ふにゅ さん プロフィール

  •  
ふにゅさん: ふにゅのブログ
ハンドル名ふにゅ さん
ブログタイトルふにゅのブログ
ブログURLhttps://ameblo.jp/bergamot-organic/
サイト紹介文不定期ですが、日々の出来事やセラピーなどで感じたことを、のんびりと書いていきたいと思っています。
自由文ブログは主にアルコール関連問題になります。

来年で断酒7年目の家族のブログです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供96回 / 365日(平均1.8回/週) - 参加 2016/01/29 04:50

ふにゅ さんのブログ記事

  • 鶏が先か、卵が先か
  • 職場でもそうですが、その職場に長く勤めているベテランさんが「ここは、こんなんで、あんなんで」なんて不満や愚痴ばかりを新入社員にこぼしていれば、「ここに就職をしたのは間違いだったかも」と、その新入社員が仕事をするのが嫌になって退職をすることもあるので、長くそこに勤めている人が生き生きとしている職場でなければ、新しく入ってくる新入社員が長続きしなくなるというのはよくあることではないかと思います。 その長 [続きを読む]
  • 自己弁護に終始することほど見苦しいものはない
  • 組織の中で起こった出来事は、その組織の中にいる「個人の問題」と、組織としての「全体の問題」を問われることがある。 社会的には、「個人の問題や責任」よりも「全体の問題や責任」として問われることが多いので、「それが分かってさえいれば・・・」と、思うことがあります。 そんな中で、今回は「あってはならない事態」が起こってしまった。 そのような問題を起こしてしまった本人が、本当の意味で「その問題を起こしたのは誰なのか?」と [続きを読む]
  • 啓発ポスターと徒然草 第百七十五段
  • 昨日からゴールデンウィークのUターンラッシュが発生しているということで、これから車の運転をする方は気をつけて下さいね。 話は変わりますが、時々街中で適正飲酒の啓発ポスターを見かけることがあります。 例えば、このポスターもそうですが、映画とのコラボだったんですね。 初めてこのポスターを見た時に、「BARで啓発をしているショートムービーのようなものを警察が作ったのかな?」と思ってしまいました。 また、こんなポ [続きを読む]
  • 意外と気づかないものですね
  • 銅像の前に人だかりが出来ていたので、何かなと思って見ていたら・・・。 急に動いたので驚きました。 人だかりがなければ、そのまま気づかずに素通りするところでした。 意外と気づかないものですね。 5月3日 河原町にて撮影 こどもの日に飾り付けやイベントごとした? 粽と柏餅でも食べようかと思っているところです。 ▼本日限定!ブログスタンプあなたもスタンプをGETしよう 天気が崩れやすくなっているところもありま [続きを読む]
  • お酒を飲んだ勢いで
  • AAや断酒会でもこの話をしている方が多いと思いますが・・・ 先日からTOKIOの山口達也さんのことが報道されていますが、山口さんの記者会見の後に同メンバーのリーダーでもある城島さんが「あり得ない」と強い口調でコメントしたことについて、「城島さんは、本当にそう言えるのかな?」と思ったりしています。 今回報道されていることについては、女子高生が被害に遭ってしまったということを重く受け止めているという内容になっ [続きを読む]
  • 昨日は「民放の日」
  • 退院してから慌ただしくしていましたので、ブログの更新を暫くお休みしていました。 まだ炎症反応が残っているようですが、何とか休み休み仕事に復帰しています。 ゆっくりと体を休めたいと思ってはいるものの、なかなかそうはいかないというのも困ったものですね。 写真は、「節度」や「慎み」「節制」や「禁酒」という花言葉を持つツツジです。 もうそんな季節になったんですね。 話は変わりますが、昨日は「民法の日」という [続きを読む]
  • 入院中の出来事
  • 入院中に困ったことと言えば、入院初日は絶飲食をしていたので、食事の時間に病棟や同室で翌日に退院が決まっていた方の食事の臭いに耐えなくてはならないというのも困りました。 また、普段からある程度の生活音に慣れてはいるものの、入院をしたからには安静にしようと思っていたので、病室ではTVをつけることもなかったのですが、他の病室から聞こえてくる大声(一日中、お〜い!と叫んでいた方の声)が耳につき出すと、うるさ [続きを読む]
  • スジャータ
  • ブログの更新が遅くなってしまいました。 19日の夜に抗生剤の点滴と飲み薬を出して貰っていたので、24日の昼には無事に退院することが出来ました。 今は自宅でゆっくりしているところです。 入院も、4日間という短さでしたが、お陰で少し体を休めることが出来ました。 普段、当たり前のように食べたり飲んだりしているものでも、わずかな期間でも何も食べることが出来なくなると、そのありがたさというものを感じるもので、 [続きを読む]
  • 比較的に自由な入院生活
  • 消灯時間が過ぎていますが、お休み前に抗生剤の点滴があったので、まだ起きてます20日の夕方に入院してからというもの、病院のベッドの心地よさに、朝も昼も夜も安心したように、よく寝てます最初に訪れた病院もとても綺麗な病院だったのですが、紹介状を書いて貰った病院も、外観や内装、病棟がとにかく綺麗で、迷子になりそうな広さの病院なので、入院生活に必要なものを院内で買い物をするのにも一苦労です ほんと、迷子になり [続きを読む]
  • 病院にて
  • 絶食が絶飲食になりそうです。 採血、検尿、CTの結果、先生から「 ^^; 我慢強いというか何というか、結果を見ながらご本人さんを見ると、同一人物とは思えないですねこの結果だと、相当痛いはずなんですが・・・ケロッとした顔をしておられるので痛くないんですか?」と言われ、抗生剤の点滴を打って貰っている時に先生から主人に説明があり、「即入院を勧めたいところですが、あいにく当院が今満床の状態なので、近くの病院に紹 [続きを読む]
  • かりんとう饅頭
  • 最近ハマっている、セブンイレブンのかりんとう饅頭。 仕事の疲れが溜まっていたようで体調を崩してしまい、腹膜炎を起こして高熱を出してしまったので、暫くは絶食治療でお預けになってしまいました この写真は主人が食べる前に撮ってます。 前の記事にコメントありがとうございます。 体調がもう少し回復しましたら、コメントの返信をしますね〜。 今から抗生剤の点滴、頑張ってきます にほんブログ村 人気ブログランキン [続きを読む]
  • 明歴々露堂々
  • 今日は前置きがもの凄く長くなりますので、写真は後の方になります。 禅語には、明歴々露堂々(めいれきれきろどうどう)という言葉があります。 その言葉を簡単に説明すると、「明らかにはっきりあらわれていて、少しも覆い隠すところがない」となりますが、例えば、自分の思ったとおりにいかないからと、周りにいる人たちに機嫌の悪さを撒き散らしている人がいた場合、あまりそんなことをする人の側には近寄りたくないと思うことも生 [続きを読む]
  • 続けるということは大事なことですからね
  • 何にしてもそういうところはありますね。 その反面、やめなきゃいけないことも世の中には沢山ありますね。 お酒の問題にしてもそうですが、やめ続けてからでないと言えないこともある訳ですから。 そこは、やめ続けることを継続をしている人だからこそ、という説得力がありますからね。 当事者が最飲酒をした時に家族が思うことは、「それで?やめる気あるの?」 ということで、そのことをストレートに当事者に訊く方も多いと思いま [続きを読む]
  • 酔いの程度
  • 昼間は春らしい暖かさになってきましたね。 写真は金魚の続きです。 アートアクアリウムには通常のチケットで入場しましたので、お茶席や夜祭BARカウンターを横目に見ながら金魚を鑑賞しましたが、この頃は日が暮れると凍えるような寒さになりましたので、そんな中でお酒を飲みながら金魚を観賞された方も多かったのではないかと思います。 金魚はお酒とは無縁の世界に住んでいますので、そこは羨ましい限りですね。 ※今回の記事 [続きを読む]
  • 金魚
  • 久しぶりに平安の祈りを。 神さま、私にお与え下さい。自分に変えられないものを受け入れる落ち着きを変えられるものは、変えていく勇気をそして、(その)二つのものを見わける賢さを。 −アルコホーリクス・アノニマス ミーティングハンドブックより− 後ほどアルコールの話をしますので、今回のテーマはアルコール関連問題にしています。 なかなか落ち着いて写真の整理が出来ないので、記事の写真が思いつくままになって申し訳な [続きを読む]
  • いいことが続きますね
  • 昨日から書きかけていましたので、今回の内容はフィギュアスケートのみということになりますが、スピードスケートの女子500mで、小平奈緒選手も金メダルを獲得したという速報がメールで届きましたので、嬉しいことが続いてよかったです。 そのフィギュアスケートで、66年ぶりの2連覇というのも驚きましたが、羽生結弦選手と宇野昌磨選手のふたりが同時に表彰台に上がることになりましたので、本当によかったと思います。 ※ [続きを読む]
  • 橿原神宮にお参りに
  • 紀元祭にお参りをすることが出来なかったので、12日の夕方に橿原神宮にお参りに行ってきました。 京都を出発する時に、「到着するのが閉門時間になるので、せめて南神門の前でお参りをすることが出来れば」と思いながら出かけました。そう思った通り、橿原神宮の一の鳥居の前に到着をしたのが閉門時間の数分前でしたので、一の鳥居の前で一礼をして、表参道を急ぎ足で歩きました。 京都から奈良に入る頃には夕日が見えていましたが [続きを読む]
  • 通い始めた頃を思い出す
  • 今年になって初めてのお酒の話ですね。 今年はまだ例会の話をしていなかったので、写真は昨年の12月に撮ったものにしています。 太鼓楼 聞法会館入り口の紅葉 昨年の12月に初めて家族会に参加した方と、久しぶりにお会いしました。 例会終了間際に勢いよくドアが開いて、その手には例会の地図の載っているパンプレットを握りしめながら、「終わり間際にすみません。ほんの少しでもと思ったので、急いで来ました」というその方 [続きを読む]
  • 節分
  • 節分に福豆を頂きに行きました。 今年から「志るしの杉」の見本が大きくなってますね。 境内には大勢の方がいらしてました。 ※今年の写真には、ぼかしを入れていません。 写真はデジカメとスマホで撮ってます。 豆まきが始まりました。 慌てて福豆を拾いました。 豆まきの後の記念撮影。 昨年は写真を撮りそびれてしまいましたので、ここから二年前の写真になります。 豆まきは華やかでいいですね。 今年も一年の無 [続きを読む]
  • ”追悼・西部邁先生”
  • 画像は、西部先生の著書にお名前を頂戴したものです。コピーライトは今年にしています。 西田先生と西部先生のお付き合いはとても長いと思いますので、西田先生も辛い思いをされているのではないかと思います。 西部先生から託された思いを、先生が自裁されたことを礼賛することなく、先生を慕っておられる皆様方に冷静に伝えるということも、とても難しいと思いますので。 そう思いながら、西田先生のブログを拝読していると、切 [続きを読む]
  • 夢であって欲しかった
  • 写真は昨年のものです。 昨年の紅葉をどのような思いで見ておられたのでしょうか。 京都の紅葉も綺麗に染まっていました。 今朝の五時半頃、夢を見て飛び起きました。 ここにお名前をあげる失礼をお許し下さい。 一昨年に御逝去された椿原先生が喪服を着て、我が家の玄関先の階段をひどく慌てた様子で駆け上がって玄関の前に立つ姿を、私が門扉の外から驚いて見て、慌てて先生に声をかけようとした時に、「ハッ!」と目が覚め [続きを読む]
  • 疎水の水鏡と白鷺 / あの日から、8401日
  • ※宝塚のスクリーンショットの場所が1箇所ずれていましたので、記事の再掲載をしました。 先日、疎水が水鏡になっていましたので、思わずカメラを向けました。 古代エジプトのアオサギは日の出を最初に迎える鳥と考え、再生の象徴とされていたそうです。北欧神話の鷺は、未来を知り尽くしながら沈黙をする鳥とされ、後世には詩人の象徴だったそうです。 日本には「おおとり」を社名とする神社がありますね。また比叡山の千日回峰 [続きを読む]
  • 京阪の安全祈願札とグリーフケア
  • 市内を車で移動すると渋滞するところはもの凄く渋滞しますので、年末年始やお祭りが重なる時には公共交通機関を利用する方が時間通りに目的地に着くことから電車で移動することが多いのですが、その電車の中で初めて見たものがあります。 それがこのお札。 大阪や兵庫県に住んでいた時には見たことがなかったので、初めて見た時には感動しました。 京都に住んでいる方で、知らないという方はいないというくらい有名な京阪電車のお [続きを読む]
  • ご挨拶が遅くなってしまいました
  • 明けましておめでとうございます 本年もよろしくお願い申し上げます 12月からブログの更新をする時間を取ることが出来ずに年が明けてしまいました。 関西では松の内が15日までありますので、まだ暫くはお正月の雰囲気を味わうことが出来ますね。 2日の明け方に撮影 まだ人通りも少ないですね。 お正月らしい光景かも知れません。 12月にはクリスマスツリーが飾られていたところも、新しい年を迎えると雰囲気が変わりま [続きを読む]