Sayuri さん プロフィール

  •  
Sayuriさん: 夫婦関係修復のための愛の処方箋
ハンドル名Sayuri さん
ブログタイトル夫婦関係修復のための愛の処方箋
ブログURLhttps://ameblo.jp/anatanosiawaseouen/
サイト紹介文夫婦問題や離婚の危機に瀕しているあなたへ。円満夫婦への道をサポートするカウンセラーのブログです。
自由文夫婦げんか、夫の浮気、会話がない夫婦、仮面夫婦、セックスレス、モラハラ、DV(夫の暴力)、家庭内別居など…夫婦の問題に悩んでいるあなたを、幸せ妻にするお手伝いをします。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供62回 / 365日(平均1.2回/週) - 参加 2016/01/29 08:00

Sayuri さんのブログ記事

  • 男はあなたを守るナイトでありたい
  • こんにちは。杉谷さゆりです。お正月、のんびりされましたか? 私は零下25度のミネソタからユカタン半島きってのリゾート地、メキシコ・カンクンに行ってきました! 白い砂浜に燦燦と輝く太陽。カリブ海のターコイズ・ブルーにすっかり魅了され… 歴史好きの夫とともに、マヤの遺跡巡りも… 夫と水入らずで気ままな旅行を楽しみながら 今後の私自身の方向性やカウンセリングについても深〜く考えることができました。 いろい [続きを読む]
  • 新年に、あなたが心から願うことは?
  • 明けましておめでとうございます。 リリー夫婦相談室の杉谷さゆりです。 さて、平成30年、2018年の幕開けですね。今年は、どんな年になるのでしょうか? 巷には、様々な予言や予測があふれています。 2018年には戦争が起こる… 大地震が起こる… なぜか悲観的なものが圧倒的に多いですね。 でもどんな予言や予測も確実に当たるという保証はありません。 当たるかもしれないし外れるかもしれないのです。 それでも、私たちは予言を [続きを読む]
  • リンク付きミニバナー
  • 離婚する?しない? 答えが出ないまま我慢を重ねて心が冷めきってはいませんか? 本当の幸せは「自分もOK・相手もOK」の状態です。貴方が貴方らしく居られて、安心できる夫婦関係を築き、今の夫とこの先ずっと幸せに暮らすための愛の処方箋。 [続きを読む]
  • 夫婦修復の主人公は、あなたです。
  • こんにちは。夫婦の体質改善セラピストの杉谷さゆりです。 一年のこの時期を迎えながらいつも思うのは 夫婦関係が壊れたままで新年を迎える苦しさを噛みしめているクライアントさんたちのことです。 普通なら、家族行事で忙しい時。 そんな中でもカウンセラーを求めるしかない彼女たちの苦しい事情を思うと どうか、一日も早く心穏やかな日を迎えてほしいと祈らざるを得ません。 夫婦修復にはエネルギーが必要です。 聞く耳を持た [続きを読む]
  • エキスパートが教える夫婦円満の秘訣とは?
  • こんにちは。夫婦の体質改善セラピストの杉谷さゆりです。 さて、奥さんをガッカリさせる旦那さんの態度のうち 代表的なものをあげてみました… 不機嫌な態度(溜息・舌打ち・イライラ)暴言を吐く無視する けなす(人格否定など)自分の殻にこもる自分を正当化する離婚するぞ、と脅す 日々の生活で、旦那さんの態度に心の平和を脅かされている方々も多いと思います。 もともと亭主関白文化の日本では程度の差こそあれほとん [続きを読む]
  • あなたのインナーチャイルドに問いかけて
  • 12月になりましたね。 一年のこの時期になると今年を振り返り来年への目標を立てる方も多いかも… ところで私 一年のこの時期になって「今年の目標なんだっけ?!」 そもそも… 目標自体を立て忘れていたことに気づき… 成功哲学的に言えば明確な目標が大事なのに何やってん? と言われそう… でも・・・ 本来私、目的志向が強くて自分にタスクを与えるのが大好きでした。 朝起きると、自分に問いかけます。 今日しなければならな [続きを読む]
  • 夫婦喧嘩すると離婚したくなる理由
  • こんにちは。夫婦の体質改善セラピストの杉谷さゆりです。 夫婦喧嘩をするとすっごく気分が落ち込みますよね。 私自身、過去の自分を振り返ってみたときに夫の言葉や態度に傷つくことがしょっちゅうありました。 単に、気分が悪くなるだけでなくそれが心の中でどんどん膨らんでいき悲劇的な想像で一杯になっていました。 悲劇的な想像とは考えられるあらゆるネガティブな結末についてです。 将来夫は私を嫌いになって、きっと捨て [続きを読む]
  • 成長し続ける自分を感じるとき
  • こんにちは。夫婦の体質改善セラピストの杉谷さゆりです。 年越しまで、あと40日あまりとなりましたね! 毎年この時期になると今年私は、どのくらい心が成長したのかなあと考えさせられます。 最近、あるクライアントさまからこのような感想をいただきました。 私はこれまでずっと今が完璧でないといけないと思い込んでいた気がする。 でも、これからずっと成長し続けることができるほうが どんなに素敵なことなのかと思えるよ [続きを読む]
  • 夫婦関係修復のゴールは○○の克服
  • こんにちは。夫婦の体質改善セラピストの杉谷さゆりです。 何かに向かって努力するとき 明確なゴール(目的地)があると実現しやすくなると言いますよね。 夫婦関係修復においても、同じです。 旦那さんと、どんな関係になりたいのか? 夫婦喧嘩をしなくなること 何でも話し合える間柄になること お互いの気持ちを思いやれるようになること 心の平和を得ること … さまざまな答えが浮かんでくると思います。 さて、これから私が [続きを読む]
  • イメージを変えて、さらりとかわせる自分になる
  • こんにちは。杉谷さゆりです。 さて人と自分との間に境界線を引くことは 私たちが自分の心を守っていくためにとても大切なことだと言われます。 例えば、旦那さんが不機嫌でイライラをぶつけてきたり自分の意見を押しつけてきても イライラしたり、防衛的にならずにサラッとかわせるようになったら喧嘩の回数もぐっと減りそうですよね。 最近、あるクライアントさまからセッションのあとこんなメールをいただきました。 私自身、 [続きを読む]
  • 愛されるには鎧を脱いでしまおう
  • こんにちは。 夫婦の体質改善セラピストの杉谷さゆりです。 あなたは、旦那さんにものを頼むときに素直に可愛く頼めるほうですか? もしそれが苦手だとしたら あなたの中には旦那さんに、弱い自分を見せたくないという思いがありませんか? 弱い自分はダメだ人に頼る自分はダメだ という価値観が潜在意識の中にあると 人にものを頼むことがとても負担に感じるのです。 あなたは人の役に立つ自分であってこそ価値 [続きを読む]
  • あなたの心が世界を変えてゆく
  • 夫婦の体質改善セラピストの杉谷さゆりです。 一言に、夫婦修復カウンセラーと言っても巷にはいろいろなカウンセラーさんがいます。 探偵事務所と提携していて徹底的に夫の素行調査をする所や 夫婦問題で悩む人たち同士を繋げてお互いに慰め合い、仲間意識を持たせたり 徹底的にテクニック中心に指導し外側から関係修復しようというものなど 本当に千差万別なんですね。 私のカウンセリングではまずクライアントさんにご自分のこ [続きを読む]
  • あなたに与えられた最高の権利
  • 台風21号の被害が、ひどかったですね。 福井県周辺にお住いの方々は特に一日も早く復旧が進んで 元の生活に戻れますことを心より、お祈りしています。 人間の力ではどうすることもできない自然災害に遭遇するとき 私たちが文明だと誇っているものがいかに脆いものであるかということを実感します。 当たり前のように使っている電気やガス水道、快適な家・・・ これらのものが一瞬にして失われることもあるという事実に 気づいた [続きを読む]
  • 不倫依存症の夫をどうする?
  • こんにちは。杉谷さゆりです。 衆議院選を控えた日本ですが台風21号が接近中ですね。 大荒れの天候を見越して投票日を早める自治体もあるそう… 被害がないことを祈っています。 さて、有名人の不倫騒ぎがマスコミを賑わせたこの一年ですが 不倫や浮気というものはたった一回でも 夫婦の信頼関係に決定的なダメージを与えるものです。 しかも、配偶者が何度も不倫を重ねる時には 「魔が差した」では片付けられない人間性の欠陥を [続きを読む]
  • 勇気を出して、もろさをさらけ出してみよう
  • 私がクライアントさんにお勧めする推薦図書の中に ローラ・ドイルの「賢い女は男を立てる」があります。 サレンダード・ワイフになるための原則とは 夫を不当にコントロールしないこと夫の考えを尊重すること 夫の贈り物を喜んで受け取り、感謝すること夫に自分の望みを伝えること家計は夫にまかせること自分を磨き、目的を達成すること サレンダード・ワイフとは 小言を言うかわりに傷つきやすくコントロールするか [続きを読む]
  • 一緒にいること自体が愛
  • こんにちは。夫婦の体質改善セラピスト杉谷さゆりです。 旦那さんの言い方や態度に気配りや優しさを微塵も感じられなくて イライラ、ガッカリ、ムカッとして旦那さんが嫌になってしまうことありますよね。 男性はなかなか女性が欲しい言葉や、優しさを与えることができません。 恋愛時代は優しかった夫がなぜ変わるのでしょうか? 実は、男性の愛情表現は恋愛時代と結婚してからとでは全く違うのです。 恋愛時代には、女性の機嫌 [続きを読む]
  • 旦那さんを本当に変える魔法の言葉
  • こんにちは。杉谷さゆりです。 夫婦仲をよくしたいと思うならまず、あなたが自分自身をしっかり受け入れましょう。 これが、私がクライアントさんに伝える最初のメッセージです。 夫は変えられない。でも、あなた自身は変えられる。 でも、あなた自身を変えることよりももっと大切なことがあります。 それはあなた自身を受け入れることです。 あなたは、自分が変わることでいつかは夫もわかってくれると信じて一生懸命努力してき [続きを読む]
  • 義実家との親戚づきあいがストレスに…
  • 恋愛時代に素敵な恋をしてめでたくゴールインした夫婦でも しばらくたつと結婚生活の現実に直面します。 なかでも避けられないのが義実家との親戚づきあい。 旦那さんとの関係以上に舅姑とのコミュニケーションに悩む人が思いのほか多いんです。 夫の家族である以上絶縁していない限りは無関係で過ごすわけにもいきません。 特にお姑さんとの関係は今も昔も、嫁にとっては頭痛のタネ。 義実家への帰省のシーズンが近づくとひどく [続きを読む]
  • あなたは人生で何をのこしたいですか?
  • 「愛する人の葬儀に参列する場面を心の中に思い描いてほしい。 (中略) すると、なんとそこにはあなた自身の顔が飾られている。 これは、今日から三年後に執り行われるあなた自身の葬儀なのだ…」 スティーブン・コヴィー博士の「7つの習慣」の一節です。 コヴィー博士は問いかけます。 あなたは、あなたの人生についてどんな評価を得たいと思っているのか? 周りの人々に何を遺したかったのか? そのことを、じっくり考えてみて [続きを読む]
  • ありのままの夫を受け入れる
  • だれだって、いい夫婦関係を持ちたいものですよね。 でもそれが難しいのは「夫のこの部分のせいだ」と思っていませんか? 普段は良い人なのにお酒を飲むと人が変ってしまう。 お酒さえ飲まないでくれたらいい夫なのに、ですとか 有能で稼ぎもいいけど口うるさいのには耐えられない、など 一点の嫌いな部分があるために一緒にいるのが辛くなる…。 夫の嫌いな部分を何とか変えようとしていると だんだん、他のいい部分が見えなくな [続きを読む]
  • あなたを癒せるのは、あなた自身。
  • 夫婦の問題のほとんどは日常の些細なコミュニケーションのわだかまりから、発展していきます。 熟年夫婦の多くが、旦那さんの「上から目線」「エラそうな態度」「批判的な話し方」に嫌気がさしているといいます。 男性というのは、家という城では殿様でありたい存在なんですね。 さて、旦那さんを殿さまにしておいて結構、自由を楽しんでいる女性がいる反面 夫のそういう面を見るとカッと怒りが込み上げる人がいます。 私が後者の [続きを読む]
  • 「冷めて離れる」夫婦の末路は?
  • 夏のうだるような暑さも遠い夢のように感じられる今日この頃ですね。 さて、喧嘩する夫婦が陥りやすい「悪魔の対話」のパターンについてシリーズでお伝えしてきました。 今日は、その最終段階である「冷めて離れる」についてお話しします。 以前の記事はこちら悪者探しをしていませんか? わかってほしくて相手を追い詰めていませんか? 「悪者探し」や「追いかけっこ」では少なくても夫婦の一方が 相手とのコミュニケー [続きを読む]
  • ネチネチ責める夫に、壁を作ってしまいます。
  • こんにちは。夫婦の体質改善セラピストの杉谷さゆりです。 読者さまにメールをいただきましたのでご本人の承諾を得て紹介いたします。 杉谷さんのブログを読んでうちでは、全く反対のパターンだと思いました。 うちではいつも、主人が攻撃する人で私が逃げる人です。 主人は、小さなことでしつこくネチネチと私を攻撃してきます。 そうじゃない、と言ってもわかってもらえないので ケンカになるのが嫌で私の方が黙り込んでしまい [続きを読む]
  • ネチネチ責める夫に、壁を作ってしまいます。
  • こんにちは。夫婦の体質改善セラピストの杉谷さゆりです。 読者さまにメールをいただきましたのでご本人の承諾を得て紹介いたします。 杉谷さんのブログを読んでうちでは、全く反対のパターンだと思いました。 うちではいつも、主人が攻撃する人で私が逃げる人です。 主人は、小さなことでしつこくネチネチと私を攻撃してきます。 そうじゃない、と言ってもわかってもらえないので ケンカになるのが嫌で私の方が黙り込んでしまい [続きを読む]
  • わかってほしくて相手を追い詰めてませんか?
  • 夫婦喧嘩が始まるときの夫婦の会話には「悪魔の対話」と呼ばれるいくつかのパターンが見られます。 先日の記事で、その一つである「悪者探し」を紹介しましたが 記事はこちら 今日は、その次のパターンである「追いかけっこ」についてお話しします。 (2)追いかけっこ 「悪者探し」が「攻撃VS攻撃」だったのに比べ「追いかけっこ」では「攻撃VS逃避」になります。 例えば、あなたが旦那さんにわかってほしくて何か言ったとき [続きを読む]