外資系証券寄り付き前注文動向 さん プロフィール

  •  
外資系証券寄り付き前注文動向さん: 外資系証券寄り付き前注文動向
ハンドル名外資系証券寄り付き前注文動向 さん
ブログタイトル外資系証券寄り付き前注文動向
ブログURLhttp://jpxnikkei400.com/
サイト紹介文寄り付き前に集計される「外資系証券寄り付き前注文動向」を Twitter で配信しています
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供234回 / 365日(平均4.5回/週) - 参加 2016/01/30 19:26

外資系証券寄り付き前注文動向 さんのブログ記事

  • 米国株ダウ平均665ドル安25520ドル、日経平均先物23000円割れ
  • 米国経済指標強く利上げ懸念で大幅安、株価割高感修正へ日経平均先物 22960 -360ダウ平均 25520.96 -665.75ナスダック 7240.95 -144.922月2日の米国株式市場は大幅安、ダウ平均は665ドル安の25520ドル、ナスダックは144ポイント安の7240ポイントで終了。1月雇用統計で非農業部門雇用者数が好調、平均時給の伸びが2009年以来となり労働環境が好調、米国景気指標が良く利上げ観測が強まり株売りにつながった。エネルギー関連株 [続きを読む]
  • GEゼネラルエレクトリックが110年続いたダウ構成銘柄から除外
  • 時間外取引アマゾン上昇、アルファベット(グーグル)下落シカゴ日経平均先物 23305 -135NYダウ 26186.71 +37.32NASDAQ 7385.86 -25.62プラス予想だった第4四半期の非農業生産性が−0.1%と低下、単位当り労働コストが+2%に上昇。10年利回りが再度2.75%をつけたことも重なり、米株は売り優勢。フェースブック、イーベイ、クォルボ、マスターカード、AT&Tの決算が市場コンセンサスを超過したため、買い安心感も台頭。金利 [続きを読む]
  • 米国株反発72ドル高、日経平均先物195円高の23285円
  • 米国インフラ投資を一般教書演説で強調シカゴ日経平均先物 23285 +195NYダウ 26149.39 +72.5NASDAQ 7411.48 +9米株は反発。トランプ大統領は一般教書演説で1.5兆ドルのインフラ投資促進を主張。1月ADP民間雇用統計が23.4万人増と予想を上回り、1月のシカゴPMIも65.7とコンセンサス予想を超過し買いが優勢の流れ。決算発表はマチマチとなるも、プラス引けとなった。三井住友アセットマネジメント申込キャンペーンSMAM投信直販 [続きを読む]
  • iPhone X減産決定でApple下落、ダウ平均は8ヶ月ぶりに一時411ドル安
  • バフェット氏、アマゾン、JPモルガンが新ヘルスケア事業に参入日経平均先物 23215 -45ダウ 26076.89 -362.59ナスダック 7402.48 -64.02米国株式市場は大幅続落、ダウ平均は362ドル安の26076ドル、ナスダックは64ポイント安の7402ポイントで終了。為替はドル円が1ドル=108円75銭、15銭の円高ドル安となった。iPhone X減産を決定したAppleが下げ、マイクロソフト、アルファベット(グーグル)も安い、原油価格下落でエクソンモ [続きを読む]
  • Twitter買収観測報道で株価急上昇、インテル決算好調で株高
  • ツイッター買収観測報道で株価急上昇日経平均先物 23745 +115ダウ 26,616.71ドル +223.92ドルナスダック 7,505.77ポイント +94.61ポイント週末の米国株式市場はダウ223ドル高の26616ドル、ナスダック94ポイント高の7505ポイントで終了。トランプ大統領がダボス会議でTPP11へ復帰の検討を表明、前日の大統領発言でドル安が止まり、米国経済好調な経済指標が買い材料視された。物色は半導体企業、半導体製造装置、バイオが買わ [続きを読む]
  • 米国政府機関閉鎖は米国株高要因、S&P500平均リターンデータを読み解く
  • 米国政府機関閉鎖された過去18回は株価上昇ドル安が続き、為替市場では強いユーロ、弱いドル、ペア通貨の円がドル安の反動で上昇という構図になっている。日本株は円高・株安プログラムがヘッジファンドにあるのだろう、円高になると過剰なほど日本株が調整してしまう。ドル安の背景は米国政府機関の一部閉鎖が信用不安となる、というのが金融市場の見方だ。政府機関が閉鎖するとトランプ大統領が政治手腕を発揮できずに行き詰ると [続きを読む]
  • 今週のドル円相場予想レンジ米国政府機関閉鎖ならドル安・円高に拍車
  • 今週のドル円相場見通し1ドル=112.00円〜109.50円12月に開催された米FOMCによる利上げがドル高になると、世界中の投資家が予想して為替取引ポジションを持っていた。ところが2018年1月に入ってから予想外にドル安・円高が進む、ユーロ上昇も強い。日米金利差拡大でドル高予想が、日銀金融緩和に変更があるとの見方も一部ではある模様。SMBC日興証券週刊株式アウトルックでは、今週のドル円予想レンジは1ドル=112.00円〜109.50 [続きを読む]
  • NYダウ終値で初の26,000ドル突破、アップル2万人の新規雇用創出
  • ボーイング上昇率1位、アップル3,500億ドル設備投資シカゴ日経平均先物 24090 +270NYダウ 26115.65 +322.79NASDAQ 7298.28 +74.59米国では、12月の鉱工業生産が+0.9%と予想を上回り、買い優勢のスタート。株式市場の先高観と好調な企業業績を背景に、午後には広範囲に買いが広がり、NYダウは終値ベースで初めて26000ドルを突破した。1月4日からの上昇率トップはボーイングで航空機需要の高まり期待や防衛関連として買われ [続きを読む]
  • 米国株ダウ平均一時26000ドルを超える場面もあった
  • 米国株「一旦ピークを迎えると」一部証券会社から出され下落シカゴ日経平均先物 23750 -200NYダウ 25792.86 -10.33NASDAQ 7223.69 -37.38米国では、アナリストの間で税制改革による2018年企業業績予想の上方修正が進んだものの、一旦ピークを迎えるとの慎重な見方も一部証券会社から出され、小安い展開。原油価格下落により、エネルギー株の下落が下押し圧力となった。 [続きを読む]
  • NYダウ初の25000ドル超え、152ドル高の25075.13ドル
  • NYダウ初の25000ドル超えシカゴ日経平均先物 23670 +260NYダウ 25075.13 +152.45NASDAQ 7077.92 +12.3812月ADP民間雇用数が25万人増と予想を上回り、労働市場堅調を確認。12月マークイット・サービスPMIも53.7と予想を上回り、順調な経済基調を好感。NYダウは指数算出以来、初めての25000円ドルを超えた。ブル相場入り米国株は2035年程度まで続くジャイアントブル相場バイロン・ウィーン「びっくり10大予想」2018年 [続きを読む]
  • 寄り付き前の外資系証券注文状況 80万株の売り越し
  • ブル相場入り米国株は2035年程度まで続くジャイアントブル相場売り=320万株・47億円 陸運・保険など買い=240万株・24億円 自動車部品・ETFなど電機セクターに売り買い交錯米系証券は売り越し、欧州系証券は売り買い均衡シカゴ日経平均先物 22825 +45NYダウ 24837.51 +63.21NASDAQ 6950.16 +10.822営業日ぶりの売り越トレードワークス出来高急増、直近IPO銘柄に短期資金が集中PKSHA Technology大幅増収増益、レーティ [続きを読む]