのではないのかと思います。こちらの方が、もう1羽のヒナで、こちらは将来的には完璧なチョコレースになるのではない [続きを読む]
  • タマネギを収穫しました
  • 家族で、タマネギを収穫しました。梅雨の晴れ間?で、天気もよかったので、家族でタマネギを収穫したところです。収穫したタマネギは、普通の白いタマネギがほとんどで、ご覧のように赤タマネギも少しだけ取れました。当方の家庭菜園の南側は、冬場は太陽高度が低くなるために日当たりが悪くなり、冬野菜の生長がよくないので、タマネギの収穫が心配でした。それでも、陽気がよくなってくると、タマネギも大きくなり始め、何とかこ [続きを読む]
  • カワラヒワが遊びに来ました
  • 久しぶりにカワラヒワが、遊びに来てくれました。当方が好きな野鳥のカワラヒワです。先日、このカワラヒワの巣らしき物が落ちていたことを書きましたが、近くにはたくさんいるようです。カワラヒワはスズメ目アトリ科に分類され、スズメと同サイズの野鳥で、太く力強いクチバシを持っています。また、黄色がよく目立つトリで、また、その鳴き声もとてもきれいです。このカワラヒワの2羽が、当方の庭に来てくれたのです。庭には、 [続きを読む]
  • やはりドバトが来ていました
  • 今朝のルークの散歩で、近くの空き地に行ってみました。すると、やはりドバトが朝の食事に来ていました。その数は、7羽のようです。ドバトなので、やはり遠くいるので詳しくは分かりませんが、成鳩というよりはその羽根の感じからして、若鳩のように思われます。実際は、こんな感じで一生懸命にエサを食べているので、羽色の様子ぐらいしか分かりません。でも、ここの空き地に朝方来ると、大体は見ることができますので、結構、そ [続きを読む]
  • 最後のミカンが届きました
  • 今季、最後のミカンが届きました。友人の藤牧農園から、最後の甘夏ミカンが届きました。今回届いたのは、川野夏橙という種類で、木で最後までならせていたものだそうです。早速、いただいてみましたが、爽やかな酸味とほどよい甘みがマッチしたとてもジューシーな甘夏です。先月の月末に届いたのは、こちらのするが甘夏で、当方が一番好きな甘夏で、最後のものでした。家族も大好きでしたので、食べ終わった後でお願いしたところ、 [続きを読む]
  • ネコたちもいよいよその季節です
  • ネコたちに、毛替えの時期がやって来ました!季節はもう夏に近くなってきましたが、それと一緒に、ネコたちも毛替えの時期のようです。当方のネコたちも、撫でてもらうのが大好きですが、最近は撫でるたびごとに、抜け毛が凄い状態でした。そして、サスケの毛をブラッシングしてみると・・・・・・こんな感じで、毛替えの毛がわんさかと取れるではありませんか!サスケも気持ちがいいのか、このままのポーズで、何回もおねだりをし [続きを読む]
  • 新ドイツの若ペアの初子です
  • 5月30日生まれの新ドイツのヒナです。このヒナの両親は、17年生まれの若ペアで、父鳩がS(栗二引)で母鳩は真黒になります。このペアの初子で右側が灰二引、左側が真黒刺のようです。このヒナは生まれた時から鼻コブが凄すぎて、一週間も過ぎると2羽の体に大きな差ができてきました。そのため、左の真黒刺は子育てのうまいレース鳩に一羽だけで預けていたところですが・・・・・。一方、右側の灰二引のヒナは、両親からエサ [続きを読む]
  • すごかった 日本サッカー
  • 対コロンビア戦の日本サッカー、本当にすごかったです。2018 FIFAワールドカップ ロシアのグループステージ第1戦が行われ、日本代表は、コロンビア代表に2−1で歴史的な勝利をあげました。当方も午後9時にキックオフということは分かっていたのですが、このテレビをつけたのは9時5分。ちょうど、香川選手のPKのボールを蹴るところでした。どうしてこのような状況になったのか、全く分からない状態でこの試合の観戦を初め、 [続きを読む]
  • イエローの若です
  • 「栗系の若を紹介してほしい」という、知人からのメールが来ました。栗系の若はいくつかいましたが、イエローの若を紹介させていただきます。この若は4月14日生まれのトリですが、両親はロイヤルイエローというとてもきれいな羽色のトリです。若なので、まだトヤが終わっていませんが、とてもきれいなトリになるのではないのかと思われます。姿勢や骨格の感じから、オスのように思います。そして、こちらが同腹のトリで、こちら [続きを読む]
  • この巣は確か・・
  • この巣が、歩道に落ちていました。当舎の近くの歩道に、この巣が落ちていたのです。毎年、風がとても強かった次の日に、このような感じで巣が落ちているのです。この巣は、恐らくこの工場の樫の木から落ちたのだと思います。この巣を見てみると、本当によくできていますね。自然のシュロの繊維やビニルのひもや釣り糸のテングスなどを、うまく組み合わせて作られています。この巣の作り主は、カワラヒワだと思います。というのは、 [続きを読む]
  • この幼虫を初めて見ました
  • この幼虫を初めて見ました。この黄緑色の幼虫は、テンサン(天蚕)の幼虫で、見つけた場所は、とうほうみんなのスタジアム(あづま陸上競技場)のサブグランドです。当方も休みの時には、このグランドに出かけて、ジョギングやストレッチなどをしてきますが、今日も出かけてきたところです。そして、日カゲで休んでいるときに、この幼虫を見つけたのです。ご覧のように、きれいな黄緑色の大きな幼虫で、このコナラの木を上っていく [続きを読む]
  • こちらのホワイトバーを
  • 当舎のサファイヤホワイトバーの若です。この若は、サファイヤホワイトバーとブラックホワイトバーの両親から生まれたトリです。4月生まれですが、大分トヤも進んできた感じです。まだ、ゴロは吹いていませんが、オスのような感じです。こちらの若は、先ほどのトリと同腹になります。この若も先ほどのトリと同じように、はっきりとしたホワイトバーになりそうです。願わくば、同腹のトリもそうですが、胸や顔のシミが入らなければ [続きを読む]
  • カキランが咲きました、そして・・・
  • 当方のカキランが、咲き始めました。このカキランは、昨年購入したもので地植えにしてあります。カキランは、もともと日本ランの一種ですので、半日陰で水分の多い地であれば十分に自生できますので、当方も地植えい挑戦してみました。ご覧のように、かわいいきれいな花で、去年よりも大きな株になりましたので、本当に満足です。この調子で、来年には株が殖えてくれるとありがたいですね。そして、先週からランの植え替えや株分け [続きを読む]
  • これまた新ドイツの若です
  • またまた、新ドイツの若です。この若は、2月9日生まれの若で、当初はメスと思っていました。両親は、真黒刺しと灰二引刺しのペアで、どちらかというと妙義タイプの血が濃いトリのような感じです。父鳩が完全な妙義タイプで、母親は長手タイプですが、それでも母鳩の祖母が妙義タイプですので、その血統が正しかったことが証明されたような感じです。1990年代頃には、このように頭が丸く、クチバシがより短い妙義タイプが大変 [続きを読む]
  • 仮置き場の除染物がなくなりました
  • 当舎近くの仮置き場の写真です。仮置き場というのは、原発事故で排出された放射性物質が当時、0.24マイクロシーベルト測定された土地や屋根などの数値を下げるために除染し、その除染作業によって集められた土や草・葉、作業用具などを一時的に保管しておいた場所です。この仮置き場は、放射性物質の数値が高かった各市町村内に、各地区ごとに設置されていたのですが、ここの地区の分の除染物が先日、移動されたようです。一方 [続きを読む]
  • 子育てをしたドイツはこんなに元気です
  • 子育てをした新ドイツのヒナは、巣立ちをしています。5月の連休明けから子育てをしたヒナは、こんな感じになっています。やや小ぶりですが、元気にエサを食べています。こちらは、一週間前の写真で、巣立ちした後にうまくエサをとれないので、特別に当方の手元からエサを食べているところです。その結果、ほとんどエサは自分でとれるようになり、少しずつトヤも始まっているような感じです。やや小ぶりのために、エサをとる場合に [続きを読む]
  • ホタルブクロが満開です
  • 当舎の裏に植えてあるホタルブクロが満開です!このホタルブクロは、当方が自生していた道路脇の株をここに移植したものです。ホタルブクロは、日本の各地に自生している多年草ですが、地域や場所によって、花の感じが違っています。こちらの株は、ピンクですが・・・・、こちらの株は純白です。今年は雨が少なかったせいか、株の成長が芳しくなく、特に純白の方は数も少なく、ピンクの半分ぐらいの背丈です。それでも、このように [続きを読む]
  • 白黒のタンブラー
  • 5月生まれのダニッシュタンブラーの若です。このタンブラーも一羽取りでしたが、しばらくぶりに白黒の羽色になりました。両親は真黒と真黒でしたが、父鳩の3代前にこのような白黒の羽色のトリがいましたので、その羽色が出たように思います。こちらが反対側の様子ですが、翼を境に白と黒の羽色がほぼ同じように右と左の羽色も分かれています。震災前は、ダニッシュタンブラーの羽色については、このように白黒に分かれているのが [続きを読む]
  • かわいいインディアンファンテール
  • インディアンファンテールの若メスです。このインディアンファンテールもとても少なくなった鳩種です。このメスは、去年の遅い頃に生まれたトリですが、出来はいいと思います。インディアンファンテールは、ファンテールほどの尾羽の数はありませんが、かわいい冠毛とストッキング毛がマッチして、とても好きな鳩種です。インディアンファンテールといいながらも、冠毛がなかったり、また、ストッキング毛が少なかったりする鳩が多 [続きを読む]
  • ドバトはここにいたのですか
  • 番犬のルークと今朝の散歩で、ドバトを見つけたのです。これらのドバトを見つけたのは、近くの空き地でした。この空き地の所は、今まで何回も通っていましたが、こんな風に見つけたことはありませんでした。というのは、ここは空き地でしたので、ご覧のように草が一面に伸びていたところです。それを持ち主の方が、最近、刈り払ってくださったようなのです。そのため、そのきれいになった所のエサを探しに、このドバト達が来るよう [続きを読む]
  • 山形マスターズ陸上大会に出てきました
  • 今年初めてのマスターズ陸上大会でした。この山形マスターズ陸上競技選手権大会は、6月9日にNDソフトスタジアム山形で行われたものです。当方も、この大会をめざして、老体にむち打ってがんばって練習し、そして、何とかケガをしないで帰ってくることができました。(この写真は、110mハードルのものです。)実は当方も2週間前に、左脚のふくらはぎを肉離れで痛め、ドクターストップを掛けられていたのです。そのため、こ [続きを読む]
  • オリエンタルフリルの若達
  • 当舎のオリエンタルフリルの若達です。このオリエンタルフリルの若は、3月生まれのトリで、以前にも紹介させていただきました。両親は、ブルーレースとイエローレースで、一羽取りの若です。とてもきれいなトリで、姿勢といい配色といい申し分ありません。会員よりもお褒めのメールなどもいただいていましたが、現在、トヤも始まり、少しずつ変わってきています。オスに追いかけられるようになってきましたので、メスのようです。 [続きを読む]
  • これがルークの健康法!
  • 番犬のルークは、健康そのものでした。先日、ルークを動物病院に連れて行き、健康状態を診ていただきました。その結果、間もなく2歳になりますが体重は25.8kgで身体に異常はなく、健康そのものとのことでした。特に、太りすぎではなく十分に運動ができているので、これからも同様の体調管理を心がけてくださいとのアドバイスをいただきました。ルークは、散歩の最後には、必ずといっていいくらいこのように近くの草むらで、 [続きを読む]
  • 除草剤が効いていました
  • 浪江町の実家の様子を見に行ってきました。関東地方までは梅雨入りしたようですが、この福島県などはまだ梅雨入りしていません。今日は仕事が休みでしたので、しばらくぶりに実家のある浪江町に行ってきたところです。そして、実家の雑草の様子を見てきたところです。というのは、先月に見に来たときに、雑草のあるところに、除草剤を散布してきたので、その結果は・・・・?この道路は実家の前の町道で、白線に沿って除草剤を撒い [続きを読む]