太公望 さん プロフィール

  •  
太公望さん: ゆみ翁の記憶に残る釣行記
ハンドル名太公望 さん
ブログタイトルゆみ翁の記憶に残る釣行記
ブログURLhttp://saiougauma.naturum.ne.jp/
サイト紹介文釣り素人の自分が成長する姿を記録していきます。他に芝生管理やメダカ、ゴルフに燻製の話題などなど。
自由文若いころはバス釣り、30代後半となってニジマスやイワナの美しさに惹かれ、2015年からエリアフィッシング、そしてテンカラ釣りへとたどり着く。渓流オフシーズンはゴルフに打ち込む。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供71回 / 365日(平均1.4回/週) - 参加 2016/01/30 22:42

太公望 さんのブログ記事

  • ゴルフ素人。明日、ご近所さんとの決戦。勝つ方法を考える。
  • ゴルフ素人の自分。いよいよ、ご近所さんとの決戦が明日に迫った。貧乏なので、最終練習は庭でおこなう。というか、結局一度も練習場に行かなかった・・・。ティーアップしてスポンジボールをドライバーで打ってみる。前回は気持ち良くミートしていたのに、何と今日は空振り・・・。決戦は明日なので、悲壮感が漂う。じっくりチェックしてみると、アドレス時の両前腕で作る三角形がテークバックの進行と共に崩れていた。そこで、ハ [続きを読む]
  • ゴルフ。ご近所さんとの決戦まであと15日。素人の逆襲。
  • ご近所さんとのゴルフ決戦までもう日がない。打ちっ放し場に行くお金がないので、今日も庭でスイングの練習。昨日の最高ヘッドスピードは33m/s。ちなみに、男性80歳以上の平均ヘッドスピードは36m/s、女性アマチュアで33m/s、とのこと。今日こそは、高齢者と女子のヘッドスピードを上回ってやる。早朝、目一杯に本気を出してスイングをする。気になるヘッドスピードは!?ジャカジャン?? なんとヘッドスピード30m/s・・・。高齢 [続きを読む]
  • ゴルフど下手だけど勝負を挑まれた。本番まであと16日。逆襲なるか。
  • 自治会の仕事で知り合ったご近所さんから、ゴルフで勝負を挑まれた。今までの人生で何度かコースを回ったが、いつも数えきれない程の打数(恐らく140以上・・・)だったため、嫌になってずっと止めていた。馬鹿にしやがって・・・。釣りや焚き火が好きな自分。ゴルフはこれらの趣味に比べると優先度は下がるが、今はちょうど渓流釣りのオフシーズン。この間はしっかり特訓して、ご近所さんの鼻をへし折ってやろうじゃないか。一向に [続きを読む]
  • 渓流釣りがしたくて、漁協の管理していない川を探してみた。
  • 主にオイカワを釣って、たまに天然のアマゴが釣れる。更に漁協が管理していないので、禁漁期もなく遊魚券も不要な「夢の川」が近くにないかな・・・とずっと探していた。ヤット・・・ミツケタ・・・。念のため、管理しているかもしれない漁協に確認のTELをしてみた。すると、尋ねた川はどの漁協も管理しておらず、放流も一切していないから自由に釣って下さい、と。自宅から僅か40kmの距離にそんな川があったとは。「大正デモクラ [続きを読む]
  • 暗い内容の釣行記です。読むだけ時間の無駄ですよ。
  • やっと今週が終わった。悪夢の一週間だった。数日間、考え事をして殆ど眠れなかった。仕事中は頭がぼーっとして、人と話をしても水中の中で聞いているような聞こえ方で、内容が全く頭に入ってこなかった。認知症を患ったかのように、全てに支障が出た。周囲の人にも多大な迷惑を掛けてしまった。責任はすべて自分にあるので、自分を何回も罵倒した。釣りに向かった。天気予報が悪かったので、眠れない日々が続いていたが早起きして [続きを読む]
  • 今日もテンカラでオイカワ釣りへ。はじめて遭遇する魚との死闘。
  • 滋賀県のS渓谷へ連日の釣行。ターゲットはテンカラで「オイカワ」。昨日も来たが、何故か一匹も釣れなかった。今日はその調査が主な目的。案の定、やっぱり反応が悪い。毛鉤に対して時折アタックがあるが、その回数は著しく少なくて食いっ気も殆どない。いつも無数のオイカワが群れている場所だが、ほとんどその姿は確認できない。が、しかし・・・。ようやく毛鉤を食わせることに成功。オイカワのメスだ。サイズは小さいけど、鱗 [続きを読む]
  • S渓谷でテンカラ釣り。理想のオイカワと初お目見え。
  • 息子は大好きなじいちゃんの家へ、娘は大好きなお母さんとお出かけへ。孤独なお父ちゃんは、滋賀県のS渓谷へ・・・。到着。いつものように、S川とS川の合流部分から釣り開始。いつも必ず釣れる好ポイントだが、今日はまったく反応がない。なんてこった・・・。よく見ると、周囲には真新しい「足跡」があるではないか・・・。オイカワしか釣れないこんなマイナーな釣り場・・・。自分だけの特等席だと思っていた場所に、誰が気づい [続きを読む]
  • 今シーズン最後の渓流釣り。見知らぬおっちゃんにキレられる・・・。
  • 奈良県は川上村のK川。シーズン開幕直後に一度訪れた、里山風情を残す渓流だ。おそらく、今回が今シーズン最後の川上村釣行になるだろう。おや?車を停めやすいヘリポート。今年の3月に訪れたときは、大きい丸太を入り口に置いて出入り出来ないようになっていた。今日は丸太がない。何も看板もないし、停めやすい場所なのでここに車を駐車。これが、不幸の、始まりでした・・・。※もちろん、この時点ではアマゴ大漁の夢しか見てい [続きを読む]
  • S川でテンカラ釣り。超弩級オイカワ。
  • 今日は家族サービスの日と決めていたが、いつの間にか子供たちは父親から巣立った様子。予期せぬ自由時間。さて、何をしようか。出陣。S川へ「ハス」を求めて。決して遅くない速度だけど、道中変な車に煽られながら到着。子供たちよ、当たり前のことだけど、自分がされて嫌なことは、他の人にしてはいけないよ。自作した「ハス」専用毛鉤。1個¥3位の格安ビーズヘッドを装着し、更に100均のミシン糸をボディに通常の3割増し位で巻 [続きを読む]
  • ハスを釣りたくて。とある毛鉤に絶句。
  • まだ見ぬ「ハス」という魚(琵琶湖固有種で絶滅危惧Ⅱ類に指定)を何とかテンカラで釣ってみたい。時間があれば、スマホを片手に関連する情報を収集する日々。  ※画像参照 Wikipediaついに見つけた・・・。「ハス」専用の毛鉤だ。美しい。一投目からすぐにでも「ハス」が釣れそうだ。 やはり中々値段は高いな。貧乏な自分。もう少し安く売っていないか検索してみる。新たな毛鉤を発見!!鮎毛鉤と謳っているが、ハス毛鉤とどう違 [続きを読む]
  • S川でテンカラ小物釣り。カブトムシ幼虫のマットも交換。
  • 息子は友達中心、娘はお母さんとお出かけ。嬉しいような、悲しいような。段々と自分の時間が持てるようになってきた。渓流は増水しているだろうから、安全な近場のS川へテンカラ釣りに向かった。昨日の台風でS川洗堰は全開放水と思いきや、琵琶湖の水位が減少していた影響か、平常通りの放水量。ところが、S川へ注ぎ込む支流のS川を見ると良い感じで増水している。S川のオイカワ釣り専用としている4.5mのテンカラ竿。竿は重たいけ [続きを読む]
  • 遅い夏休みの後半戦。今日は1泊2日でテンカラ釣り遠征。
  • 遅い夏休み。釣りばかりしていて、あっという間に後半戦に突入。ここは京都府南丹市美山町。まだ釣ったことも見たこともない「ヤマメ」がいるそうだ。今日は1泊2日の予定でテンカラ初心者のご近所さんと釣行。日券を買いに行くと、既に7人の先客が来ていると。平日なのに中々の人気スポットのようだ。皆上流に入っている様子なので、下流から釣ってみる。でも、釣れるのはカワムツばかり。・・・。・・・・・・。ずっとカワムツば [続きを読む]
  • 五連休の夏休み第一弾。まずは天川村でテンカラ釣り。
  • 朝4時30分に起床。ハスラーで初の車中泊は快適だった・・・と書きたかったが、あまりの寒さで殆ど寝れなかった。外に出てみると、星空がいっぱいで素晴らしい光景。光害がないため暗い星もしっかり見える。もうすぐ40歳になるおっさんなのに、思わず独り言で「綺麗・・・」とつぶやく。徐々に夜が明けてきた。釣りの準備も完了。それにしても今日は寒い。吐く息も真っ白だ。気温を見ると9℃・・・。ゲームスタート。なんと一投目か [続きを読む]
  • 今シーズン最後の天川釣行。記憶に残る一匹と赤い蛇。
  • 奈良県は天川村、とある谷へ到着。ベテランフライマンである職場の上司と久しぶりの釣行。この谷は木々が生い茂り、テンカラのキャストが難しい。よって、竿が短く源流向きのテンカラ竿を用意。一投目で枝にハリスが引っかかる。短い竿でも同じか・・・。ゼロサムの控えとして新たに購入した宇崎日新のテンカラ竿(ロイヤルステージ)にチェンジ。頭上の木が障害となって、竿が振れないポイントが続く。歩けど歩けど同じ風景。今日は [続きを読む]
  • 奈良県は天川村、じゃなく今日は川上村でテンカラ釣り。
  • 色々と事情があり、今日の釣行スタートは超ゆっくり。久しぶりに川上村のN川へ向かう。荘厳な雰囲気の神社。この裏手から入川。今日は下流で釣ってみる。風が強くて釣りにならない。最近こんなのばっかりだ。時折吹き止む瞬間を見計らい毛鉤を流す。N川で初のカワムツ。強風の中で釣ると何でも嬉しい。風が強くて釣りにならないので、こういう日はゴミ拾いに専念。今日の釣行は終了。 [続きを読む]
  • テンカラで瀬田川の魚釣り。渓魚より釣るのが難しい・・・。
  • 渓流に行きたかったが、昨日は夜遅くまで飲んでいた。酒気帯び運転を避けるため、ぐっすりと寝て近場のS川で魚釣り(テンカラ)。誰も居ないと思っていたが、重装備のオシャレな釣り人が二名。餌師にルアーマン。ここは色々な釣り人が来るね〜。ここは過去10回程来ているが、釣果は僅かオイカワ一匹のみ。自然渓流でアマゴ・イワナは釣れるようになったが、いつまで経ってもS川の魚は釣りにくい。しかし、今回の釣行は一味違う。S川 [続きを読む]