サイサリス さん プロフィール

  •  
サイサリスさん: FXで何やっても勝てなくて、やったコト
ハンドル名サイサリス さん
ブログタイトルFXで何やっても勝てなくて、やったコト
ブログURLhttp://fx-d.jp/
サイト紹介文FXで勝てるようになる為の努力の軌跡。サポレジとプライスアクションを中心にチャートの読み方を考察。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供249回 / 365日(平均4.8回/週) - 参加 2016/01/31 12:55

サイサリス さんのブログ記事

  • カーニー総裁発言で英5月利上げ観測後退、ポンド売り
  • 4月19日はいくつかの要人発言が出ました。1. 日米首脳会談後の共同記者会見トランプ米大統領は日米首脳会談後の共同記者会見で『日本との間に巨額の貿易赤字』・『環太平洋パートナーシッ プ協定(TPP)に復帰望まず』・『日本との2国間貿易協定がより望ましい』・『日米間で調整できれば、鉄鋼アルミ関税からの除外協議へ』等と発言しました。特段の過激発言もなく、為替に対しての言及も見られなかった事で市場の警戒感は和らい [続きを読む]
  • 日米首脳会談は過激発言等もなく無難に通過
  • 4月18日は日米首脳会談が行われ、警戒されていたような過激発言もなく無難に通過しています。サプライズ的な過激発言が出なかったが故に材料もないという感じで、引き続き動意に乏しい相場展開が継続しています。ドル/円日足1時間足※タブで日足・1時間足を切り替えられます。ドル/円の値動き始値:106.992高値:107.379安値:106.968終値:107.223+23.1pips(高値から安値:41.1pips)ドル/円のレジスタンスライン107.823赤の極太 [続きを読む]
  • 米企業決算は好調、日米首脳会談は?
  • 市場の関心は日米首脳会談・米企業決算に移ってきているという中で、ネットフリックスの好決算を受けて米株式指数は上昇しました。同時に日米首脳会談にも注目が集まりますが、貿易為替に対する発言には要注意です。ドル/円日足1時間足※タブで日足・1時間足を切り替えられます。ドル/円の値動き始値:107.092高値:107.206安値:106.874終値:106.993-9.9pips(高値から安値:33.2pips)ドル/円のレジスタンスライン107.823赤の極 [続きを読む]
  • トランプ大統領Twitter好き過ぎ。日米首脳会談に注目
  • 昨日は、トランプ米大統領が『米国が利上げを続けているときにロシアと中国は通貨切り下げゲームに興じている。容認できない』とツイッターに投稿すると、ドルが売られる展開となりました。また、トランプ米大統領は、FRB(米連邦準備制度理事会)の副議長に、米債券運用大手パシフィック・インベストメント・マネジメント・カンパニー(PIMCO)の幹部でコロンビア大教授のリチャード・クラリダ氏を指名すると明らかにしました。ま [続きを読む]
  • シリア攻撃は1回限り?シリアリスクは終息へ
  • 米英仏は13日(NY市場終了後)、シリアへの共同軍事攻撃を行いましたが、殊の外、リスクオフにはならなかった印象があります。マティス米国防長官が『攻撃は1回限り』と発言したほか、トランプ米大統領も『任務完了』とツイートしており、シリア攻撃については一旦通過したものと考えても良いかもしれません。ドル/円日足1時間足※タブで日足・1時間足を切り替えられます。ドル/円の値動き始値:107.295高値:107.771安値:107.196 [続きを読む]
  • トランプ大統領、シリア攻撃姿勢トーンダウン
  • トランプ米大統領が『シリア攻撃がいつになるかを言った事はない。すぐかもしれないし、全くそうではないかもしれない』とツイートした事を受けて、市場は前日の『ミサイルが飛んでくるから準備しろ、ロシア』からトーンダウンしたと受け止め、シリア情勢を巡る過度な懸念が後退、ややリスクオン気味の相場展開となりました。ただ、ドル円・ユーロドルなどは日足レベルのトレンドが出たとも言えないような状態で、短期売買向きの相 [続きを読む]
  • ロシアは準備せよ。ミサイルがシリアに来る〜シリア問題で様子見相場へ
  • 昨日はシリア問題が注目されました。シリア・イラク国境上空を同盟国の軍機が飛行したとの目撃情報が伝わると、ドル円やクロス円は一時下落しました。この件に関連して、トランプ米大統領が『ロシアは準備せよ。ミサイルがシリアに来る』とツイートし、シリア攻撃を示唆。米長期金利やNYダウ平均先物の急落を受けて円買いが強まるとドル円やクロス円は下げ足を早めています。ドル/円日足1時間足※タブで日足・1時間足を切り替えら [続きを読む]
  • 習近平国家主席、大人の対応。ECBは要人発言をあっという間に火消し
  • 4月10日は中国と欧州で要人発言が出ました。1. 習近平国家主席の演説習近平中国国家主席がボアオ・アジアフォーラムで演説。『対話が問題解決の方法』『世界は自由貿易を推進すべき』『中国は供給面の改革を強化する』『中国は他国を脅かさず、既存の世界秩序を損なうことはない』『中国は今年、自動車輸入関税を引き下げる』『中国は輸入を拡大するだろう』等と発言、これを受けて米中貿易戦争懸念の後退から、アジア株が上昇、円 [続きを読む]
  • リスクオフ材料連発も過度の円高にはならず。次の材料は?
  • 先週末金曜日4月6日はアメリカ絡みの材料が4つほど出ました。1. トランプ大統領が中国への追加関税の検討を指示トランプ大統領が、米通商代表部(USTR)に中国への1000億ドルの追加関税が必要か検討するよう指示したと伝わると、米中貿易戦争への懸念から、リスク回避の円買いが強まる局面がありました。2. 雇用統計米3月雇用統計は、非農業部門雇用者数が+10.3万人増(予想18.5万人増)、失業率4.1%(予想4.0%)という結果とな [続きを読む]
  • 米雇用統計とパウエルFRB議長講演。リスクを落として良い週末を
  • 4月5日の為替市場では、クドロー米国家経済会議(NEC)委員長の発言が注目されました。クドロー米国家経済会議(NEC)委員長は、米メディアのインタビューで『米国と中国がいずれ貿易問題で打開し、両国の貿易障壁は削減される公算が大きい』との見解を示しました。これを受けて米中貿易戦争懸念の後退から、米国株の主要3指数が続伸、ドル全面高となっています。本日は米3月雇用統計の発表とパウエル米連邦準備制度理事会(FRB) [続きを読む]
  • 週末・月末・会計年度末・イースター休暇の特異日で閑散相場
  • 先週末金曜日3月30日は週末・月末・会計年度末が重なる特異日であった上、欧米勢はイースター休暇であったことから、閑散とした相場となりました。ドル/円日足1時間足※タブで日足・1時間足を切り替えられます。ドル/円の値動き始値:106.417高値:106.526安値:106.114終値:106.257-16.0pips(高値から安値:41.2pips)ドル/円のレジスタンスライン106.966ピンクの点線のライン106.815ピンクの極太のライン106.670ピンクの点線の [続きを読む]
  • イースター休暇前、週末・月末・会期末を控えて調整の1日
  • 3月29日の為替市場は、イースター休暇前、週末・月末・会期末を控えるという中で、特段大きな材料も出ませんでした。投機筋のポジション調整などもあったのかもしれませんが、やや円買いの圧力が強まる展開で、クロス円は軟調に推移しました。米長期金利は低下したものの、NYダウ平均株価が堅調に推移しており、ドル円の値動きは限られたものとなっています。ドル/円日足1時間足※タブで日足・1時間足を切り替えられます。ドル/円 [続きを読む]
  • 北朝鮮リスク後退&月末・期末のフローで円安
  • 3月28日、トランプ米大統領はTwitterで『中国の習近平国家主席から昨夜、金正恩委員長との会談が非常に順調に進み、金正恩委員長は私との会談を心待ちにしているというメッセージを受け取った』事を明らかにしました。これを受けて、北朝鮮リスクが後退したとの見方から円売りが活発化、月末・期末のフローとも重なったことで、クロス円は大きく上昇する格好となりました。ドル/円日足1時間足※タブで日足・1時間足を切り替えられ [続きを読む]
  • 中国大人の対応で米中貿易戦争は交渉入り?
  • 中国の李克強首相が『米中は貿易をめぐる緊張を交渉によって解決するべきだ』と発言、米国企業のアクセス障壁を下げる方針を示した事が伝わると米中貿易戦争への懸念が後退し、NYダウ平均が一時700ドル近く値上がりするなど、リスク回避の動きが後退、ドル円やクロス円は上げ幅を拡大しました。中国の大人の対応が市場に好感されたという事になろうかと思いますが、思い起こせば、トランプ大統領はNAFTAの時も強硬発言をしておいて [続きを読む]
  • 米中貿易戦争!日米で株安・円高
  • トランプ大統領は22日、最大600億ドル(約6.3兆円)規模の中国製品に対する関税を課すことを目指す大統領覚書に署名しました。これを受けて、貿易戦争勃発による世界景気減速懸念からリスク回避の円高・株安が進行しています。在米中国大使館は『(中国は)誰とも貿易戦争を望まない』としながらも、『それを恐れておらず、貿易戦争から後ずさりする事はないだろう』との声明を発表しています。ドル/円日足1時間足※タブで日足・1 [続きを読む]
  • パウエルFRB議長体制で初のFOMC
  • 本日から明日にかけてパウエル体制になって初めてのFOMCが行われます。今回のFOMCでは、0.25%のFF金利引き上げが確実視されています。市場の関心は利上げ自体というよりかは、利上げペースに向かっているように思われ、それを探る上でパウエル議長の会見に注目です。また、FRB議長に就任して初めての会見ということもありますので、そういう意味での注目も集まるのではないかと思います。ドル/円日足1時間足※タブで日足・1時間足 [続きを読む]
  • 今日は動画で!2019年03月19日相場の振り返り
  • このブログを開設して2年以上、風邪ひいたりとか何かよんどころない事情がある時以外は平日毎日更新で日々の相場の振り返り的なことを書いてきました。今年は動画に力を入れていきたいという事で、今日はそれを動画でやってみたいと思います。ドル/円日足1時間足※タブで日足・1時間足を切り替えられます。ドル/円の値動き始値:106.331高値:106.361安値:105.595終値:105.972-35.9pips(高値から安値:76.6pips)ドル/円のレジ [続きを読む]