森下フユミ さん プロフィール

  •  
森下フユミさん: 社労士になりたい人を応援するブログ
ハンドル名森下フユミ さん
ブログタイトル社労士になりたい人を応援するブログ
ブログURLhttp://blog.livedoor.jp/morishita_fuyumi/
サイト紹介文社労士を目指す方を応援しならがら自らもお勉強していくサイトです。そして総務の愚痴だったり。
自由文合格率が低くて非常に大変な試験ですが、一緒に頑張っていきましょう。(^^)
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供0回 / 365日(平均0.0回/週) - 参加 2016/01/30 11:25

森下フユミ さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 26年度の過去問終わった
  • 朝、1時間くらい勉強して1週間続けてやっと26年の過去問が終わった。で、27年も2周目に入っているのですが、3月にやったものは驚くほど忘れています。ひどいのは、全く覚えのない問題もあること・・・間を空けすぎないで、複数回やらないとダメですね・・・とりあえず、25年度に突入はしました。実際の過去問をやると、だんだん怖さが無くなってきますね。最初は問題を見るのがとても怖かったですから(^_^;)ざるで水をすくうような [続きを読む]
  • まだ白書とか法改正の本売ってなかった・・・(^_^;)
  • 昨日本屋さんに行って、白書対策とか法改正の特集やってる本がないか見てきましたが、まだおいてませんでした。でも模試形式の本は結構売ってましたね。こういうのを見ると少しあせってきます。模試とかやっている人だけが出来る問題が出ていたらどうしようとか・・(^_^;)でもいろいろ買ってもだめなので、買わずに帰ってきました。来月の社労士Vとかだといいのかな?とりあえずひたすら過去問。あと、白書対策と法改正の特集を買 [続きを読む]
  • 勉強方法ってやっぱりわからない
  • 問題集に書き込むとか、テキストに書き込むとか、間違いノートを作るとか作らないとか、結局、量をこなさないと自分なりのやり方は見つからないようです。簡単な試験であれば、どんなやり方でもいいのでしょうけど、社労士の試験は色々と恐ろしいところがあるので、大変です。でもとりあえず、過去問5年分を数回やって問題を覚えてしまうくらいになれば、いけるでしょう。今の段階では5割くらいしかできません。あと、足切りが怖 [続きを読む]
  • 申し込みました
  • 今年受験するかどうか迷っていたんですが、とりあえず本日申し込みました。昨夜ローソンで証明写真を確保して、受験料も払い込みました。コンビニでなんでもできますね。便利な時代になったものです。逆に郵便局は受付時間が昔より早くなったようで、夜は受付していないんですね・・・ とにかくあとは時間のある限り過去問を繰り返すだけ。(^_^;) 今朝は26年の過去問社一まできました。間違いノートは時間かかるので、 [続きを読む]
  • 土日崩れました。
  • 土日は崩れました。土曜は午前はよかったんですが、そのあとは色々あって勉強どころではなくなりました。でも、今朝はなんとか五時半には起きて、26年度の労基法を6問はやりました。労基法は結構できるんです。年金がどうしてもできない・・・選択の時、細かい数字が出るとあうとです・・・法改正とか一般常識とかやらなくて大丈夫なんだろうか?と不安です。でも、とりあえず、過去問だけでも繰り返して、過去問についてはほぼ [続きを読む]
  • 一通り終えるのは大事
  • 仕事でも勉強でも何でも同じだと思いますが、手を付けたらひととおり終えてしまわないとダメですね。中途半端なまま時間が経つと、自分のやったことがぼやけてしまいます。今、27年度の過去問をやってあと国年だけだった筈ですが、1週間間があいてしまいました・・・合間をぬって、スキマ時間に1問1答はやっているのですが、頭の片隅に27年のやり残しがあるのが気になってしまうんですね・・・(^_^;)仕事のメールチェックもそうで [続きを読む]
  • 今日はノー残業デー
  • 今日はノー残業デーなので、早く帰って、夕食の準備を済ませたら、勉強できます。ただ、この調子では今年の受験って絶対無理のような気がするので、来年に向けて、今からやったほうがいいようです。一応、受験要綱は取り寄せたんですが。受験料も旅費も馬鹿にならないので・・・でも、来年も総務の仕事やっているかどうかわからないので、本当は今年受験した方がいいんですよね・・(^_^;)でも過去問見た限りでは今のところまったく [続きを読む]
  • 家の仕事・・・・
  • 家事をおろそかにしてしまい、家族にひんしゅくを買っていたので、今朝は早起きしたのですが、草むしりをしました。この先、ろくに勉強できないかもなぁ・・せっかく受験するのだから、確実に受かる状況で受験したい。1年に1回だから悩んでしまうけど、旅費もかかるし、ちょっと厳しい・・・でも、勉強だけはコツコツやるつもり。知識は頭に残るので。(^_^;)  [続きを読む]
  • 結婚披露宴で飲まなかった
  • 一昨日は結婚披露宴でした。親が入院している、というのもありますが、今回は涙を飲んでお酒は控えました。翌日はいつもどおりに起きて、過ごす事ができたので、やはり飲み会は行くとしても1次会だけにして、なるべく受験生の間はお酒は休んだ方がいい、という結論になりました。きっと、いつでもそういう過ごし方の方がいいんですよね・・・これまでの飲み方って失敗だったんだなぁ・・・しかし、土日で終わると思っていた国民年 [続きを読む]
  • 国民年金に突入(27年度)
  • 今朝から国民年金(27年度)の過去問に入りました。が、例によって全くできません。^_^;間違いノートの中身が多くなって大変。しかも、省略しすぎて、次の日見てもわからない状況だったり。年金ってやっぱり面倒ですね。土日があるから、せめて27年度は終えてしまいたい。  [続きを読む]
  • 厚生年金あと1問で終わり
  • 今朝はちょっとしか勉強できませんでしたが、あと1問なので、夜で厚生年金27年度過去問が終わります。ほとんどできません(^_^;)でもまぁ、回答見てテキストをみればなんとか理解できるのもあるので、良しとします。年金はどうも苦手意識があって困ります。一応年金アドバイザーなのに、社労士の試験には歯が立ちません。なんとか5年分くらいは問題見ればわかるようになるくらいやりたいものです。離婚時の分割については、おそ [続きを読む]
  • 厚生年金に突入
  • 今朝は5:30に起きて、シャワーを浴びて、1時間のお勉強。いよいよ厚生年金に入りました。(27年過去問)テキストを確認しながら、1,2行で間違いノートにまとめながらやっていくと、1時間では2問(10枝)くらいのペースです。テキストで周辺の知識も確認しながらなので、こんなものかもしれません。やはり理解なしに暗記だけで行くのはつらいようです(^_^;)このペースだと1年分の過去問に10週かかるので、2年分もでき [続きを読む]
  • 間違いノート
  • 間違いが多いと、どうしても書く量が増えてしまいます。かといって、1行にまとめると、あとからわからなくなるし・・・で、数行になってしまうのですが、あとで時間のある時に読み返すのは、結構時間がかかりません。しかも、結構何の問題だったかが思い出されます。朝三〇分早起きして、過去問を二問やるとだいたい終わります。ほとんどの枝が理解不足なので、間違いノートに書くことになります。それでも一週間あれば、一科目終 [続きを読む]
  • 健康保険あと2問
  • 今朝は通常通り起きて、お勉強。5人分の朝食を作り、またお勉強。お昼になってまた昼食を作り、お勉強。だけど、明日は母の日なので、その準備にすごく時間がかかってしまい、健康保険法(27年度)の過去問おわれなかった。で、出産の時の一時金って42万と39万じゃなかったんですね・・・・27年1月から変わったらしい・・・テキストが新しくないので問題集の回答が間違っていると思ったら、法改正だった・・・(-_-;)ということで、 [続きを読む]
  • 朝勉始めました。
  • 今朝は5時に目覚ましで起きましたが、起きれず6時に起きて、過去問を2問やりました。わからないところはノートに転記。それを、暇なときに見る作戦。最終的に、わからないところがなくなる筈です(^_^;)これ、「朝1時間勉強法」という本に書いていました。「朝、30分を続けなさい!」という本も、シンプルでやる気が出る本です。 でも勉強法の勉強ばかりしてもしょうがないので、ほどほどに・・・で、自分で作ったノート [続きを読む]
  • 連休も終わり・・・
  • あっという間に連休も後半。後半は雨模様。今日は休日ですが、出勤します。でも明日出勤すると、また土日で休み(^_^;)でも、こんなに休みがあると、仕事が溜まります。仕事がたまらない人もいるみたいですが・・・定年になって仕事が無い毎日が続くということは、今回のような連休が毎日ずっと続く、ということ。以前はそれは暇で暇で大変なこと、と思っていましたが、なんか、毎日休みでも時間がつぶせるのかもしれない、と思うよ [続きを読む]
  • 連休を乗り切るのは難しい
  • 結局、連休は誕生日とかイベントもあったりして、カラオケいったり、飲んだりして、崩れています。ただ、やればなんとかなる時間もあるののに、ダラダラもしています・・・・もう一度、今とそっくり同じ人生を過ごしてもいい、と思うような生き方をせよ、とニーチェは言ってるそうですが、本当にそうですね。悔いばかりのある過ごし方では、こんな人生はもう二度と嫌だと思うでしょうし、であれば、踏ん張って変えないといけない。 [続きを読む]
  • 過去の記事 …