坂の上の蜘蛛 さん プロフィール

  •  
坂の上の蜘蛛さん: 坂の上の蜘蛛さんのブログ『雨にも負けず』
ハンドル名坂の上の蜘蛛 さん
ブログタイトル坂の上の蜘蛛さんのブログ『雨にも負けず』
ブログURLhttp://taku3san.blog.so-net.ne.jp/
サイト紹介文ほとんど野鳥写真。時々飛びものというカテゴリーで飛行機写真もあります。その他珍しい記事等・・・
自由文2011年1月から第二の人生がスタートしました。
そこで昔から趣味の一つであった写真に夢中になり、とりわけ最近は野鳥に魅せられのめり込んでいます。
暇さえあれば20kg近い機材をかついで野山を駆け回っています。
そんな写真を主体に、写真関連情報なども掲載していきたいと考えています。
又、日常の出来事なども掲載していく予定です。つまり何でもありのブログです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供217回 / 365日(平均4.2回/週) - 参加 2016/01/28 13:02

坂の上の蜘蛛 さんのブログ記事

  • ブッポウソウ
  • ブッポウソウ(仏法僧)・・・2018/6/27本命のブッポウソウ。こちらは日が悪かったのか営巣時期との兼ね合いか二日間とも活性が悪く確認出来たのはほんの数回。営巣しているのかさえ不明だが、たまには来るので抱卵はしていると推測。時期からすれば既に雛が孵っていてもおかしくはないが。遠くの木から一旦停止がなく巣の奥の茂みにダイレクトインするので撮影はほとんど無理。たまにある木止まりもかなり距離があり、500mmレン [続きを読む]
  • チゴモズ
  • チゴモズ(稚児百舌)・・・2018/6/26国境の長いトンネルを抜けて、二日間遠征しチゴモズを撮ってきました。狙いはこれだけではありませんでしたが取り急ぎザックリ選択し更新します(^^)実はチゴモズは初撮りだったんです。これまでそれ程魅力を感じなかったのかも知れません。しかし実際目の前に登場するとやはり人気者の風格がありました。とにかく端正で綺麗ですね(^^)                           | [続きを読む]
  • 山下公園バラ園
  • 氷川丸と薔薇・・・2018/6/22記山下公園のバラ園(未来のバラ園)は大幅リニューアルされて美しい薔薇が咲き誇っていました。もはや山下公園と言うよりバラ園のイメージが強くなった気がします。もっともこの日は春バラの最盛期でしたので珍しく大分前の記事になります(^^)最近鳥撮りをサボっているのでネタ不足。過去データをチェックしていたら出てきたのでつい採用。以前から山下公園は花壇や記念の多い公園ですが今やすっかり [続きを読む]
  • アオバト
  • アオバト・時期尚早・・・2018/06/21(19日撮影)そろそろ出始めているという情報もあり、大磯に行ってみました。私は午後出勤でしたが一人だけ居た先着CMに聞くと午前中からあまり出ていないとのこと。まだ時期尚早なのかな!! 今日は特に少ないとも言っていました。いつも通り夕方に望みをかけて粘りましたが最後までぱっとせず(-_-#)5〜10羽の小群が3〜5回位の飛来とシャッターチャンスが極めて少なく、当然ながらそれに比 [続きを読む]
  • ツミ
  • 「ツミ」間もなく巣立ち・・・2018/06/18市街地のあちこちの公園でツミが営巣している。そしてそろそろ巣立ちが近い。ここのポイントも間もなく巣立ちの様相だ。今年は5羽とも無事に巣立つのかな。巣立ってくれると嬉しいですが・・・                           |坂の上の蜘蛛|① 先に巣立ったツミもいるが巣にはまだ2羽残っていた。② 巣立ち前の賑やかな風景。先に巣立った雛達も巣に近くで親の [続きを読む]
  • 高原の小鳥たち
  • 高原の小鳥たち・・・2018/6/16高原シリーズ第3弾「その他の小鳥たち」を持ってシリーズ最終とします。背景が変わり映えしないのですが、ノビタキ以外の鳥をメインにしました。写真整理も終わったし、また新ネタを仕入れに行って来なくちゃ(*_*)                             |坂の上の蜘蛛|① 朝靄に霞むビンズイ。② ビンズイはとても良い場所で良いポーズをしてくれます(^^)③④⑤⑥⑦ ホオア [続きを読む]
  • ノビタキ(レンゲツツジ)-第2弾
  • ノビタキ:営巣・飛翔編・・・2018/6/15本格梅雨モードになり缶詰状態になっています…>_<…取り敢えず在庫からノビタキの営巣シーンや飛翔シーンを主体にまとめて見ました。3000枚強のショットをチェックし、分類するだけでも二日間掛かりました。今回は休養も兼ねて丁度良かったかな!!とにかく玉じゃりの悪路を9時間も探鳥したので(@_@;)                             |坂の上の蜘蛛|① 餌を咥え [続きを読む]
  • ノビタキ(レンゲツツジ)
  • 霧ヶ峰周辺の高原はレンゲツツジが満開でした。(スマホ撮影)「ノビタキ」レンゲツツジ絡み・・・2018/6/12撮影信州の高原はレンゲツツジが見頃でした。見晴らしの良い高原周辺の斜面にはレンゲツツジが咲き乱れていました。鳥にとっても優れた環境なのでしょうか色々な野鳥がこの高原で営巣活動をします。野鳥ファンにとって人気の高いのはレンゲツツジに絡むノビタキが筆頭です。野鳥に限らず天気の良い日は人間にとっても素晴 [続きを読む]
  • ツミ営巣中
  • ツミ・・・2018/6/10連日巣の写真で躊躇しましたがネタがないのでアップします(^_^;最近あまり日射しが強い晴天だと出掛ける意欲が失せてしまいます。と言うわけでこの日は夕方の四時頃現地入りして撮ってきました。流石に餌渡しや水浴びは撮れませんでした(^^)前回のオオタカに続き今回はツミ(最も小さな猛禽)です。親はまるで違いますが、巣や雛の雰囲気はほぼ同様に見えます(^^)いづれも可愛いことに変わりはありません。   [続きを読む]
  • オオタカ
  • オオタカ・・・2018/6/8撮影都会のオオタカを撮ってきました。都会の野鳥(Urban Wild Birds)ってしっくりしませんよね。Urban Birds でいいのかな?前置きはさておき営巣真直中のオオタカを観察してきました。今日は動きが少なくあまりダイナミックシーンは観られませんでした。留守(巣)番のメス親とたまに餌を運んで来るオス親を観ることはできたが、目の前に一瞬止まったオス親は焦って撮影出来ず(-.-#) ぐやじー!!またチャレ [続きを読む]
  • アカゲラ
  • アカゲラ・・・2018/6/4撮影ここ2シーズンほど私はアカゲラと疎遠だった気がします(+_;)アカゲラの黒色と赤色はコントラストが強く、清楚且つインパクトがあり大好きです。黒色と黄色だと踏切の遮断機など危険な場所によく使用されますね。つまり単色では目立たない黒は黄色や赤色と組み合わせることで目立つ効果があるようです。そこで少し調べてみたら黄色は「進出色」で警戒色と感じさせるようです。黒色は正反対の「後退色」 [続きを読む]
  • オオコノハヅク
  • オオコノハヅク・巣立ち・・・2018/6/4撮影オオコノハヅクは珍鳥の部類だと思うが基本留鳥らしい。つまり日本に生息しているが、全国レベルでも営巣情報はかなり少ないと思う。このポイントも今年が初めての営巣らしい。昨日(当日)は夕方から明け方にかけて三羽巣立ちをしたそうで、私が到着地は三番仔が薄暗い木の枝にうずくまりほとんど動かず。全くパフォーマンスもなく僅かな変化に一喜一憂しながら粘りましたが大した変化無 [続きを読む]
  • さんこうちょう営巣
  • サンコウチョウ営巣準備中・・・2018/6/1撮影本命は別なものでしたが、比較的近くにサンコウチョウポイントもあるので立ち寄って見ました。非常に足場の悪い斜面の上に巣作りをしたのでCMは大苦戦。サンコウチョウにしては良い場所を選んだことになりそうです。せっかくなので私もトライしてきましたが枝被り葉かぶり光線悪いと言う条件でまともな写真は撮れませんでした。 巣絡みの写真ばかりになりました^_^;しかし今シーズン初 [続きを読む]
  • オオヨシキリ
  • オオヨシキリ・・・2018/6/2(昨日撮影)この時期水辺の芦原に行くと良く聞こえるのが「オオヨシキリ」の縄張り主張の囀りです。ギョギョシ!ギョギョシ!!とお馴染みの鳴き声はやかましいほど(^^)でも私はオオヨシキリやオオジュリン、セッカなど葦原の小鳥が大好きです。オオヨシキリもやかましい割に人間には敏感で人が近づくとするりと葦を伝って下部に隠れます。まー、少し粘って何とか撮ってきました。            [続きを読む]
  • ツミ
  • 平地公園のツミ・・・2018/05/31少し早起きしたのでツミの朝風呂に付きあって来ようと八時半ころ現地入り。到着してポイントにさしかかると既に水場の柵になんとツミのメスが止まっている。これは幸先が良いとほくそ笑んだが簡単には飛び降りず、歩行者も来たので中断してしまいました。その後給餌も観られたし、行くところもあったので今日は早々に切り上げました。                               [続きを読む]
  • お山の小鳥たち
  • お山の小鳥たち・・・2018/05/29記前回の続編です。水場やその周辺で撮った小鳥たちです(^^)木の上にはセンダイムシクイが頻繁に登場し遊んでくれました。尾羽を広げるポーズなど大サービスでした\(^O^)/周囲が緑の葉に覆われているので色かぶれしていますが。お馴染みの水場にはオオルリもやって来てたっぷり水浴びをしていました。今期はオオルリの当たり年になりました(^^)                         [続きを読む]
  • キビタキ♂
  • 高地のキビタキ♂・・・2018/5/28記(22日撮影)「高地の高原で観る野鳥の個体が美しい」という意見を良く聞来ます。本当に美しいかどうかは私には解りませんが、清々しく気持ちが良い撮影者の気持ちがそのように感じさせるのかも知れませんね。しかし、それは高原の開けた明るい沢沿いのフィールド等に限られます。高地でもそういう所ばかりではなく木の多い薄暗い森の中ではそのすっきり感は期待できません。今回はその見本のよ [続きを読む]
  • フクロウ巣立ち
  • フクロウ巣立ち・・・2018/5/26記今年もフクロウの巣立ち直後に遭遇出来ました。元々夜行性の動物に昼間っから出向き、動きがないとか不満を漏らす自分に半ば呆れつつ。やはり夕方の方が俄に動き出し、楽しめる様です。六時を廻ってもCM集団は減らず、「皆さん何に期待してこんな時間まで粘っているの」って問いかけたら「あなたはどうなの」って返されて言葉が詰まりました「サプライズ」狙い!! って言ったら「みんなそんな感じ [続きを読む]
  • サンコウチョウ-トライ(?
  • サンコウチョウ-トライ(?・・・2018/5/24数日前の高地遠征も残っているが、ここはやはりタイムリー優先と言うことで本日のサンコウチョウチャレンジ結果をアップします(^^)私が到着した3時頃は小雨が降り出し、雷雲も怪しい雰囲気で10数人いたカメラマンと入れ替わる様に現地入りした。結果は雨も雷雲もすぐに雲散霧散。その後はじっくり撮ることが出来た。おかげさまというか四時半頃からサンコウチョウの声が聞こえ初めなかなか [続きを読む]
  • 近場の野鳥達
  • 近場の野鳥達・・・2018/5/23記ここ数日間に撮った写真です。主役級ではないのでまとめてアップしました。(^^)とは言え今期初撮りのサンコウチョウも入ってますよ。                      |坂の上の蜘蛛|① 珍しくもない「オナガ」ですが関西方面では珍鳥のようですね(^^)②③④⑤⑥ 「オナガ」と「ツミ」はなぜか営巣地が近いんですね。⑦ 時にツミはオナガを襲ったり、不思議な関係です。⑧ この日は [続きを読む]
  • ハヤブサ
  • ハヤブサ・育児監視中・・・2018/5/18撮影はやぶさ(隼)は東北新幹線のフラッグシップ列車の愛称に使用されるほど高速イメージがあります。飛翔速度が速いため狩りの能力もトップレベルです。精悍な容姿と良いとにかく格好いい猛禽の一つです(*^^)vそのハヤブサがこのポイントで今年は2羽雛が孵りました。この日はやっと巣から岩場に連れ出された様で怪しげな動きで貰った餌を食べたり・・・。今日あたりはかなり成長して飛び回 [続きを読む]
  • カワガラス
  • カワガラス・・・2018/5/201番子はとっくに巣立ったという噂のあったポイントにその後の様子見に行って来ました。二番子が抱卵中なのかな。何度か巣穴に餌運びをしていました。まだ雛が孵った後の回数としては少な目なので抱卵中かなと推測?1時間少々粘りましたが飛び込み回数は五,六回だったでしょうか?条件が整わないのは理由にならないにしても形は無視してもそれっぽく撮れたのはほんの数枚。その中で一番良く撮れたのが① [続きを読む]
  • イソヒヨドリ
  • イソヒヨドリ・・・2018/5/18湘南海岸のイソヒヨドリも営巣真っ最中でした。オス、メス親鳥が交互に餌を運び込んでいました。もうすぐ巣立ちかな。楽しみですね。                |坂の上の蜘蛛|① 中継点の岩に一旦止まるのですが上半身のみしか見えず(>_<)②③④ 巣では雛が餌を待っているようです。⑤⑥⑦⑧⑨⑩ 以下メス親です。⑪⑫|END| [続きを読む]
  • 林道のオオルリ
  • オオルリの囀り・・・2018/5/15撮影昨日は夏日の中林道に探鳥に行って見ました。狙いものはぱっとせず、最後に立ち寄った林道でオオルリの囀りが難聴の私にも良く聞こえます。じっくり探すと10メートル以内の枯れ木の天辺で私を呼んでいたんですね(^^)たっぷり撮らせて貰い、気持ちに余裕が出来たのでビデオで囀りを録画(録音)残念ながら当ブログはサイズ制限があり、リサイズの仕方など良くわからないので割愛します。FBにアップ [続きを読む]
  • ライチョウ(雷鳥)
  • ライチョウ(雷鳥)Final編・・・2018/5/15記厳しい山行を強いられた雷鳥撮影から間もなく一週間経過します。そろそろ飽きられそうなので三編でFinalとします。実際大量の写真をチェックしている内に私自身が見飽きてしまうのは事実なんです(^^)                                |坂の上の蜘蛛|① 2日目の夕方やっと雲の切れ間から陽が射してきたので早速出掛けました。② 3日目(最終日)は一 [続きを読む]