ファンシーなピジョンライフを さん プロフィール

  •  
ファンシーなピジョンライフをさん: 日本観賞鳩会
ハンドル名ファンシーなピジョンライフを さん
ブログタイトル日本観賞鳩会
ブログURLhttp://jfpca.blog.fc2.com/
サイト紹介文かわいい、きれいな観賞鳩を紹介してきますので、お気軽に訪問してください。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供419回 / 365日(平均8.0回/週) - 参加 2016/01/21 21:42

ファンシーなピジョンライフを さんのブログ記事

  • ね〜、はやくやってよ!
  • おてんば娘のモモが、ネズミ取り遊びの催促です。当方が持っているネズミ(ロープを丸めたもの)を、早く投げてほしいので、ジッとネズミを見ています。モモの目の輝きが、全然違っています。このネズミをポ〜ンと遠くへ投げると、モモは一直線です。そして、それをモモが持ってきて、また、ネズミ遊びの催促です。この遊びは、何回やってもモモは飽きないようで、ご覧のように当方の近くまでネズミを持ってきます。遠くから、おじ [続きを読む]
  • 鳩友作のオリエンタルフリル
  • 鳩友(会員T氏)作のオリエンタルフリルのヒナです。このオリエンタルフリルのヒナは、T氏が初めて作出したオリエンタルフリルのヒナで、両親は、チョコレースとチョコベタになるそうです。現在は、仮母に育ててもらっていますが、順調な成長ぶりのようです。こちらのヒナは、チョコレースになるような感じの羽色で、とてもきれいなチョコレースになるような感じです。また、顔の周りのシミもないように思うのですが・・・・・・ [続きを読む]
  • まさに秋です
  • まさに秋本番といった感じですね!ルークと一緒に散歩をしていると、いろいろな光景を目にすることができ、とても嬉しくなります。こちらはやはり、散歩コースにあるIさんのところの姫リンゴです。この写真からは、真っ赤なフジのように思われますが、かわいい姫リンゴです。Iさんの話では、今年はリンゴの数が少なかったせいか、とても大きな姫リンゴになったそうです。そして、こちらはNさんの前の道路沿いで咲いているコスモ [続きを読む]
  • ジャーマンですか?見てください
  • 「うちのジャーマン ビューティー ホーマーを見てほしいんです!」と、鳩友から電話がありました。そのため、鳩友宅を訪問し、見せていただいたのが、こちらの純白のペアになります。こちらがそのペアのオスで、JAN環をつけた10年生まれのトリになります。また、観賞鳩界では有名なK氏の私製環が付いており、体の大きなオスです。そして、こちらがペアのメスになります。脚環は私製環のオールド環で、正確な生年は分かりそ [続きを読む]
  • 市民体育祭でした
  • 第62回福島市民体育祭陸上競技が、昨日、行われました。雨模様が予想されましたが、幸いにも予想が外れ、好天の下で陸上競技が実施されました。写真の100mは小学1年から行われ、それぞれが親御さんの声援を受けながら全力でゴールをめざしていました。当方も、年甲斐もなく60歳以上の部に出場しました。(去年までは55歳以上の部でしたが、60歳以上の参加者が増えたせいか、この部になったようです。)それでも、当日 [続きを読む]
  • オリエンタルフリルの若も変身中
  • 当舎のオリエンタルフリルの若達が、変身中です!この若は、6月9日生まれのトリで、両親はブラックレースとブラックレースになります。当方の予想とおりに、変身して父鳩によく似たブラックレースになってきました。こちらが巣立ち間もない頃の若で、肩から翼にかけてのレース模様がずいぶんと変わってきたのが、よく分かると思います。性格的におとなしかったので、メスと思っていましたが、ずいぶんと体もガッチリとしてきまし [続きを読む]
  • 品評会の会場決定
  • 日本観賞鳩会品評会の会場が、決定しました。会場は、昨年度と同じ会場になりました。 会場は、◎ 福島市北中央団地 集会所で、上記のローソン福島北中央店の西となりになります。この会場は、福島市北中央団地自治会及び会長さんらのご厚意でお借りすることができました。なお、品評会の日時は、◎ 平成30年10月26日(日)10:00〜13:00になります。見学は自由ですので、観賞鳩に興味のある方は、奮ってご参加 [続きを読む]
  • 来年は、復活してほしいです
  • 岸和田だんじり祭のパレードで行われるハトの放鳥。今年は台風21号の打撃を受け、中止となった。(産経新聞より、記事・写真をお借りしています) 勇壮さで全国に知られる大阪府岸和田市の「岸和田だんじり祭」(15、16日)で、恒例行事となっていたハトの放鳥が今年は中止されることが13日、分かった。台風21号の影響で、岸和田市内にあったハト小屋が倒壊し、約140羽いたハトが逃げたり死んだりしたためだ。被災か [続きを読む]
  • 本当に逞しきドバトかな!
  • 今朝、ルークとの散歩中に見かけた光景です。先日の秋雨で、倒れてしまったイネの間に黒い物がいくつか見ることができます。よ〜くと見てみると、、その黒いその正体は、何とドバトでした。ドバトが倒れてしまったイネから、その実を食べていたのです。その数は、5・60は板でしょうか。すごい数です。このイネも、後1週間くらいで稲刈りの時期でしょうが、その前に収穫物をいただこうとしているようです。そういえば、去年も道 [続きを読む]
  • 2羽目のプラチナの新ドイツ?
  • ようやく2羽目のプラチナの新ドイツが、巣立ちをしそうです。遅生まれ(8月生まれ)新ドイツですが、羽色がプラチナになりそうです。この両親は、プラチナホワイトバー(父鳩13年生まれ)と真黒刺(17年生まれ)で、親子のペアです。このような羽色の新ドイツを作るために、あえて親子がけをしてみました。こちらが6月生まれの全兄弟のプラチナ?のトリになります。現在、トヤの真っ最中で、1/3ぐらいが換羽したところで [続きを読む]
  • この若の羽色は?
  • 当舎の変わった羽色の6月生まれの若です。マクラリー系の父鳩の羽色はOBO(オルレアンブルーオパール)で、山下南部系の母鳩の羽色はWGでした。この両親から生まれた若ですが、この羽色は何といったらいいでしょうか?こちらが反対側の様子ですが、やはり同じような羽色です。ちなみに、同腹のトリの羽色は母鳩と同じWGで、鳩友が希望していましたので、プレゼントしました。大変安らぐような羽色で、また、優しそうな顔つ [続きを読む]
  • ようやく野菜が順調になってきました
  • 当方の趣味の野菜づくりです。雨の日が続いたりしていますが、野菜はそれなりに順調に取れています。こちらが今日の成果で〜す。これらの野菜は、6月からの日照りの影響で、5月の初めに植えた野菜が6月の下旬に枯れてしまいましたので、もう一度やり始めた物ばかりです。当方が一番好きな野菜のナスです。ナスは、煮てよし、揚げてよし、炒めてよしで、いろいろと工夫しながら食べています。このナスのほとんどは、当方が種から [続きを読む]
  • メダカもかわいいですね
  • メダカたちが、エサの催促です。このメダカたちは、ミユキで鉄仮面になります。このメダカたちは、当方の姿を見つけると、縁のところまで来て、ご覧のようにエサを催促するのです。それではと思って、指を入れてみると・・・・・、先ほどではありませんが、それなりに集まってきました。本当にお腹がすいているようなので、エサをあげてみると・・・。もう、必死になってエサ探しです。そして、あっという間にエサはなくなってしま [続きを読む]
  • マクラリー系のショウレーサーもいろいろです
  • 当舎のマクラリー系のショウレーサー達です。この若は、パウダーブルーで、パウダーブルーとラベンダーから生まれた若オスです。パウダーブルーというのは、全身にパウダー(粉)を振りかけたように白いブルーという意味になります。次のも若ですが、こちらはパウダーラベンダーのオスになります。こちらのは若は、パウダーブルーとラベンダーから生まれましたが、先ほどのパウダーブルーとは兄弟ではなく、いとこになります。(父 [続きを読む]
  • 新ドイツの若達
  • 当舎の新ドイツの若達の一部です。この白黒のトリは、4月生まれの若で、両親は白黒とS(飴二引)になります。とてもきれいな若で、これからがとても楽しみなトリです。こちらが、逆向きの様子ですが、ほぼ左右対称の羽色です。白黒の場合、白が多い白黒よりもこの若のように、白黒が半々か、または、黒がやや多い方がとてもきれいに見えるようです。そして、このS(飴二引)のトリは、4月生まれの若で、両親は白黒とS(飴二引 [続きを読む]
  • 被害に遭われた方にお見舞い申し上げます
  • 本当にすごい、台風21号でした。この台風21号は、最強台風と言われていましたが、正にその言葉通りだったようです。四国に上陸し、その後、近畿から日本海を北上し、異本各地に大きな被害を出たようです。被害に遭われた方々に、衷心よりお見舞い申し上げます。この写真は、近くのSさんの果樹園の様子ですが、やはり、台風の強風で、収穫前のリンゴがずいぶんと落ちてしまったようです。こちらのリンゴの木でも、本当に大きな [続きを読む]
  • 夏ミョウガは、終わりですが・・
  • 近くのAさん宅の夏ミョウガです。道路沿いにあるAさん宅の夏ミョウガ(ハナミョウガ)が、いくつか顔を出していました。しかし、この香味野菜であるミョウガも、Aさん宅にはたくさんあるのか、こちらの方は収穫しないようです。そして、こちらが当方の夏ミョウガですが、もう枯れかかっています。これらのミョウガは、半日陰の方がよく育つのですが、当方には日陰になる場所がないために、ここで育てていました。とても日当たり [続きを読む]
  • 奇跡的に孵った新ドイツのヒナ
  • 卵から孵って、3日目の新ドイツのヒナです。もうほとんどのペアは、巣引きを終了していますが、この両親だけは、何とかあと一腹は取りたいと思っていたところでした。というのも、この両親は17年生まれの若ペアで、羽色はシルバーと真黒ですが、ずいぶん前に一腹取ったところ、思いの外、いい子が取れたのです。しかしながら、若ペアのために、抱卵がとてもうまいとはいえなかったのです。これが、3日前に孵ったときに落ちてい [続きを読む]
  • 焼香に行ってきました
  • 当会の会員の宮沢 公生さんが急逝されました。宮沢公生さんは、青森県七戸町在住の会員の方でしたが、先月、自宅で急逝されたということを家族の方から連絡を受け、焼香に出向いてきたところです。宮沢さんは、菓子店などを営んでいらっしゃいましたが、自宅で、ビデオ鑑賞中に眠るようにして亡くなられたそうです。お亡くなりになる一週間前には、今年の品評会がとても楽しみですなどと、電話で明るく話されていましたので、本当 [続きを読む]
  • サギたちも、一休みのようです
  • サギたちが、こんなに集まっていました。ルークとの散歩中、当舎近くの農道を歩っていると、ご覧のような光景を目にしました。田んぼで耕作していない休耕田に、シラサギがたくさん集まっていたのです。その数は、1,2,3,4,5,6,7・・・・8と、8羽も集まっていました。サギたちの主食は小魚やカニやザリガニだと思いますので、この休耕田にはカエルやバッタ・イナゴしかいないと思います。それなのに、こんなにたくさ [続きを読む]
  • 観賞鳩らしいアーチャンゼル
  • 当舎のアーチャンゼルのペアです。こちらは、ペアのオスの方のトリで、ブロンズと黒の羽色になっています。アーチャンゼルでは、この羽色の組み合わせが一番多いのではないのかと思います。この配色などは、レース鳩には絶対にない羽色で、正に観賞鳩の極みといってもいいのかも知れません。そして、こちらがメスの方で、羽色はレッド一色です。このように、羽色が一色のみのアーチャンゼルも時々見かけますが、その時の羽色は、レ [続きを読む]
  • きれいなユリですが
  • ルークとの散歩中、きれいなユリを見つけました。こちらのお宅では、道路沿いの花壇に、この白いユリを植えているようです。たくさんのユリが植えられているようですので、しばらくその美しい姿を楽しめそうです。また、しばらく行くと、花壇ではないところに、やはりきれいに咲いています。このユリも、先ほどの花壇のところで咲いていたユリと同じように咲いていますが、誰かがここに植えたのでしょうか?こちらは、先ほどのユリ [続きを読む]
  • 遅生まれのオリエンタルフリル
  • 遅生まれのオリエンタルフリル達です。このオリエンタルフリルは、8月5日生まれのヒナです。両親は、ブラックレースとブラックレースですが、チョコレースの羽色になりました。両親がブラックレース同士ですが、それぞれの祖母がチョコ系の羽色でしたので、このようにチョコレースの羽色になったものと思います。こちらのヒナは、8月12日生まれなので、17日目になります。このヒナの羽色もチョコレースですが、翼の中央部分 [続きを読む]
  • 新ドイツのクチバシ
  • 当舎の5月生まれの新ドイツのオスです。両親の羽色は真黒刺しと灰二引刺しですが、この若の羽色は真黒になりました。新ドイツのオスらしいオスになるのではないのかと思うのですが、ちょっと欠点があるようですが、お気づきでしょうか?こちらがアップの写真ですが、やはり、その欠点が大きく出ています。その欠点というのは、上クチバシが先に伸びているということです。新ドイツの場合、ヒナや若の場合にはそれ程気がつきません [続きを読む]
  • ダニッシュタンブラーの羽色
  • ダニッシュタンブラーの羽色について、書きたいと思います。この2羽のダニッシュタンブラーは17年生まれのトリで、ペアになっています。左の方がオスで、その羽色はダニッシュタンブラーでは珍しいチョコになっています。右がメスで、同じく17年生まれのトリで、これまた珍しいダークチョコの羽色です。こちらがメスの右側の様子で、同じようにダークチョコ一色です。このペアからは、同じようなダークチョコ、真黒、真黒刺し [続きを読む]