太公望 さん プロフィール

  •  
太公望さん: ゆみ翁の記憶に残るキャンプと釣行記
ハンドル名太公望 さん
ブログタイトルゆみ翁の記憶に残るキャンプと釣行記
ブログURLhttp://saiougauma.naturum.ne.jp/
サイト紹介文キャンプ・釣り素人の自分が成長する姿を記録していきます。他に芝生管理やメダカの話題などなど。
自由文若いころはバス釣り、30代後半となってニジマスやイワナの美しさに惹かれ、2015年からエリアフィッシング、そしてテンカラ釣りへとたどり着く。渓流オフシーズンは冬キャンプに打ち込む。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供65回 / 365日(平均1.2回/週) - 参加 2016/01/30 22:42

太公望 さんのブログ記事

  • 今年最後の渓流釣り&ソロキャンプ。初日はサバイバル。
  • 今シーズン最後の渓流テンカラ釣り。京都府は美山町へ到着。今日は昼から天気が回復するとのこと。それを見越し昼過ぎに到着。珍しい・・・。こんな魚の居ない谷に釣り人のクルマが二台。自分が言うのも何だが、この人達、変り者だ。先行者が居ようが居まいが、圧倒的に渓魚の少ない美山。いつも一匹釣るのが難しい。しかし、早くも一匹が毛鉤を咥えてくれた。毛鉤に反応するって言うことは、先行者はルアーか餌師か、それともあま [続きを読む]
  • 石徹白で釣りキャンプ〜最終日〜
  • 石徹白川、釣りキャンプの3日目。あまりの寒さで目を覚ます。キャンピングカー内の温度計を見る。何と12℃・・・。寝袋は夏・秋用の物を用意していた。こんなことなら冬用を持ってきたら良かった。寒さであまり寝られず。五時半に起床。外に出ると、同じく車中泊をしている車1台と、既に入渓準備をしているカップル2名。自分は十分に昨日この場所で釣ったので、探検がてら他の場所を探ってみる。予定では、今日も一日釣りをして [続きを読む]
  • 石徹白川で釣りキャンプ〜これは夢だろうか〜
  • いよいよ、石徹白での初釣行が始まる。キャンピングカーから出ると、霧深い世界が待っていた。朝6時から釣行スタート。ここは石徹白の峠川という場所。キャッチ&リリースの専用区間で、釣果の上限は10匹までという川だ。釣果10匹って、いつも1匹釣れたら御の字の京都渓流で釣っている自分にとっては、夢のまた夢といった数字だ。ん?なんだ?あっという間に石徹白での初釣果。適当に毛鉤を投げたのだが・・・。良いポイントに毛鉤 [続きを読む]
  • 石徹白川で釣りキャンプ〜到着編〜
  • 遅い夏休み6連休の3日目。夫婦関係は地に落ちてしまい、とても釣りキャンプに向かう気持ちにならないが、互いの距離が近すぎるのも良くないかも知れない。重い腰をあげ、一万光年先の渓流の聖地、石徹白へ出発する。3ヶ月前は最高の笑みで買ったキャンピングカー。今はモーニング娘のひき逃げした某メンバーのように、目線は下を向き車に乗り込む。午前11時30分に出発。とても妻に旅行代を請求出来る雰囲気ではないので、今回は凄 [続きを読む]
  • いよいよ遅い夏休み。岐阜県は石徹白川での釣り&キャンプ遠征計画を立てる。
  • 台風がやってきた。自分の勤務先は奈良県北部。主要電鉄の「近鉄」が運行停止となり、今日は午前中のみで帰宅。あまり文句は言いたくないが、JRは前日に運行停止を発表していた。しかし、近鉄は変なプライドがあるのか、直前まで運行状況を発表しなかった。この優柔不断な判断のおかげで、どれだけ意味のない出勤をした人がいるか。近鉄は、今回に関してはJRの対応を見習ってほしい。最近まはっている「ぬか漬け」。ぬか漬けって、 [続きを読む]
  • 妻と冷戦状態。仲直りの気配なし。
  • 妻との不協和音が続いている。原因は本当に些細なことだ。でも、夫婦生活も既に13年目。ここまで来ると、お互いに鬱憤が溜まっているのだろう。どちらから歩み寄ることもなく、目も合わせることはなく、必要最小限の言葉を一日に一言交わす位の生活が一週間も続いている。夫婦生活が上手くいってない時って、釣りに行く気も起こらない。庭の芝刈りを淡々とおこなう。僕はこの家を建てたとき、一つの夢を見ていた。この芝生で子供 [続きを読む]
  • 渓流釣り三年目。大切なものを無くした。
  • H30.8.8.(木)。仕事を終え、奈良県は天川村へ向かう。明日は有給を取っている。ん?この前も有給取っただろうって??僕はね、ブラジル人のように1日を遊び、イタリア人のように女性に夢中になり、フランス人のような食通になり、タイ人のように昼寝を楽しみたいのです。※冗談のようで本気だけど、本当は冗談です。天川村の渓流に到着。ここからは、軽キャンピングカーの車内にてソロ飲みを開催。ソロ飲み=孤独に飲むことだが、 [続きを読む]
  • 灼熱の芝生管理。
  • 久しぶりの芝生記事。記事にするのは4ヵ月ぶりだが、猛暑の中、毎週欠かさず芝刈り&水やりを死に物狂いで続けている。今日の京都最高気温は39.5℃。聞き飽きた表現だが、本当に暑い・・・。これは4ヶ月前の芝生の状態。全体の半分以上が虫に食われ、全滅寸前の状況だった。でも、自分には確信があった。これらの虫はやがて羽化し、食われて枯れ果てた古い根の部分に、生き残った芝生の新しい根が芽生えていくだろうと。実際、その [続きを読む]
  • 渓流釣り。イノシシに遭遇し危機一髪。
  • 京都美山のとある谷へ到着。今日はこんなに遅い時間からの釣行。前日に京都福知山で友人と飲み、そのままカプセルホテルに宿泊。しかし、何と朝7時からじゃないとチェックアウト出来なかったのだ。余談だが、人生初のカプセルホテルは非常に衝撃的だった。風呂に入りに行くと、入れ墨の兄ちゃんやガテン系の人たちが多く、坊ちゃん育ちの自分はちょっと怖かった。寝ようと思うと、方々から色々なオナラの音が定期的に聞こえ始めた [続きを読む]
  • 軽キャンで天川村へ。(テンカラ釣り)。ルアーマンと喧嘩寸前。
  • 明日、水曜日は有給休暇を取っている。ん?先週も取っていたじゃないかって?突っ込まないで下さい。僕は誓ったのです。イタリア人のように、人生をエンジョイすると。と言う訳で、前日の火曜日、仕事が終わってから天川村(奈良県)へ。22時過ぎに到着。月および星空が綺麗であり、今日は車外で一杯やろうと思った。しかし、ここは山深い山中。時折変な獣の声や、それら動物の移動に伴う小さな落石音などが気になる。やっぱり、安全 [続きを読む]
  • 軽キャンで行く。奈良県は天川村でテンカラ釣り。
  • 明日は有給休暇。早朝から渓流釣りをすべく、奈良県は天川村に最も近い道の駅で車中泊をする。ちなみにここ、標高が高く夏でも涼しいため、車中泊のメッカとなっている。しかし、今年は違う。車内は暑く、周りの車中泊カーは全てエンジンを掛けてエアコンを付けている。自分の車はポップアップルーフがあり通気性が良いので、エンジンを掛けなくても何とか小型扇風機で耐えられる状況。仕事を終えた後の晩酌。このつまみ、近所のス [続きを読む]
  • 三国志を思い浮かべながら、軽キャンで猛暑京都(38.5℃)で渓流釣りへ。
  • 明日は早朝からご近所さんと一緒に釣行。今年から広島県へ単身赴任しているご近所さん。何やら先週の豪雨災害で忙しいらしく、金曜日に前乗りとはいかなかった。23:00から一人で宴会。誰も来ないので、対座テーブルじゃなく独座テーブルにして宴を開始。人気のない、真っ暗闇の世界から自分の軽キャンピングカーを眺める。客観的に見て、アブナイ人が乗っているように思える。まあ良い。それよりも、夏の車中泊に合わせて小型扇風 [続きを読む]
  • 京都美山。豪雨前の渓流テンカラ釣り。
  • 7月1日(日)。京都府美山に渓流釣りに行っていた。記事にする気は無かったのだが、翌週に西日本を襲った大雨。直前の記録を残すべく、備忘録的な意味合いで残すことにした。信長公記の太田牛一、記録を残すって、地味だけど非常に有益な作業だと思う。京都府美山町、初めて訪れる、とある谷へ到着。前日の「6月30日(土)」だが、ここ美山は大雨が降ったらしい。案の定、川は濁っている。釣りは出来ないと判断し、今日は初めて訪れる [続きを読む]
  • 渓流釣りの最中に大地震。初めて耳にする「地鳴り」。人間の第六感。
  • テンカラ素人のご近所さんに誘われ、今日は有給を取って京都美山のとある渓に来ている。平成30年6月18日(月) AM 7:47 釣行スタート。この時、まさか大地震に遭遇するとは夢にも思わず。安全で釣りやすい箇所はテンカラ素人のご近所さんへ譲り、自分は目星を付けていた名も無き小さい谷へ向かう。勾配が急な山道を進むので、フェルト底にモンスターグリップを装着。今日は本気モード。注意深く足元を見ていると、美山で初の「ヤマ [続きを読む]
  • テンカラ釣り。渓流で大怪我の寸前。涙の一匹と新たなステージ。
  • 今日は遅い釣行。どこもかしこも渇水で、釣りが出来そうな谷が中々見つからなかったから。どうせ釣るなら、前回ボウズだった谷で釣ってやる。でも、やっぱりここは釣れないね。いや、自分だけか。実際、先週に一緒に釣行したベテランフライマンの上司は好反応だった。自分の釣り方のどこかに問題があるのだろう。でもね、何が分からないのかが、分からないのだよ。遠い昔、学校の先生に「なんで忘れたの!!」って怒られたけど、「 [続きを読む]
  • テンカラ釣り。日記(ブログ)書く意欲なし。
  • 京都の美山、とある場所に到着。今日は職場の上司と二人での釣行だ。コガネムシに頻繁に遭遇する。前回の谷は赤紫色のボディだったが、ここで遭遇する彼らは緑色のボディをしている。地域によってカラーが異なるなんて、何とも面白い昆虫だ。派手な昆虫が登場する時期になったし、毛鉤も派手に衣替えする。この毛鉤、自分が昨年の渓流オフシーズンに開発した渾身の作である。ボディには光沢のある特殊な高級刺繍糸を用い、アイ部分 [続きを読む]
  • 軽キャンピングカーを購入予定。どれを選択するか。
  • 昨年の夏に、釣り&キャンプ専用車として購入したスズキ・ハスラー。全く不満はないが、毎週の渓流釣りを通して、次の階段を駆け上る気持ちが強まっていった。いつ死ぬか分からぬ人生、生きているうちに、そして身体が言うことを聞くうちに、京都を拠点にして近畿・北陸・四国・中国・東海・さらに信州地方など、日本の美しい風景を見ながら渓流/海釣り&キャンプをやり尽くして人生を終えたいと思うようになった。小学生の子供を [続きを読む]
  • 渓流テンカラ釣り。ついに・・・釣ったど〜!!
  • 京都美山の渓に到着。一人釣行。熊出没地帯なので、電子ホイッスルと武器となる鉈を装備。電子ホイッスルを鳴らしまくる。本当に良い商品を見つけた。おかげで大声を出さずに、ボタン一つで大音量を発することが出来る。一投目からナイスサイズのアマゴorヤマメに毛鉤を食わせるが、残念ながらバラシ。次のポイントで毛鉤を流すと、いとも簡単にラインが動く。合わせる。自作毛鉤をがっつり咥えてくれた。なんだろう。まだ釣り始め [続きを読む]
  • 屋外メダカ飼育。やっとカキツバタ開花。スイレンも衝動買い。
  • 前回の釣行で足を痛め、今日はゆっくり休養することに。庭に出て、みゆきメダカの睡蓮鉢に目を向ける。ついに、カキツバタが開花した。じっと見とれていると、なにやら視線を感じる。なんと目の前におばあさんが立っており、じっと開花したカキツバタを見ている。なんかこっちが気まずくなり、自分の庭だけど後ずさりして撤退する。次は楊貴妃メダカを投入している睡蓮鉢、ナガバオモダカの花を観賞。すると、今度は散歩中らしき中 [続きを読む]
  • テンカラ釣り。何とも言えぬ一日。
  • 京都の由良川へ到着。今シーズンは、本流でナイスサイズのヤマメを釣ってみたいという目標がある。午前9時過ぎからスタート。今日は職場の上司と一緒の釣行。尺ヤマメを釣る気満々で釣り歩く♪♪それにしても今日は暑い・・・。四月とは思えない気温だ。どうも頭がふらついて少し気持ちが悪い。まさか熱中症か・・・。本流の釣りって、まったく木陰が無いので本当に暑いな。そろそろ、車中泊前泊して明け方からの釣りスタイルに切 [続きを読む]
  • 渓流釣り。クマよけに新防御兵器を購入。
  • 今シーズン、渓流釣り(テンカラ)のホームリバーにしている京都の美山。ここはクマの生息地で有名らしい。今回、不測の事態を避けるべく、こうした商品を買ってみた。「電子ホイッスル」。今までは、モンベルの山鈴を使っていた。でもこれらの鈴、静かな林道を歩いている時は音が響き渡るが、川近くでは水流の音で全く役に立たないことが分かった。 もののけと至近距離遭遇した記事はこちら。鈴は役に立たないので、次はラジオを買 [続きを読む]