もる さん プロフィール

  •  
もるさん: Last Train Homeを聴きながら
ハンドル名もる さん
ブログタイトルLast Train Homeを聴きながら
ブログURLhttp://28618.blog.fc2.com/
サイト紹介文16番(HOゲージ)鉄道模型のプラ製品を中心に製品レビューや鉄道模型の加工記事を掲載。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供64回 / 365日(平均1.2回/週) - 参加 2016/02/02 15:26

もる さんのブログ記事

  • KATO HO(16番)EF58をどこから見ても61号機に⑥
  • 午前中は未公開品にデカールを貼る作業をしていましたが、デカールフィットが強すぎて大惨事に・・・・リカバリに四苦八苦している所です。直線がメインの鉄道模型は迂闊に使わない方が良いかも・・・滅入った気持ちを紛らわす為に、ブログの更新をします。予告しました通り今回はまとめです。使用パーツを紹介して行きます。うちのEF5861は昭和60年代の仕様をイメージしつつ、当時運転席側の水切りが湾曲していたものを直線に直し、正面手摺も磨き出し、防護無 [続きを読む]
  • 2017☆ふれあい鉄道フェスティバル
  • 今日は職場の同僚のお誘いが有り、尾久の一般開放イベントへ多少なりとも繁栄の時期を知っている身としては以前にも増して客車も機関車も消えた構内に実は関心が持てず、実際行くのを躊躇しましたが、折角ですので足を運んでみた次第。いつの時代も変わらない入場の行列を進みいざ構内へ。最近流行りの地域色の強い観光列車が並べられた構内はこれらの車両を一目見ようと人だかりが出来る姿は、車両は変われどこれも時代を超えた伝統 [続きを読む]
  • KATO HO(16番)EF58をどこから見ても61号機に⑤
  • 模型ショウに行ったり、写真撮り歩いたりと何かと家に居ない日が続き、大分日が経ってしまいましたがKATOのEF58から61号機を作るシリーズの再開です。前回から塗装編としてスタートしましたが、実際に車体を塗装している写真が有りませんでした。作業に興が乗ると結構忘れてしまいがち、モデラーあるあるですね(笑)     平成に入ってから61号機の塗装はぶどう色2号になってしまいましたが、長いこと溜(ため)色と呼ばれる独特の色を帯びて [続きを読む]
  • 折角なのでエアフォースワン見に行きました。
  • 職場の有る渋谷はテロ対策でどこもかしこもお巡りさんだらけで騒然としていましたが、早々と引き上げ、騒ぎの原因?たるアメリカ合衆国トランプ大統領が乗って来ましたVC-25を見に行ってきました。今回は本当に大統領が乗って来ましたのでエアフォースワンです。何時もならこういった飛行機は羽田かと思いますが、数ヶ月前に国防長官が来日した際も横田だったので今回も予想はしていました。基地内は自国の領土ですからいろいろ楽なの [続きを読む]
  • 今年も行って来ました日本鉄道模型ショウ2017③
  • 蒲田ショーの報告を流石に引っ張り過ぎの感は否めませんが、仲間内でもこのメーカーを気に掛けている仲間が意外と多いので纏めてみましょう。モデルアイコンのプラシリーズ。HPを持たないメーカーなので詳細が掴みにくい所ですが、スニ44以降16番も軌道に乗り始めたのかな?と期待しているところです。JAMで3Dプリンター出力のモックが展示されていましたが、今回はモックと共にモニターにてCADのデーターが公開されていました。車体は今迄の荷物車やN製品を見るに心配は有 [続きを読む]
  • 今年も行って来ました日本鉄道模型ショウ2017②
  • 蒲田ショーへ出かけてからアッという間に一週間が経ってしまいました。忙しいのは良い事ですが、ブログすらままならないのはちょっと考えものかな?とも考えていますが、年末に向けてそうも言っていられない様子・・・・ ┐(´-`)┌ では気を取り直して模型ショウレビュー第2弾スタート16番プラ量産品を手がける中規模メーカーでは一人気を吐くトラムウェイのブースです。媒体では告知されている予定品達が殆ど立体となって姿を現しています。凄いですね。   説 [続きを読む]
  • 今年も行って来ました日本鉄道模型ショウ2017①
  • 生憎の雨模様でしたが今年も日本鉄道模型ショウが蒲田にて開催されました。天気が悪いとはいえインドア趣味の王道、鉄道模型。お構いなしの猛者達が目を血走らせながら集う様は嫌いじゃ有りません。  このイベントの特徴は日本のシェアをを占めるNゲージが殆ど表に出ない所に特徴が有り、必然的にメーカー、商品、人すべてがマニアックになり、憚る事なく自分を出せるとても居心地の良い空間です。では今年の気になったメーカーブースを振り返りましょう。  [続きを読む]
  • KATO HO(16番)EF58をどこから見ても61号機に④
  • 某宝石屋さんの音の出るEF58のお値段が明らかになりましたが、ブラスよりリーズナブルとはいえあくまで比較の問題、おじさんの購入計画にすら上がりません(笑)。一方、トラムウェイも58も値段が出ましたが、こちらもお安くは無いですがまあまあでしょう。そのうち61が出るかなと期待しつつ今は手持ちのKATO58を遊び尽くしましょう。では塗装編スタート、今日は足回りを弄ります。61特有の磨き出しの足回りをモノにしましょう。まずは中性洗剤で離型剤 [続きを読む]
  • 〜スハ43系改装形再販〜こういうパーツが欲しいのです。
  • Nゲージではラウンドハウスブランドを含め設定されているのに、大きな16番には設定されていないパーツバリエーションが結構あります。前々から気になっているのは43系のアルミサッシ化パーツです。Nでは最近では列車毎に半特定番号でアソートされていますが、ちょっと前に単品リニューアルされた時に好みに合わせて交換できるサッシのみが発売され、妬ましく思っていました。そして久しぶりの改装形の再生産において・・・・ 発売されました!!サッシだけ!!販売店向け発注書に [続きを読む]
  • KATO HO(16番)EF58をどこから見ても61号機に③
  • 大分気温も下がって塗装日和になって来ましたが、秋雨で湿度の状態を見誤ると白被りするというリスクも有りますね。特にクリアーを吹く時は最良のコンディションで臨みたいところ。現在進行中のチキ5200もそろそろ頃合なので塗りたいと思っています。とは言え、そろそろ客車が発売されてしまいそうなロクイチの方を優先してブログは進行させます。  では、パテ盛りが一段落付いた車体にサーフェーイサーを吹いて様子を見ます。破綻無く仕上がった時には今まで [続きを読む]
  • KATO HO(16番)EF58をどこから見ても61号機に②
  • なかなか時間もネタも作るのが難しいですね。1週開いてしまいましたが、EF5861を作る改めてスタート!!では早速1枚目の写真。かなり前に携帯で撮った写真なので色々と心配でしたが、UPする際に画像サイズを小さくせざるを得ないので、意外と行けそうだと安堵しております。   おでこにポリパテを完成をイメージしながら盛り付けて行くの図。硬化が比較的早く、ヒケも出にくく加工が楽なのでお気に入りですが、臭いが少々きついのと、うっかりす [続きを読む]
  • 思い出した様にマイクロエース西武4000系をTN化
  • 突然のNゲージシリーズです。近々、会社の同僚と貸しレイアウトに遊びに行く事になりました。大多数の鉄道模型好きがそうで有る様に、こういう場合は自動的にNゲージになります。国鉄型は大分削減して16番に移行しましたが、私鉄車両はまだ相当数保有しております。今回は沿線ファンの集いなので西武限定と相成りました。はてさていそいそと準備を進めて居りましたが、ふと気になったのがマイクロエースの4000系です。 マイクロエースの割りにはよく出来たお [続きを読む]
  • KATO HO(16番)EF58をどこから見ても61号機に①
  • その華々しい出自と外観で機関車好き、EF58好きはおろか、鉄道ファンから今尚絶大な人気を誇る61号機。出生から晩年までの詳細に関しては、過去に書籍やWEB上に発表されていますのでそちらをご参考にして頂くとして、モデラー的視点からその機体を如何に比較的安価に手に入れるか、模型化する上で押さえたい肝の部分をまずご紹介したいと思います。 61号機は日立製。  これが何より61号機を形作る上で留意しなければなりません。製品 [続きを読む]
  • まもなく新1号編成が発売ですが・・・・
  • 今週はとても多忙で大分更新が滞っておりましたが、気を取り直してスタートです。10年前では考えられないような車種も発売されて嬉しい限りですが、Nゲージの様に口を開けて待っているだけではつまらないのも事実。アクセス10000越えをした事ですし、これを機に満を持してEF5861の製作過程をご紹介します。 ご自宅にも有りませんか?買ったは良いけど箱に仕舞われたままのKATOのEF58が・・・・大窓という特徴以外、尽く特有のアイデンティティーを [続きを読む]
  • カウンターが一桁増えました♪ご贔屓感謝致します。
  • 毎度のお越し有難う御座います。SNS全盛の今日、あえてブログという形で模型作品や資料写真をペタペタ貼り付け、不自由な日本語を駆使して手探りで始めたこのブログも丸2年が経ちました。おかげ様でカウンターも10000の大台に乗りました。←これが遅いのか早いのかすら未だに分かりませんがw資料用に画像や記事を検索すると自分の上げたものがヒットしてしまうと嬉しいやら恥ずかしいやらですが、それがもしネットの向こう側の同好の士の役に立て [続きを読む]
  • イチからチキ6000を作ろう⑦ 16番(HO)
  • 日も大分短くなってきましたが、まだまだ暑い日が続いています。模型イベントも一段落。通常運行に戻りましょう。さて、自作のチキは足踏みブレーキの取り回しと票差しをどう綺麗に取り付けるかの思考を巡らせており、少々作業が停滞中。今の所、塗装するだけで終わりの上物を再度ご紹介。  完成した輸送レールを滑らせる台と肝の緊締装置。チキ5200でレール輸送をする際は必ず2両一組で用いられますが、緊締装置の上から締め付ける部分は主車と [続きを読む]
  • 2017年、今年のJAMコンベンションも行って来ました③
  • 鉄道模型コンベンション特集前回からの続きです。会場を徘徊して気になったものをピックアップしてご紹介せす。  レールマーケットのエリアにモデルアイコンのブースが有りました。パレット貨車の第2弾、スニ40とワキ8000の3Dプリンター出力品がひっそりと展示。ワキ8000はワキ10000からの改造車との事なので、Nでは出してますので個人的にはワキ10000もラインナップして欲しいかなーと。カートレインやりたいです。  期待してましたがこちらも3Dプリンターの展示品、143系!クモニ、クモユニがそし [続きを読む]
  • 2017年、今年のJAMコンベンションも行って来ました②
  • 今年も夏の大イベント、鉄道模型コンベンションが無事閉幕しました。今年は銀座松屋の鉄道模型ショーが開催されなかったとはいえ、模型がらみのイベントが複数行われるようになり、特にメーカーブースはどこも大人しめの展開が返って気になりました。大手メーカーすら1スパンに納まっている所も多く見受けられ、ちょっと心配になったり・・・・  そんな中でも天賞堂は変わらず大きめに展開。会場発表のプラ新製品は?     9600の再販&アイテム追加でした。今回 [続きを読む]
  • 2017年、今年のJAMコンベンションも行って来ました①
  • 夏の世界的大狂乱が終わると翌週はJAMコンベンションがやって来ます。こちらは以前に比べると大分大人しいイベントになってしまいましたが、一方で入場料は安くなったので手軽になったのは有るかもしれません。  今回、会場入り口を入ると宮下洋一氏の作品がお出迎え。ペーパーがメインですが、KATOのプラ製品を加工したものも含まれています。20年位前の鉄道模型趣味やレイルマガジンで記事を拝見し胸躍らせた作品が実見出来、感慨深い思いです。ま [続きを読む]
  • イチからチキ6000を作ろう⑥ 16番(HO)
  • 何だかすごく忙しい訳では無いのに気が付いて見れば月の1/3が過ぎていました。これはいけないという事で、10日ぶりの更新になります。16番界隈ではクモハ12が発売されたり、昨今のKATO再生産祭りも手伝って市場が賑わっているようです。私はというと、時間が有る時は手を動かす事にし、市場に貢献しない?生活を送っておりました。それでは夏の宿題途中経過スタート(今回もひたすら地味です。)  引き出しを漁って2種類のプラ材を掘り出し [続きを読む]
  • イチからチキ6000を作ろう⑤ 16番(HO)
  • 巷は夏休みで若い子たちが職場の有る渋谷に大挙して押し寄せ、一方で通勤電車は余裕が生まれ着席のチャンスが増大。俄に夏を楽しんでおりますが、いざ自宅に戻ると気が抜けて作業が出来ない・・・・なんて事は言いませんよ!!気合です。敦盛の一節じゃ有りませんが人間五十年、化天のうちを比ぶれば・・・・です、あっという間に時間が経ってしまいますので時間が有れば少しでも有意義に、もちろん模型作りも少しづつでも進める様にしています。 [続きを読む]
  • カウンター9000超えと夢の世界
  • 本日もご来場?ありがとうございます。梅雨も明けて夏本番、撮影旅行の算段をしている方もいらっしゃるでしょうね。最近はめっきり撮影に行かなくなってしまいました。専ら模型専門状態です。前回までの記事に興味を持って頂いたお陰でカウンターも思いの外早く9000を超えて居ました。ありがとうございます。さて数字に因んだ車両をと考えました。通学で慣れ親しんだ小田急9000形や職場で良く見る東武9000系など色々有りますが、写真を撮 [続きを読む]
  • 祝再販!! KATO 16番(HO)EF651000番台を綺麗に仕上げよう④
  • 再販から約1ヶ月になりますが、皆さんの65PFは完成しましたでしょうか?折角買った模型です。仕舞い込まないでめいいっぱい楽しみましょう。手摺一つ付けるだけでもうあなたの車両に変身します。さてそこそこ判りやすくナビゲートしたつもりでしたが、伝わりましたでしょうか?もる流の完成品いじりはこの辺りで終了です。 鉄道模型の楽しみは様々で特定の車両、特定の時代と掘り下げて楽しむ事も勿論可能。トータルでらしく見えれば問題 [続きを読む]
  • 祝再販!! KATO 16番(HO)EF651000番台を綺麗に仕上げよう③
  • 前回で目出度く車体と足回りが合体。今回の更新でEF65の部品取り付けは目出度く終了して〆に入ろうと思って思っておりましたが、手摺の取り付けに言及するのを忘れて居りました。発売から2週間くらい経ちますので既に作業完了!という方も多いとは思われますが、もう少し続けたいと思います。KATO製品手摺取り付け方①これはカタログに載っている方法。ランナーを長めに切り出し、差し込んだ後にランナーを取り去るやり方です。曲面が有るよう [続きを読む]
  • 祝再販!! KATO 16番(HO)EF651000番台を綺麗に仕上げよう②
  • 今年も暑くなって来ました。小まめな水分、ミネラル、そして「鉄分」を補給して夏を乗り切りましょう。さてこの部品を取り付ける企画、平行して行っている方が居るか居ないか判りませんが、好評な様でコーヒー飲みながらなどと悠長な事を行って居られない様です。気合を入れて場内進行!  今回は外したままの車体を料理します。作業し難い正面のインレタ貼りからスタートします。インレタは貼り付けるシートから必要な文字を切り出す事からスタートします。 [続きを読む]