Zezesy さん プロフィール

  •  
Zezesyさん: Zezesy's 古都をゆく
ハンドル名Zezesy さん
ブログタイトルZezesy's 古都をゆく
ブログURLhttp://zezesy.com/travel/
サイト紹介文古刹、名勝、脱線あり、ほとんど周回遅れの回想録でございます !!
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供68回 / 365日(平均1.3回/週) - 参加 2016/01/30 17:19

Zezesy さんのブログ記事

  • 京都 清浄華院  2018/03/30
  • 正式寺名:清浄華院宗派:浄土宗大本山山号:なし本尊:阿弥陀如来創建:貞観2年(860年)勅願: 清和天皇開創開山: 慈覚大師円仁改宗開山: 法然中興: 村上天皇寺紋:葉菊紋京都御所の東、寺町通沿い、蘆山寺のすぐ北側にある浄土宗寺院「清浄華院」、寺伝によると、貞観2年(860年)、清和天皇の勅願により天台宗の慈覚大師円仁が着手、貞観6年(864年)に(天台)・密(密教)・戒(円頓戒)・浄(浄土教)の四つの学問を学ぶ [続きを読む]
  • 京都 仙洞御所  2018/03/30
  • 皇位を退かれた後水尾上皇の御所として建てられた「仙洞御所」、度重なる火災の都度、再建が行われましたが、現在は建造物はなく、二つの茶室「醒花亭」と「又新亭」と庭園のみが残されています。隣接する大宮御所は、後水尾天皇の皇后・東福門院和子の御所として建てられたもので、皇太后などの女院御所として使われてきましたが、仙洞御所同様再三の火災で焼失し、現在の建物は孝明天皇の皇后・英照皇太后の御所として建てられた [続きを読む]
  • 京都 京都御苑  2018/03/30
  • 明治維新後に天皇が東京に遷り周りを囲む公家屋敷が廃墟となり、これを撤去し公園として整備され市民へ開放された「京都御苑」、苑内には百年を越える名木や四季折々に多彩な植物で彩られ散策や休養等の場として親しまれています。この季節になると千本余りの桜が種類によって植えられていて満開の頃には花見客でいっぱいになります。中でも近衛邸跡一帯に咲く糸桜(枝垂桜)は市内でも超早咲きで知られていて、この日もこれ目当て [続きを読む]
  • 京都 京都御所  2018/03/30
  • 2016 年7月26日から宮内庁への事前申込みが不要となり通年公開となった「京都御所」、昔は往復はがきで申し込んだものでしたが、最近ではインターネットで申し込めるようになったのでその便利さに喜んでいたところ、何もせずとも月曜日の休止日と年末年始、行事がある日以外は見せていただける、観光立国推進のおかげということです。しかし最近では落書きや油をまき散らしたり、京都をはじめ各地の古刹でも不埒極まる事件が増えて [続きを読む]
  • 京都 二条城  2018/03/30
  • 築城主:徳川家康築城年:慶長8年(1603年)主な城主:徳川氏(江戸時代)皇室(明治17年ー昭和14年)廃城年:明治6年(1873年)徳川家康により慶長8年(1603年)に京都の警衛と上洛の際の宿所として築城された平城「二条城」、天守と本丸御殿は二度の火災で焼失、その後本丸御殿は京都御所にあった旧桂宮邸を移築して再建されますが天守は再建されることなく天守台の石垣だけが残されています。寛永11年(1634年)、三代将軍家光が [続きを読む]
  • 京都 神泉苑  2018/03/30
  • 宗派:東寺真言宗本尊:聖観音創建年:天長元年(824年)開基:空海中興年:正保3年(1646年)中興の祖:快我上人(覚雅上人)二条城の南に位置し、平安京遷都時に禁苑として造営された「神泉苑」、当初の敷地は南北約500メートル、東西約240メートルに及ぶ池を中心とした大庭園で、平安時代初期には天皇や朝廷に仕える臣下による詩宴の場として、その後は密教僧による雨乞いや御霊会の場として使われ、ここでの東寺の空海と西寺の守 [続きを読む]
  • 京都 東寺勧智院  2018/03/30
  • 院号:観智院寺格:別格本山宗派:東寺真言宗創建年:延文4年(1359年)開山:杲宝僧正本尊:五大虚空蔵菩薩東寺塔頭「勧智院」、東寺真言宗の別格本山で歴代住職は東寺の別当職を兼務し東寺の寺僧の住房・勧学院として多くの傑出した学僧を輩出します。所蔵する密教聖教の量と質では我が国最高といわれ、東寺教学の基礎を築き上げ、江戸時代には徳川家康が黒印状をもって観智院を真言一宗の勧学院と定めます。山門庫裡前平安時代 [続きを読む]
  • 京都 東寺  2018/03/30
  • 山号:八幡山宗旨:東寺真言宗寺格:総本山本尊:薬師如来創建年:延暦15年(796年)開基:桓武天皇正式名:金光明四天王教王護国寺秘密伝法院宗教法人公称:教王護国寺正式名別称:弥勒八幡山総持普賢院南区九条町にある東寺真言宗の総本山「東寺」、真言宗の根本道場であり、「教王護国寺」とも呼ばれます。延暦13年(794年)、長岡京から平安京に遷都した際、平安京の正門にあたる羅城門の東西に東国と西国とを守る国家鎮護の寺 [続きを読む]
  • 京都 六孫王神社  2018/03/30
  • 社名:六孫王神社旧称:六ノ宮権現創建:応和3年(963年)主祭神:六孫王大神(源経基)・天照皇大御神・八幡大神旧社格:正一位第56代清和天皇の第六皇子・貞純親王の第一子源経基を祭神として祀っている「六孫王神社」、清和天皇が孫・経基与えた源姓、後に鎌倉幕府を築いた源頼朝をはじめ源義経、源義家、源(木曽)義仲、また足利、新田、細川、島津、明智、徳川などの名だたる武将がこの清和源氏から多数輩出される「超名門」 [続きを読む]
  • 奈良 大野寺  2018/03/03
  • 正式名:楊柳山大野寺、慈尊院彌勒寺(旧称)宗派:真言宗室生寺派本尊:彌勒菩薩創建年:(伝)伝白鳳9年(681年)開基:(伝)伝役小角再興:(伝)空海(弘法大師)宇陀市室生大野にある真言宗室生寺派の「大野寺」、寺伝によると白鳳9年(681年)に役小角によって草創され、天長元年(824年)に空海(弘法大師)が弥勒菩薩を祀る小堂を建立、「慈尊院弥勒寺」と称したと伝えられています。その後、地名から「大野寺」と呼ばれ [続きを読む]
  • 奈良 旧柳生藩家老屋敷  2018/03/03
  • 江戸時代末期、柳生藩1万石の家老だった小山田主鈴の旧邸宅。徳川将軍家の剣術師範として国元に変えることなく江戸に常駐していた柳生藩主に代わり文政9年(1826年)に国家老として江戸から奈良に移り柳生藩財政を立て直した小山田主鈴、隠居後余生を送るために嘉永元年(1848年)に建てた屋敷「旧柳生藩家老屋敷」、創建当時の姿をほぼ留めており県下では数少ない武家屋敷の遺構です。石垣長屋門主屋前景主鈴死後、子孫が昭和時代 [続きを読む]
  • 奈良 芳徳寺  2018/03/03
  • 山号:神護山宗派:臨済宗大徳寺派本尊:釈迦如来創建年:寛永15年(1638年)開基:柳生宗矩開山:沢庵宗彭(沢庵和尚)別称:芳徳禅寺柳生の里を見渡せる高台にある臨済宗大徳寺派の寺院「芳徳寺」、柳生家の菩提寺で「芳徳禅寺」とも称されています。寛永15年(1638年)に柳生又右衛門宗矩が父の柳生新陰流の開祖・石舟斎宗厳の菩提を弔うために親交のあった沢庵和尚を開山として建立されました。宝永8年(1711年)の火災により [続きを読む]
  • 奈良 円成寺  2018/03/03
  • 山号:忍辱山(にんにくせん)宗派:真言宗御室派本尊:阿弥陀如来創建年:(伝)天平勝宝8年(756年)開基:(伝)虚瀧、聖武・孝謙両天皇(勅願)奈良市街から柳生に向かう柳生街道沿いの忍辱山町にある真言宗御室派の古刹「円成寺」、楼門の前には平安時代の面影を残す藤原期の浄土式庭園(名勝に指定)が広がり四季折々の景観が楽しめます。境内には国宝に指定されている鎮守社の春日堂と白山堂、藤原期の阿弥陀堂様式の本堂、 [続きを読む]
  • 京都 笠置寺  2018/03/03
  • 山号:鹿鷺山宗派:真言宗智山派本尊:弥勒仏創建年:682年(白鳳11)開基:大海人皇子or大友皇子京都府の南東部、奈良県境に位置する真言宗智山派「笠置寺」、古くから山岳信仰、巨石信仰の霊地であったと推定され、自然の岩壁に直接彫り刻んだ巨大な弥勒仏を本尊として仏教寺院としての形を整えられたものと推定されています。弥勒石、虚空蔵石、文殊石、太鼓石、貝吹岩、ゆるぎ石などが信仰の対象なって山伏の修行場とされてき [続きを読む]
  • 鎌倉 実相寺  2013/10/05
  • 山号:弘延山宗派:日蓮宗本尊:一塔両尊四士創建年:弘安7年(1284年)開基:風間信濃守信昭開山:日昭上人材木座にある日蓮宗寺院「実相寺」、鎌倉時代の武将工藤祐経の屋敷跡で祐経の娘の子にあたる「六老僧」と呼ばれる日蓮直弟子6人の筆頭であった日昭上人が文永8年(1271年)日蓮上人が佐渡に流されている間に一門の教化・統率の拠点として開いた濱土法華堂がはじまりとされ、日蓮上人入滅後の弘安7年(1284年)に濱土法華堂 [続きを読む]
  • 鎌倉 五所神社  2013/10/05
  • 創建:1908年乱橋村と材木座村にあった三島社、八雲社、金毘羅社、諏訪社、視女八坂社を合祀、「五所神社」と改称 合祀前の各社については詳細不明祭神:天照大神・須佐之男命・崇徳天皇・大山祇神・建御名方命材木座の鎮守社「五所神社」、明治四十一年(1908年)に当時の乱橋村と材木座村が合併して乱橋材木座村となり、乱橋村の村社だった三島社に両村の八雲社、金毘羅社、諏訪社、視女八坂社が合祀されて改称されます。鳥居から [続きを読む]
  • 鎌倉 御嶽神社  2013/07/14
  • 創建年:不詳主祭神:境内奥の石碑から「御嶽大神」「三笠山大神」「八海山大神」由比ヶ浜の海岸近くにある「御嶽神社」、拝殿も本殿もなく境内奥中央の石碑に「御嶽大神」、「三笠山大神」、「八海山大神」と彫られ、これが主祭神として祀られているとすると木曽御嶽信仰の御嶽神社(おんたけじんじゃ)となります。残念ながら境内には説明書きも何もなく由縁がわかりません。古くから信仰の山として信者の畏敬を集めてきた3,067m [続きを読む]
  • 鎌倉 満福寺  2018/02/16
  • 山号:龍護山院号:医王院宗派:真言宗大覚寺派本尊:薬師如来創建年:天平16年(744年)開山:(伝)行基正式寺名:龍護山 医王院 満福寺天平16年(744年)、東国の疫病を沈静させるため行基が聖武天皇の勅命により、腰越で建立した寺と伝えられている真言宗大覚寺派の「満福寺」、この地で霊威を得て薬師如来を祀り、病気平癒の仏として信仰されます。同じく行基によって建てられた鎌倉最古の杉本寺が天平15年(743年)ですから [続きを読む]
  • 鎌倉 小動神社  2018/02/16
  • 主祭神:建速須佐之男命、建御名方神、日本武命社格等:村社創建:文治年間(1185年-1189年)佐々木盛綱再興:建武年間(1334年 ? 1338年)新田義貞本殿の様式:権現造腰越の小動岬にある「小動神社」、佐々木盛綱が父祖近江国の八王子宮を勧請するにあたり、江ノ島詣での時に風も無いのに揺れる小動の松を見て、「天女遊戯の霊木」と絶賛して文治年間(1185年〜1189年)に八王子宮を創建したと伝わります。その後、明治時代にな [続きを読む]
  • 鎌倉 浄泉寺  2018/02/16
  • 山号寺号:小動山松岩院浄泉寺宗派:古儀真言宗大覚寺派開山:(伝)空海創建:(伝)弘仁10年(819年)中興開山:元秀本尊:左剣不動明王腰越にある真言宗の寺院「浄泉寺」、弘仁10年(819年)に弘法大師(空海)により創建されたと伝わります。もとは「鎖大師」の別称で親しまれている西鎌倉「青蓮寺」の末寺でしたが現在は大覚寺派の寺院となっています。中興開山は弘治4年(1557年)寂した元秀、本尊は左に剣を持ち、腕を交差 [続きを読む]
  • 鎌倉 龍口寺  2018/02/16
  • 正式寺名:寂光山 龍口寺山号:寂光山寺格:本山(霊跡寺院)宗派:日蓮宗本尊:日蓮聖人像、曼荼羅創建:延元2年(建武4年、1337年)開基:日法藤沢市片瀬の龍口刑場跡に建つ日蓮宗の本山「龍口寺」、日蓮宗の開祖日蓮聖人が、『立正安国論』を著して幕府に奏上、これが幕府の反感を買い、この地へ連行、処刑されそうになった「龍ノ口法難」、日蓮上人が斬首される瞬前に江ノ島の方角から光るものが飛んで来て、処刑執行の役人た [続きを読む]
  • 鎌倉 常立寺  2018/02/16
  • 正式寺名:龍口山 常立寺宗派:日蓮宗創建年:享禄5年(1532年)開山:日豪開基:鈴木隼人正本尊:一塔両尊中興:日教湘南モノレール「江の島駅」から歩いて数分、閑静な住宅街にある「常立寺」、『かまくら子ども風土記』によれば、この地には真言宗の「回向山利生寺」のお寺がありましたが享禄5年(1532年)に日豪によって日蓮宗へと改宗され、今の常立寺と改められます。山門六地蔵本堂鎌倉時代、北条時宗によって処刑された元 [続きを読む]
  • 鎌倉 青蓮寺  2018/02/16
  • 寺名:飯盛山仁王院青蓮寺宗派: 高野山真言宗創建:弘仁十年(819年)開山:弘法大師中興:善海本尊:弘法大師空海別称:鎖大師西鎌倉にある高野山真言宗の「青蓮寺」、高野山宝寿院(無量寿院)の末寺で正式な寺名は「飯盛山仁王院青蓮寺」、高野山真言宗準別格本山の寺格を持ちます。創建は平安時代、弘仁10年(819年)に空海(弘法大師)が開山し、室町時代に善海が再興したと伝えられています。残念なことに天保4年(1833年) [続きを読む]
  • 鎌倉 仏行寺  2018/02/16
  • 山号:笛田山仏行寺宗派:日蓮宗創建:明応4年(1495年)開山:仏性院日秀本尊:十界互具曼荼羅大仏前のバス停から少し上って常盤口へ、しばらく歩いて笛田公園近くにある日蓮宗の「佛行寺」へ到着、明応4年(1495年) に仏性院日秀の開山により創建と伝えられています。御本尊は「十界互具曼荼羅」、境内裏山一面に咲き揃う美しいツツジが立派で「鎌倉のツツジ寺」としても知られています。本堂は関東大震災で倒壊したため、その後 [続きを読む]
  • 鎌倉 高徳院  2018/02/16
  • 寺名:大異山高徳院清浄泉寺山号:大異山宗派:浄土宗本尊:銅造阿弥陀如来坐像(国宝)創建年:不詳開基:不詳中興;祐天正式名:大異山 高徳院 清浄泉寺別称:鎌倉大仏長谷にある浄土宗の「高徳院」、正式には「大異山高徳院清浄泉寺」。創建は天平年間に行基によると伝えられます。明応7年(1498年)の大地震と水害により堂宇は壊滅して露座となった大仏だけが残りますがその後も荒廃の一途をたどります。江戸時代中期になって [続きを読む]