Zezesy さん プロフィール

  •  
Zezesyさん: Zezesy's 古都をゆく
ハンドル名Zezesy さん
ブログタイトルZezesy's 古都をゆく
ブログURLhttp://zezesy.com/travel/
サイト紹介文古刹、名勝、脱線あり、ほとんど周回遅れの回想録でございます !!
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供49回 / 365日(平均0.9回/週) - 参加 2016/01/30 17:19

Zezesy さんのブログ記事

  • 鎌倉 高徳院  2018/02/16
  • 寺名:大異山高徳院清浄泉寺山号:大異山宗派:浄土宗本尊:銅造阿弥陀如来坐像(国宝)創建年:不詳開基:不詳中興;祐天正式名:大異山 高徳院 清浄泉寺別称:鎌倉大仏長谷にある浄土宗の「高徳院」、正式には「大異山高徳院清浄泉寺」。創建は天平年間に行基によると伝えられます。明応7年(1498年)の大地震と水害により堂宇は壊滅して露座となった大仏だけが残りますがその後も荒廃の一途をたどります。江戸時代中期になって [続きを読む]
  • 鎌倉 薬王寺  2013/08/25
  • 宗派:日蓮宗創建年:永仁元年(1293年)開山:肥後阿闍梨日像聖人本尊:久遠実成釈迦牟尼佛宗祖:本化上行日蓮大菩薩中興開山:大乗院日達聖人扇ヶ谷にある、日蓮宗の寺院「薬王寺」、かつてはその地に真言宗の寺院「梅嶺山夜光寺」、その後、永仁元年(1293年)に日蓮の弟子日像が日蓮宗に改宗します。後に衰微し、寛永年間(1624年〜1645年)に徳川忠長室松孝院の援助で不受不施派の日達が中興、大乗山薬王寺と改称します。その [続きを読む]
  • 鎌倉 収玄寺  2013/07/14
  • 山号:四条山宗派:日蓮宗本尊:十界曼荼羅、釈迦牟尼仏創建:文政元年頃.開基: 四条金吾開祖:妙詣尼開山:日勇中興:日慈長谷駅から長谷寺方面に向かう途中、左手にある「収玄寺」、文永8年(1271年)、日蓮聖人の四大法難のひとつである龍口法難の際、日蓮とともに殉死を覚悟したという四條金吾頼基の屋敷跡に文政年間に妙詣尼が創建した収玄庵が始まりとされています。1923年に光則寺の日慈が今の本堂を再建、寺号を現在の収 [続きを読む]
  • 鎌倉 光則寺  2018/02/16
  • 山号:行時山宗派:日蓮宗創建年:文永11年(1274年)本尊:十界大曼荼羅開基:宿屋光則開山:日朗鎌倉幕府5代執権北条時頼の近臣「宿屋光則」が創建した「光則寺」、日蓮の佐渡流罪に際し、時頼の命により弟子の日朗も屋敷の裏山にある土牢に監禁することとなった光則、自分のことよりも今後の弟子達の身を案じる日蓮の心に惹かれ帰依し、文永11年(1274年)日蓮が赦免になると自邸を寺に改め、日朗を開山に迎え創建します。山門 [続きを読む]
  • 鎌倉 成就院  2018/02/16
  • 正式寺名:普明山 法立寺 成就院山号:普明山宗派:真言宗大覚寺派本尊:不動明王創建年:承久元年(1219年)開基:北条泰時由比ヶ浜近くの高台にある真言宗大覚寺派の寺院である「成就院」、もともと平安時代初期に弘法大師が護摩供養を行ったと言われる地に 北条泰時が創建します。外護摩壇本尊・不動明王像は、「良縁を結ぶ」として縁結びに恐ろしいほどご利益があることにも定評でパワースポットとして知られ多くの人が訪れま [続きを読む]
  • 鎌倉 岩船地蔵堂  2013/08/25
  • 海蔵寺から鎌倉駅に向かう亀ケ谷切通との分岐点にある源頼朝の娘・大姫の守り本尊を祀る供養堂「岩船地蔵堂」、現在は海蔵寺の管理となっています。源頼朝の人質となっていた木曽義仲の子・義高に恋した大姫の悲運、血で血を洗う源氏の覇権争いの悲劇に巻き込まれ許嫁・義高を父・頼朝に殺害されます。義高の死後、大姫はノイローゼとなり政子の祈願も空しく、建久8年(1197年)、20歳の若さで亡くなります。自分の権威を脅かす可 [続きを読む]
  • 鎌倉 海蔵寺  2013/08/25
  • 山号:扇谷山宗派:臨済宗建長寺派本尊:薬師如来創建:建長5年(1253年)開基:宗尊親王開山:藤原仲能中興年:応永元年(1394年)中興:上杉氏定開山:心昭空外扇ガ谷にある臨済宗建長寺派「海蔵寺」、真言宗のお寺があったところに建長5 年 (1253年)、宗尊親王の命により藤原仲能がここに七堂伽藍を創建しますが、新田義貞の鎌倉攻めによる幕府の滅亡とともに兵火によって焼失します。山門前底脱の井山門(この季節は萩で男坂の [続きを読む]
  • 欧州 セーヌ川(Seine) 2018/06/28
  • パリの歴史を見守り続ける「セーヌ川」、紀元前3世紀にケルト系のパリシイ人がシテ島に住み着いたことからパリの歴史が始まります。古くから水運を通じてパリの発展の大きな原動力となったセーヌ川、自動車による流通が一般的になる20 世紀初頭まではパリの商いや運搬の中心となりセーヌ川沿いを中心に発達します。乗船地点のエッフェル塔ロシア正教会グラン・パレアンヴァリッド橋アレクサンドル三世橋美しい景観は数多くの映画や [続きを読む]
  • 欧州 パリ(Paris) 2018/06/28
  • ヨーロッパの中でもテロの発生件数はパリが一番多く、発生場所はパリに集中しています。2015年11月13日のパリ同時多発テロでは、死者130 名・負傷者300名以上という惨状まだ記憶に新しく、これを受けて発令された緊急事態宣言は2017年11月に終結されましたが、「未だ欧州各地でテロや襲撃事件が続発しており引き続き注意が必要」とのことです。アウステルリッツの戦いに勝利したナポレオン・ボナパルトの命によって建造された「エ [続きを読む]
  • 欧州 ノートルダム大聖堂(Cathédrale Notre-Dame de Paris) 2018/06/27
  • パリの中心部、シテ島にある「ノートルダム大聖堂」、「ノートルダム」はフランス語で「私たちの貴婦人」つまり「聖母マリア」を意味し、聖母マリアに捧げられた大聖堂です。フランスゴシック建築の最高傑作、大聖堂は1163年に着工、1345年に完成します。内部はバラ窓などの美しいステンドグラスやレリーフによって装飾が施されています。 18世紀末のフランス革命時の際にはこの大聖堂が破壊の対象となり、司教がギロチンの刑、そ [続きを読む]
  • 欧州 ルーヴル美術館(Musée du Louvre) 2018/06/27
  • 1190年頃にフランス国王フィリップ2世がパリを防御する目的で要塞として建設した「ルーヴル城」、1546年にはフランソワ1世が改築を決定、以来、歴代フランス王の王宮として使用され王宮となり長年にわたって権力の中枢となった「ルーブル宮殿」、その後ブルボン王朝のルイ14世の時代、1692年に宮殿はベルサイユに移され、ルーブル宮殿は収集されてきた古代彫刻などの王室美術品コレクションの収蔵、展示場所となります。そして1791 [続きを読む]
  • 欧州 ベルサイユ宮殿(Palais de Versailles)  2018/06/27
  • パリから南西20kmほどのパリ郊外、イヴリーヌ県にあるブルボン王朝の「ベルサイユ宮殿」、フランス絶対王政の最盛期に約50年の歳月と莫大な費用を投じて造られたものです。ルイ14世の「有史以来、最も大きく豪華な宮殿を建てよ」の言葉のもとに贅を尽くした宮殿と、当時最高の景観設計技術を誇っていたアンドレ・ル ・ノートルによって造営された庭園。まさしくヨーロッパ随一の豪華を誇り当時のヨーロッパの宮殿建築の規範とされ [続きを読む]
  • 欧州 モンサンミシェル(Mont Saint-Michel)Ⅲ  2018/06/25-26
  • 修道院内部をもう少し、見どころ多すぎて端折ることはできませんでした。修道院付属教会(聖堂)大天使ミカエルの像主祭壇ラ・メルヴェイユ大天使ミカエルとオベール司教のレリーフ聖マルタン礼拝堂牢獄時代に使用された巨大な車輪聖エティエンヌのチャペルピエタ像(十字架から降ろされたキリストを抱くマリア様)壁に掛けられたフレスコ画チャペルから繋がる階段19世紀に再び修道院として復元されますが、要塞・牢獄、ハンセン病 [続きを読む]
  • 欧州 モンサンミシェル(Mont Saint-Michel)Ⅱ  2018/06/25-26
  • モンサンミッシェルに泊まって夕暮れと朝焼けの寺院を見たい・・・ 天気にも恵まれて「ついに実現!」といったところでした。憧れはあっても知識足らず、帰ってきてからの勉強で改めて多くを学びました。聖なる巡礼地ながら長い歴史の中で要塞・牢獄といった役割を果たさざるを得なかった数奇な運命・・・「王の門」 敵を寄せ付けない要塞です。オムレツの考案者プーラールおばさんのお店「ラ・メール・プーラール」ビスケットも有名! [続きを読む]
  • 欧州 モンサンミシェル(Mont Saint-Michel) 2018/06/25-26
  • ノルマンディー地方南部サン・マロ湾上に浮の南東部に位置する小島に要塞のように築かれた修道院「モンサンミシェル」、旧約聖書にその名が記される大天使・ミカエルに由来する「聖ミカエルの山」、1979年に「モン=サン=ミシェルとその湾」としてユネスコの世界文化遺産に登録されます。この地はヨーロッパでも潮の干満の差が最も激しく最大15mにもなるため、大きく変化して見えるその美しい景観は「西洋の驚異」とも呼ばれ、フ [続きを読む]
  • 欧州 モネの家と庭園( Fondation Claude Monet) 2018/06/25
  • フランスのイシュバインシュタインパリ郊外ノルマンディー地方入口にあるジベルニー(Giverny)にある印象派巨匠・クロード・モネが過ごした邸宅、この村の豊かな自然に魅せられ、50歳の時にアトリエ兼邸宅を構え「睡蓮」の絵もこの庭園で描かれます。また家の中は当時使用していた家具やインテリアがそのまま保存され、ダイニングルームには彼が愛した北斎や広重、歌麿の浮世絵コレクションが飾られています。彼の死後、しばらくし [続きを読む]
  • 欧州 ラインの滝(Rheinfall) 2018/06/24
  • スイス北部、ドイツとの国境付近のシャフハウゼン州(Schaffhausen)とチューリッヒ州(Zürich)にまたがるラインファル(ラインの滝)、高さは約23mですが横幅が約150m、水量の多さでヨーロッパ最大、アルプスの雪解けの頃、春から初夏にかけては特に水量が多くなり大迫力に圧倒されます。ラインファルポイントは、船に乗って滝の中央にある岩までいくか、滝を真下に見下ろせるラウフェン城に上るか、接する小さな見晴し台「ケンツェ [続きを読む]
  • 欧州 ホーエンツォレルン城(Burg Hohenzollern) 2018/06/24
  • ドイツ南部のシュヴァーベン地方、海抜855mのホーエンツォレルン山の頂にそびえる「ホーエンツォレルン城」、11世紀にプロイセン国王やドイツ皇帝も輩出したホーエンツォレルン家の居城として建てられたものでドイツ3大名城のひとつ、時に雲海に浮かぶ「天空の城」として幻想的な風景でとても有名です。現在もドイツ最後の皇帝、ヴィルヘルム2世の直系の子孫が所有、城内の一部が公開されています。先に訪れた寓話の世界から生ま [続きを読む]
  • 欧州 ローテンブルク(Rothenburg ob der Tauber) 2018/06/23
  • 「ローテンブルク」といえば「中世の宝石箱」と称されるロマンチック街道では避けては語れない超観光スポット、17世紀の街並みにタイムスリップしたかのような何処を取っても切り絵になってしまう、そんな街です。実は第二次世界大戦の空爆でほとんどが破損しますが後に丁寧に修復されます。なんと言っても「プレーンライン」聖ヤコブ教会オリーブ山ゲッセマネの園で祈るキリスト街並タウバー川の渓谷にに臨む断崖タウバー川の渓谷 [続きを読む]
  • 欧州 ヴィース教会(Wieskirche)  2018/06/23
  • ロマンティック街道の終点フュッセンの近くのこぢんまりとしたクリーム色の小さな教会が「草原の中」という名前のヨーロッパで最も美しいと言われるロココ様式の巡礼教会世界遺産にも登録されている「ヴィース教会」です。ドミニコ会と洗礼者聖ヨハネ会の修道士達により1745年から1754年にかけて建設されユネスコより世界文化遺産に認定を受けます。マグヌス・シュトラウブ神父とルカス・シュバイカー修道士がつくり上げた「鞭打た [続きを読む]
  • 鎌倉 教恩寺  2013/10/05
  • 山号:中座山大聖院教恩寺宗派:時宗藤沢清浄光寺末創建:延宝6年(1678年)移築開基:北条氏康開山:知阿上人本尊:阿弥陀如来鎌倉三十三所観音霊場の第十二番札所、時宗の「教恩寺」、創建については、材木座の光明寺境内にあった宝海山と号した寺院がはじまりで小田原北条氏の3代目の氏康創建が開基、知阿上人が開山となって創建されています。そのはるか昔には、源頼朝が平家一族の冥福を祈る為に籠堂を建立し、阿弥陀三尊像 [続きを読む]
  • 鎌倉 明月院  2013/07/12
  • 山号:福源山院号:明月院宗派:臨済宗建長寺派本尊:聖観音創建年:応永元年(1394年)以前開基:上杉憲方長谷寺・成就院と共に「あじさい寺」で有名な北鎌倉の臨済宗建長寺派の「明月院」、梅雨時には境内に咲く2,500本を越えるヒメアジサイが見頃を迎え、その名のとおり「明月院ブルー」の美しさを求めて多くの人が訪れます。寺伝によると平治の乱で没した山内首藤俊通の菩提のため、永暦元年(1160年)に創建された「明月庵」 [続きを読む]
  • 京都 拾翠亭  2018/01/25
  • 京都御苑の南西角、勾玉池(九条池)のほとりにある九條家の遺構「拾翠亭」、江戸時代後期に建てられた現存する貴族の茶室としては貴重な遺産となっています。数寄屋風書院造りで当時は主に茶会のための離れ座敷として使用され、現在でも庭園とともに大切に保存されています。一階、二階から見渡す九條池に架かる高倉橋を望む風景、かつてはその向こうに見える東山を借景とした庭園だったといいます。庭に下りれば回遊式な露地風庭 [続きを読む]