蜜蜂姐 さん プロフィール

  •  
蜜蜂姐さん: 華ぶんOfficial Blog
ハンドル名蜜蜂姐 さん
ブログタイトル華ぶんOfficial Blog
ブログURLhttp://blog.livedoor.jp/kyo_kimono/
サイト紹介文京都で着物・帯を創作和小物も販売。店主が日常の出来事やお役立ち情報又諺など織り交ぜ日々更新しています
自由文店主の蜜蜂姐さんが広い分野で興味ある情報をつぶやいております。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供60回 / 365日(平均1.2回/週) - 参加 2016/01/26 18:24

蜜蜂姐 さんのブログ記事

  • 魅了する自然の植物
  • ようこそおこしやす〜相変わらず日本列島だけではなく、世界も熱帯に悩まされています。蝉時雨も風情を感じるような気持ちも無く、只々熱中症対策が頭を過ぎります。やはり地球温暖化の影響か?今日、今起きてもおかしくない南海トラフト地震のニュース。地球は異常を来たして?穏やかに過ごす事が出来れば、豊かな自然の芸術に親しみ風情あるものですが。。モミジの葉も種類があり、その形もよく見れば成程自然の芸術性豊。足元を [続きを読む]
  • 生きる物の力
  • ようこそおこしやす〜アスファルトの照り返しも半端なく、しっかりと今日も熱中症対策に余念がないです。いつも通る神社の参道もミストの心配りですが、まッ見た目だけながら涼しげです。神社の大木、杉の木の根元に微笑ましくこのモミジ、ここで大きくなったらどうなるでしょう?植物も勇ましいもの、逞しい生命力に励まされて。。猛暑をも乗り越えなければです。今日も良い一日でありますように〜 [続きを読む]
  • 暑さに負けず
  • ようこそおこしやす〜7月も終わる日まだまだ熱帯が続いています。青空を見るといつも何があったのかと思う程、澄んだ空にぽっかりと浮かぶ白い雲。。中部地方、地震や水害、台風とこの暑さの中大変な事に為ってしまいました。無念にも尊い命を亡くされました方のご冥福を心よりお祈り申し上げます。又被害に遭われ猛暑の中大変なご状況、お体のご自愛を念じます。思いがけない自然の猛威に屈することなく、今迄からも人間は多くの [続きを読む]
  • 梅雨明け。。
  • ようこそおこしやす〜雷が鳴り響いて梅雨明け宣言でしょうか?蝉も鳴き始め真夏日です。毎年熱中症に気を付けての合い言葉も普通に聞かれるほどですが、やはり昔も今も暑さは変わらない気がします。でも地球は異常になりつつ。。?裏庭にお茶花の一つ、宗旦槿が賑やかに咲いています。明るいニュース皇族の御目出度いご結婚、フィギュアスケター羽生結弦選手の国民栄誉賞受賞。もう少しすれば、サッカーW杯トーナメント戦が始まり [続きを読む]
  • 脳を若返らせる
  • ようこそ〜おこしやすやはり梅雨に入りどんよりした日が続いています。今日は暦の上で入梅。雑節(節分、土用、彼岸、八十八夜等、季節の移り変わりをより的確に摑む為設けられた暦日)の一つで「太陽の黄経が80℃に達する日」と定義、暦に表示された日です。難しいですが日本特有の季節の目安かもしれません。歩いていたらこんなのに遭遇。良く特徴が表現されてユーモアセンス思わず苦笑い。。姪の子供がくれましたチキンラーメ [続きを読む]
  • 内蔵冷え性とは?
  • ようこそ〜おこしやす衣笠方面の山の上の白い雲、空は雄大です。あちらこちらで見る空は同じながら、その時の気分や気持ちで変わってもやはり別世界。裏庭のバラが綺麗に咲いて〜ベストショット。 お友達がVenus-cruiseのクルーズ船の旅のお土産をわざわざ届けて頂き、お茶をしながら眺めます梅雨の時期、蒸し暑さが加わりそろそろ空調のお世話にですが、いつもの事ながら夏の冷房で冷え性がよく問題となります。手足は冷えていな [続きを読む]
  • 食中毒
  • ようこそ〜おこしやす裏庭の躑躅が遅巻きに咲いています。ミニバラ&シャコサボテン等裏庭はこの時期、色とりどり花盛りです。熱中症対策と良く聞かれて参りました。例年の事ながら熱中症は大変厄介で怖いらしいので、水分補給を室内に居ても怠ってはいられないです。四季の次のシーズンは海水浴や山登り、バーベキューなど、アウトドアのレジャーが楽しい季節がやって来ます。手作りのお弁当を持って行きたい所、気になるのが食中 [続きを読む]
  • カフェインの摂りすぎ
  • ようこそ〜おこしやす天神さんの梅が実って来ました。GWが過ぎて例年に無いような気候の変動に戸惑い気味ながらも、自然は揺るぎなく繰り返されています。某TVでコーヒーの成分分析で人間の体に与える好影響を放映。何気なく食する食材のそれぞれ持つ成分が、人間にとって大きな役割は言うまでも無いですが知ると知らないでは面白いものです。1日1・2杯程度で充分の私。。医師に言わせると高齢者でも3・4杯が血管を丈夫にし良い [続きを読む]
  • 八十八夜
  • ようこそ〜黄海老根蘭、5・6年前はこんなにも沢山咲いていたのに去年は咲かずに、今年は1輪来年は何とか沢山咲きますよう念じて〜♪因みに海老根蘭の花言葉 「忠実」「謙虚」「賑やかな人柄」私の事〜 (爆今日は雑節の一つで八十八夜。立春を起算日(第1日目)として88日目(立春の87日後の日)日本は古から季節の移り変わりや節目の目安となる日が多く存在しています。八十八夜とは昔から日本において、農作物の種蒔き [続きを読む]
  • エコノミー症候群
  • ようこそ〜おこしやす2,3日凌ぎ易い日乍ら昨日夕方、晴れ間で短時間雨が降り雷が。。変な気象状況の現象。やっぱり地球上可笑しくなって?(苦笑裏庭の都忘れ草が沢山咲いたので飾ってみました。ゴールデンウィークですね?長期休暇を取って車の旅も最高ですが肺塞栓(そくせん)症= エコノミー症候群、車中泊は短くても注意が必要です。肺塞栓症は、同じ姿勢を長時間とることで足などの静脈に血の塊ができ、血流に乗って肺の血管 [続きを読む]
  • 穀雨
  • ようこそ〜おこしやす眩しい陽射しに照らされた、深朱色のもみじ&青もみじ。。良き眺めに疲れも癒されます。見ずらいですが早くも店先のライトアップ用の電気カバーにつばめが到来、囀る声に道行く人の目もほのぼのです。今日は二十四節気の穀雨(こくう)ですね。和の学校「暦だより」が届きました。穀物を育てる雨がよく降る時期。けむるような春雨が多くなり、田畑をうるおして種まきの季節を迎えます。また穀類だけでなく山や [続きを読む]
  • 爪にも
  • ようこそ〜おこしやす今週末は初夏の陽気で熱中症と日焼け対策の情報が聞かれます。そうなると川や海の傍が心地よくなってきますが。。水難事故に十分気を付けなければなりません。都忘れ草はまだ蕾も堅いですが、海老根蘭が咲いて来ました。毎年季節が巡るとこのようにほのぼの人間の気分をアップさせる植物の有難さ。。自然の恵みは凄いです。話は変わりますが 皆さんの爪の色は、何色をしていますか? こんな記事が。健康な爪 [続きを読む]
  • 健康でありますように
  • ようこそ〜おこしやす青もみじ、太陽に照らされて新緑も眩しく目に染まります。キッチンから眺める紙屋川沿いに並ぶ青葉もみじ、秋には紅葉と四季を楽しませています。街路樹の花水木も気持ちをUP、蝶々が飛んでいるようで少し幻想的な気分です。遠くから見れば小さい木蓮のような。。木蓮は地球上で最古の花で人類誕生の遥か前、1億年前の化石が発見?されて要る花だそうです (絶句何とかザウルスの後? 訳が分からないですね( [続きを読む]
  • 灌仏会
  • ようこそ〜おこしやす春は桜に目を奪われ。。 フッと空を見渡すと雲の多さに。。空も色々あるんですね梅や桜の花も散りながら、若葉青葉新緑です。昨日4月8日はお釈迦様のご誕生日、花祭り灌仏会(かんぶつかい)でしたね。甘茶を掛けさせて頂き慈愛の霊力パワーを感じ礼拝。お釈迦様は誕生してすぐに7歩あるき、天上天下唯我独尊(てんじょうてんげゆいがどくそん)と言われました。これは、「天上・天下広しと言えども、我々人 [続きを読む]
  • 鈴蘭水仙
  • ようこそ〜おこしやす澄んだ空、月と桜に。。可憐な桜。。道端の笑っているようなスノーフレーク(鈴蘭水仙)花言葉「純粋」「汚れなき心」「皆をひきつける魅力」裏庭の青もみじ、初夏を呼ぶように少しずつ大きくなって来ました。暦の上では七十二候「雷乃発声(かみなりすなわちこえをはっす)」3/31〜4/4頃春の訪れと共に、恵みの雨を呼ぶ雷が遠くの空で鳴り始めるころですが?。四季折々巡回、心を惹きつける自然の恵みを楽し [続きを読む]
  • 竹生島神社
  • ようこそ〜おこしやす琵琶湖、湖畔に浮かぶ竹生島へ。。日本一広い湖、波打ち際より湖中央の深い湖底にやはり地図上の日本が島国でも、人間からすれば広く大きいものと眺めながら久しく遊覧船に乗って。。竹生島は元は多景島(たけしま)と言い、弥生時代から島そのものがご神体として崇められ、 現在は島全体が日蓮宗見塔寺の境内になって竹生島神社と宝厳寺があります。宝厳寺は、神亀元年(724年)に聖武天皇の夢枕に立った [続きを読む]
  • ストレス解消法
  • ようこそ〜おこしやす北野天満宮境内お茶席「松向軒」前の唯一の山茱萸(さんしゅゆ)の花。花言葉「持続」「耐久」「強健」「成熟した精神」「気丈な愛」現代社会においては、ストレスを感じない?仕事に加えて、職場や私生活における人間関係…要因はたくさんあると思います。科学が実証、超簡単ストレス解消法。どれも科学的な根拠に基づき手早く簡単に出来る解消法を見つけました柑橘類(グレープフルーツ、オレンジ、レモン、 [続きを読む]
  • 百花繚乱の春
  • ようこそ〜おこしやすお花見日和が続いています。桜桜と浮かれる中裏庭には柊や椿、沈丁花の花がひっそりと咲いています。まさか柊の花が咲いているとは。。今は道を歩くと木蓮にも出会えます。何か独特な雰囲気を感じて。。百花繚乱の春、どこへ行ってもお花に巡り合え気分を和ませいいシーズンです。 今日も良い1日でありますように [続きを読む]
  • 暖かくなり
  • ようこそ〜おこしやす桜前線北上です九州地方、四国、東京へと春爛漫桜満開。今日は天神市があり、北野天満宮さんと平野神社のお花見で人・人ごった返しています。霞と霧(かすみときり)春はぼんやりと霞がたなびき、秋は霧がたちこめます。春の夜には霞は朧月夜へと呼び名を変えます。緩んだ空気に気分もスマイル。。桜に酔わされて〜 今日も良い1日でありますように [続きを読む]
  • ようこそ〜おこしやす三条京阪界隈、賀茂川べりも桜、雪柳も見事綺麗に咲いています。武将が家紋に使わなかった「桜」の理由とは。。種まき、田植えの時期を桜が知らせる役目を担っている桜ですが、戦国武将が使っていた家紋は無数にある中、これほど愛されている桜をモチーフにしたものがひとつもありません。家紋の図版に数多く用いられている「梅」とは違い、美しいサクラの花はすぐに散る理由で「短命」や「儚さ」といったイメ [続きを読む]
  • 草木が芽吹き
  • ようこそ〜おこしやすすっかり春。桜も見どころとなりました。氏神様である平野神社の枝垂れ桜も一気に咲いた感じで、目を見張りました。いや〜びっくりです。。柳もすっかり芽吹いています。どの時代にも、どの場所でも桜や柳は人々とともにあります。遠くからでも、近づいて見てもその美しさを楽しむことができます。  春の風にそよぐ浅い緑とピンクは、正に心地良い気分です。 桜の花びらによく似た色と形の「桜石」と言う鉱 [続きを読む]
  • 三寒四温
  • ようこそ〜おこしやす春の暖かさを感じて、土の中で冬眠していた虫達がそろそろ這い上がって来る時期になって来ました。奈良のお水取り迄は三寒四温を繰り返して桜を待ち侘びます。まだ春とは言えないですが、山道では金縷梅(まんさく)の花に出会うことがあります。「まんさく」は年の初めに「先ず咲く」ことからまた、「豊年満作」にかけて名づけられたということです。日本の固有種で、北海道から九州にかけて分布しています。 [続きを読む]
  • 平和が永久に
  • ようこそ〜おこしやす陽射しも快く空気の冷たさも緩んで、春の花の季節が待ち遠しい思いです。今日の誕生花は、沈丁花「花言葉=不死・不滅・栄光」そろそろ裏庭から甘い香りが。。誕生花の由来はギリシア・ローマの神話伝説。花や木々は神秘的な力や神からのメッセージを 宿すものと考えられて ギリシアの人達は、日々を司る神がいると信じ その神と花を結び合わせて暦にしたのが誕生日花。 誕生日の花は自分を守り幸福、愛、 [続きを読む]
  • 戦う事とは
  • ようこそ〜おこしやす開催国はこの設備に投じる費用は?と誰もがフッと思うのではと。。ある記事によると、約60億円の予算にはリハーサル期間中のスタッフの宿泊費なども含まれている。現実とコンピューターの世界を重ね合わせた「拡張現実(AR)」を盛り込んだ映像などの制作にはその内約20億〜30億円しか充てられなかった。会場の平昌五輪スタジアムは山間部の郊外にあるため、電源や通信ネットワークも一から構築しなけ [続きを読む]
  • 雨水 
  • ようこそ〜おこしやす雲。。いつも面白く楽しめます。今日は二十四節気の雨水(うすい)二十四節気とは一年を二十四に等分し、その区切りと区切られた期間とにつけられた名前で、太陰暦を使用していた時代に、季節を現すための工夫として考え出されたものですね。雨水は立春から数えて15日目頃で雪から雨に変わり、氷が溶けて水になるという意味だとか。草木が芽生える頃で、昔から、農耕の準備を始める目安とされてきました。春一 [続きを読む]