Nishihara Daichi さん プロフィール

  •  
Nishihara Daichiさん: 浄土真宗|LOG
ハンドル名Nishihara Daichi さん
ブログタイトル浄土真宗|LOG
ブログURLhttp://blog.saiho-ji.org/wp/
サイト紹介文役に立たない話を聞いて、新しい頭を恵まれる。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供207回 / 365日(平均4.0回/週) - 参加 2016/01/27 20:31

Nishihara Daichi さんのブログ記事

  • マイナス2点の教え
  • 図書館より『いのち輝くいい話』公益社団法人日本看護協会(編)を借りて読みました。 最近、本はもっぱら図書館で借りています。 この本を読むと、看護師の方々は看護に関わる技術を取得するとともに、いかに患者の方に寄り添うかとい ... [続きを読む]
  • 普通のぶつかり合い
  • 先日、住職である父からA4サイズの普通紙を買うよう指示がありまして、私がネットで購入した時の話です。 父はそのA4サイズの紙を確認して「これは普通の紙じゃない」というのです。 しかし、私は確かに普通の紙を購入したはずだっ ... [続きを読む]
  • 過去・未来にわずらう
  • 3歳を過ぎた長女の七歩。 少しずつ言葉を喋り、オムツも取れて目に見える成長に驚きの連続です。 一方、トイレについては度々失敗してしまいます。 尿意を催すと「トイレに行きたい!」と意思を表明し、トイレで用をたすことができる ... [続きを読む]
  • 特別法務員の目線
  • 本願寺の勤式指導所という法式・作法・読経に関する教練所を一年かけて修了すると、特別法務員という資格を取得することができます。 簡単に言うならば、この資格があれば本願寺派のお経のプロを名のることができます。 先日、この特別 ... [続きを読む]
  • 雨の日の安心感
  • 図書館から借りた『いのち輝くいい話』公益社団法人日本看護協会(編)に、この様な話が掲載されていました。 ・ ・ ・ ・ ・ 忘れられない会話 和歌山県匿名 「私、雨が空きなの」 私が入院して何日目かの朝、看護師のMさんは ... [続きを読む]
  • 交通安全の仏さま
  • 以前、この様なことを教えていただきました。 全ての仏さまの悟りの内容は大般涅槃である。 悟りの内容(真如)は同じであるが、衆生済度(全てのものを救うこと)の際の真如からの現れ方が違う。 悟りの法が衆生済度に用(はたら)き ... [続きを読む]
  • 回向について
  • 先日、内藤知康和上の『教行信証概説』の講義に参加しました。 この日の講義の中心は『教行信証』「行文類」の「不回向の行」について。 配布されたレジュメには「回向」について「行為の持つ働きの方向を変える」と説明がなされ、また ... [続きを読む]
  • 高千穂徹乗和上
  • 熊本県・仏厳寺に高千穂徹乗という和上がいらっしゃいました。 このブログでも何回か紹介しておりますが、福岡県の北嶋文雄先生が築地本願寺の常例布教において、この和上のエピソードをお話くださいました。 今回はその内容を紹介しま ... [続きを読む]
  • 大乗非仏説について
  • 仏教の内容の分け方の一つとして、仏教を大乗仏教・小乗仏教という分け方があります。 小乗仏教という言い方は大乗仏教が自ら大乗仏教と名のったのに対し、大乗仏教にあらざる仏教を小乗仏教と言い表したので、現在は上座部仏教と言いま ... [続きを読む]
  • 本物の偽物と知らされる
  • 妙好人、因幡の源左さんの五十回忌法要が勤修された折、記念の小冊子として『源左讃仰』が百華苑より出版されました。 尚、この小冊子は非売品のようです。 この小冊子の中から『因幡の源左』の一文として紹介されている「偽同行」とい ... [続きを読む]
  • 応病与薬・対機説法
  • 「対機説法」という言葉、本願寺出版社より出されている『浄土真宗辞典』に以下のようにあります。 たいきせっぽう 対機説法 仏が相手の素質や能力に応じて適切に教えを説くこと。随機説法ともいう。 「玄義分」には「また如来、機に ... [続きを読む]
  • 完全教祖マニュアル
  • 筑摩書房から出版されている『完全教祖マニュアル』を拝読いたしました。 他のブログで紹介されていたので図書館で借りてみました。 文体がオチャラけており、尚且つ各章の小見出しもインチキくさいものばかりですが、読みやすく頷かさ ... [続きを読む]
  • 葬儀が難しい理由
  • 「考える葬儀屋さんのブログ」を運営している方が書いた『子供に迷惑をかけないお葬式の教科書』を拝読いたしました。 子供に迷惑をかけないお葬式の教科書 (扶桑社新書) ブログの内容を体系的にまとめたもので、消費者が良いお葬儀 ... [続きを読む]
  • 近しといえども見えず
  • 『拝まない者もおがまれている』東井義雄著を拝読いたしました。 この話は、福岡の北嶋文雄先生が以前ご法話の中でご紹介くださったことがあります。 北嶋文雄先生が、東井先生と同じように奥さんの足を揉んでみたのですが、「そこじゃ ... [続きを読む]
  • 無数の御苦労のうえに
  • ご法事の法話で「先祖の人数」ということに触れて欲しいという請いがありました。 この写真は、真言宗豊前派の墓苑に置いてあったリーフレットの中身です。 参考資料として以前持ち帰ったものです。 このリーフレットには、10代前に ... [続きを読む]
  • 責任の所在
  • 以前、通夜・葬儀をお勤めさせていただいた施主(喪主)様の中に、外科医として勤めているという方がいらっしゃいました。 外科医として海外へ飛んだ話や、今日(葬儀当日)も受け持ちの患者さんの外来を診断してきたこと等、色々お聞か ... [続きを読む]
  • 妙好人のマイナス面
  • 「すねいる」から出ている故・稲城選恵和上の「南無阿弥陀仏のいわれ」(DVD)を拝見いたしました。 写真は、第一話「いま、ここの救い」の画像です。 お話の中で「儂の言う事と相撲を取ってはいけない、『御文章』には阿弥陀さまと ... [続きを読む]
  • 交渉について
  • 縁あって『ハーバード流交渉術』(フィッシャー&ユーリー著/金山宣夫・浅井和子訳)を読みました。 ハーバード流交渉術 (知的生きかた文庫) 交渉というと、相手と相反する利益を得るための駆け引きといった印象が強いですが、この ... [続きを読む]
  • 荷物に煩う
  • 『遺伝子はダメなあなたを愛してる』福岡伸一著に、次のような言葉が紹介されております。 遺伝子はダメなあなたを愛してる (朝日文庫) ドリトル先生の言葉はいま読んでも味わい深いものがあります。 「人の一生は短いものだ。荷物 ... [続きを読む]
  • 金魚鉢
  • 我が家に新しい仲間がやってきました。 近所で開催されたお祭りで嫁と子どもがすくってきた金魚です。 普段は、嫁がお世話をしています。 先日、嫁、子どもが嫁母と一緒に旅行に出かけたので、2,3日代わりにお世話をすることに。 ... [続きを読む]