テッキー さん プロフィール

  •  
テッキーさん: 続テッキーの山歩き
ハンドル名テッキー さん
ブログタイトル続テッキーの山歩き
ブログURLhttp://tekky2.blog.fc2.com/
サイト紹介文名古屋からの日帰り山歩き 『テッキーの山歩き』の続編です
自由文山生まれ山育ち。
都会に嫁いだものの、週末には野山を歩いています。野山に行けないときはネコの額の草取りや土をいじって遊んだり、高いところにも上っています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供109回 / 365日(平均2.1回/週) - 参加 2016/01/25 16:12

テッキー さんのブログ記事

  • 山口のビュースポット!千畳敷と元乃隅稲成神社
  • 急に冬になり、今日も寒い一日でした。11月半ばから一層慌ただしく、実家と自宅を行き来する日々です。タイヤがノーマルなので念のためチェーンを積んでいますが、今のところは装着しなくて大丈夫です。遠く木曽方面の山々は雪化粧でした。旅は秋吉台からレンタカーで約46km北上し、山口県長門市の千畳敷(標高333m)へ。広さは約26,400平方mの草原が広がっています。日本海に面した半島の付け根あたりですが、その半島の名前が [続きを読む]
  • 大鍾乳洞『秋芳洞』と、カルスト台地『秋芳洞』
  • おとなの修学旅行で原爆ドーム、平和記念公園、厳島神社、弥山の後、広島駅から向かった先は新幹線のぞみで31分の新山口駅。新山口駅からは、レンタカーで移動しました。新山口駅付近から山口県美祢市の秋芳洞までレンタカーで25分。秋芳洞は、秋吉台の地下100m、長さが8.9km、観光コースは約1kmです。日本屈指の大鍾乳洞で、国の特別天然記念物に指定されています。東海圏では、郡上の大滝鍾乳洞、関ケ原鍾乳洞、浜松の竜ヶ [続きを読む]
  • 神が降り立つ山 『弥山』
  • 弥山(みせん)は、広島県廿日市市宮島町の宮島の最高峰で標高535 m。1996年に「厳島神社の建造物群と背後の弥山を含む森林区域」として世界文化遺産に登録されています。厳島神社背後にそびえ、1200年以上前に弘法大使・空海が開山、今も手付かずの原生林が残ります。宮島フェリーから望む弥山  お釈迦様の横顔に見える、おでこの部分が弥山弥山は頂上までハイキングコースが整備されていますが、欲張り旅行で時間があまりない [続きを読む]
  • 高台の豊国神社『千畳閣』と 『大願寺』
  • 宮島といえば厳島神社しか知りませんでしたが、厳島神社を見下ろす場所に迫力ある歴史スポットがあります。豊国神社(ほうこくじんじゃ)、別名千畳閣(せんじょうかく)その名の通り千畳閣は畳857枚分の広さを誇ります。1587年、豊臣秀吉が安国寺恵瓊(あんこくじえけい)に武士の鎮魂のために供養堂の建設を命じた千畳閣、別名豊国神社です。造営途中で秀吉が死去したことで、未完成のまま今に至ります!明治維新によって神仏分 [続きを読む]
  • 海に建つ神殿 『宮島 厳島神社 』
  • 世界文化遺産 厳島神社厳島は、「斎島」(いつきしま)が転じたもので、「神に斎く(心身を清めて仕える)島」という意味。古くから自然崇拝により島を御神体とし、浜辺に遙拝所として設けられた神社です。正式島名も「厳島」で、「宮島」は通称なのだそうです。厳島神社の創建は6世紀、推古天皇即位の年(593年)に豪族である佐伯鞍職(さえきのくらもと)によります。そして、今の姿にしたのが12世紀の平清盛公!平安時代末1168 [続きを読む]
  • 岩国 『錦帯橋』 日本三大名橋
  • 日本三大名橋の一つの錦帯橋(きんたいきょう)がある岩国には、広島から新岩国までこだまで約13分、新岩国駅からバスで15分で行けます。岩国は毛利元就の孫にあたる吉川広家が開いた城下町。錦帯橋は山口県最大級の河川・錦川に架かる日本を代表する木造橋です。1673年に岩国三代藩主吉川広嘉が創建した幅5m、長さ193.3mの木造橋。昭和25年の台風で一度流失しましたが、伝統の組木技法で再建されました。中央の三連はアーチ橋、 [続きを読む]
  • 原爆ドームと平和記念公園
  • 大人の修学旅行で広島に行きました。広島の二つの世界文化遺産。1996年(平成8年)にメキシコで開かれた第20回ユネスコ世界遺産委員会で、「原爆ドーム」と「厳島神社」が世界文化に登録されました。高校時代の修学旅行で行った記録はあるのですが、全くさっぱり覚えていなくて当時はまだ世界遺産登録前。原爆ドーム 正式名称は広島平和記念碑1945年8月6日8時15分 アメリカ軍によって投下された核兵器リトルボーイによって破壊さ [続きを読む]
  • 多治見の小京都 虎渓山永保寺のもみじ
  • 秋晴れの文化の日、多治見を通ったので永保寺に寄りました。永保寺の紅葉は毎年楽しみにしていて、シーズン中は何度か行きます。境内に色づくもみじはもちろん綺麗ですが、池泉回遊式庭園(ちせんかいゆうしきていえん)が美しく、凛とした空気が好きです。正式名称は臨済宗南禅寺派  虎渓山 永保寺(こけいざん えいほうじ)鎌倉時代(1313年)、夢窓疎石(むそうそせき)により開山されました。国宝 観音堂綺麗に紅葉している [続きを読む]
  • 勅使池の水鳥とマムシ
  • 今日もいいお天気で、久しぶりに昼休みに勅使池に行きました。オシドリが飛来したという話を聞いたのですが、会えませんでした。警戒心が強いと言われるオシドリは、池の隅の草むらに隠れてしまうようです。勅使池の周りは1周2.7kmのウォーキングコースになっているので、老若男女の皆さんが歩いたり走ったりしています。撮り鳥カメラマンもたくさんいます。しばらく山歩きができなかったので、青空の下の池畔歩きが楽しいです。 [続きを読む]
  • 十三夜のお月さま
  • 今日から霜月。日没がすっかり早くなりました。「今、お風呂の炊きもの(薪のこと)を取りに外に出たら、月が凄いきれいでね。名古屋では同じように見えないかもしれないけど、ちょっと外にでてみて。」田舎の母から、少女のような電話がありました。名古屋でも綺麗に見えるよ。うさぎもちゃんと見えるよ。月齢 12.3歳、 母 82歳。朝は冷えるから、温かくしてやすんでね。おやすみなさい。11月の予定。4日満月  11日下弦  18 [続きを読む]
  • 国道41号七宗町 お豆腐と油揚げの『豆釜匠』
  • 国道41号七宗町、名も無き湧水から高山方面に少し行くと国道の山側に一軒ぽつりと綺麗な平屋があります。お豆腐と油揚げの『豆釜匠』(とうふしょう)岐阜の大豆と飛騨川飛水狭に流れる山の湧水を使ったお豆腐のお店です。味付けピリ辛油揚げを買いました。夕飯の一品に、フライパンでちゃっと焼いていただきました。甘辛の濃いめのお味で、美味しい新米がさらに美味しくなりました。定番のお土産になりそうです!手あ揚げも、カリ [続きを読む]
  • 国道41号白川町の紅葉風景と湧水
  • 秋の長雨からの台風21号が通過し全国的に晴れとなった26日の朝、国道41号白川町付近から飛騨川越しに見える山肌は、少しだけ紅葉していました。交通量が少し多くて赤い鉄橋と飛水峡が見えるところにはうまく車を寄せる余裕がなかったので、トンネルを越えて『天心白菊の塔』で車から降りました。紅葉はまだ早いですが、霧が立ち上る風景がとても綺麗でしばらく眺めていました。なんてことのない山に見えますが、雨降り続きで山歩き [続きを読む]
  • 女旅、有馬離宮
  • 今日は冷たい雨の一日となり、ダウンベストを着ていました。秋雨前線に台風21号も影響して、今週は雨で寒くなりそうですね。先週日曜は30℃近い夏日だったのに、一気に冬かと思う冷たさです。お風邪など召されませぬように。六甲山の北、関西の奥座敷と言われる有馬は日本最古の温泉だそうです。山に囲まれた有馬離宮は幻想的な別世界で、宮殿でした。ツインベット、もう一人はお布団。コットンのパジャマとワッフル織のバスローブ [続きを読む]
  • 女旅日記 神戸編
  • 週末はいまいちのお天気で、来週は傘マークが並びますね。10月も半ばを過ぎ、日が短くなったせいかカレンダー後半はまるで早送りのようです。身辺の事情はさておき、半年前には日にちが決まっていた高校時代同期の女旅。体育の日の連休に神戸に行きました。10月8日は二十四節気のひとつ、『寒露』でした。本格的な秋になって大気の冷気が強まり露が凍り始める頃を言いますが、なんとなんと最高気温が30℃になる真夏日になりました [続きを読む]
  • 中山道 太田宿を、ぶらり。
  • 土曜日は美濃加茂市に用事があり、時間があったので中山道太田宿に寄りました。朝はまだ小雨が降っていて、いつもなら綺麗に見える御嶽山も厚い雲の中でしたが、お昼過ぎには止んで雲のあいだから青空ものぞきました。江戸時代、中山道には69の宿場があり、太田宿は江戸日本橋から数えて51番目の宿場で東から上町、中町、下町と分かれ、長さは6町14間(約680m)、本陣・脇本陣・問屋・旅籠屋・遊女屋などで賑わいました。太田宿の [続きを読む]
  • 今宵のお月さま 
  • 今宵は、中秋の名月。家の二階の窓から見える月は、始めは電線に引っかかりそうな感じですが、夜も更けると屋根にぶつかる心配もない、高いところで輝きます。18時半頃のお月さまです。今夜は日本中のひとが月を見上げているのですね。父の病室からは見えないけど、月の光はちゃんと届いていますね。お月さまを見上げていると想うことがたくさん。穏やかに色々考えれるのも、月の力だね。おやすみなさい満月は二日後。 [続きを読む]
  • 南沢山・横川山② 横川山頂上 
  • 今日は、空気が澄んでいいお天気の一日でした。こんな日にお山に行ったら気持ちいいだろうなーと思いながら、故郷の両親に代わって栗を拾いに行きました。今は巨木となった3本の栗の樹は私が小学校に入学した記念に植樹したもので、それはそれは大きくなっています^^樹には栗のイガがいくつも成っていて樹の下にはイガがたくさん落ちているのですが、中身はジトッとして半分くらい変色して柔らかくなってしまっていました。先客 [続きを読む]
  • 南沢山・横川山①  〜阿智『ふるさと村自然園』から南沢山へ 〜
  • 中央道や恵那山トンネルが通過している南信州阿智村にある7つの頂は、最近「阿智セブンサミット」とも呼ばれてます。恵那山、富士見台高原、大川入山、網掛山、高鳥屋山、蛇峠山、南沢山。南沢山は標高1564m、トレッキングコースとして手入れもされているので日曜のハイキング気分で出かけました。そして、南沢山からは横川山(標高1620.25m)を通り、富士見台高原まで縦走できますが、横川山までの往復としました。2017年9月24 [続きを読む]
  • 石臼挽き手打ち蕎麦のお店『古窯庵』(こようあん) 〜半田市〜
  • 9月27日。御嶽山の噴火から3年経ちました。ご冥福をお祈りいたします。高い山では紅葉が、平野部では金木犀が香るようになりました。どんな出来事があっても、季節は移り変わっていくのですね。今日よりも明日はいい日になるといいな、そんな風に思う今日この頃です。半田矢勝川の彼岸花を見に行った日、古民家のお蕎麦屋さん『古窯庵』(こようあん)でお蕎麦を食べました。数日前に、美容院で手に取った雑誌に載っていたお店です [続きを読む]
  • 彼岸花と花嫁行列 〜半田市矢勝川〜
  • 一面に咲くまっ赤な彼岸花で彩られた川堤を行く、白無垢の花嫁行列を見ました。童話『ごんぎつね』の作者、新見南吉氏もよく散策されたという半田市矢勝川堤には、約300万本の彼岸花が植えられています。9月16日から10月4日は『ごんの秋まつり』と称して様々なイベントが行われ、花嫁行列もそのひとつです。矢勝川堤近くの岩滑(やなべ)八幡社で神前式の挙式を行い、まっかな彼岸花のバージンロードを人力車で通られました。おめ [続きを読む]
  • 豊田市逢妻女川(あいづまめがわ)の彼岸花 〜つぼみ多し〜
  • 豊田市南西部を流れる逢妻女川(あいづまめがわ)。小さな川に架かる天王橋から男橋の間約450mの両岸の土手で、逢妻地域の有志の方々の力で植えられた約150万本の彼岸花が咲きはじめています。ところで、逢妻女川(あいづまめがわ)。切なくなるような名前の川ですね。逢妻女川は東名高速を横切り、下流300mくらいの豊田市駒場町で東の方から流れてきた逢妻男川(あいづまおがわ)と合流し「逢妻川」となります。名前の由来はいく [続きを読む]
  • Nicon COOLPIX A900
  • 彼方此方で彼岸花を見かけるようになり、夜はタオルケット一枚では寒く感じるようになりました。連休中に直撃する台風18号が通り過ぎると、一気に秋に模様替えになるのでしょうか。新しい相棒を紹介します。山に行ったとき一眼レフカメラで素敵な山写真を撮られる方を見かけると、「かっこいいなーー!」といつも横目で見ているのですが、そんな一眼レフに負けず、またコンパクトデジカメです。身の丈、身の丈。腕と懐事情の、、、 [続きを読む]
  • 『緑の館』 R41沿い 下呂の自家焙煎珈琲店
  • 下呂の温泉街から41号を高山方面に10分くらい行くと、右側にある青い屋根とレンガ造り風の自家焙煎珈琲『緑の館』。 3年くらい前に、納古山の頂上でたまたま居合わせた女性に頂いたドリップ珈琲が『緑の館』で、「とても素敵な珈琲専門店ですよ」と教えてもらった。超有名らしいけど、知らなかったわ、、、。それからずっと行ってみたいと思っていて、先日ようやく行きました。話のとおり、すっばらしい珈琲店でした。広い店内は [続きを読む]
  • 樹齢千数百年、加子母の大杉
  • 先日、岐阜県中津川市加子母(かしも)の大杉をの前を通りました。加子母(かしも)の杉は山の中ではなく、加子母の集落の中にどどんと立っているので、山登りをしなくても会うことができます。サンダルでも藁草履でも、車椅子のひとも間近で見れます。国の天然記念物指定推定樹齢千数百年。目通り周囲13m、樹高30.8mの巨樹です。杉の言い伝えは二説あり、建久年間(1190年〜1198年)に源頼朝が江馬与四郎を訪ねた折に、枝にして [続きを読む]
  • 雲興寺から滝巡りコースまで
  • 朝晩涼しくなりました。例年では、お彼岸を過ぎるまでは真夏のままの暑い日が続いていたような気がしますが、今年は秋になるのが早いのでしょうか。九月初めの週末は実家で色々あって、先月の山歩きのことなんて忘れてしまいそうなくらい忙しかったです。八月末日、瀬戸側の雲興寺からの登山コースから広沢川に沿って滝巡りコースまで下り、登り返して山頂経由で雲興寺に戻るルートで歩きました。珍しいキノコ探しをしながら滝巡り [続きを読む]