優登日の箱の中 さん プロフィール

  •  
優登日の箱の中さん: 優登日の箱の中
ハンドル名優登日の箱の中 さん
ブログタイトル優登日の箱の中
ブログURLhttps://natural333.muragon.com/
サイト紹介文やさしく光る言葉を探して、箱の中にいれるようして、大切にとどけられたらよいです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供368回 / 365日(平均7.1回/週) - 参加 2016/01/29 13:57

優登日の箱の中 さんのブログ記事

  • 後から続く道
  • 良いところに ひかりをあてて そうではないところ 学び終えたら そっとしておく みんな 生きなくちゃだから いろいろ あるのだし 幸せを よくばりすぎず 仲直り いっしょにね 強すぎたから やさしさを 大事にして やり直し 生きた道 あとから続いて 悲しみを知り 喜びへと 変えていく決意 [続きを読む]
  • よくなる動き
  • すこしの弱気 吹き飛ばして とにかく 前へ 一歩でも 前へ あつい世界 照りつける太陽 わたしは元気だと 言い聞かせて あつさに挑戦 結果は 聞かないで それより 行動したのが うれしくて ここに 止まっていないで よくなる動き 続けよう [続きを読む]
  • 虫たちと夏
  • あつそうな てんとう虫と 草むらにいた かぶとむしと ひまわり好きな かまきりと 同じ温度 同じ時間を 生きている いつもにぎやかな ひまわり畑 おだやかな毎日に 感謝して ひとりな時間に 出会う不思議 たのしみにして きっと大切な ハート磨き 今日も忘れず とりくんでみよう あついのとも なかよくなれたかな 立秋の次の日の昼間 [続きを読む]
  • 希望が青々
  • 日陰から まぶしい世界を こっそり 見ている あつすぎるから ここから 目にうつる景色 笑顔になる 光を浴びて 泳いだ なつかしい夏 よみがえり 悲しみより 自信にする いつかまた 太陽の夏 忘れない約束 とおくても やさしい言葉 選んでは つながる空 希望が青々 [続きを読む]
  • ひまわり畑
  • ざわざわと にぎやかなひまわり畑 あつさに負けず 元気に花を咲かせるよ いろいろな個性が 楽しくて 良いところ 見つけあって 笑うんだ あおぞらに向かって 伸び伸び 自由で 陽気で 好きな歌 教えっこまたしよう [続きを読む]
  • おだやかな夏
  • 猫と 北側の部屋で 自然のすこし涼 暗いかな、でも 夏の温度で 心は明るくて せみの声聞きながら あつさの頂点 すごいな かなわないと 笑ってしまう そういえば 暑いの苦手でも 昨夜は お祭り行けたよ さそってくれたの 嬉しかった 焼きそばの行列に 並んで 浴衣姿のきれいを 眺めていた すっぱい レモンのジュース 盆踊り あつさを むりしないで 楽しんで すれ違いの夏 通りすぎ いつも やさしさ溢 [続きを読む]
  • 夢いっぱい
  • ほしくない あきらめたら 悲しくないのだと 信じていた 必死で 言い訳探して いじけそうな心を 立て直していた あこがれの 欲しいもの いまでも 弱くて すぐあきらめそうに なるけれど ひたむきに 上を見て 輝いている姿 思い出しながら わたしは ここで力を入れなおして ちいさいけど 夢いっぱい ちからいっぱい やさしさ探して いきていくよ [続きを読む]
  • 夏の応援
  • せっかちで お人好しだった父から もらったものは まだわたしのなかで 生きている 父がいつも誰かを 応援していたこと あつい夏の日に 思い出す なにかすこし 誰かのためにと わたしも 頑張ってみる みとめられる喜び きっといつか 祈っているよ くすぶっていた 弱いハート ふっきれて たくましく 新しい道歩き出す [続きを読む]
  • 違っていても
  • 厳しさと 弱さと やさしさと ひらめきと いっしょになって 描いた季節 あつさで うまくいかなくて いらいらと もたもたが くっついても いびつな力が 不思議な夏を みせてくれて 救われてしまう きれい過ぎた絵 ながめて わくわくが 止まらなかった 眠れないで 赤い火星 眺めていた 明日の朝は また素朴 探してみよう 違う世界をみながら 認めあう 自分と違う すばらしいところ [続きを読む]
  • 楽しい夏を
  • 未来の心配を やめてみた 先のことは どうなるのか わからないから 決まっているのか 変えられるのか わからないけれど おだやかさを 祈り続けよう 刻まれた過去 振り返り 苦笑い いろんな夏 乗り越えて あたらしい夏 あの頃に もどりたいって もういわないよ 前にすすむだけ いつもより おおきいサイズの ダブルのアイス いつもは着ない色の シャツ いつまでも 上達できない英語 ちいさな変化 とにか [続きを読む]
  • 元気の便り
  • あつい友情 いまも 生きていて ダメなわたしを 励ましてくれる 幼い出会い ぶつかるハート ときが過ぎるほど 分かりあえていく あきらめがおを やめて よくなる 挑戦をもう一度 夢中で愛を 何かわからなくても いつかわかると 待ちながら ふくらむ希望 夏の風の知らせ 元気の便り うれしくて [続きを読む]
  • 風の吹く夏の日
  • ぎりぎりで ここまできたから よくなったこと うれしいけれど 今までの時間 わがままばかり 悲しいよ ちいさな愛だけを あやまるしか できない 理想から かけ離れた現実 それでも 生き抜くんだって 決めた日から 悲しみ もがいて みえてきた ちいさなしあわせに 感謝する 箱の中 すこし明るく なればよいよ のぞいてみて ほっとできるもの いつか つめられたら 落ち込んだ 風の吹く夏の日 元気のなか [続きを読む]
  • 進むのだね
  • 先に進めなくて 後戻り 楽だけれど 何か違う気がする 乗り越えたこと 力にして すこし先 めざしてみよう 同じことは 安心だけれど 後ろから 強い風 知らずに 一歩踏み出していた 戻らない 戻れない 時間も 私も 進むのだね [続きを読む]
  • 小麦色の虫メガネ
  • わたしのよわいとこ すぐ逃げたくなる 出口に行くまでに 手にするメモ 走り書き よわさをみつめて もう一度 夕立のあと つれてきた涼しさ 次の日の 爽やかなあつさ 何かのきっかけで 変わることがある 動くものがある 近くのひまわり畑 虫たちと夏 ちいさなやさしさ みつめながら わたしの虫メガネ ほんのり小麦色 [続きを読む]
  • すくなくても
  • 等分なら よいのにな なんかこっちは 少ないな ないよりましだと 思おう 夏なのに 冷たさに触れ ふるえてしまう あついとこ ほっとして なかよし いっしょに [続きを読む]
  • これから
  • おおきな 夢を追いかけて ちがうところに たどりついたりだけど ひたむきに 歩いた道 情熱の塊 挑戦した勇気 必ず 何か喜びへ 導いてくれる 清い汗 あつい日の友情に 支えられ 立っていられた 古くからの夢に こだわりすぎず 好きなことと わたしの使命 [続きを読む]
  • 新しい夏色
  • おおきいやさしさを 学びながら ほんとうの 強さも覚えていく 決めるのは わたしではないこと 理解して よくなる道 選んで進むだけ 与えられたもの 生きてきた奇跡 助けられたこと 感謝して 青空とひまわり 新しい夏色で 越えていく古い悲しみ いつか笑った日 また笑顔 君はいない思い出 [続きを読む]
  • あついあつい夏
  • あつくてあつくて 涼しい夏は 過ごせていないよ いつも通り あつさを 味方にして 夏を楽しむことに アイスの ルイボスティーで すっきりして 汗のあまりでない 暑い部屋で 扇風機と 明るい窓からの風 セミも なんだか暑そうで でも 夏なんだって 幸せを見つけたいね 日傘をもって 元気出して でかけてみようかな [続きを読む]
  • きれいな平行
  • 話していることが なぜか すれ違っていて もとに戻そうとすると もっと わからなくなって だから そのまま そんなものかなって 思うことに 英語を話して 通じなくて 笑うような夏 不思議だ あつさに すこし抵抗して がんばることに 無理はできないけど きれいな平行 ちがうところ みとめたり みとめられたり [続きを読む]
  • 不思議な夢
  • 不思議な夢 いまでも忘れない 個性的なことは よいことに してみよう 夢で会えたことが うれしくて それから わたしは信じている すこしの やさしさだけは 残しておいて そっと しあわせ 育ててみるね 悲しみは 忘れて 喜びを 探してみるよ [続きを読む]
  • わたし
  • どこかに わたしでないわたし ここに ほんとうのわたし まけないで 夏とあつさ すべてが わたしにもどり もう 悲しいなつには さようなら [続きを読む]
  • もうひとつの
  • いつもから 離れて あつさ忘れる もうひとつのところ 宿題がすこし アイスクリームを 食べてから 頑張るの やさしい夏の色に 壁を塗り替えたよ 窓から 眺める花と空 笑顔が集まってくる 自主勉強を すこし追加できて 憧れの夢 もどってくる あつすぎた夏も 楽しかったよね 今年も ちいさくたって よいことたくさん これでよかたって 信じている [続きを読む]
  • 踊りそうな夏
  • プールが好きで 泳いでるわたしが 当たり前のとき もっと 夏は明るかった 夏が好きだった すこしのずれから 離れていくのが とまらなくなる あついけれど 涼しい風が吹くところ 諦めないで 探してみよう わたしの元気も 戻るとよいな おしゃれな音が かっこよくて 感激の戻る 久しぶり 踊りそうな夏 [続きを読む]
  • わたし
  • ほめられた日 おぼえてる しかられた日も あったし 自分で 悲しくて 悔しい日も いろいろを 力に変えて 続けていくこと わからないことは 減っていくのだね 大切な過去と今と未来 わたしが わたしになっていく [続きを読む]