Mijah さん プロフィール

  •  
Mijahさん: うっかり日本旅
ハンドル名Mijah さん
ブログタイトルうっかり日本旅
ブログURLhttps://ukkari-nihontabi.net/
サイト紹介文日本の四端、海上自衛隊、猫島、路線バスの旅、etc…観光の定番からマニアックな場所までの旅情報満載
自由文いつか行きたかった旅、お届けします。

あなたに合う旅を見つける手助けができるような、そんなサイトを目指して……。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供68回 / 365日(平均1.3回/週) - 参加 2016/01/22 00:46

Mijah さんのブログ記事

  • 動物たちのいる島へ 〜国内の動物の多い島々への旅〜
  • 日本には非常に多くの離島がありますが、中には島の人口よりも動物の数の方が圧倒的に多い島というのも多く存在します。ウサギ、サル、ヒツジ、ウマ……その動物の種類もまた実に様々であり、それぞれの島の独特な光景を生み出します。海、山、空の三景が織り成す離島ならではの絶景。時にはいきいきと、時にはのんびりと過ごす動物たちの姿に癒される旅に出かけてみてはいかがでしょうか。ここでは、そんな「動物たちの島」の数 [続きを読む]
  • 『きらッコノート』様に、当サイトの記事が掲載されました
  • 介護情報サイト『きらッコノート』様にて、私のブログ記事が紹介されました。お出かけ好きの介護士さんにおすすめ!四季の移ろいを感じる庭園特集☆|介護士さん... - job.kiracare.jp掲載されたのは、東京都の「六義園(りくぎえん)」の記事。六義園、桜のライトアップ 〜都内で大迫力のしだれ桜を鑑賞〜 こうやってピックアップされると、なかなか嬉しいものですね。ありがとうございました。ちなみに、今回紹介していただいた『 [続きを読む]
  • 列車と路線バスで行く四国太平洋沿岸横断の旅 #1・旅の計画
  • 去る3月22日〜3月25日まで、四国の南部周遊の旅に出ておりました。今回の旅、タイトルを付けるとすれば、『四国太平洋沿岸横断の旅』。或いは『四国3つの岬を巡る旅+いろいろ』といった所か。前者の方がしっくり来る内容ではあります。 人生初の高知県への上陸を経て、四国最南端の『足摺(あしずり)岬』、南東部の『室戸岬』、そして四国最東端の『蒲生田(かもだ)岬』を経由し、徳島県に至る、といったルートを取りました。今回 [続きを読む]
  • 青島神社 〜宮崎県を代表するパワースポットを楽しむ〜
  • 青島神社。宮崎県宮崎市の青島の中央部に鎮座する神社で、周囲1.5kmほどの青島全体が境内となっています。主に縁結びの御利益がある事で知られ、島の周囲を鬼の洗濯岩が囲む特徴的な場所にもなっており、宮崎県を代表すると言っても過言ではないパワースポットとして多くの参拝者で賑わう場所となっています。 コチラも合せてご覧下さい■『宮崎県南部周遊の旅・3日目 〜最終日:志布志、青島神社、宮崎市街地散策〜』 青島神社 [続きを読む]
  • 都井岬 〜馬、灯台、絶壁の神社…多彩な魅力が満載の岬を周遊する〜
  • 都井岬(といみさき)。宮崎県串間市の、南側に突き出た半島のほぼ全域が広大な牧場と言うべき岬で、海と山、野生の馬たち、灯台、そして神社と、見所が満載の場所となっています。今回は、そんな都井岬についてまとめてみたいと思います。 コチラも合せてご覧下さい■『宮崎県南部周遊の旅・2日目 〜幸島・都井岬で動物たちと触れ合う+道中の愉しみ〜』 御崎馬たちの姿にほっこりする この都井岬の特徴と言えば、やはり何と言 [続きを読む]
  • 鵜戸神宮 〜景勝と岩窟の本殿、宮崎が誇る一級の神宮〜
  • 鵜戸神宮(うどじんぐう)。宮崎県日南市の日向灘(ひゅうがなだ)沿いに位置しており、ダイナミックな日南海岸の景勝と神話、文化が融合した神宮となっています。「鵜戸さん」という愛称で親しまれ、中でも本殿は日向灘に面した岩窟内に建てられており、鮮やかな朱塗りの本殿が神秘性をひと際放つ存在となっています。 コチラも合せてご覧下さい■『宮崎県南部周遊の旅・1日目 〜路線バスで行く堀切峠・鵜戸神宮・飫肥・タギリホテ [続きを読む]
  • 宮崎県南部周遊の旅 〜路線バス・列車を駆使する〜 旅の計画編
  • 2017年12月29日(金)〜31日(日)にかけて、宮崎県へ行ってきました。出張ではなく、完全プライベートです。目的は2つ。私の気分上、これまで宮崎県に行った事がないので(※1)、この年末年始の長期休暇を利用して行ってみたいと思い立った事と、幸島の野生の猿たちの姿を見る事。特に、個人的に魅力的なスポットが多数揃っている南部の海沿いを、是非この目で見てみたいと思い、2泊3日の周遊旅を計画してみる事に。今回は、その計画を [続きを読む]
  • 宮崎県南部周遊の旅 〜路線バス・列車を駆使する〜 旅の計画編
  • 2017年12月29日(金)〜31日(日)にかけて、宮崎県へ行ってきました。出張ではなく、完全プライベートです。目的は2つ。私の気分上、これまで宮崎県に行った事がないので(※1)、この年末年始の長期休暇を利用して行ってみたいと思い立った事と、幸島の野生の猿たちの姿を見る事。特に、個人的に魅力的なスポットが多数揃っている南部の海沿いを、是非この目で見てみたいと思い、2泊3日の周遊旅を計画してみる事に。今回は、その計画を [続きを読む]
  • 琉球ランタンフェスティバル 〜沖縄・読谷村の冬を彩る新たな風物詩〜
  • 沖縄県読谷村(よみたんそん)の「体験王国 むら咲(さき)むら」。平成5年に放送されたNHK大河ドラマ『琉球の風』のオープンスタジオとして使用され、現在はやちむん(陶芸)、紅型(びんがた)やシーサー制作体験等の伝統工芸体験、さらにはマリン体験や乗馬体験等、様々な体験をする事が可能な観光施設となっています。そんな「むら咲むら」にて、読谷村の新しい冬の風物詩として定着しつつあるイベント『琉球ランタンフェスティバル』 [続きを読む]
  • 琉球ランタンフェスティバル 〜沖縄・読谷村の冬を彩る新たな風物詩〜
  • 沖縄県読谷村(よみたんそん)の「体験王国 むら咲(さき)むら」。平成5年に放送されたNHK大河ドラマ『琉球の風』のオープンスタジオとして使用され、現在はやちむん(陶芸)、紅型(びんがた)やシーサー制作体験等の伝統工芸体験、さらにはマリン体験や乗馬体験等、様々な体験をする事が可能な観光施設となっています。そんな「むら咲むら」にて、読谷村の新しい冬の風物詩として定着しつつあるイベント『琉球ランタンフェスティバル』 [続きを読む]
  • 旧堺燈台 〜大阪・堺が誇る夕陽のスポット〜
  • 大阪府堺市の「旧堺燈台」。前回まとめた一等三角点のある日本一低い山「蘇鉄山」の北西側の海岸にある木造の洋式燈台です。 旧堺港に位置する旧堺燈台は、明治10年(1877年)に建築された建物で、所在を変えずに現存する木造洋式燈台としては、日本最古の燈台となっています。約100年に渡り、大阪港を照らし続けましたが、周辺の埋立地が広がるにつれてその役割が果たせないようになり、昭和43年(1968年)には、その灯りを消すこと [続きを読む]
  • 旧堺燈台 〜大阪・堺が誇る夕陽のスポット〜
  • 大阪府堺市の「旧堺燈台」。前回まとめた一等三角点のある日本一低い山「蘇鉄山」の北西側の海岸にある木造の洋式燈台です。 旧堺港に位置する旧堺燈台は、明治10年(1877年)に建築された建物で、所在を変えずに現存する木造洋式燈台としては、日本最古の燈台となっています。約100年に渡り、大阪港を照らし続けましたが、周辺の埋立地が広がるにつれてその役割が果たせないようになり、昭和43年(1968年)には、その灯りを消すこと [続きを読む]
  • 蘇鉄山 〜大阪・堺市、一等三角点のある日本一低い山〜
  • 蘇鉄山(そてつやま)。大阪府堺市の大浜公園内にある低い築山で、一等三角点のある山としては、日本で最も低い山として知られています。その標高は、わずか6.97m。同じ大阪府内の割と近い場所にある、天保山(4.53m)ほどのインパクトさはないものの、ちょっと階段を上っただけで頂上に辿り着ける山という驚きの低さとなっています。堺市の海に面した蘇鉄山は、幕末、黒船の来航に備えてお台場が築かれた場所であり、明治12年(1879年) [続きを読む]