ぽんじゅーす さん プロフィール

  •  
ぽんじゅーすさん: 自然の中で暮らしたい、でもガジェットも好き
ハンドル名ぽんじゅーす さん
ブログタイトル自然の中で暮らしたい、でもガジェットも好き
ブログURLhttp://daifukupon.hatenablog.com/
サイト紹介文普段の生活で気に入ったものの紹介や、旅行の体験を綴ります。ふるさと納税レポートも。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供24回 / 365日(平均0.5回/週) - 参加 2016/01/24 18:49

ぽんじゅーす さんのブログ記事

  • 2018夏旅行③ 城原海岸
  • 今年2度目の城原海岸。前回来てとても気に入った海岸です。真夏でしたが2時間位いて、海にもぐったり、石を探したり、岩を眺めたり。水が綺麗なので魚も見えます。ウツボみたいなニョロニョロしたのもいました。そしたクラゲも。。チクチクやられました。毎回この岩の色のグラデーションに魅せられます。ウットリ。天気にも恵まれ幸せなひと時でした。飛行機まで時間があるので甘い物タイム。「橋本牧場 イタリアンジェラート ア [続きを読む]
  • 2018年夏旅行② 丹波〜豊岡〜玄武洞〜城崎
  • 本日朝一で訪れたのは春日神社の裏にある「野村断層」。丹波市のホームページの記載を抜粋地殻の力が作用して生じた地層の食い違いを断層という。巨大な力をうけるため断層にそって破砕帯がみられ、しばしば粘土を生じている。 野村断層は左横ズレの断層であり、垂直成分はなかったことが断層面に残された条痕からわかる。断層面はチャ−トからなり、走向は南北線より26度西に向き、傾斜は65度東へ傾いている。破砕帯の幅は20m以 [続きを読む]
  • 2018年 夏旅行① 蓬莱峡〜丹波
  • 前日に大阪入り。まずは六甲山の「蓬莱峡」へ。六甲山は8000〜7000万年前、白亜紀の時代に貫入した花崗岩の山です。この景色が見えてきた周辺で駐車場を探しましたがみつかりません。私有地の入り口にスペースを見つけて駐車。こっちの方面かな、とあるき始めるとそこには石の置物が。目にした途端不気味な感じがしてドラマシリーズ『トリック』の世界かと思いました。恐る恐るブロガーさんの記事を見てみたところ、大丈夫そうなの [続きを読む]
  • 橋立鍾乳洞
  • 近場の散策ということで「橋立鍾乳洞」へ行ってきました。秩父鉄道「浦山口」で下車駅から歩いて10分ちょっとです。敷地内に入ると迫力ある岩が目の前に!岩は高さ約75m。この鍾乳洞は武甲山をつくる石灰岩体の西の端に位置します。入場料を払い入り口へ。いざ入場すると、、このうねうねした感じは、アンテロープキャニオンみたい!daifukupon.hatenablog.com一瞬感じただけですので、日本のアンテロープキャニオンだとは思 [続きを読む]
  • 吉見百穴
  • その名を知れど、今まで訪れたことがなかった「吉見百穴」へ。東松山駅を降りるとノーベル物理学賞を受賞した梶田さんの記念碑がありました。東松山出身だったんですね。暑かったのですが行きは歩いて向かいます。吉見百穴の手前にある「岩窟ホテル」跡。立入禁止でした。この辺は凝灰岩が露出しており、比較的人の手でも彫りやすいけど頑丈、と条件が良かったのでしょうね。岩窟ホテルのすぐ横に「岩室観音堂」がありまし [続きを読む]
  • 2018春 日本海 鳥取県〜兵庫〜京都 旅行 4日目
  • 城崎温泉で向かえた旅行4日目。御所の湯で朝風呂をいただきました。本日まず目指すは「竹田城」跡。元々予定にはなく、竹田城を知ってはいたもののまさか近くにあるとは思わず。旅館の方に勧められたことがきっかけで行くことにしました。教えてもらえてよかったです。ゴールデンウィークなので「山城の郷」駐車場は混んでいるだろうなぁと思い、竹田駅近くの駐車場に向かいました。幸い待つことなく車を停められてよかった [続きを読む]
  • 2018春 日本海 鳥取県〜兵庫〜京都 旅行 3日目
  • 旅行3日目。早朝、外湯に向かう途中に見つけた石。天然の柱状節理を切ったもののようです。ちなみにこの写真の向こう側、旧御所湯跡地に2010年完成の「ポケットジオパーク」があり「石の蜂の巣」と名付けられたモニュメントなどがあったそうなのですが、更地になっていました。。何があったんだろう。気を取り直し、まずは今回の旅行の1番の目的であった「玄武洞」へ。大きな川、「円山川」です。川沿いを南下していきます。城崎 [続きを読む]
  • 2018春 日本海 鳥取県〜兵庫〜京都旅行 2日目
  • 今朝の天気は曇り空、少し雨もぱらついていますが昨日よりは良くなっています。まずは「鳥取砂丘」へ。プレハブ小屋の「鳥取砂丘ジオパークセンター」で散策ルート確認。直ぐそばに改修中(建設中?)の建物があったので、完成したらそちらに移るのかもしれませんね。寒いし風も強い。。でもこの強い風が鳥取砂丘を生み出しています。まずは遠くに見える丘、高さ47メートルの「馬の背」を目指します。馬の背に到着。そこから北方向 [続きを読む]
  • 2018春 日本海 鳥取県〜兵庫〜京都旅行 1日目
  • ゴールデンウィーク後半、「玄武洞」の見学を兼ねた旅へ。昼過ぎの飛行機に乗り鳥取空港へ飛びます。天気は曇り。一緒に飛行し始めたお隣のJALさんをパチリ。鳥取の空港ですが、正式には「鳥取砂丘コナン空港」。コナンの作者さんの出身地なんですね。時間通り鳥取に到着し空港でレンタカーを借りました。車は空港内の駐車場に用意されているのでとってもスムーズでした。こじんまりした空港でANAの羽田便のみが就航されて [続きを読む]
  • 2018冬 鹿児島旅行(2)
  • daifukupon.hatenablog.com(続き)天気予報通り1日だけ晴れた旅行の中日は念願の「桜島」へ。そう言えば鹿児島にいるのにまだその姿を拝めていませんでした。早速フェリー乗り場に向かます。向かう途中、NHK朝ドラ「あさが来た」に出ていた五代さんがいました。鹿児島出身だったんですね〜。あーーー。桜島だ!ようやく見えました。朝は逆光なので写真はいまいちですが。。9:00発のフェリーでいざ桜島へ! そう言えばお金 [続きを読む]
  • 2018冬 鹿児島旅行(1)
  • NHK大河ドラマ「西郷どん」が放映中ではありますが、前々から行きたいと思っていた「鹿児島」。鹿児島にまだ行ったことない!と思っていましたが、「与論島」(鹿児島県最南端だそうです)に20年ほど前に訪れたことがあり、なんと滞在中に初・鹿児島ではないことが判明。。それはさておき、桜島あり、火山フロントあり、金鉱山、屋久島、甑島などなど、ジオ好きにとっては見どころだらけ。短い滞在中何を選ぶかと言えばまずは活火 [続きを読む]
  • 2018冬 思い立ち三浦半島へ
  • 京浜急行「三崎口駅」で下車し路線バスに乗り終点の「城ヶ島」で下車。「馬の背洞門」に向かいウォーキング開始後、すぐに現れた路頭。洗濯板のようなところがたくさんあります。このあたりは「三崎層」と呼ばれ、1200万年〜440万年前のシルト・凝灰岩互層、出っ張っているところはスコリア質砂岩や凝灰岩で構成されているそうです。「馬の背洞門」が見えてきました。海蝕洞です。馬の背洞門は「初声層」に属し、400万年〜30 [続きを読む]
  • 皆既月食
  • 2018年1月31日に皆既月食を観察。次回は2037年!当日まで月食のことは知らなかったのですが、寒い中ベランダから観察することに。最近使っていなかったカメラや三脚を慌てて取り出して撮影もしてみました。カメラやレンズはあるものの元々使いこなせていなかったので試行錯誤。充電池の残量があったのが幸い。リモコンの電池は当然のように切れていました。数年前にコンタクトからメガネを常用にしたこともあり、マニュアルだとピ [続きを読む]
  • 2017冬 大分旅行(3)
  • 本日は日本ジオパークに認定されている「おおいた姫島ジオパーク」の姫島へ。姫島へは国東半島の伊美港から定期フェリーが出ています。時刻表。1時間10分〜30分間隔ですね。このフェリーで出発です!フェリーから眺めた姫島。東西約7kmだそうです。姫島に到着。自転車を借り、まず向かう先は「ジオパーク天一根(あまのひとつね)」向かう途中、村役場の近くにあった黒曜岩。ジオパークのインフォメーションセンターに到着しました [続きを読む]
  • 2017冬 大分旅行(2)
  • 本日は少し早めの朝食をいただき、別府市内のレンタカー屋さんへ。目指すは念願の高千穂峡。12月ということでいざ出発となった時に雪や凍結が気になりましたが、結果としては問題ありませんでした。途中何箇所かジオサイトを立ち寄りながらという行程で出発進行〜。最初の目的地は「手取蟹戸」。て・ど・り・が・ん・ど、と読みます。大野川層群犬飼層の露頭(白亜紀・海成層)。この箇所を含む大野川盆地は、今から9万年前の阿 [続きを読む]
  • 2017冬 大分旅行(1)
  • 10年程前に訪れた大分は別府の鉄輪温泉。また行きたいとの思いがようやく実現しました。宿泊は「しんきや」さん。公式ホームページwww.shinkiya.comこちら↓楽天トラベルへのリンク。湯煙ただよう和の宿 しんきや旅館実は1年前の同じ時期(繁忙期)に行こうかと予約を試みたのですが既に満室。今年は数か月前に予約をきっちり入れて実現しました。落ち着くお宿です。さて本日は地獄めぐりの一日。徒歩、バスを織り交ぜ、下の [続きを読む]
  • 東京ミネラルショー 2017
  • 今年も足を運ぶことができた「東京ミネラルショー」。土曜日の午後の訪問でしたが、ものすごく混んでいました。普段は人を押し分けて進むようなタイプではないのですが、ところどころ強気に出てみました。そうでないと押し戻されてしまうので。。。開場を一回り、二回りしても「これ!」というものに巡り合えず歩いていると、「7,999円以下の商品は全て1,000円で〜す」なんて、呼び込みの声も聞こえてきて、「そうじゃないんだ〜 [続きを読む]
  • 2017夏 群馬1泊旅行
  • 週末何も予定が入らない日ができたので、急遽近場の旅行に出かけました。碓氷軽井沢IC近くから見えるた「高岩」碓氷軽井沢ICを下りて浅間山方面に向かう途中の「ロマンチック街道」。最初の目的地、「鬼押出し園」に到着。幼少の頃に来て以来でしたが、自分の記憶とは随分違っていました。記憶の中では岩がもっと黒くて、煙が上がっていました。おそらく煙というのは付近の温泉地から上がる煙で、記憶が混じってしまったようで [続きを読む]
  • キャノン姉妹の一年
  • 最近あまり一冊の本に入れ込むことがなかったのですが、久しぶりに夢中になって読んだ本です。キャノン姉妹の一年 (集英社文庫)作者: ドロシーギルマン,Dorothy Gilman,柳沢由実子出版社/メーカー: 集英社発売日: 2004/02メディア: 文庫 : 2回この商品を含むブログ (2件) を見る出会いは、もともと大好きローラ・インガルス・ワイルダー 著の 大草原の小さな家 シリーズに似た本がないかネットで探した際、紹介されてい [続きを読む]
  • 地質標本館
  • 筑波にある地質標本館へ行ってきました。入り口から石や愛くるしい看板が出迎えてくれて、なんか期待値上がります。そもそも来ることになったきっかけは、北川隆司 鉱物コレクションを展示しているからなのですが、いきなり入り口でお出迎えです!岡谷断層のはぎとり標本つくば隕石。隕石が落下した1996年1月は以前ちょうど筑波にいた頃。隕石の話はどこかで聞いたことがある気がしますが、まさか自分がいた頃だったとは [続きを読む]