かなもり さん プロフィール

  •  
かなもりさん: オプション投資講座
ハンドル名かなもり さん
ブログタイトルオプション投資講座
ブログURLhttp://225option.net
サイト紹介文オプション投資の講座です
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供32回 / 365日(平均0.6回/週) - 参加 2016/01/25 21:41

かなもり さんのブログ記事

  • 日経平均連騰時に逆張りのプット買いで20万円稼いだ事例
  • 本日、日経平均が2年ぶりの12連騰を記録しました。もうそろそろ天井付近にいるから下落するのではないか?と予想している方も多いのではないでしょうか。このような相場状況で、あなたは下落を予測した逆張りポジションを迷い無く取ることが出来ますか?こんな状況で逆張りのリスクを抑えた取引技術があります。それがプットオプション買い戦略です。今回は今と似たような相場状況の2015年11月30日に、P19750を買うことで、逆張り [続きを読む]
  • プット買いで株価下落時に123万円の利益を出した損失限定戦略
  • あなたは、「日経平均株価がこれから下落トレンドになりそうだな〜」と思った時に、損失限定の買い戦略で戦える商品をご存知でしょうか?それが日経225オプションのプットオプションです。下落トレンドで利益を上げる方法としてはカラ売りをする(ショートポジションを持つ)方法はよく知られていますが、一番の問題点は損失が限定されていないことです。そこで、プットオプションを買えば、最大損失を限定しながら、利益が大幅に [続きを読む]
  • サヤ取りで落ちている5,000円を誰でも簡単に見つける方法
  • あなたは、買い物をするときに複数のお店を行ったり来たりして、1円でも安い買い値札を見て喜んでいませんか?あなたが行っているのは、実はサヤ取りです。安い商品を見つけて得した分がサヤの利益となります。これを日経225オプションで実行するのです。例えばP19500を205円で売り、C19500を200円で買うと、先物ロングと全く同じ合成ポジションを作ることができて、差し引き5円受け取れます。日経225オプションは1000倍なので実質 [続きを読む]
  • 32万円の損失を回避するプットコールパリティ活用法
  • あなたは保有したポジションの板情報を見た時に、買い気配値と売り気配値が飛んでいる状態で、成り行き注文でポジションを決済することの危険性をご存知ですか?一般的に、流動性が無くて板がスカスカな場合、その銘柄自体の取引は避けたほうがよいといわれています。しかし日経225オプションを取引する方なら、少なからず流動性が乏しい銘柄を保有して苦しんだ経験があるのではないでしょうか。ほとんどの場合は、流動性が無い銘 [続きを読む]
  • プットコールパリティの本質はコールとプットの時間価値
  • プットコールパリティの「パリティ」とは、等価という意味でシーソーのつり合いが取れたような置き換えても何も損得が発生しない状態を指しています。では、プットコールパリティとは、プットとコールの何が等価であるかあなたはご存知でしょうか?実は同じ権利行使価格のプットとコールにおける時間価値が等価なのです。この原理原則をプットコールパリティと呼び、この仕組みを利用することでプットの価格をコールと先物を使って [続きを読む]
  • VXXカラ売りで利益を上げる秘訣は流しそうめんの「ザル」
  • 夏の風物詩、流しそうめん。この流しそうめんは、他の参加しているライバルよりも有利なポジションを取るために、非常に戦略的かつ周りの状況を把握する能力が必要になります。この考え方がVXX投資にも当てはまり、VXXカラ売りにおけるポジショニングがまさに流しそうめんのポジショニングと同じなのです。VXXは過去のチャートから見て一目瞭然のとおり、右肩下がりに減価していく商品です。この右肩下がりのチャートが流しそうめ [続きを読む]
  • VXXのカラ売りで3,780ドルの利益を得られるキングスライム理論
  • VXXは2009年にアメリカで上場されて以来、ほぼ右肩下がりに下落し続けている銘柄ですので、VXXをカラ売りすることで利益をあげることができます。実際に今年の11月18日にVXX500枚を29ドルでカラ売りし1月12日に21.4ドルで買戻しをすれば3,780ドルの利益が出ます。右上の21.43ドルが決済した価格、右下の29.04ドルがカラ売りした価格で、緑の3780USDが含み益となっています。このVXXが新規上場したときは15,000ドル以上あったのです [続きを読む]
  • VXXをカラ売りしても安心なのは過去4回も株価を吊り上げているから
  • VXXは2009年にアメリカで上場されて以来、ほぼ右肩下がりに下落し続けている銘柄ですので、VXXをカラ売りすることで利益をあげることができます。実際に今年の11月18日にVXX500枚を29ドルでカラ売りし1月12日に21.4ドルで買戻しをすれば3,780ドルの利益が出ます。右上の21.43ドルが決済した価格、右下の29.04ドルがカラ売りした価格で、緑の3780USDが含み益となっています。このVXXが新規上場したときは15,000ドル以上あったのです [続きを読む]
  • 恐怖指数に連動するVXXのリスクを減らす資金管理方法
  • アメリカ市場に上場されているVXXと呼ばれるETNは、長期的に見ると必ず株価が下落しています。下記が実際のチャートです。2011年末に2039ドルだった株価が、2012年末には390ドルになりました。(下落率80.8%) 2012年末は390ドルだった株価が、2013年末には198ドルになりました。(下落率49.2%) 2013年末は198ドルだった株価が、2014年末には147ドルになりました。(下落率25.7%) 2014年末は147ドルだった株価が、2015年末には96 [続きを読む]
  • VXXとVXZのペアトレードで2367ドルの利益を得た方法
  • VXXは毎年20%超の下落をし続けている銘柄です。よってVXXのショートポジションを持てば、毎年20%を超える利益を得ることができます。よってショートポジションを保有し、維持し続けることが出来れば良いのですが、最大の課題はVXXが暴騰した時に資金不足に陥り、泣く泣くロスカット(=損切り)してしまうことです。そこで、もしロスカットを防いでくれる仕組があれば、安心してVXXをショートして利益を上げることが可能だと思いま [続きを読む]
  • VXXショートを低コストで実現するにはIB証券が最適
  • アメリカ市場で取引されている、VIXに連動した銘柄であるVXXをショートしたい場合、日本にいながら投資できる商品は大きく3つあります。インタラクティブブローカーズ証券(IB証券)を利用して、直接VXXをショートするサクソバンク証券を利用して、VXXに連動したCFD銘柄をショートする国内ネット証券会社を利用して、三菱UFJ国際投信発行の上場投資信託「国際のVIX短期先物指数(証券コード1552)」をショートするすでに国内ネ [続きを読む]
  • VIX系の銘柄VXXをペアトレードに活かす「%比較」方法とは
  • アメリカの恐怖指数であるVIXに連動した商品には、実に多様な銘柄が存在しています。例えばVIXの日々の変動と一致するように動くことを目指して作られた銘柄で有名なものはVXX、VIXYがあります。この銘柄の現在の株価はそれぞれVXXは18.54ドルです。一方、VIXYは15.47ドルとなっています。この2つの銘柄は同じ運用方針に従っているのですが、銘柄ごとに現在の株価が異なると、正しく日々の変動と一致するように運用されているのか [続きを読む]
  • 恐怖指数VIXを売るベストタイミング判別方法とは
  • VIXで利益を上げるには、数値が高くなったVIXをショートすることで、簡単に利益をあげることができます。なぜなら、高くなったVIXは必ず元に戻る性質があるからです。でも、VIXが高くなって売ろうと思っても、今以上にさらにVIXが高くなるかどうか、判断することが難しいですよね?VIXが30ポイントになって高値だと思って売ったら、さらに40ポイント、50ポイント・・・と高くなるかもしれません。VIXが高騰する前触れを掴んでしま [続きを読む]
  • 安全に利回り5%を稼げるオプション資産運用の3つのカギ
  • あなたは利回りが5%と高利回りでありながら、誰でも実現可能な都合の良い資産運用先をご存知でしょうか?そのようなとても投資家にとって都合の良い資産運用は、オプションの特徴である時間が経過するだけで利益が出るメカニズムを使うことで実現できます。この資産運用を実現するのに非常に重要な要素はこの3点になります。投下資金に対して得られる金額が多いこと(高利回り)レバレッジを低くして安全性が高いこと(レバレッジ1 [続きを読む]
  • 安全に利回り5%を稼げるオプション資産運用の3つのカギ
  • あなたは利回りが5%と高利回りでありながら、誰でも実現可能な都合の良い資産運用先をご存知でしょうか?そのようなとても投資家にとって都合の良い資産運用は、オプションの特徴である時間が経過するだけで利益が出るメカニズムを使うことで実現できます。この資産運用を実現するのに非常に重要な要素はこの3点になります。投下資金に対して得られる金額が多いこと(高利回り)レバレッジを低くして安全性が高いこと(レバレッジ1 [続きを読む]
  • 225オプション売りがインカムゲインに向かない3つの理由
  • あなたは日経225オプションが、長期の資産運用に向いていない、つまりインカムゲインを狙えないことご存知ですか?日経225オプションは短期で利益を稼ぐトレーディング(日々の値動きに合わせた取引)タイプの投資でありキャピタルゲインを狙う投資スタイルとなります。インカムゲインを狙った長期間の資産運用向けの商品ではありません。その理由は下記の3つが挙げられます。1.流動性が期近に集中していて、およそ2ヶ月先のオプシ [続きを読む]
  • 複利で利益を積み上げられるSTRIPS債のメリットと購入タイミング
  • あなたは投資成績を毎年3%以上利益を上げて、しかも30年間、複利運用で安定的に利益を積み上げていくことはできますでしょうか?もしこのような成績を残す自信がなければ、迷わず今すぐ米国債を買いましょう。FRBが利上げを実施したことにより、30年満期の国債利回りが3.1%を超えました。今STRIPS債を購入すると複利運用で毎年3.1%の運用をしてくれます。毎年3.1%の複利運用というのは、現在390ドルで購入した米国債が30年後に1,00 [続きを読む]
  • 今が買い時!6月購入時よりも1%近くお得になった米国債
  • あなたはアメリカ利上げの直後に、割安になった国債を購入しようと思っていませんか?実は、FRB会合の前にすでに買い時が到来しています。利上げ後ではもしかすると遅いかもしれません。現在の利上げ幅は、FRB会合で0.25〜0.5%とエコノミストが予測していますが、国債の値動きチャートから金利を分析すると、8月から1%以上の金利上昇となっています。私が2016年6月に購入した米国債の当時の金利は1.80%でした。今購入すると、およ [続きを読む]
  • NT倍率の売買タイミングを「1時間足」で見極める方法
  • あなたは、NT倍率トレードに移動平均線が利用することでエントリーすべきタイミングを掴むことが出来たら良いと思いませんか?このタイミングを掴むにはNT倍率をローソク足に変換して、チャート分析することが有効です。数あるテクニカル分析の中でも、1時間足で売買タイミングを計るトレードを行い、3日間で1万円の利益をあげることができました。日経225ミニを16835円で買い17230円で決済したので、損益を計算すると日経225ミニ [続きを読む]
  • NT倍率トレードの最適な枚数比率は「時価総額」の一致
  • あなたは、日経225ミニとミニTOPIX先物をペアトレードする際に、枚数バランスを考慮していますか?1枚ずつ売買することでリスクを抑えようとすると、逆にリスクが高くなる危険性があります。どうしたらよいかと言うと、枚数バランスを調整し、お互いの銘柄の時価総額を合わせることが解決策となります。ではなぜ時価総額を合わせる必要があるのかを解説します。日経平均株価は18,000円、TOPIXは1,400円と、価格が約10倍異なります [続きを読む]
  • VXXで安定的に利回り20%を稼ぐための4つのヘッジ手段
  • あなたはVXXを売った時に、安心して1年間カラ売りをし続ける秘訣をご存知ですか?VXXをカラ売りして1年間経過すれば、20%以上の利益を得られますので、この記事では安心してカラ売りするためのヘッジ手段を4つ紹介します。VXXをカラ売りすることの一番の問題は、たまに起きるVIX指数の急騰によってVXXの株価が急騰することです。VXXの株価が急騰すると含み損が大きくなってきてしまいますが、これに耐えることさえできれば、安定的 [続きを読む]