内野日誌 さん プロフィール

  •  
内野日誌さん: 内野日誌
ハンドル名内野日誌 さん
ブログタイトル内野日誌
ブログURLhttp://tomokiuchino.seesaa.net/
サイト紹介文写真家の内野知樹が毎日更新するで写真と雑記のブログです
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供48回 / 365日(平均0.9回/週) - 参加 2016/01/30 23:29

内野日誌 さんのブログ記事

  • 武蔵野点描、山火事とメガソーラーと
  • 本日の荻上チキのセッション22は山火事の特集をしていた。この番組は夜のラジオ番組の数少ない良心だと思う。まあ、芸人の番組も好きなのだけどね。それに昼間のFMのどこかアーバンな放送も嫌いではない。ようはラジオが好きなのだ。にしてももう少しジャーナリスティックな番組が欲しいところ。ジャムザワールドの編成が変わり、タイムラインが終了した今、荻上チキだけがやはり良心なのか。どうでもいい話のようだけど、ラジオは [続きを読む]
  • ほころぶ、気になった記事をピックアップ
  • 今日は特に書くこともないのでピックアップした記事をつらつらと。内容は薄いですが。Mステ出演中止決まったのは「前日」。「反日制裁」「バカにされた」BTSのファンたちは…https://www.businessinsider.jp/post-179252世の中にはいろいろと炎上案件が多い。ちょっとしたことが命取りになる。そして批判をあびることを気にして萎縮するようになってしまう。品行方正な行動を常に求められる社会というのもなかなか生きづらい。時代は聖職 [続きを読む]
  • 雑木林点描、江原さんと曽野さんに気付かされる日
  • 江原啓之さんのラジオを聞いていた。断っておくけど、特に彼のことを好きではない。その時間に聞く番組がなく流れで聞いている。ちなみに江原さんの前の番組のパーソナリティはスピッツ草野マサムネさんで後ろは立川談笑師匠。談笑師匠のあとはジブリの鈴木敏夫さんで次は木村カエラさん。バラエティに飛んでいるね。土日は小刻みに様々なパーソナリティが登場するのだけど、少し戸惑う。それはそれとして江原さん。はっきりいうと [続きを読む]
  • 空点描、雑記と憲法のこと
  • 図書館で借りてきた本を返しにゆく。そして新しい本を何冊か借りてくる。2週間に一度の決まりごと。読み終わったらすぐに返してもいいのだけど、きっちりがいい。それを計算して本の数も決める。意外と決めごとが好きなのだ。今日のような空の写真もそう。何度も書いているけど毎日一枚、空の写真を撮っている。朝のルーチン。特に意味はない。それにしてもこの日の空はダイナミックだった。とても美味しそうでもあり、空恐ろしさ [続きを読む]
  • 武蔵野点描、漫画とムーミンのこと
  • 漫画を読んでいる。なのでブログが書けない。だったら読むのをやめればいいだけの話。けれど、読み出すとなかなかやめられないのが漫画だ。そう思って漫画はほとんど処分して今は手元に少しあるだけ。ベルセルクを書い戻したのは私の弱さである。そしてまた漫画を読んでいるとは情けない。幸か不幸か最近はネットで漫画が読めてしまう。なんと便利な世の中ですか。しかも何となく無料で読める。もちろん漫画村などの違法サイトでは [続きを読む]
  • ほころぶ、畑のこととアメリカの多様性にふわっと思うこと
  • 畑作業日。数日前に雨が降ってくれて助かった。なにせ水は撒かないものでして。何故って雑草なんて水はおろか肥料もあげなくて育っている。野菜だけ劣っているとは思えない。雨が振らなければ根を深く張って水分を探してくる。そうして強く、美味しい野菜が育つのです。根拠はない。何一つ。少し取り入れている自然農法だったり不耕起栽培は一つヒントになる。水を大量に蒔いたり肥料を沢山いれるのは人間の都合だ。大地に負担をか [続きを読む]
  • 所沢点描、コーヒーのことと昨日から冬な件
  • 久しぶりにコーヒーを飲んでいる。最近はインスタンコーヒーを飲んでいたけどやはり違う。別物だ。そんなことは分かりきっていたんだけどね。慣れというのは怖い。といっても今回手に入れた豆は安価なものだ。モカのストレート。2キロと結構量が多いのでずいぶん安い。そんな量すぐ飲めないじゃないかという声が聞こえてくる。冷凍庫に入れておけば大丈夫だ。匂いはなくなっていくけど味はそう落ちない。直前に豆を挽いてドリップ [続きを読む]
  • 武蔵野点描、給食を残せという記事に考えさせられる
  • 撮影地、狭山市入間川地区。左にあるのは病院なのだけど、私が撮り始めたころにはなかった。脇の道路も整備され、こうして風景は変わっていく。いつか水田もなくなってしまうのではなかろうか。寂しい話である。天気予報がハズレた。最近雨が降っていなかったの朗報である。畑的に。水はわざわざ撒かないので雨が頼り。それで育たないなら仕方ない。学校給食は「残すな」より「食べ残せ」が正しいhttps://toyokeizai.net/articles/-/24 [続きを読む]
  • 雑木林点描、所沢の自然や住宅、土地活用のこと
  • 先日少し書いた。山口の方の雑木林に行こうと。同じ所沢市内とはいえ歩くと結構時間はかかる。とはいえ1時間はかからない。のんびり行って帰って3時間といったところかしら。こう書いてみると結構な距離な気がする。近所の雑木林だってじっくり歩けば1時間じゃ帰って来れないんだから大したことではない。そんなわけで山口、椿峯を通って狭山湖手前のの雑木林へ。正確に書くと、トラスト協会の管理している場所が狭山丘陵・雑魚 [続きを読む]
  • 所沢点描と航空祭と軍隊と銃と阿波おどり
  • 所沢のお隣の入間と狭山にまたがる入間基地で航空祭が行われた。来場者は19万人にものぼったらしい。ご苦労なことである。兵器であり軍隊のイベントにどんな魅力があるのだろう。人を傷付けるようなものに惹かれているとしたら、相当まずい。何も考えていないならなおさらである。自衛隊というのは紛れもなく軍隊だ。憲法に軍隊と明記することを目指すよりは武装解除したほうがいい。理想は世界中で同時に武装解除することだ。まさ [続きを読む]
  • 武蔵野点描、上杉昇とまだハロウィンネタと安田さんの会見
  • うえすぎしょうという人のライブの告知のCMがラジオで流れていた。はて、誰のことかしら。この歌声は聞き覚えがある。うえすぎしょう、上杉昇、WANDS!私の青春を彩ってくれたバンド、ミュージシャンだ。当時活躍していたミュージシャンはZARD、T-BOLAN、DEEN、大黒摩季、、、素晴らしく懐かしい。正直、彼らの音楽的な完成度、クオリティが高かったわけではないと思う。そんなことはどうでもよくて、しっかりと私の記憶、思い出の [続きを読む]
  • ほころぶ、ハロウィンゴミ拾いから考えるいろいろ
  • ハロウィンの後日談としてゴミ問題がある。当然のようにハロウィン後の渋谷はゴミだらけだったようだ。それだけでも非難に値するけど当然ゴミは誰かが拾わなければいけない。何から何まで無駄なイベントである。ハロウィン批判は来年に回すとしてゴミの話。斎藤工、ハロウィン翌朝にゴミ拾い「僕らのアクションが届いていると願う」https://www.oricon.co.jp/news/2122555/full/俳優の斎藤工さんがゴミ拾いイベントを開催したそう [続きを読む]
  • 武蔵野点描、ハロウィンといえばジャーマンメタル
  • ふと、写真を撮る気になった。撮っていないわけではないのだけど大体が雑木林。あまりにも日常すぎて撮っている気はしない。もう一つ付け加えるならセルフポートレート。毎日一枚。さらに空の写真も撮っている。毎日一枚。特に意味はないので撮っているという感じはまるでしない。ただのルーチンワーク。20年か30年分くらいになれば何か意味を持つような気がする。まだ10年くらいかしら。それはいいとして、撮る気になったのは武蔵 [続きを読む]
  • 所沢点描、ハロウィンと航空祭への苦言と身近な自然のこと
  • 土曜日の夜、渋谷は大賑わいだったそうだ。ハロウィンである。31日の話ではない。ただ騒ぎたい人たちは、今年も激しかった。なんと軽トラックを横転させたそうじゃないか。盗撮や痴漢、暴力沙汰も多く報告されている。賑わいのようなものに期待したって大した利益はない。誰ですか、こんな騒ぐための口実、許可を与えたのは。無駄な消費、モラルのない行動を促しているだけだ。私は怒っていますよ。まあ、騒ぎが起きているのは全 [続きを読む]
  • 雑木林点描、紅葉とバイクとエネルギーのこと
  • 雑木林を歩く。前に日光に紅葉が見頃と書いた。所沢の雑木林はまだらしい。とはいえ、少しずつ葉の色が変わりだしている。きっと日光のように華やかにはならず散ってしまうのだろう。話によると日光のいろは坂はこの時期紅葉を見るのに車の渋滞がひどいそうだ。一方通行にしたり対策はしているとのことだけど、どこか違和感を感じる。自然の美しい移り変わりを眺めるのに車で出かけ、しかも渋滞を巻き起こす。私に言わせれば人間社 [続きを読む]
  • ほころぶと廃村と金田一とインスタグラム
  • 今日の写真の撮影場所は秩父の廃村。有名な場所なので知っている人もいるのではなかろうか。廃村、廃墟、廃線、廃れてしまったものに惹かれるなぜかは分からない。「ほころぶ」というシリーズにまとめたのだけど、大部分は哀しさのような感情だ。過去やそこにいた人への敬意、慈しみのようなものもある。そして相反するように美しさも感じてしまう。自分のそうした感情も含めての「ほころぶ」という作品だった。ずいぶんと昔のこと [続きを読む]
  • 花点描、安田さんへのバッシングに思うこと
  • 昨日少し書いたけど、安田純平さんの解放。私としてはとても喜ばしいことだと思っている。自己責任、過去の発言がどうのというのはひとまず関係ない。長期間拘束され、命の危機から逃れることができた。喜ばしいことである。安田さんを扱った記事のコメントを見てみると、ひどい。何百ものバッシングコメントが踊っていた。擁護するコメントがとても小さく見える。何を判断基準にして批判しているのだろう。過去の反日的な発言、韓 [続きを読む]
  • 所沢点描、畑のことと安田さんの解放を喜ぶ
  • 近所でいくつか夕日スポットある。荒畑富士とドレミの丘、狭山湖、多摩湖。朝日なら荒幡富士もいいかもしれない。早起きができない私は夕日専門になっている。そして今日の写真の場所。西所沢駅から所沢高校の間にあって遠くまで見渡せて気持ちがいい。住宅と鉄塔が目立つのは少し残念ではある。畑作業日。帰りに夕日スポットに立ち寄った。こちらサツマイモ。種イモから苗をとったのであまり多く植えていない。5株くらいかしら。 [続きを読む]