外資系証券寄り付き前注文動向 さん プロフィール

  •  
外資系証券寄り付き前注文動向さん: 外資系証券寄り付き前注文動向
ハンドル名外資系証券寄り付き前注文動向 さん
ブログタイトル外資系証券寄り付き前注文動向
ブログURLhttp://jpxnikkei400.com/
サイト紹介文寄り付き前に集計される「外資系証券寄り付き前注文動向」を Twitter で配信しています
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供224回 / 365日(平均4.3回/週) - 参加 2016/01/30 19:26

外資系証券寄り付き前注文動向 さんのブログ記事

  • バークシャー・ハサウェイ、アップル株買い増し約5兆円分保有
  • 地政学的リスク米国イラン核合意に注目NYダウ 24357.32 +94.81NASDAQ 7265.21 +55.6米国では、トランプ大統領が「米国がイラン核合意に残留するかどうかについての判断を明日午後2時に発表する」とコメント。バークシャー・ハサウェイのマンガー副会長が、アップル株保有に関して強気のコメントをしたためアップル株が人気化。中国が貿易摩擦問題で一部関税引き下げを示唆したことも好感され、米株は続伸となった。 [続きを読む]
  • アップル自社株買い1000億ドル株主還元策を発表
  • ゼロックス、スナップ株価急落、決算予想を下回り失望売りシカゴ日経平均先物(6月) 22425 -115ダウ平均 23924.98 -174.07ナスダック総合指数 7100.90 -29.81S&P500 2635.67 -19.135月2日の米国株式市場は午後後半に掛けて急落、NYダウ30種平均は174ドル07セント安の2万3924ドル98セント、ナスダック総合指数は29.81ポイント安の7100.90ポイントで終了、4日続落となった。好決算と1000億ドルの自社株買いを発表した [続きを読む]
  • シカゴ日経平均先物70円安の22440円、米国株安を受け軟調
  • シカゴ日経平均先物 22440 -70NYダウ 24163.15 -184.04NASDAQ 7066.27 -53.53米国では、鉄鋼・アルミニウム輸入制限措置の猶予が1日に期限を迎えることから、貿易摩擦懸念が再燃。1QのGDP速報値が前期比2.3%と、前期の2.9%から減速したことも売り材料視された。米国携帯通信会社のTモバイルとスプリントが合併を正式に発表。スプリントの経営権を持つソフトバンクグループ(9984)にポジティブ材料。 [続きを読む]
  • ECBが金利と量的緩和政策を据え置き
  • 米国株ダウ続伸シカゴ日経平均先物 22450 +130NYダウ 24322.34 +238.51NASDAQ 7118.68 +114.944月26日の米国株式市場は、週間失業保険申請件数が20.9万件、3月耐久財受注が+2.6%と、ともに市場予想よりも好内容。ECBが金利と量的緩和政策を据え置き、必要な場合は9月末以降も量的緩和を継続するとしたため、10年債利回りが3%割れまで低下。NYダウは続伸となった。 [続きを読む]
  • IMFが米2018年GDP予測を2.9%に引き上げ
  • 日米首脳会談開催、安倍首相が訪米NYダウ 24786.63 +213.59NASDAQ 7281.1 +124.81IMFが米2018年GDP予測を2.9%に引き上げ。世界経済の今年と来年の予測を3.9%としたことから、世界経済好調との認識が浸透。3月の米住宅着工件数も予想を上回ったこともあり、米株に買い安心感が広がった。炎と怒り トランプ政権の内幕 (早川書房) [続きを読む]
  • 中国の習国家主席がアジアフォーラムで外資規制緩和
  • 米国株ダウ428ドル高、フェイスブック議会証言コンヴァノ上場承認、ネイルサロン「FASTNAIL」運営 シカゴ日経平均先物 21865 +5NYダウ 24408 +428.9NASDAQ 7094.3 +143.96中国の習国家主席がアジアフォーラムで、外資系金融機関設立の規制緩和、外資系企業の知的財産権保護、自動車関税引き下げなどを明言。ナバロ国家通商会議委員長が、「米中貿易問題協議について扉は開かれている」とコメントしたことも好感され米株は買 [続きを読む]
  • 米国株、1日の値幅が700ドルを超えるボラティリティ
  • フェイスブック8700万人分の会員情報が不正使用シカゴ日経平均先物 21600 +260NYダウ 24264.3 +230.94NASDAQ 7042.11 +100.834月4日の米国株式市場は寄り付きから500ドルを超える大幅安スタート。通商代表部が追加関税対象となる中国からの輸入品の詳細を公表。中国は106品目の米製品に対する対抗的関税賦課を発表したものの、中国が対話の用意があるとの見解を繰り返したため、貿易摩擦問題に出尽くし感が台頭。マーケット [続きを読む]
  • 米国株ダウ254ドル高の24103ドル、中国関税の意見聴取期間を30日延長
  • 米中貿易摩擦懸念が後退シカゴ日経平均先物 21510 +300NYダウ 24103.11 +254.69NASDAQ 7063.45 114.22米国では、ライトハイザー通商代表が中国関税の意見聴取期間を30日延長し60日間にすると発表。中国が米国関税に対し対話の用意があるとの見解を繰り返したため、米中貿易摩擦懸念が後退。2月コアPCEデフレータが前年比1.6%とコンセンサス並みの水準になったことも安心感につながり、米株は大幅上昇となった。公示地価発表 [続きを読む]