はりねずみ さん プロフィール

  •  
はりねずみさん: ドイツ、暮らしと雑貨
ハンドル名はりねずみ さん
ブログタイトルドイツ、暮らしと雑貨
ブログURLhttp://doitsuzakka.blog.fc2.com/
サイト紹介文ドイツでの暮らしとお気に入りの雑貨について
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供176回 / 365日(平均3.4回/週) - 参加 2016/01/22 00:04

はりねずみ さんのブログ記事

  • 紫いものケーキみたい
  • オランダでもドイツでも、日本で売っているようなケーキを見つけることは難しいです。どこに行っても、素朴なケーキばかり。それはそれでおいしいのですが、時々、日本で食べていたようなケーキも食べたくなります。でも、その欲求を満たしてくれるようなケーキやさんにはなかなか出会えません。特にオランダ。ドイツは街にケーキ屋さんもたくさんあり、ケーキの品数もたくさんあるので、素朴なケーキの中にもたまに食べてみたくな [続きを読む]
  • クリスマス雑貨専門店
  • クリスマスまであと何日だという表現をテレビでよく耳にするようになりました。スーパーでもクリスマスのお菓子にクリスマスクッキーの材料がたくさん並び、街もだんだんクリスマス一色になりつつあります。先日オランダでクリスマス雑貨専門店を見つけました。クリスマスツリーのオーナメントやキャンドルスタンドなどクリスマス関連のものだけを扱っているお店。年中、クリスマスの物だけを売っているのか、この季節限定のお店な [続きを読む]
  • 巨大なクリスマスツリー
  • あと2週間ほどでドルトムントのクリスマスマーケットが開催されると思います。ちょうど、今はマーケットの真ん中にたつクリスマスツリーの準備中でした。高さ45メートルと大きいのです。わたしは一本のもみの木のもっと小さいクリスマスツリーのほうが素敵だと思うのですが、一応大きいことが自慢のクリスマスツリーです。そして、1700本の木を使って作ります。毎年この時期に完成前のクリスマスツリーの写真を撮っていますが、い [続きを読む]
  • オランダの家の形のティーキャンドルホルダー
  • 先日オランダで、カナルハウスの形をしたティーキャンドルホルダーを買いました。オランダに行くたびに、いろんな雑貨屋さんで見かけて気になっていたのです。3種類ほどあったうちの一つを購入。ついでなので、去年かったドイツの家の形のキャンドルホルダーと並べてみました。全然合わないです。オランダのカナルハウスはカナルハウスのシリーズを揃えていって、ドイツの家のキャンドルホルダーも、ドイツの建物シリーズを揃えて [続きを読む]
  • 甘い誘惑
  • オランダ観光中に通りがかったお店のショーウィンドーに飾ってあったメレンゲのお菓子。すごくおいしそうなので、どうしても通り過ぎることができませんでした。手のひらサイズで大きかったので、カロリーが気になるところですが、食べるときは気にしないことに、、、。ラズベリー味で、ホワイトチョコレートがかかっています。甘いのですが、思ったほど甘くはなかったです。ラズベリー味の酸味のおかげかも。このメレンゲのお菓子 [続きを読む]
  • ハロウィンと宗教改革500周年
  • 10月31日はハロウィンでしたが、ドイツではハロウィンはここ数年はパーティーとかハロウィン用のお菓子とかが出回るようになったようで、私がドイツに来た頃はハロウィンなんてドイツにはなかったような気もします。今年の10月31日はドイツでは宗教改革500周年を記念して特別に祝日でした。ハロウィンのパーティーとかに興味はないけど、宗教改革500周年なら、マルティン・ルターゆかりの街でいろんな催し物が開催されていると思う [続きを読む]
  • ジンジャーティー
  • お気に入りのカフェを見つけようと思い立った日曜日、偶然見つけたカフェがとても素敵でした。森の入り口にあるカフェで夏は庭にもテーブルが出るようです。森で散歩したあとに立ち寄ったという感じの人でにぎわっていました。カフェのテーブルとイスは統一されていなくて、家のリビングみたいなゆったりしたソファの席や、普通のテーブル席、昔のミシンの台を使ったテーブルなどいろいろ。とても落ち着くカフェですぐに気に入りま [続きを読む]
  • 冬時間の始まり
  • 昨日の日曜日、ドイツでは冬時間が始まり、1時間遅くなり、日本との時差が8時間になりました。毎年この日は1時間長く寝ていられるのでうれしかったのですが、年のせいか、今年は1時間長く寝たという感覚はありません。これからどんどん日が短くなって、ドイツの暗くて寒く長い冬が来るのかと思うと、ちょっと憂鬱になります。これからの季節少しでも気分が明るくなるために、お気に入りのカフェでも見つけようとカフェの開拓を始め [続きを読む]
  • ドイツの猫
  • 園芸博覧会会場近くの商店街で窓辺に座っている猫を見つけました。近くによって写真を撮っても別に逃げたりもせず、勝手に撮ったらという感じで座ったまま。しっぽが足に見えて、足を組んで座っているのかと思いました。にほんブログ村 [続きを読む]
  • 童話に出てきそうな森小屋
  • 園芸博覧会の会場で、みんなが写真を撮っていて人だかりができていたところにあったもの。かわいい森小屋。おとぎ話に出てきそうな雰囲気。入り口にほうきが置いてあって、なんか魔法使いの家というイメージで作ったのかもしれません。残念ながらドアには鍵がかかっていて中には入れないようになっていました。庭にこんな小屋があったら子供が喜びそうです。大人でも一人でお茶を飲みながら読書とかによさそう。この森小屋はモデル [続きを読む]
  • 州園芸博覧会
  • 先週の日曜日は園芸博覧会に行ってきました。気温も高くお天気が良かったのと、最終日ということでたくさんの人でにぎわっていました。会場はバード-リップシュプリンゲという保養地でした。だからなのか結構年配の人が多かったです。園芸博覧会は数年おきに開催されているようですが、全然知らなかったです。そして、実際に行っても何なのかよくわからなかったです。4月から開催されていたので、もっと花がきれいなときにいけば、 [続きを読む]
  • メイプルリーフのパターン
  • 風邪のため家でおとなしくしていた先週は、久しぶりにパッチワークキルトに取り組むことができました。秋らしいかぼちゃのパッチワークを作る予定でしたが、オレンジ系の布が手に入らなかったので、家にあった布を使ってメイプルリーフのパターンを縫ってみました。去年パッチワーク教室に飾ってあって初心者向けのパターンだということを思い出したので、これなら一人でもできるかなと思ったのです。正直、簡単そうだし、見た目も [続きを読む]
  • 墓地を通り抜け
  • 先週は風邪で寝込んでいる日が多かったのです。週末はお天気が良く気温も高かったし、体調もだいぶよくなったので、家にいるのがもったいなくて、ちょっとカフェにお茶をしに行きました。以前食べたケーキが美味しかったカフェまで車ででかけたのですが、あいにくカフェの前の駐車場がいっぱい。もともとそのあたりは車を停める場所が少ないうえ、この日はボルシアドルトムントのホーム試合でこのあたりに車を停めて、スタジアムに [続きを読む]
  • オランダの教会の本屋さん
  • 先日、オランダのZwolle という街に行ってきました。古い教会を利用した本屋さんがあるというので、見てみたかったのです。ドイツでも教会離れが進んでいて、キリスト教徒として生まれた時に洗礼を受けた人も、教会から脱退する人が増えていると聞きます。オランダはドイツより教会離れが進んでいて、古い教会を利用したレストランやお店などをよく見かけます。Zwolle の教会は書店とカフェとして利用されていました。オランダのマ [続きを読む]
  • 秋のオランダ布マーケットで買った布
  • 先日、雨が降るなか、オランダ布マーケットに行ってきました。雨でもたくさんの人が買い物に来ていてびっくり。かぼちゃのパッチワーク用にオレンジ系の布を探していましたが、ほしい布が見つからず、代わりに茶系の布を買いました。かぼちゃの代わりに買った茶系の布でメイプルリーフのパターンを縫おうと思います。ついでに、目に入ったかわいい布も。こちらはパッチワーク用ではないので、クッションカバーを作る予定。春に開催 [続きを読む]
  • かぼちゃ
  • 今日から10月です。珍しく朝からいい天気です。今年の夏はドイツは雨の日が例年以上に多かったので、なんだかうれしくなりました。今日はお天気が良いですが、昨日は一日中雨。それでも友達とオランダ布マーケットに行ってきました。その時通りがかった朝市の花屋さんでかぼちゃがたくさん売っていて、すっかり秋らしくなっていました。残念ながら布マーケットではかぼちゃのパッチワークに合いそうな布はみつかりませんでした。か [続きを読む]
  • 秋のパッチワーク用の布
  • キルト屋さんのショーウィンドーでかぼちゃのパッチワークの作品を見てから、ずっとかぼちゃのパッチワークを作りたくなりました。なんか秋らしいものにしたいと家にある布の中から秋らしい色の布を探してみました。もともと茶色が好きではないので、少ししか見つかりませんでした。かぼちゃにぴったりの布が見つからなかったので、メイプルリーフを作ることにしました。かぼちゃもあきらめきれないので、明日布を探してみようと思 [続きを読む]
  • エリカ
  • 春と夏はいろんな花が売っていて花屋さんの前を通るだけでも楽しい気分になれたのですが、だんだん寒くなって売っている花も限られて来て寂しくなってきました。先日スーパーの入り口に売っていた花。ミニ薔薇もありましたが、ほとんど菊とエリカのみ。特にエリカは冬の庭に植えるのに人気なのか、あちこちで見かけます。ガーデニングセンターでも寒い季節にたくさんのエリカを買って帰る人を何度も見かけました。私はエリカは見た [続きを読む]
  • ジャーマンファブリック
  • ドイツで、主に枕や布団のカバーに使われていたジャーマンファブリックという布があります。時々、アンティークマーケットで見かけます。素朴でかわいいデザインなので、パッチワークやハンドメイドの材料にぴったりだと思います。写真のジャーマンファブリックはアンティークマーケットで見つけました。実際に使われたものはくたくたでシミなどもあっていい状態ではありません。未使用の物でも折じみができていたりします。私が見 [続きを読む]
  • デルフトの眺望の風景が見たくて。
  • ハーグのマウリッツハイス美術館で真珠の耳飾りの少女のほかに、見たかったフェルメールの作品があります。デルフトの眺望というフェルメールの故郷デルフトを描いた作品です。マウリッツハイス美術館でデルフトの眺望を見て、描かれている風景を実際にデルフトに行って見てみたかったのです。調べて、東門のあたりだとわかったので、写真を撮ってきました。なんか絵と違うけど、デルフトが実際にここで絵を描いてからかなり時間が [続きを読む]
  • オランダ・ハーグのマウリッツハイス美術館
  • オランダの画家で浮かぶのはゴッホ、レンブラント、フェルメールくらいしか知りません。ゴッホとレンブラントの絵はそれほど見たいとは思わないのですが、フェルメールの絵は実物を見てみたいという気持ちになります。なので、フェルメールの有名な作品、真珠の耳飾りの少女をみるためオランダのハーグにあるマウリッツハイス美術館に行ってきました。想像していたより小さな建物。入り口も正面ではないので、ここ本当に美術館と思 [続きを読む]
  • 若ニシンの塩漬け
  • オランダに行ったらたべるもののひとつに若ニシンの塩漬けがあります。5月か6月ごろの初物が出始める頃に食べるのが一番おいしいと思います。7月にスヘフェニンゲンに行ったときにも食べました。ドイツでも若ニシンの塩漬けを食べることができますが、オランダのほうがクセがなくて食べやすいような気がします。あと、寒い季節にドイツで若ニシンの塩漬けを食べると、なんだか味がおいしくなくてがっかりします。そして、早く初物 [続きを読む]
  • かぼちゃのパッチワークキルト
  • パッチワークキルトのお店の前を通ったらショーウィンドーに秋らしいかぼちゃのキルトの作品が飾ってありました。白と黒の布でかぼちゃを作るなんて発想が私にはありません。かぼちゃの配置とかも、私なら、等間隔で並べると思います。このキルトを見たら、久しぶりに私もパッチワーク再開しようかなと思いました。夏はすっかり、テニス三昧でしたが、屋外のテニスコートを使えるのも今月いっぱいです。だんだん寒くなってきたし、 [続きを読む]
  • クアハウス
  • オランダのスヘフェニンゲンにあるくアハウスが外観からして豪華でお金持ちの休暇場所というイメージを持っていました。ここに来るまで観覧車があることもしらなかったのですが、このクアハウスはスヘフェニンゲンの写真によく写っているので、スヘフェニンゲンといえば、このクアハウスが真っ先に浮かぶのです。ドイツに来てすぐの頃、語学学校で知り合ったお友達からドイツの健康保険では育児や家事に疲れたと医者に言うと、どこ [続きを読む]
  • 9月になるとクリスマスのお菓子がお店に並びます。
  • 9月になり、だんだん寒くなってくると、スーパーに早々とクリスマスクッキーなどが並ぶようになります。ここ数年、ドイツでもハロウィンが浸透してきたのですが、それまでは楽しい夏休みの次の楽しみというとクリスマスだったからなのか、なんなのか、クリスマスまでまだまだ先というのに、9月になるといろんなクリスマスのお菓子がたくさん並ぶようになります。毎年、必ず買うレープクーヘンというドイツのクリスマスのお菓子の一 [続きを読む]