坂の上の蜘蛛 さん プロフィール

  •  
坂の上の蜘蛛さん: 坂の上の蜘蛛さんのブログ『雨にも負けず』
ハンドル名坂の上の蜘蛛 さん
ブログタイトル坂の上の蜘蛛さんのブログ『雨にも負けず』
ブログURLhttp://taku3san.blog.so-net.ne.jp/
サイト紹介文ほとんど野鳥写真。時々飛びものというカテゴリーで飛行機写真もあります。その他珍しい記事等・・・
自由文2011年1月から第二の人生がスタートしました。
そこで昔から趣味の一つであった写真に夢中になり、とりわけ最近は野鳥に魅せられのめり込んでいます。
暇さえあれば20kg近い機材をかついで野山を駆け回っています。
そんな写真を主体に、写真関連情報なども掲載していきたいと考えています。
又、日常の出来事なども掲載していく予定です。つまり何でもありのブログです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供200回 / 365日(平均3.8回/週) - 参加 2016/01/28 13:02

坂の上の蜘蛛 さんのブログ記事

  • ノゴマ
  • 土手のノゴマ・・・2017/10/18撮影ノゴマと言えば東京近郊では有名フィールドがあったが一昨年頃から諸事情で撮影が難しくなり昨年は撮れなかったので2年ぶりの撮影になりました。このフィールドもかなり前から注目されていましたが私は3,4回通って一度も撮れた試しがありません。昨日は秋の長雨の束の間の晴天に恵まれ”今日こそ撮影日和”と思ったのは私だけではないらしく大勢のCMさんが訪れていました。昼頃到着した私はお [続きを読む]
  • 雨の空港
  • 雨の空港・・・2017/10/15撮影昨日は朝から雨。息子を羽田空港まで送りついでに国際ターミナルと2タミで遊んで来た。とは言え雨が本格降り、写真を撮るのも厳しい状態。それに送迎デッキは冷たい雨で寒い。久しぶりに国際TMの江戸小路や奥にある羽田日本橋などぶらついたり。日曜日にもかかわらずいつになく混雑していたのはハロウイン関連イベントがあったせいか?その後2タミに移動するも雨は一向に止まず。暫くスモークガラス [続きを読む]
  • メジロガモ羽ばたき編
  • メジロガモ・羽ばたき編・・・2017/10/12撮影秋の長雨モードが続いています。やや時期はずれの。通常セッテンバー・レインと言う位で9月ですよね。これも気候変動の影響でしょうか。一方、紅葉前線は順調に南下しており『それでも季節は巡る』と言う気がします(^^)お陰で写真撮影に行けず、暇をもてあまし、写真編集などして遊んでいます。先日の羽ばたきシーンがたくさん撮れたメジロガモを連続写真にして見ました。この日はサー [続きを読む]
  • メジロガモ-II
  • メジロガモ再挑戦・・・2017/10/12撮影昨日はカモなんだから体は大きいし軽量機材でも十分と思って挑んだが、どんより曇り空で暗く距離も遠く決して好条件ではなかった。そして何より羽ばたきを一度も撮れなかった事も悔しかったので今日再挑戦に出向いた。今日は良い場所で何度も羽ばたきをしてくれたので昨日の雪辱を果たすことが出来ました。まーめでたしめでたし\(^O^)/そもそも一回で仕留められないのが問題。最近多いかも( [続きを読む]
  • メジロガモ
  • メジロガモ・・・2017/10/11比較的近場に「メジロガモ」が出ているという情報は数日前にキャッチしていた。しかし水鳥に疎い私はアクションが鈍い。それでもかなり珍鳥度が高いと言うことなので遅ればせながら今日行って来た。幸いまだ居てくれたので比較的近くで撮影出来た。惜しむらくは羽ばたきシーンを撮りたかったが私がよそ見している時ばかり。周りのCMさん達がほとんど撮っているので私の集中力欠如と言うことになりそう(/ [続きを読む]
  • とんぼ釣り
  • とんぼ釣り・・・2017/10/10今日は私にとって本当の体育の日です。なんと言っても日本の高度成長の証と言える東京オリンピック開会式の日だからです。昭和を代表するイベントの一つで、そのように感じる人は少なくないと思います。さて、本題ですが私の今日の行動は「とんぼ釣り 今日はどこまで 行ったやら」の心境でした。(帰るはずのない子供を待つ母親の心境・・・とはほど遠いですが)昼頃現地到着した時には午前中で既に抜 [続きを読む]
  • 蝶の撮影にトライ!!
  • ヒタキ待ちに蝶の撮影・・・2017/10/08撮影ヒタキ類を散るつもりで近場の公園に。しかし私が到着後の出は芳しくない。目の前を蝶が飛び交っているのでつい狙って見る。私が勝手に昆虫の師匠と崇めるSAWA・・・・さんの写真に刺激を受けて真似てみようにも師匠の様な高解像で鮮明な映像は得られません。(/_;)まだまだ昆虫撮影の「いろは」が解っていないという気がします\(^O^)/ 頑張りま〜す。                 [続きを読む]
  • ノビタキ
  • お花畑のノビタキ・・・2017/10/05撮影毎度のことだが今日も午後から、しかも現地到着は3時を少し廻っていた。到着時ノビタキは目の前の柵に止まっており、近づくとその分移動して近くでは撮らせてくれない。まー撮りたいのは柵絡みではなく花絡みだったのでコスモスや百日草の花壇付近で待機する。ほぼ諦めの4時半頃になって動きが出て花畑に飛んでくれた。結果百日草止まりでコスモスには止まることはなかったが、何とか花絡みが [続きを読む]
  • 片瀬江ノ島海岸
  • 中秋の海岸風景・・・2017/10/04撮影今日は中秋の名月。ススキにお月様の情景はなかなか見られなくなりました。さて、私はと言えば午後から夕方にかけて晴れという天気予報を信じて湘南海岸の夕焼けを撮りに出掛けました。ところが雲が晴れず結局夕焼けは期待できず。賑わっていたサーファーを撮って日没前に撤収しました。遠目に見て若い子と思って撮ったつもりがパソコンで見たら熟女だっり、今後の参考になりました。(^^)しかし [続きを読む]
  • 羽田空港進入機
  • 城南島にて・・・2017/10/03撮影歯の調子が悪くなったので現役時代から30年も通っている大森の歯医者さんに行って来た。家の近くにも歯医者さんはたくさんあるけど、行きつけの先生は治療の経緯も分かっているので説明が楽。30分位で治療を終えたので予定通り城南島までひとっ走り。1時間位は明るい状態で撮れると思っていたが予想以上に日没は早かった。秋の日は・・・である。B滑走路に進入する機体を30分位撮ってきた。公園の手 [続きを読む]
  • 日高の蕎麦畑
  • ソバノビ・・・2017/10/02記日高の里にソバノビタキを撮りに行って来ました。なかなか思う様にソバに絡んでくれません。少し時期が早いのかも知れません。帰りに彼岸花ポイントも見てきましたがすっかり枯れてシーズンは終わっていました。彼岸花には遅くソバには早過ぎと中途半端な時期でした(/_;)                       |坂の上の蜘蛛|① 蕎麦畑に咲いていたアマクリナム(ヒガンバナ科だそうです)② [続きを読む]
  • エゾビタキ
  • エゾビタキ・・・2017/09/299月もあと1日です。秋の渡りも華僑に入ってきました。10月は日本の四季でも大好きな季節ですがここ数年はこれまでの印象と違っているのが気になります。今日は午後から久しぶりに馴染みの森に行ってみました。撮れたのはエゾビタキだけでしたが、そこそこ撮れたのとお馴染みのCMさん達に会えたのが収穫でした。帰りに立ち寄ったお土産ポイントでキビタキ・メスも撮れました。              [続きを読む]
  • 昆虫・蝶
  • 過去の記憶・昆虫写真・・・2011年頃の写真です。最近鳥以外の写真にも関心が高まってきた。気分転換に色々なジャンルにも関心を持つことは決して悪いことではないと思う。と言うわけで俄に昆虫や花を撮ってみるもやはり一朝一夕に撮れるものではなさそうだ。そこで過去の写真を探してみると結構昆虫や花を撮っていた時期があった。少なくとも今よりはマシな写真を撮っていた様なので一部アップしてみました。決して今日のみなさん [続きを読む]
  • ツツドリ
  • ツツドリ今季2度目・・・2017/09/25撮影 −−−ツツドリを今季は何度載せるやら(^^♪ −−−サンコウチョウとかツツドリはシリーズ掲載することが多いです。ツツドリはシーズンになればそれ程珍鳥の部類ではありませんが人気はありますね。季節の鳥って事でしょうか。            |坂の上の蜘蛛|① ほとんど陽は射していないが夕方の5時は夕焼け色です。② 暫くこの木にいたが被りナシはこの枝だけでした。③ や [続きを読む]
  • 里のキビタキ
  • 里のキビタキ・・・2017/09/25撮影里にも秋の渡り鳥がやって来ました。季節は正に里の秋です。今日はその代表格のキビタキです。オス・メスどちらも出てくれました。これから暫く秋鳥を楽しめる季節です。少し浮かれ気分です(^^)                        |坂の上の蜘蛛|① いきなり見上げ位置でした。②③④ 羽繕い。⑤⑥ 色々パフォーマンスを披露。⑦⑧⑨ 以下キビタキメスです。⑩ キビタキメスの [続きを読む]
  • 彼岸花
  • 彼岸花・・・2017/09/23記ネタ切れに付き下手な花写真。中でも私的には超難しい彼岸花です。群生地で風景的に撮るのはさておき、寄った時の撮り方がわかりません(/_;)どこにピントを合わせても絵にならない。花の写真は彼岸花に限らず揺れるので思った位置にピントを合わせるのは難しいですね。|坂の上の蜘蛛|① 黄色い彼岸花。 前ボケを入れて背景をボカして・・・肝心な部分もボケました(+_;)② まばらな花を圧縮効果を狙って [続きを読む]
  • ハジロホウオウ
  • 『キガタホウオウ』改め『ハジロホウオウ』・・・2017/09/21記先日の続編です。今回から『ハジロホウオウ』と記載します。この日はブームが去ったのかカメラマンは10人前後と少ない。そのせいかどうか解らないがひまわりの茎に何度も止まってくれました。通常は餌の「セイバンモロコシ」の根本に潜ったりたまに上部にでても被りが多くなかなか思う様に撮れませんが、この日は抜けたショットを沢山撮ることができました。というわけ [続きを読む]
  • キガタホウオウ(暫定名)
  • キガタホウオウ(暫定名)・・・2017/09/19撮影どうしても被りが多く納得出来なかったキガタホウオウに再々チャレンジしてきました。やっと今日の秋晴れの様にスカッと抜ける様なショットが撮れました。但し、性懲りも無く今日も軽量機材故キガタホウオウの様な黒い被写体の輪郭はボケ気味です。                                 |坂の上の蜘蛛|『参考』「キガタホウオウ」と言う名前について新 [続きを読む]
  • 台風一過のお山
  • 台風(18号)一過の暑〜いお山・・・2017/09/18関東地方は台風一過の暑ーい真夏日でした。お山に行っても変わりなく30℃超(汗)秋の渡りを撮りに行ったつもりが鷹の渡りも始まっており、本気モードではないにしても目の前に飛んでくる獲物にはロックオン。しかしながらでは上手く撮れません。後日出直します。エゾビタキがそこそこ出てくれてそれがメインになりました。                             [続きを読む]
  • ジュウイチ-III
  • ジュウイチ-III・・・2017/090/15撮影今日は予定通り孫の幼稚園行事に参加。小雨模様なので丁度良かったかな。そんなわけで昨日のジュウイチをアップします。ジュウイチ回はさておきあと一回(合計3回)だけお付き合いください(^^)                            |坂の上の蜘蛛|① この日はやる気モードで挑みましたが大分暗くなってからの登場だったので画質はジュウイチならぬ  「イマイチ」でし [続きを読む]
  • ジュウイチ-II 
  • ジュウイチ-II・・・2017年9月*2014年9月にも丹沢山塊の麓に出現し話題になりました。やはり幼鳥でした。名前に因んで11回シリーズにします・・・と言いたい所ですがそんな充実した内容でもないのでせめて2回位に留めようと思っています(^^)とは言え前回と変わり映えしませ〜ん。4時過ぎでかなり光量不足の環境だったので軽量システムでは厳しい結果でした。ISO感度も限界が有り、適正露出を得るにはSSが1/60以上に上げられませ [続きを読む]
  • ジュウイチ
  • ジュウイチ・・・2017/09/13撮影『ジュウイチ』・・・なんじゃこれ!!と言われそうな名前ですが野鳥ファンには魅力の鳥です。カッコウの仲間で繁殖期には”ジュウイッチー”と鳴くことから命名されたようです。そして平地ではあまり見られないので珍鳥度は結構高目です。今日は私的にはかなり早出出勤。それでも現地到着は12時を過ぎました。既に1ステージ終えたと言うことで暫くぱっとせず。1時間に一度位動きがあって見えるもの [続きを読む]
  • ツツドリ
  • ツツドリ第一弾・・・2017/09/11秋の渡りの代表的な鳥「ツツドリ」が撮れました。もう既に撮られている方がたくさんいると思いますが私は今期初撮りでした。何の鳥にしろ初撮りは嬉しいものです。季節の野鳥達に今年も会えるというのはこの上なく喜ばしいことです(^^)                            |坂の上の蜘蛛|① 青い葉を背景にまーまー。あいにくの曇天で少し残念!!②③④⑤⑥⑦ 今日はパフォー [続きを読む]
  • シマアジ
  • 湘南田んぼのシマアジ・・・2017/09/08秋の渡りが野や里に来るのはもう少し先のようです。まだ鳥が少ないのと天候も不安定でどうも勢いが付かない。とは言え毎日家に籠もっているわけではありません。昨日も湘南方面に様子見に行って来ました。何故か想定外のシマアジが2羽田んぼの奥に入っている。(湘南でシマアジなら釣り?)撮るには撮ったが距離はあるし、午後から晴れの予報も何のその撮影中に土砂降りに遭ったり惨算。カッ [続きを読む]
  • お山の水場
  • お山の水場・・・2017/09/07記お山の水場は社交の場でもあり時には銭湯ならぬ戦闘の場にもなります(@_@;)被写体としては楽しく飽きない魅力のフィールドです。この日もキビタキオス、メス、オオルリ、ヒガラ、ミソサザイなどがやって来て順番に水浴びをすることもあれば、かち合うとバトルになったり悲喜こもごもの舞台です。                                |坂の上の蜘蛛|① キビタキメスが突 [続きを読む]