はりねずみ さん プロフィール

  •  
はりねずみさん: ドイツ、暮らしと雑貨
ハンドル名はりねずみ さん
ブログタイトルドイツ、暮らしと雑貨
ブログURLhttp://doitsuzakka.blog.fc2.com/
サイト紹介文ドイツでの暮らしとお気に入りの雑貨について
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供112回 / 365日(平均2.1回/週) - 参加 2016/01/22 00:04

はりねずみ さんのブログ記事

  • あちこちにドイツ国旗
  • サッカーのワールドカップ開催中はドイツのあちこちでドイツ国旗をみかけます。こんな風に窓からちょこっと飾っていたり、ベランダに飾ったり、この家のようにこれでもかというくらい全窓に旗を飾っているのはちょっとやりすぎに思えますが、ワールドカップ開催中は普通だったりします。車にもドイツ国旗。前回のワールドカップの時に比べたら気のせいか今回はあまり国旗をつけた車を見かけません。そして、今日はドイツ対韓国の試 [続きを読む]
  • ドイツ国旗色のケーキ
  • デパートで買い物をしたら、館内のレストランの今月のケーキとコーヒーのセットの割引券をもらいました。ケーキがちょっと気になったので、まだ午前中でしたが、ケーキを食べてきました。今月のケーキはサッカーのワールドカップ開催中なのでドイツ国旗色のケーキでした。カスタードクリーム、ベリー、チョコのクリームの3層になっていて、上には赤、黄、黒の3色の丸いものが振りかけられていました。デパートの中にあるセルフサ [続きを読む]
  • サッカーのワールドカップで盛り上がるドイツ
  • 昨日大阪で地震があったとのことで、関西には家族、親戚や友達もたくさん住んでいるため気になって昨夜はよく眠れませんでした。さて、サッカーのワールドカップが始まりました。現在、日本対コロンビアの試合中。 ドイツはサッカー大国なので、今は国中が盛り上がっていて、カフェなどでも試合が見れるようになっているところが多いです。日曜日はドイツ対メキシコ戦がありました。ちょうど出かけていてカフェに寄ったのですが、 [続きを読む]
  • 地元の人々に愛されているパン屋
  • ドイツではパン屋さんはあちこちで見かけますが、ほとんどがチェーン店です。大手パンメーカーが展開する低価格のパンを売るチェーン店だったり、地域に多くの店舗を構える企業だったりして、個人経営のパン屋さんはどんどん減る一方です。先日新聞にドルトムントで一番おいしいパン屋さんの記事が載っていました。市内のパン屋を10件ほど比べて選ばれたのが個人経営のパン屋さん。市の中心部にあるパン屋ではなかったので、そのパ [続きを読む]
  • ドイツのビーチチェア
  • ドイツの海岸にあるビーチチェアは箱のような形の独特なものです。ドイツ語ではStrandkorbといい直訳すると海岸の籠とかバスケットとなります。家から持っていけるような大きさでなく、ビーチには貸し出し用にたくさんのビーチチェアが並んでいます。先日ガーデニングセンターの中にあるカフェに行くと、ビーチチェアが置いてありました。私はまだドイツのビーチチェアに座ったことがないので、せっかくなのでカフェではこのチェア [続きを読む]
  • オランダの刺繍
  • 学校の家庭科の時間苦手だった刺繍に去年再度挑戦してみたのですが、結局途中でやめてしまいました。でも、まだ興味は残っています。ただパッチワークのほうが楽しいのでパッチワークキルトばかりしていて、刺繍はなかなか再挑戦できずにいますが、またいつか挑戦してみたいです。そのせいか、刺繍作品がよく目に留まります。オランダで古い刺繍を見つけました。学校の家庭科で練習した作品のようです。いろんな字体のアルファベッ [続きを読む]
  • テニスラケット
  • 今、パリでテニスのフレンチオープンが開催中。先週は気になる選手の試合を全部テレビ観戦していたせいで、先週末には目を閉じるとすごいスピードで往復するボールが浮かんでしまいました。テニスは試合観戦も自分でするのも好きです。テニスウェアやラケットを買うのも好き。数年前オランダで古いラケットを見つけました。木製のダンロップのラケットです。正確にはわかりませんが、70年代くらいのものでしょうか。木枠のカバー [続きを読む]
  • ビールの街、ドルトムント
  • ドイツのドルトムントはサッカーの香川選手がボルシアドルトムントに所属してから日本でも知名度が上がりましたが、それまでは観光都市でもないので日本ではあまり知られていない街だったと思います。たぶん私も知らなかったと思います。学校の社会の時間にドイツのルール工業地帯について習った時もエッセンという街しか地名はでてこなかったような記憶があります。そんなドルトムントはビールの街という異名を持っています。昔は [続きを読む]
  • 涼しげなもの
  • 6月になり日本も暑くなったのでしょうか。5月からドイツは毎日暑い日が続いています。時々涼しくなるとほっとします。ドイツでは一般家庭に冷房器具がないのが普通であっても扇風機くらいしかありません。扇風機を使うほど暑い日も1年に数回という感じな気もするので買う気になりません。あとどれくらいの人が買うのかわかりませんが、室内に置くタイプの冷房器具も大型家電のお店でみかけます。まあ暑いからとサンダルを買った [続きを読む]
  • オランダまで
  • 昨日はオランダまで電車で出かけました。ドイツとの国境を越えてすぐの町、フェンローに行ったのですが、車だと1時間ほどなのに電車で行くと家から3時間ほどかかってしまいました。気温がかなり高く熱中症にかかりそうだと思ったり、にわか雨にあって雨宿りしたりと往復合計6時間も移動に使ってたいして観光もできませんでした。それでも、オランダの町はドイツの町と比べて治安がよさそうだし、きれいに整備されていて一人でも [続きを読む]
  • スーストダイク宮殿が描かれた缶
  • 先日訪れたスーストダイク宮殿は何度も増築をして現在のような幅の広い宮殿になったそうです。そのため全体像が写真におさまらなかったです。そんなスーストダイク宮殿が描かれた缶は宮殿がぐるっと缶を一周してしまうくらい。このスーストダイク宮殿が描かれた缶はネットショップで販売中です。缶は汚れが目立ち、さび、へこみもいくつもあり状態はあまりよくありません。☆スーストダイク宮殿が描かれた缶☆にほんブログ村 [続きを読む]
  • オランダのスーストダイク宮殿
  • 先月、オランダのAmerstfoortに行った帰り、近くのスーストダイク宮殿に立ち寄りました。この宮殿は2004年までオランダ王室が使用していて、2006年から一般公開されているそうです。この宮殿の最後の住人は現在の国王の祖母にあたるユリアナ女王とベルンハルト王配ということで宮殿内は中世のお城のような豪華絢爛ではなく現代的でした。昭和の時代によく見ていた皇室アルバムに出てくる皇居の中と雰囲気が似ていました。 [続きを読む]
  • 春のヴェストファーレン公園
  • 日曜日、ドルトムントにあるヴェストファーレン公園で花の苗や球根、ガーデニング用品などのお店がたくさん出店する催しものが開催されていました。ヴェストファーレン公園は入園料が6ユーロとお金がかかりますが、その分、手入れの行き届いているし、ジャンキーや怪しい人がいないのがよいです。これまで何度か公園に来ていますが、初めて鳥居があることを知りました。鳥居付近だけ少し日本庭園風。催し物でたくさん買い物する予 [続きを読む]
  • 父の日
  • 今日ドイツはキリスト昇天祭という祝日です。明日の金曜日に有給をとれば4連休できます。そして、毎年キリスト昇天祭は父の日でもあるドイツ。父の日と言ってもお父さんに感謝する日というより、男同士で集まってビールを飲んだりする日。夫も通っているスポーツクラブの父の日という名の男だけで集まって楽しく過ごす行事に参加して留守です。祝日でも夫が留守だとお昼ご飯の準備もいらないので、私も友達と隣町までハイキングに [続きを読む]
  • お菓子工場の映画館
  • 先月オランダのデンボッシュという街を観光したときに、VERKADE というお菓子メーカーの工場を映画館として再利用しているところがあるというので、興味がわき、行ってみました。市の中心部から歩いて20分ちょっとのところにありました。パット見た感じ映画館とかには見えない、どちらかというと学校に見える地味な建物でした。もともとお菓子工場なので地味なのは当然なのですが、映画館やカフェとして再利用する際にもっと目立つ [続きを読む]
  • ドイツ、ボン。Namen Jesu Kirche
  • ボンのベートーベンハウスのすぐ近くにあった教会の中がとてもきれいだったので写真を撮りました。Namen Jesu 教会と言うそうですが、有名なのかどうかは知りません。柱の色がとてもきれいだったので、ほかの教会とは違う印象を受けました。教会の中は夏でもひんやりしているのですが、青い柱のためさらに涼しげな雰囲気。外観も写真に撮りましたが、全体が入らず。ベートーベンハウスと同じあまり広くない通りに建っていたからだ [続きを読む]
  • ベートーべンが生まれた町
  • ドイツのボンと言えば、元ドイツの首都。それ以外で有名なのはドイツの作曲家ベートーベンが生まれた町ということです。ボン中央駅から少し歩いたところにあるミュンスター広場にはベートーベンの銅像があります。そこからまた少し歩いたところには、ベートーベンハウスという博物館もあります。ベートーベンの生家で、今は博物館となっています。うっかり見過ごしてしまうような建物です。今回はお花見がメインだったし、10年以上 [続きを読む]
  • ドイツの桜
  • 先日、ドイツの桜を見に行きました。ボンというベルリンの前の首都だった街の旧市街地にとてもきれいな桜並木があり、毎年桜祭りも開催されていたそうです。(今年は開催されないとのこと)平日にもかかわらず、お天気が良かったからなのか、たくさんの人でにぎわっていました。そして桜もちょうど見頃。ドイツでも日本の花見について紹介されていて、そのうち花見という言葉が寿司くらいドイツでも浸透しそうなくらい桜の花はたく [続きを読む]
  • ケルン大聖堂
  • 最近のドイツはお天気もよく気温も高く、まさに行楽日和です。日も長くなって観光にはもってこいの季節です。遠出した帰りにケルンで電車の乗り継ぎに失敗して50分ほど時間ができてしまったので、駅前のケルン大聖堂の写真を撮りました。ケルン乗り換えで時間があるとついつい大聖堂の写真を撮ってしまいます。全体が入らないとわかっているのだけど、それでもなぜか写真撮影。夕方の6時半ごろでしたが、まだ明るい。階段は人でい [続きを読む]
  • 修道院のホテル
  • これまでオランダのAmersfoortに行く時は日帰りだったのですが、今回はのんびりできるように1泊しました。宿泊したホテルはもともと修道院だったところです。朝食の後ちょっと回廊を歩いてみたりしました。建物の中はもともと修道院なので普通のホテルとは雰囲気が違うのですが、客室はきれいに改装されているのでとても新しく修道院に泊まっているというのを忘れてしまいます。このホテルはすぐ隣にある専門学校の学生さんたちの [続きを読む]
  • 窓辺のゼラニウム
  • 週末オランダのAmersfoort という街に行ってきました。この街に行くのはこれで3回目です。街並みがきれいでお店もたくさんあり、運河もあり、なんとなく気に入っています。Amersfoort の街を歩いていたら、窓辺に置いてあるゼラニウムがきれいだったので写真を撮りました。ゼラニウム、特に赤いゼラニウムはあまり好きではないのですが、植木鉢と素敵なデザインの鉄格子にレンガ造りの外壁と合っていてとても上品でした。ゼラニウ [続きを読む]
  • キルトの写真集
  • いろいろな時代にキルトの写真集を見つけました。1700年代から1980年頃のものまで。写真の裏のページには解説が載っています。古い作品から年代順に掲載されているので、最後のほうのページになると私の好みとはどんどんかけ離れていきます。私は昔からあるパターンのほうが好きなのかも。私が手に入れた本は英語で書かれていますが、日本語訳も世界のキルトというタイトルで出版されているようです。にほんブログ村 [続きを読む]
  • デンボッシュの名物ボッシュボーレン
  • 日本では各地に名物がありますが、ドイツではあまり聞きません。おそらくオランダもドイツと同じだと思います。でも、先日訪れたオランダの街デンボッシュには珍しく名物のお菓子があります。それは、ボッシュボーレンというシュークリームのようなもの。デンボッシュのJan de Groot というお店のボッシュボーレンが有名なのですが、いつもお店の前に行列ができているくらい人気があるようです。幸い、市内のカフェやレストランに [続きを読む]
  • 4連休
  • 金曜、日曜日と祝日だったのでこの週末は4連休でした。でもお天気もいまひとつだったので、ほとんど家でのんびりしていました。土曜日だけオランダまで日帰りででかけましたが、この日だけ温かく、お天気も夕方まで持ちました。ドイツの学校は先週の月曜日から2週間お休みなので、1週間ほど旅行に行く人も多く、この週末はあまり人がいなくて街がいつもより静か。オランダで立ち寄ったスーパーの入り口にあったイースターのディ [続きを読む]