maco with… さん プロフィール

  •  
maco with…さん: One's habitat
ハンドル名maco with… さん
ブログタイトルOne's habitat
ブログURLhttp://guamaniangecko.blog.fc2.com/
サイト紹介文各地様々なところに赴き、そこで見つけた生き物と飼育生物を紹介します。
自由文爬虫類、甲殻類、昆虫、魚、両生類、植物、奇蟲が被写体です。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供16回 / 365日(平均0.3回/週) - 参加 2016/01/26 21:33

maco with… さんのブログ記事

  • ヒバカリ幼蛇
  • この蛇のベストシーズンに何処へも行かないわけにはいかない!というわけで、東京内でチョロっと蛇探しに行きました。シマヘビが撮りたかったので、昼に川沿いを歩くコースで。最初に出たのはヤマカガシでしたが、即座に逃げられて写真なし。川沿いは何故か不発で、森沿いのせせらぎ周辺へ移動しました。すると、とても小さな蛇が現れました。ヒバカリHebius vibakariの幼蛇です。そこらのミミズサイズで、見落とすところでした。 [続きを読む]
  • ボルネオキャットゲッコー.
  • ボルネオキャットゲッコーAeluroscalabotes felinus無事立ち上げ完了しました。夜間は活発です。シェルター用意してるんですが、絶対に入らずに草陰で寝てます。朝に明かりを点けると焦ってウロウロと、、、。まだ細いですが、しっかり食べてるので安心です。出会った頃くらいにまで肉を戻したいところ。これが出会った時の写真。腕の肉付きに差が…ハニーワーム多めであげるべきかなと。とまぁ、つい最近ボルネオキャットゲッコー [続きを読む]
  • ブルーレッグマンテラ
  • Mantella expectataブルーレッグマンテラアオアシマンテラアオアシアデガエル流通が少なく、呼び名もふわふわしているこのカエル。ようやく手に入れることができました。といってもメス単なんですけどね。ペア買いする財布の余裕がなく、1匹だけ…1匹買うことすら危うかったのですが、この機会を逃したら次は何年後になるかわからなかったので無理しました(遠征が遠退く…)。ヤドクでは珍しくない配色ですが、マンテラでこの色彩! [続きを読む]
  • アカハライモリ 婚姻色
  • アカハライモリ 婚姻色-Nuptial Coloration of Japanese Fire Belly Newt-笹塚 諒 著Amazon Kindle アカハライモリ 婚姻色執筆致しました。オカヤドカリ -LAND HERMIT CRAB in JAPAN- に続く2作目です。今作はAmazon Kindleにおいて電子書籍での販売のみとなっております。スマホやタブレット、PCでご覧いただけます。Kindleアプリを入れていただければ、スマホでいつでもどこでも簡単に眺めることができます。アカハライモリの [続きを読む]
  • 石垣島小遠征
  • 遊びではないのですが、石垣島へ行ってきました。多少は自由な時間があったのでフィールドへ。川ではエビを採りました。コンジンテナガエビ最大級のサイズで、凄い迫力。小指を挟まれて出血しました。ヒメヌマエビやミゾレヌマエビなど、ヌマエビも豊富に網に入ります。もっと上流に行くとイシガキヌマエビも採れ、なかなか満足いくエビ採集になりました。干潟ではミナミヒメシオマネキが縄張り争いをしていました。器用に相手を放 [続きを読む]
  • ボルネオキャットゲッコー
  • オマキトカゲモドキキャットゲッコーAeluroscalabotes felinusボルネオ産(おそらく未入荷産地)多分、キャット飼育者の中で1番運命的な出会い方をしたと思います。しかしそれゆえ、立ち上げがうまくいっていません。輸送ダメージが大きいのは明白…黒っぽくなっていた体色が茶色に戻り、活動もするようになったのですが餌を食べてくれない…元気になってください。お願いします。 [続きを読む]
  • エダハヘラオヤモリ
  • エダハヘラオヤモリUroplatus phantastics最も好みなヤモリです。至高のヤモリ。枯葉に擬態するヤモリで、そのカムフラージュはかなりのもの。♂単での飼育です。迫力のある顔をしています。行動がとても可愛い。洗練された模様の美しさ。たとえ見た目が枯葉でも、舌は赤です。後ろ姿も良さ。風格があります。まるでドラゴンのよう…難関種ですが、出来る限りのことをやって見たいと思います。 [続きを読む]
  • 都心の蟇
  • アズマヒキガエルの産卵時期ですね。ヒキはコンクリートジャングルでも、ちょっとした池があれば生息しています。とても強いカエルです。というわけで、近場のヒキスポットへ行ってきました。いますね、いますね。しっかり抱きついています。2/24の時点では卵塊はありませんでした。2/26では多数の卵塊が見れました。また大量のオタマが見れそうですね。ほとんどの個体が潜っているのですが、たまに息継ぎに浮かんできます。陸上だ [続きを読む]
  • 冬山
  • フィールドに行かなすぎて身体が鈍ってしまいそうだったので、オサ堀りに同行させていただきました。2017年初フィールドで、初オサ堀りです。行き先は恒例の山。この時期には初めて来ました。色々なところを巡りながら、土掘ったりしました。先ず見れたのはホンドニセハイイロハナカミキリ同行者がボリっとみつけて見せてくれました。渋カッコいい。ハナムグリの幼虫やらクワガタの幼虫やらオオGやら見つけながら進むと、いい感じ [続きを読む]
  • エベナビアゲッコー..
  • エベナビアゲッコーEbenavia inunguis新しいビバリウム生活に慣れたようです。というより、隠れる箇所を増やしたせいであまり出てこなくなってしまいました笑なんだかんだ飼育1年が経過しました。可愛いです。良いヤモリですよ。 [続きを読む]
  • オカヤドカリ -LAND HERMIT CRAB in JAPAN-
  • オカヤドカリ -LAND HERMIT CRAB in JAPAN-笹塚 諒 著オカヤドカリ・ヤシガニについてまとめた本です。48ページ フルカラー。目次。生き物・甲殻類に少しでも興味のある方から、オカヤドカリを飼育しておられる方、甲殻類に通じておられる方まで楽しめる内容です。日本にはこんな興味深い生き物が生息しています。国の天然記念物であるオカヤドカリとヤシガニの秘密に迫れます。日本に分布するオカヤドカリ科8種の紹介や、オカヤ [続きを読む]
  • ボルネオアカメフグ
  • ボルネオアカメフグCarinotetraodon borneensis以前…何年も前に飼育していたフグ。最も気に入っている魚種です。1番好きな魚ってなに?と訊かれたら迷わずボルネオアカメフグだと言いますね。純淡水で飼育可能な小型淡水フグです。濃い黄色模様と美しい赤青の眼が最高です。餌は赤虫、クリルを与えていました。クリルには難なく餌付きました。ちなみにメスです。愛嬌があり、とてもとても可愛かったですね。また飼いたい…また飼 [続きを読む]
  • ボルネオビバリウム
  • 先日、ビバリウムをリセットしました。植物の追加配置はまだ考えているのですが、取り敢えず落ち着いたので、、、30cmのガラスケージにボルネオ遠征で採集してきた植物を使ってレイアウトを組んでいます(ジュエルオーキッドだけは購入株です)。植物が繁りすぎると生体が見えないので控えめに。ブセも順調に葉数を増やしています。ここはもう一株植えようかなと考えています。Bucephalandra cf. motleyana銀粉がそこそこ綺麗に出て [続きを読む]
  • バワンリントカゲモドキ.
  • バワンリントカゲモドキGoniurosaurus bawanglingensis家に来て1年経ちました。体長だけでなく、模様や色彩も変化しています。鮮やかなオレンジがかった黄色ですが、さらに成長するとくすんでしまうのでしょう。 [続きを読む]
  • グアム遠征
  • グアムに帰郷していました。いえ、遠征です。マルバネルリマダラグアムにたくさんいる蝶。1つの木に20匹ほども集まったりします。ハラビロカマキリナンヨウカマキリも生息しているのですが、生憎ハラビロしか見つけることができませんでした…グアムで最も素晴らしいのはやはり海!シュノーケルで充分に魚を見れます。スポテッドシャープノーズパファーSpotted Sharpnose Puffer流通しているインドパシフィックトビーとは別種のミ [続きを読む]
  • エベナビアゲッコー.
  • エベナビアゲッコーEbenavia inunguis繁殖する様子はないのですが、ビバリウム生活を楽しんでもらえてるのかな?人慣れは全くしないですし、カメラを向けると逃げるので撮影は気を使います。見返り。目力。正面顔。草陰から。木裏から。捕食。相変わらず地味ながら姿形、動作、その他、素晴らしいヤモリです。 [続きを読む]
  • 晩夏初秋に2016Last
  • 2016年最後の夜高尾山散策へ向かいました。まず現れたのはヒバカリうんかわいい。でもまた君か。前回も出たからね。灯下でセミの声…!?宿られたミンミンゼミセミヤドリガにやられてますね。スジクワガタクワガタボウズ回避。ゴマダラカミキリヨコヤマではないのですか…まぁ、青が美しいですね。おっちゃんが蛇を見てタカチホだ、と言っている。興奮気味に近づくと、、、ヒバカリヒバカリやんけ!またかぁ…こういうのでわかりま [続きを読む]
  • 晩夏の川遊び
  • ドジョウとエビが欲しいと言うので、買うより採るほうが良いよと川へ友人を連れて行きました。私もフグの餌用にエビでも採ってこようかなと。目的が目的ですので、ウェーダーは持たず網だけで行ってきました。いましたいました。水溜りに取り残されています。これ私らが来なかったら干からびていたでしょうね。オイカワ幼魚透けていて綺麗ですね。水溜りから掬い出して川へ。ヒガシシマドジョウ目的の小さめの個体をいくつか持ち帰 [続きを読む]
  • 人慣れ
  • インドパシフィックトビーcanthigaster solandriアメイロイボイモリTylototriton verrucosusバワンリントカゲモドキGoniurosaurus bawanglingensis指に寄ってきます。いや〜、エサとして認識されてますね(嬉しい)人慣れは飼育の醍醐味?慣れないものをビバリウムで飼育するのもとても楽しいですけど、これはこれで楽しい。飼育には様々な楽しみがありますね。※私の飼育個体が慣れているからといって、その種の全てが慣れるわけで [続きを読む]
  • 台風直後は山登り
  • 台風10号が日本を通過しましたね。雨がやんだところで山に到着。今年2回目の高尾山です。ヒバカリ今年初の本土蛇はヒバカリでした。なんだかんだこの種だけは必ず毎年現れてくれるから好きです。可愛い動きをしますね。とはいえ、触ると臭い。幸先は悪くない。大雨の後だけあってミミズがとても多いです。石垣にズラーっと並んでいました。反射は綺麗ですが、蛇に見えなくもないので紛らわしい…センチコガネ紫の金属光沢は素晴ら [続きを読む]
  • 石垣島調査遠征《低地》
  • 沖縄本島から石垣島へ向かいました。石垣島は4泊5日。ちょっとしたサンプリングと個人採集を楽しみます。この記事は低地で出会った生き物の紹介です。海岸壁にも立派なシダが。なかなか良いですね。こんな感じのレイアウトをガラスケージ内で再現してみたいですね。オオナキオカヤドカリCoenobita brevimanus赤紫系統色の大型オカヤドカリ種。稀に真っ赤な個体が見られる。イシガキトカゲ芋虫を食べていますね。個体数が多いようで [続きを読む]
  • やんばる突撃
  • 石垣島調査の前に一泊だけ沖縄本島に滞在することができたので、やんばるへ連れて行ってもらいました。目的は前回見ることができなかったクロイワトカゲモドキとリュウキュウアオヘビ。クワガタも何か採れたら嬉しいですね。リュウキュウコクワなんて贅沢は言いませんが笑夕飯後、日が暮れると同時にやんばるの林道へ入っていきます。まず現れたのは…アカマタ前回も最初の生き物はアカマタでした。赤とオレンジが綺麗ですね。ホ [続きを読む]
  • 源氏と平家
  • 雅な虫の季節ですね。ということで蛍を見に行ってきました。現地に着いたのは17時過ぎ。まだまだ明るいので他の生き物探しを楽しみます。ホトケドジョウ絶滅危惧IB類です。(横から見ると)かわいい魚ですよ。マツモムシ水面をチョロチョロ泳いでるのはこの虫。刺すので触れないのが無難です。背泳ぎしてて面白い。モリアオガエルオタマからカエルに。この個体はそろそろ上陸ですね。ヤマアカガエルまだまだ小さな子ガエルですが、 [続きを読む]