285 さん プロフィール

  •  
285さん: 住宅展示場で家を買うマニュアル
ハンドル名285 さん
ブログタイトル住宅展示場で家を買うマニュアル
ブログURLhttps://yukikinike285.muragon.com/
サイト紹介文住宅展示場のウラ事情から 家を買う為のマニュアルを紹介します。
自由文住宅展示場で設計の仕事をしております。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供0回 / 365日(平均0.0回/週) - 参加 2016/01/27 22:59

285 さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 住宅会社の選び方② 「間取り」
  • 住宅会社で具体的に話を進める段階を進めて行くと、 土地がある場合は間取りの打合せとなります。 最初は営業担当へ具体的なイメージの話をしたりします。 各住宅会社で間取り集があるのでその中から近い間取りで進めると 企画プランでの打合せも可能です。 私自身は設計の立場に居ますが、多くのお客様を1度にお話出来ないので まずは営業担当が最初に聞き取りをする場合が多いです。 営業担当が間取りの聞き取りをする場 [続きを読む]
  • 住宅会社の選び方① 「坪単価」
  • 各住宅会社をを廻り、気になる住宅会社と営業担当が見つかれば どのくらいの価格でどのくらいの大きさの家が建つのかの確認です。 住宅会社では坪単価で住宅の価格の目安にしています。 坪とは畳2枚分の広さ、約1.8m×1.8m四方の広さです。 30坪の家の坪単価が60万であれば、1800万円が住宅価格となります。 ここで確認しなければいけない事は、 坪60万円でどこまで入っているのか? 住宅会社では「標準 [続きを読む]
  • 展示場で見るポイント⑤ 「設備・浴室」
  • 浴室はユニットバスとも言うように、 規格サイズの中で色や形を選択する事が可能です。 ユニット以外は浴槽と壁や床の仕上げを別々に作成する方法もあります。 数十年前の家はステンレス浴槽にタイル仕上げなどが一般的であり、 リフォーム工事の際の現在のユニットバスとのサイズが違い 大幅な工事が必要でした。 現在はほとんどの住宅会社がユニットバスとなっています。 展示場で浴室を見るポイントは、サイズです。 一 [続きを読む]
  • 展示場で見るポイント④ 「設備・キッチン」
  • 住宅展示場では設備(キッチン・お風呂・トイレ・洗面)など 最新の装備があります。 キッチンはシステムキッチンとも言って、細かい収納場所や 種類など組み合わせて自分好みのキッチンを選ぶ事が可能ですが、 住宅会社によってはある程度固定され、色のみ選べる事が多いです。 見るポイントとしては、どの形のキッチンが好みなのか? すべてが丸見えのキッチンもあれば、ほどよく隠せるキッチンや すべて隠したキッチンな [続きを読む]
  • 展示場で見るポイント③ 構造
  • ほとんど住宅展示場で見れるのが、構造の模型。基本的に基準法通りに建築してるで、心配はありませんが、使う材料がそれぞれ違います。ここは営業の腕の見せどころです。 難しい専門用語で一方的に話されて、良いことばかり話す営業マンは注意です。 実は、構造の事を理解していない営業が多いのが、現実です。 知らない事を隠すために、一方的に話す事が多いです。 高気密、高断熱の家が今のトレンドなので、その話を上手に話 [続きを読む]
  • 展示場で見るポイント② 「間取り・動線」
  • 展示場ではその住宅の間取りを手渡されます。 ここで見てほしいポイントは、実際生活した場合の使いやすさの確認です。 例えばキッチンなど、実際のシンク前に立ってみて 料理をする事を想定して動いてみましょう。 冷蔵庫が遠いなとか、ここに収納がほしいなど具体的な要望が出てきます。 洗面所も洗濯した場合、お風呂に入る場合なども想定しましょう。 タオルの置く場所から、髪を乾かすドライヤーのコンセント位置、 シ [続きを読む]
  • 展示場で見るポイント①「部屋の広さ」
  • 展示場に入って、確認してほしいポイントは、 「部屋の広さ」です。 展示場はインテリアも凝ったものが多いので雰囲気に飲まれてしまいます。 参考に出来る部分もありますが、そればかりを見てしまうと 実際に展示場で得る情報としてはもったいないです。 冷静に、この広さ感覚と実際の帖数がどれくらいなのか確認しましょう。 家を建てる時に必要な感覚です。 部屋の広さですが、天井高さにも関係がありますので、こちらも [続きを読む]
  • 展示場見学の仕方・時期
  • では見学する展示場が決まったので、中に入って行きましょう。 住宅展示場に入った場合最初のハードルが「アンケート」 見学前にほとんどの住宅会社がお願いする事でしょう。 アンケート内容は名前・住所・建築時期・予算・好きな外観など 住宅会社によって様々です。 すぐにでも家がほしい方で、興味ある会社であれば 迷いなく記入した方がオススメです。 建築時期がまだまだ先になりそうだけど、今から見たい。 でもアン [続きを読む]
  • 住宅展示場の選び方③ 売れてる会社編
  • お客様に多く選ばれる会社=大手ハウスメーカー 多く選ばれるから、みんなが選んでいるから 自分で住宅会社を吟味しなくても、容易に安心・安全が得られます。 早く家を欲しい人は大手であれば多くの大工さんを抱えているので 希望の時期に住むことが可能です。 また、国の補助金など優遇を受けやすいのでお得です。 提案などもしっかりしていて、営業もきちんと社内教育されているので、 家づくりの打合せがスムーズです。 [続きを読む]
  • 住宅展示場の選び方② デザイン編
  • 総合住宅展示場を見回して、 まず外観デザインに目が止まると思います。 ある程度要望すれば希望のデザインを作ってくれると思います。 この場合の選び方ですが、大手の会社の場合は 自社のブランドを壊さないので、希望通りが難しい。 またデザインの確認作業で、密に打合せが必要となる場合 営業担当が避けるケースもあります。 私が担当したお客様で、間取りよりも 外観のイメージを思い通りにしたいという方もいました [続きを読む]
  • 住宅展示場の選び方① 機能編
  • では、どの展示場に入ろうか? スマホを選ぶ時を思いだしてみましょう。 機能重視にするか? デザイン重視にするか? 一番売れてるのにするか? 住宅で例えると機能は性能の高い家 スマホで例えると、水に入れても大丈夫もの、落としても壊れにくいもの 電池の持ちが良いものなどが当てはまります。 住宅で言うと高気密高断熱・耐震性能・メンテナンス性の良い家です。 性能面で絶対に外せないのが「高気密・高断熱住宅」 [続きを読む]
  • 住宅展示場の歩き方②
  • 総合住宅展示場に行く前にまず各メーカーの特徴を調べるのもいいですが、 非現実的なやり方ですがカンに頼るのも良いと思います。 ざっと外観を見て、インスピレーションに任せて入るのも良いです。 なぜこんな非科学的な事を言うかと言うと 今までお客様と良い家づくりが出来た方の多くが 「なんとなく住宅展示場に入った」という方が多いからです。 そんな馬鹿なと思う方が居るの思いますので、 ここからは現実的な話をし [続きを読む]
  • 住宅展示場の歩き方①
  • 住宅展示場は家の見本があるところ。 最新の見本がいっぱいあるのが総合住宅展示場です。 携帯会社で最新のスマホが並んでいます。 写真がキレイ こっちは持ちやすい バッテリーが長いなど 特徴があるように 住宅展示場も暖かい家やメンテナンスがしやすい家 デザインが良い家など特徴があります。 スマホを買う時と住宅展示場で事情が違うのが 説明する人が居る事です。 それが「営業」 その「営業」住宅展示場の厄介 [続きを読む]
  • はじめまして
  • 木造軸組住宅を設計しています。 軸組住宅とは昔からの木造住宅事。木で出来た家と思って下さい。 設計とは間取りを考える人の事。 いわゆる総合住宅展示場に居ます。 住宅の見本があるところですね。 中にいると思う事を解りやすくお話して行きたいと思います。 [続きを読む]
  • 過去の記事 …