peqmontreal さん プロフィール

  •  
peqmontrealさん: PEQ MONTREAL モントリオールでカナダ移住?
ハンドル名peqmontreal さん
ブログタイトルPEQ MONTREAL モントリオールでカナダ移住?
ブログURLhttps://peqmontreal.wordpress.com/
サイト紹介文フランス語B2と州認定校の卒業により、永住権が狙える。PEQ。モントリオールでライフハック進行中。
自由文(***注:PEQは2016年10月以降、ケベック政府にケベックセレクション認定を受ける段階でインタビューの順番待ちが生じているため、残念ながら永住権取得の手段として最速ではなくなりました、が、今でもフランス語のレベルさえ確保できればかなり好条件で永住権が取得できる方法となっています。詳しくはブログ記事をお読みください。)
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供63回 / 365日(平均1.2回/週) - 参加 2016/01/28 00:48

peqmontreal さんのブログ記事

  • 州政府に、面接に呼ばれた件。(前編)
  • 写真は、草むらでわたしの陰で涼んでいるヨーキーのミア。うちはペットを飼っていないんだけど、娘がペットシッターをしている関係で、よくわんこのお客さんが泊まりに来る。この子は先日のオタワへの小旅行にも連れて行った。初めて犬連れの旅で、ちょっとレストランに入るのにも犬はお断りだったりして、結構犬連れは制約が多い。あまりお腹がすいていなかった私が、ミアと二人で公園で遊び、その間に夫と娘二人、娘の親友 [続きを読む]
  • PEQの危機!
  • 写真はBeaubien近くのrue St Hubertにあるバー。午後だというのに、もうライブでごきげんなジャズを演奏していた。初夏のモントリオールはワクワクするような場所がいっぱいある。この道にも、一風変わった面白そうなお店が多い。前に住んでいた時はあまりこの道は訪ねていなかったが、Beaubienは結構好きなエリアだ。********************************************無料も、格安も、有資格の先生も全部!今のステージに合わせてフ [続きを読む]
  • 久しぶりに、PEQに関する質問に答えてみる。
  • 写真は、先日行ったオタワのチューリップフェスティバルから。実は、モントリオールにだって、規模は小さくてもモンロヤル公園とか、チューリップが見られる場所はあるんだけど、なんだかオタワのチューリップフェスの由来なんかも面白くて…(興味ある方は調べてみてね)つい見に行ってしまった。実はお花の中でチューリップが一番くらいに好きだ。多分、幼稚園くらいでも描けるようなシンプルなラインと、デフォルトの赤、白 [続きを読む]
  • 92歳の新首相ーマハディールにしかできなかった仕事。
  • 今回は、マレーシアの総選挙で敵の数々の不正を見事に押さえつけて勝って見せた、92歳の新首相、トゥンこと、マハディール首相についてのコメントのビデオを紹介したい。この総選挙ほどのドラマはないんじゃないっていうくらい、ものすごいドラマだった。事実だけを列挙したジョークがあるので、まずそちらからシェアしたい。The new PM (Prime Minister) is coming in.The old PM is going out.The future PM is coming out [続きを読む]
  • 娘たち、羽ばたけ!‐長女の大学転籍試験
  • 写真は、 とある日曜日、Rosemont-Petite-Patrie地区を通りかかって偶然見かけた、アイスクリーム屋さん。夏を待ちきれない家族連れが辛抱強く行列していた。多分ここ、めちゃめちゃおいしいに違いない。でも、わたしは行列が苦手なので今回はあきらめたけど、次回アイスクリームが食べたくなったら、ここに行ってみたいな。********************************************無料も、格安も、有資格の先生も全部!今のステージに [続きを読む]
  • 春が来た!
  • 写真は、友人夫婦とうちとダブルデートで出かけた蚤の市、 Marché Saint-Michel。結構規模が大きくて、常設のところ。前に、アンティークショップ経営の香港人のお友達が遊びに来たときは、こんなところがあることも知らなくて案内してあげられなかった…私は、古いシルバーのピアスが好きで、こういうところで探すのが楽しみだ。うちの相方はお茶関係の道具などが好きだ。お友達夫婦はインテリアものを見ていた模様…人によ [続きを読む]
  • ついに永住権申請、最初の難関は無犯罪証明。
  • 写真は、昨日の夕飯に長女がオーダーしたデリバリーのピザ。うちは当番制で夕飯を作っていて、昨日は私が作ることになっていたが、ちょっとお出かけの用が入ったため、急遽、長女に「ピザでも頼んどいて〜、後でお金払うから。」と電話で頼んでおいたもの。帰宅して、小腹がすいたので一切れチンして食べたら、これが激うまで、どこのピザかと箱を確認するが、普通にドミノピザだった。(あれ、ドミノピザ、めちゃめちゃレ [続きを読む]
  • テラハで、人間観察してみた!
  • 写真は、先日の誕生日の翌日に会ったお友達にもらった花束。オレンジ系の元気な感じのお花で私の好みだ。普段、好きな色は白とかラベンダー系なんだけど、最近反対側のオレンジが好きだ。香りも、最近ちょっと気にいっているのはオレンジ系だ。なんとなく自分を元気づけたい思いがあるのかもしれない。最近、人生にドラマが少なく刺激が足りなかったのかな?********************************************色々試してここが [続きを読む]
  • 久しぶりに、やらかしました…
  • 写真は、ちょっとティーンエージャーっぽすぎるかな、と思いながらも、つい面白くて買ってしまったシャツ。年齢で服装を変えるとか、「年相応に」なんて考える人は北米にはいないような気がしていたが、今日古いアメリカの映画(12人の怒れる男)を見た時に、「40代の女性だが、35歳に見えたくて着飾っている」というセリフを聞いて、苦笑してしまった。サバ読むなら5歳と言わず、せめて30歳くらい、どーんと派手にやろうよ [続きを読む]
  • 新年の抱負と、人生の抱負?
  • 写真は、今日もらった福袋。中には私の好物の日本のお菓子がどっさり入っている。娘たちからのプレゼントだ。一つ一つ、私の好きなお菓子なので、よく知ってるなーと驚く。私はこんなにドンピシャなプレゼントを娘達に上げられているだろうか?(笑)先日、お正月に日本のスーパーでお菓子の福袋を買うためにみんなで並んだ思い出の話をしていたから、こういうものを思いついたのかな?また一つ歳を取ることになったが、ま [続きを読む]
  • 新しくて、意外なパートナー
  • 写真は、季節外れのパッピンスー(韓国かき氷)。でもこれがほんとに美味い。特に、スンドゥブチゲ(純豆腐鍋だったんだね)を食べた後に、これでお口直しをするのがサイコー。日本もマレーシアもかき氷は美味しいと思うけど、韓国のに勝るものはないんじゃないかと思うくらい、絶妙な、Opianoの、きな粉とあんこのかき氷。小さなお餅まで入っているのが素晴らしい!この味の組み合わせが日本発じゃないなんて、と驚くくらい、日本人 [続きを読む]
  • ケベックで、フルタイムで働く。
  • 写真は、先日の旧正月(=中国正月)のイベント@チャイナタウン。モントリオールの中華街は、本当にあっけないほど小さい。その中華街のこれまた小さな広場で、こんな獅子舞(Lion Dance)が行われていた。マレーシアでもこれは年中行事だったから、本当に懐かしい。道行く人々も、珍しげに足を止めて、獅子たちの踊りを見ていた。マレーシアでもこちらでも、若い学生たちが中に入っているのだが、こちらの子たちの方が、初心 [続きを読む]
  • 幻の、あれです。その1(前提編)
  • 写真は、2年前にブログをスタートした最初の記事に使ったもの。あー、感慨深いね。Bonaventure = Good Adventure → Great Adventure だと思って、この駅を見るたびに、自分たちの駅だと思っていた。実はこれ、人の名前だったなんてことは最近知った。このカナダに来ること自体が、私たちにとっては大きな冒険。ひょっとしたら、年齢的に最後の冒険かな、なんて思っていた。あれから、いろんな人に出会い、いろんなことを経 [続きを読む]
  • 祭りの後に…ちょっと厳しい話してもいい?
  • 写真は、フォトジェニックなモントリオールの冬。有名でも何でもないちょっとした街角がとっても美しく感じる。冬は4時くらいから暗くなってしまうのがちょっと残念だけど、夕暮れ時の雰囲気はいいよね。先日、パリに3センチも(笑)雪が積もった!交通がマヒした!とパリジャンたちが血相を変えているニュースがあり、そのニュースを見たケベコワたちが、「どこに雪があるんだよw、見えないじゃないか」って大笑いしているビデオ [続きを読む]
  • サクラ、サク…悲願、叶いましたよ♪
  • 写真は、最近見つけてはまっているスイーツ。知っている限りでは、メトロとIGAで見かけた。冷凍コーナーにあるミニエクレアなんだけど、冷凍のままでもアイスみたいでおいしいし、解凍してもクリームがすごくおいしい。スーパーの自社ブランドをバカにしてはいけません。(笑)でも、この表の写真とはかなり違ってるけどね。チョコの色とか。とにかく、見かけたら一度、だまされたと思って食べてみてください。*********** [続きを読む]
  • さて、準備しよっ。ケベック政府インタビュー。(準備編)
  • 写真は、Rue Wellingtonにあるお茶屋さん、Cha Noirでいただいた、川根茶と、Crème Brûlée(プリン。)こじんまりとした店内で交換レッスンのパートナー、医療翻訳者で、「星の王子さま」が大好きで、作家の卵のお友だちと、またお気に入りの36の質問をテーマに話をした。私たちがあまり日本語とフランス語で盛り上がっているので、隣の席のアングロフォンのカップルが遠くの席に避難していった(笑)ごめんね。********** [続きを読む]
  • いよいよ、大詰め。ケベック政府インタビュー。(準備編)
  • 写真は、Rue Wellingtonにあるお茶屋さん、Cha Noirでいただいた、川根茶と、Crème Brûlée(プリン。)こじんまりとした店内で交換レッスンのパートナー、医療翻訳者で、「星の王子さま」が大好きで、作家の卵のお友だちと、またお気に入りの36の質問をテーマに話をした。私たちがあまり日本語とフランス語で盛り上がっているので、隣の席のアングロフォンのカップルが遠くの席に避難していった(笑)ごめんね。********** [続きを読む]
  • いよいよ、大詰め。ケベック政府インタビュー。(前提編)
  • 写真は、2年前にブログをスタートした最初の記事に使ったもの。あー、感慨深いね。Bonaventure = Good Adventure → Great Adventure だと思って、この駅を見るたびに、自分たちの駅だと思っていた。実はこれ、人の名前だったなんてことは最近知った。このカナダに来ること自体が、私たちにとっては大きな冒険。ひょっとしたら、年齢的に最後の冒険かな、なんて思っていた。あれから、いろんな人に出会い、いろんなことを経 [続きを読む]
  • 雪が降れば、チャリティショップが儲からない(笑)
  • 写真は交換レッスンのパートナーのお宅で見せてもらったLa créche de Noël。 キリスト誕生のシーンを絵描いたフィギュアセットといったもので、クリスマスに飾る家庭がフランスには まだまだあるそうだ。ちなみにこのセットはお祖母様の代から受け継ぎ、フランスからケベックに持って来たものだそうだ。 私の聞き取りが正しければ(笑)150年以上経っている骨董品だ。ちなみに、最近はケベックでも ラ・クレッシュ・ド・ノ [続きを読む]
  • 今憧れの人、いますか?
  • 写真は、週末の中華街の点心(ディム・サム)日本では飲茶というのかな?行った途端、広東語で話しかけられたのにはビックリ。うちの家族は過半数(私以外)が広東語を話すから問題ないけど、それほど香港や大陸の広東語話者のお客さんが多いということなのだろう。味はとっても美味しかった!料金は一人20〜25ドルくらいかかり、マレーシアの倍くらいなので、びっくりしてしまうが、とっても懐かしい。マレーシアに戻ったみ [続きを読む]
  • ケベックは、冬もいいから。
  • Vivre L’hiver au Québec?L’hiver nous habite plus que nous habitons l’hiver. Ce n’est pas juste un cadre, c’est un personnage?(Normand Cazelais) 「冬が、僕らの中に生きている、僕らが冬を生きているというよりもね。冬は僕らにとっては単なる環境じゃなくて、個性なんだよ。」ノーマン・カズレー写真は、Berry-UQAMの駅から続いているGrande Bibliotheque(ケベック州立図書館)で借りてきた本。 [続きを読む]
  • 2018年:今年はどんな年にしますか?
  • 写真は、最近の我が家のおやつの定番、あんまん。といってもこれは、中華系のスーパーに売っている、中華のあんまん。多分日本のあんまんより少しあんこが甘めだけど、かなり似ている。寒い冬には湯気でほっかほかのこれを食べると元気が出てくる。 *************************************************ほんとに使っているからおすすめ。英語・フランス語は自宅で上達が可能! ネイティブスピーカーの友達作りからプ [続きを読む]
  • 色んな人がいるーそれでいい。
  • 写真は、先日お友達と行ったFous Dessertsのブッシュドノエル。(フランス式クリスマスケーキ)美味しかったぁ。日本人のすごいパティシエさんがいるし(実は友達の友達だったりして、結構よくお会いしている)ここはケーキが美味しいし、日本人好み。さらに、日本のお茶なども注文できてうれしい。私が頼んだのは静岡茶実は最初出してもらった時、薄すぎて入れなおしてもらったけど、嫌がらずすぐに対応してくれて好感度高か [続きを読む]